サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06172「弓」★★★★★★★★★☆

2006年10月10日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

ヨーロッパの映画祭を中心に高い評価を受ける、韓国の鬼才キム・ギドクの監によるラブロマンス。海に浮かぶ船の上で、2人きりの生活を営む老人と少女の愛ときずなが神秘的なタッチで描かれる。主人公の老人を演じるのは『清風明月』のベテラン俳優チョン・ソンファン。彼から惜しみない愛を注がれる少女を『サマリア』でもキム・ギドクのミューズとして注目を浴びたハン・ヨルムが演じる。あどけなさと妖艶さを兼ね備えたハン・ヨルムの美しさに注目したい。[もっと詳しく]

キム・ギドク監督は「自虐」を装いながら、韓国映画界と訣別しようとしているのかもいしれない。

それにしても、キム・ギドク監督の爆弾発言のその後は、どうなったのだろう?
この8月18日、韓国MBCテレビ「100分討論」に出席したキム・ギドクは、「グエムル」について、「韓国映画と観客のレベルが最頂点に一致した映画が『
グエムル-漢江の怪物-』だ」といった揶揄をし、ネチズンと激しく対立した格好となった。
3日後に謝罪した。自らの過去の作品について、「今回の事態を通して、自分自身が韓国で生きていくにはあまりに深刻な意識障害を持った人間であることがわかった」とし、「自分こそ韓国社会で奇形的に生まれ劣等感を糧に育ってきた怪物のようなもの」と自虐的に表現した。
このほかこれまでの自分の作品がすべてゴミのようなものと話し、試写会を終えた新作映画『
時間』についてもこれを公開したくないと語った。(朝鮮日報より

サングラスの下の表情はよみとれない。

最初の「グエムル批判」のヘッドラインを見たとき、ちょうど僕自身も、この作品に乗り切れなかった思いをblogに書いたところだったので、勝手に「わが意を得たり!」などと思っていた。
しかし、よく記事を読んでみると、過去の自分の作品を「ゴミ」といいきり、もう、韓国での映画作家の活動を停止するとまで、発言している。
これらの発言は、ヨーロッパ映画界では最高の評価をされるのに、韓国では、受けが悪く、それがまた興行館が狭められるという悪循環に陥っていることに対するここ10年近くの苛立ちのせいなのか、それとも、韓国映画界に対する形を変えた戦闘宣言なのか、あるいは字句どおり自己嫌悪の狭間で弱気になり自暴自棄に陥っているのか、躁鬱症的な状態にあるのか・・・真実はわからない。
キム・ギドク監督は最新作「
時間」が13作目。ここ数年は、年1~2本のハイペースで新作を発表してきており、僕などギドクのカルトファンとでも自認したくなるものまで含め、喜ばしい状況であった。

  低予算・早撮りのギドク作品の12番目にあたる。

僕のギドク作品に関する拙いblogは、以下である。
NO.010「春夏秋冬そして春」
NO.119「受取人不明」
NO.117「サマリア」

ワニ」「悪い女」「魚と寝る女」「コースト・ガード」「悪い男」「うつせみ

どの作品も、苦さも含めて、ギドクの複雑な心象風景が、観る者に突き刺さってきた。
キム・ギドクの今回の自虐的な問題発言にも、なるほどと、思うところもある。
「加虐と被虐そして自虐」というのは、監督自らが自分の作風の表現に使っているからだ。
それよりも、僕は、かつて監督がインタビューにこう応えたことが、頭からなかなか去らないのだ。
いわく「私たちは遠からず、みんな狂ってしまうかもしれない」 。


この老人に、僕は「健全」な嫉妬を覚えたものだ。

さて、「」である。
いつもと同じように、いきなり特異な設定が、用意されている。
無骨な老人(
チョン・ソンファ)は沖合いに古びた船を係留しており、そこで、無垢な少女(ハン・ヨルム)と奇妙な同居をしている。
少女はあと3ヶ月で17歳。実は10年前に攫ってきた少女を「監禁」し、17歳になったら「結婚」することが、老人の生甲斐となっている。
実際には「監禁」とはほど遠く、老人は得意な弓を楽器とし、ヘグム(朝鮮二胡)の愛
の調べを、慈しむように毎夜、少女に奏でている。

生活のため、小船で陸から釣り客を運び、少女に世話をさせている。釣り客が少女にちょっかいを出そうとすると、老人は睨み付け、弓で威嚇したり、追い返したりする。
また、客の求めに応じて、「弓占い」をしたりする。
仏画が描かれた船腹に吊り下げられたブランコに少女が座り、海面ぎりぎりを、ゆあんゆあんと揺らせる。
老人は離れたボートから、3本の弓を揺れる少女めがけて射る。弓は間一髪、少女を掠めて船腹に勢いよく突き刺さる。そのかたちをみて、占うのだ。
釣り人たちは、一様に、老人の繰り出す矢を、まったく信頼しきって受け止める少女に驚く。

ある日、青年(
ソ・ジソク)が船を訪れる。
少女と青年は好意を擁きあう。引き離そうとする老人。
少女は、おそらくはじめて、「異性」と「外界」を感じる。そして、老人に抵抗を示すようになる。
老人は焦燥する。青年は、陸で、少女の行方を捜す家族をつきとめ、少女を陸に送り届けようとするのだが・・・。

  老人の奏でる音楽が言葉よりも饒舌だ。

この孤独な老人の少女に対する行為を、市民主義風にいえば、下劣な欲望で拉致監禁をしたとんでもない変質者でありロリコンであり、とうてい許すことなどできない、ということになる。
けれど、少女の世話に生甲斐を感じ、盥で優しく少女を湯浴みさせてやり、月光の下で多弁な音楽を奏で、夜はベッドの上と下で手を握って眠る。この、「至上の愛」とでもいえる崇高な二人の姿に、俗情の入り込む余地などないのだ、というようにファンタジー的に見て取ることもできる。
少なくとも僕は、二人の間に割って入った青年は、俗世間の象徴であり、「聖」を「俗」に引きずり落す「常識」という名の、<悪魔の使い>のようにも思えたものである。

焦燥する老人は、いままでのように少女が一日一日をかけて、ゆっくりと17歳になる過程を楽しんで待つことは出来ない。毎日×印をつけていたカレンダーだが、待ちきれずに破いてしまう。
少女が抵抗を見せて以来、観念としての老人の「性」は、哀しいことに老醜にも似た「性」の欲望に堕落してしまう。
所詮は、「所有」できない少女であり、「不可能性」の愛ゆえの、奇跡のようなファンタジーが、保持されてきたのだ。その「神聖」が、俗情に穢されていく。
あの美しい物語は、どこにいってしまうのか、僕たちは胸がしめつけられる。

しかし、ギドク監督は、いつになく優しい結末を用意していた。
少女は、死を賭けて呼び戻そうとする老人に憐れを感じる。
ボートの上で、老人と少女は結婚式をあげる。着飾った少女との儀式が終了し、老人は、少女をまた下着姿に戻す。
最後の音楽を奏で、少女は入眠状態に入っていく。
老人は、まず、眠る少女に弓をしぼり、そのままゆっくりと天高く弓を射掛け、そして満足したように海に飛び込む。
少女は夢の中で、男を待ち受ける。そこに、天から矢が落下してくる。少女の下腹部が血に染まる。そして、少女は腰をうねらせ、エクスタシーに達する。
こんなに美しい少女の「処女破瓜」の映像表現を見たことはない。
「破瓜」はまた16歳のことを指し、「瓜」字が「八」字を二つ合わせたように見えるところから漢詩文で用いられる表現ともなっている。

信じることでエロティシズムが生まれる。

正義の使いのようでもあった青年は、ふたりの儀式を黙って見守る以外に無力である。
主のいなくなった船にエンジンがかかり、青年と少女を乗せたボートをしばらく追いかけ、そして、海に自ら沈んでいく。美しいシーンである。
エンドロールにテロップが流れる。
「ぴんと張った糸には強さと美しい音色がある。死ぬまで弓のように生きていたい。/2005年、キム・ギドク12番目の作品」 。
たとえ、本人が、自分の作品を「ゴミのよう」と口走ったとしても、僕は、信じている。
あなたは、弛緩することに耐えられないのだ。あなたは、自分をも、強迫せざるを得ないのだろう。
なぜなら、あなたは「死ぬまで弓のように生きていたい」のだから・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (48)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 06171「力道山... | トップ | mini review 06173「トム・... »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あなたの解釈 (tadanobu)
2006-10-10 12:20:03
はそれでいいと思います。

僕自身は俗世間に染まりきった常識ある人間でしょう。

しかし、おじいさんは結婚してその後どうしたかったのだろう?



セックスってなんなんだろう。

ロマンチックは愛なのか。



死と愛を天秤にかけたシーンでもほぼ同時に見えるように撮られていたし、なんかメッセージの伝え方が潔くないと言うか、計算されつくしているような気がして。



分からないなら撮るな、と。分からないのは僕でしょうが・・・。



愛を描いているとは思えない何かを感じました。



それに、僕は「聖なるもの」は嫌いです。

美しいと認識できたのはおじいさんが陰になって背景が濃いブルーに包まれて弓を弾くシーンです。僕の細胞に俗世間の醜いものが刷り込まれていると危惧すべきなのでしょうか。



とか言いながら、キムギドク作品を今ツタヤで五つも借りてきました。これから観ます。



楽しみです。
tadanobuさん (kimion20002000)
2006-10-10 12:31:49
こんにちは。

僕は、結構、年をとっているので、老人の側にファンタジーを感受したいのかもうぇあかりませんけどね(笑)

ギドク5本ですか。結構、ハードですね。
Unknown (きまぐれ)
2006-10-11 00:22:27
TBありがとう御座います。



色々なブログを見ていると、結構皆さんとも最後の船が海に沈むシーンを美しいと捉えているようですね。

私は儚く感じました。



それと、老人が自分の首に回していたロープを命惜しさにナイフで切り、そのナイフを隠したシーンに人間の汚さを感じています。
トラックバックありがとうございました (狗山椀太郎(旧・朱雀門))
2006-10-11 02:07:01
こんばんは

私はどちらかといえば青年にシンパシーをもって見ていたのですが・・・確かに老人から見た青年は、醜い「俗」の象徴なのかも知れませんね。

ともあれ、聖と俗、美と醜のコントラストは見事でした。醜さがしっかり描かれているからこそ、美しさが引き立つのだろう、と思いました。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-10-11 02:30:05
>きまぐれさん



たしかに、少女は、肉体的に成熟し、老人の視線は、「結婚式」が間近になるにつれ、俗っぽくなってきていたのでしょう。

古びた船が象徴するのは、海上に停泊することによって、少女との時間を停止させた老人そのものです。だから、それは、夢のように儚さを感じさせます。

最後のロープの解釈もいろいろあります。おっしゃるように、あの老人の「醜さ」そのものが露出し、そのあまりの直接性に少女は同情したというようにも、捉えられます。



>狗山さん



青年は一般的には少女を救出する「騎士」の役割を背負っています。けれど、この話では、老人の「醜さ」「卑怯さ」「俗悪さ」が紙一重で、逆のベクトルに転倒しているわけですね。その転倒に、少女自身が、加担しているわけです。そこに、芸術としての「悪」の魔力とてもいったものが、表出されているんだろうな、と感じられました。
私も、キム・ギドク監督を信じます! (とみ)
2006-10-11 11:36:08
 kimion20002000さん、TB&コメント、どうもありがとうございました。

 キム・ギドク監督、韓国映画界と訣別しようとしているのかもしれないのですね。

 私から観ると、どうして、素晴らしい作品ばかりなのに、母国では評価されないのかな、と思います。



 最後に、船が海に沈んでゆくシーンでは、ジーンと来て、涙が出ました。

 「倫理」という枠にはめて見れば、老人は犯罪者だと思います。しかし、その枠が無かったなら、実は、そういう願望や欲望は、老若男女すべてが持っているものだと、素直に認める事が出来ると思います。少なくても私は、好きな人を独り占めにして、自分の思い通りにしたいと思った事があります。私自身にそういう願望があるので、老人に共感した部分がありました。 
とみさん (kimion20002000)
2006-10-11 14:23:22
コメ&TBありがとう。

なぜか文字化けしていたのに、紹介していただけて、感謝しております。

僕には、それが妹であれ、姪っ子であれ、もしかしたら養女であれ、(まさか攫ったりはしないでしょうが)、少女の成長過程と共にありたいという気持ちがありますね。

実の親子の関係とは、やはり異なると思います。

ウディ・アレンと養女の関係に近いかもしれませんが。あるいは、王朝貴族時代の養子縁組の世界に近いかもしれません。

人間のエロスの在り方は、本当は現世倫理を超越していると思います。

ただ、僕たちは、この社会のなかに、約束事にしたがって生きているので、芸術世界以外には、罪になるというだけの話ですね。
*こんにちは (ダーリン/Oh-Well)
2006-10-11 14:55:46
kimion20002000さん、初めてご挨拶に伺いました。



先日は、当方のギドク関連のエントリー(―中途半端なエントリーゆえ、少々申し訳ない思いです^^;)にTBを頂きありがとうございます。



エントリー、何回か味読させて頂きました!



僕は、『弓』の鑑賞前に体験していたギドク監督作品は『サマリア』のみ。



そして、『弓』鑑賞後に、『うつせみ』、『悪い男』をDVD鑑賞しました。



僕は、『弓』の初鑑賞時に於いては、全編、陶然と眼差しているばかりだったものの、あのエンディングに付け加えられる言葉が不要にも思えたのですが、一方、『うつせみ』に於ける“それ”は、僕の中にすっと入ってくるものでした。

こんな極めて些細な一点(―『弓』に於いては、あの部分が僕に取って余計なものであったのか否か)を今一度映画時間の中で確認してみたいことも一つにはあって、遅かれ、まず『弓』を、追って『うつせみ』を再鑑賞してみたく思えています。



そして、これまでに鑑賞出来たギドク監督4作品個々から享受したもの、その(特異で、心奪う)煌きやらは、やはり、一つずつレヴュー等に書きまとめて行きたいですねぇ…。



それでは、また、こちらの充実のエントリーを少しずつ拝読させて頂きます。

まずは、今後とも宜しくお願いいたします。

ダーリンさん (kimion20002000)
2006-10-11 15:59:27
はじめまして。

ギドクはいろんなことを観るものにも考えさせますね。

僕も、素人blogで恥かしいですが、なんらか書くという作業を通じて、自分なりに、考えを整理できるところがあります。

ダーリンさんも、ぜひ、レヴューにまとめていってください。

といいつつ、僕も、書きたいレヴューはたまる一方なんですけどね(笑)
日本では話題になっていますね^^ (latifa)
2006-10-12 08:36:17
こんにちは、kimion20002000さん。

コメント、TBありがとうございました。



弓、韓国よりも日本での方が雑誌でも割と取り上げられる評論家の方々が多かったり、話題にもなっている様に見受けられて、ちょっと嬉しい様な気持ちになっています。



私はこの映画は、笑う映画じゃないのに、ちょっと滑稽で笑ってしまう部分が多かったんですよ。大人な、おとぎ話し?みたいな印象を受けました。
latifaさん (kimion20002000)
2006-10-12 10:28:36
こんにちは。

御伽噺でしょうね。ある意味、「民話」的だといってもいいかもしれませんね。

「海の上に、弓で音楽を奏でるのがうまいじいさんがおってのお、そりゃめんこい女の子と暮しておっての・・・・」

みたいにね(笑)

鰐が最後に (eiga55)
2006-10-14 12:53:53
TBありがとうございます。



ギドクさんは癖はありますが、いい映画を撮ると思います。

ポレポレで公開予定の「鰐」が難航しているらしいのですが、無事公開されるといいですね。

Unknown (りお)
2006-10-14 16:43:02
TBとコメントをありがとうございました。



わたしには、とにかくこの老人の愛がグロテスクに見えてしょうがありませんでした。

理解できないということではなくて、理解できるからこそのグロテスクさというか…



キム・ギドクはこれから本数を減らしてしまうのでしょうか?

他の韓国映画とは一線を画している人だと思うので、そうなってしまったら、非常にもったいないような…
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-10-15 04:03:14
>eiga55さん



そうですね。本国では、1週間で打ち切りとの話を聴くと、どうなんでしょう、生理的な嫌悪感なんでしょうかねぇ。



>りおさん



グロテスクかどうかは、見る人の感じ方だとは思います。僕には、とくに、船べりで、夜、胡弓を奏でる老人の姿は、とても崇高にみえました。
TB有難う御座いました (hiropoo)
2006-10-19 19:49:25
記事の冒頭の部分のギドク監督の件。

全く知らなかったので、物凄くショックでした。

次回作「時間」も、物凄く期待できるし楽しみです。



韓国映画が一時期廃退して、国を挙げて

映画産業に力を入れた為に、今この時が

訪れているのですが、その基盤を持ち上げる

一人として監督も若手ながらも、物凄く

貢献した一人である筈なのに…。



私はギドク監督が韓国映画界にいなければ

韓国作品を見ることも無かった人間だと言い切れます。

I LOVE キム・ギドクです。  ずっとね!
Unknown (桜井真理)
2006-10-19 23:58:46
TBありがとうございました。

私も初TBしてみました。



キム・ギドク監督の発言は、いろいろな説?があって、「もう韓国では映画を作らない」なのか「韓国では映画祭でしか上映しない」なのか「映画祭にも出さない」なのか、よくわかりません。

ご本人に直接お話を聞きたいです。



どこでどうしようと、好きなように作って上映できる環境が整えばよいと思いますが。





コメント多謝 (kimion20002000)
2006-10-20 01:00:00
>hiropooさん



キム・ギドクはある種の前衛であり、芸術志向です。

一方、韓国映画界が、国を挙げて何年か映画産業を育ててきたのは、エンターテイメントマーケットを中心に、アジアをはじめとして、世界市場に出て行こう、ある意味で、ハリウッドと部分的にも拮抗する韓国文化を発信しようということでした。

マーケットは大衆が決めますから、残念ながらギドク監督の映画は、韓国ではほとんど冷遇されています。外部から見ると、ギドクを含めた厚みが出てきたという評価なのですが、ギドクは自分の国に対して、複雑な文字通りのコンプレックスを生い立ち含めて持っています。

だから、単純に、海外の評価があれば、というには葛藤がおおきすぎるんだと思いますね。
真理さん (kimion20002000)
2006-10-20 01:03:10
こんにちは。

たぶん、海外から、スポンサードを持ってくる、実力はある人だと思います。パリあたりで、拠点を置くこともできるでしょう。

でも、ギドクの作品テーマが、韓国社会を、離れることは、しばらくはないと思いますね。
”聖”と”俗”、”常識”と”非常識”の境界線 (BC)
2006-10-20 21:59:24
kimion20002000さん、『親切なクムジャさん』への再トラックバックありがとうございます。(*^-^*

以前、kimion20002000さんの『親切なクムジャさん』のご感想にはトラックバック打ってコメントさせて頂きましたし、

『弓』のご感想も印象深かったので、今回は『弓』のご感想にトラックバック打たせて頂きました。



>二人の間に割って入った青年は、俗世間の象徴であり、「聖」を「俗」に引きずり落す「常識」という名の、<悪魔の使い>のようにも思えたものである。



なるほど!と思いました。

”聖”と”俗”、”常識”と”非常識”の境界線は紙一重なのかもしれませんね。
BCさん (kimion20002000)
2006-10-21 02:07:54
コメントありがとう。

紙一重の境界線は、どちらの側からみるかによって、様相が異なります。

あの青年だって、普通は、可愛い女の子だなあ、とぐらいにしか思っていなかったんでしょう。でも、部屋を覗き見してしまったりするうちに、青年にもまた、奇妙な嫉妬感、焦燥感がでてきたように思います。

少女の船での放尿シーンをみせつけられる様は、まるで、翻弄される老人と、二重写しのようにも思われました。
Unknown (マウ)
2006-10-28 22:04:03
TBありがとうございます。



想像とは違った内容にびっくりでしたが・・・。

キレイな映像ではあったと思います。



老人が少女を拾うことになったのか、本当にさらってきてしまったのか。

そこが非常に気になります。

マウさん (kimion20002000)
2006-10-29 01:53:01
こんにちは。

どうなんでしょう。

ちょっと、遡った時代なら、迷い子も売り買いされる子も預けられる子もたくさんいたでしょうけどね。この映画の場合は、捜索願は出されていますから、攫ったわけでしょうね。

老人からすると、迷い子を保護したんだと、自分で、思いこもうとしているのかもしれません。
こんにちは☆ (orange)
2006-10-29 12:57:00
コメント&TBありがとうございました。

キム・ギドクの映像にはいつも引き込まれてしまいますね。

老人と少女の関係は、世間的に見れば眉をひそめたくなるものですが、何故か、そのような事は感じずに見入ってしまいました。

青年=俗世間の象徴として現れ二人の世界観を壊そうとしますが、何故かこの青年も憎めず。それほどこの老人と少女の関係が崇高さをまといながらも、下劣で欲望に満ちた人間の姿をまざまざと現していたのだと思います。

海に浮かぶ一隻の船という舞台設定も見事ですね♪
orangeさん (kimion20002000)
2006-10-29 17:30:49
こんにちは。

海の上に、停泊させ続けることによって、世間の時間と異なる時間を守ってきたんでしょうね。船が動き出し、そして沈むことにより、特別な時間が、融解していきます。
こんばんは。 (sora)
2006-10-29 22:23:59
こんばんは。

TBありがとうございました!

ギドク監督の映画を見るのは初めてだったのですが、物事の意味合いをあれこれ考えるのがおもしろい映画でした。

ギドク監督、制作環境がなかなか難しい状況にあるんですね。

とっても貴重な視点を持った監督だと思ったので、監督の思うがままに作れる環境が整うといいなと思います。
soraさん (kimion20002000)
2006-10-30 01:56:28
こんにちは。

制作環境という意味では、なんといっても、制作予算であり、また、配給態勢ですね。いくら海外で評価されても、やはり、韓国内で、上映館が少なく、短期間で打ち切られるということになると、悪循環になりますね。

なぜ、こんなに、韓国では興行成績が悲惨なのかは、本当は、韓国の批評家に聞かないと、もうひとつわからないところがあります。
TB・コメントありがとうございます。 (mezzotint)
2006-11-15 23:28:04
今晩は
TB・コメントどうもです
不思議な世界でした。キム・キドクの映画は初めて
なので・・・。他の作品、機会があれば観たいと思います。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-11-30 09:42:33
こんにちは♪
老人のことを嫌悪感を持ってみる方もいると思いますが、人間の滑稽な部分や愚かな部分醜い部分、さらには崇高な部分も見せてくれてよかったなと思います。
陸に上がったあとの少女が気になります。
mezzotintさん (kimion20002000)
2006-11-30 10:12:58
こんにちは。
ギドクの映画は毒がありますが、それぞれの作品にテーマがあり、またギドク世界が通底しています。
レンタルでも数作品出ていますから、ぜひご覧になってください。
ミチさん (kimion20002000)
2006-11-30 10:17:18
こんにちは。
陸に上がった少女・・・・。
いろんな想像が出来ますね。
元の家族に戻ったり、青年と一緒になったりというのは、しないと思いたいですね(笑)
物語的には、沖で釣り船をもった、妖しい女主人になる。客は、孤独な老人限定!(笑)
なぜ (kossy)
2006-11-30 21:17:28
本国で受けないのか・・・可哀想。
まだギドク初心者の俺でもこれだけ納得できるのに。

青年は「結局、ぼくのしたことは何だったのか?」と思い悩むことと思います。もしかすると、老人の孤高な心に触れ、50年後には彼も同じ道を歩んでしまうかもしれませんよね・・・
kossyさん (kimion20002000)
2006-12-01 02:08:44
こんにちは。
お節介野郎の青年(笑)
あの青年は、この妖艶な少女に、囲われることになるかもしれませんね。
フィルムの本数が (sakurai)
2007-02-20 22:16:49
よっぽど少ないのか、やっと当地にきました。
まあ、今までの流れからして、期待をしないわけには行かないのですが、コレは生理的にだめでした。
ああいうじじいがいてもそりゃいいのですが、じじいが少女を監禁してはどうしても救われない。あまりに生々しすぎて。じいさんが生臭すぎて・・。
美しさがまったく感じられませんでした。
「悪い男」も一種の監禁物ですが、ここには抗いがたい愛があった。こっちの愛は抗いがたいものではなく、否応ナシの愛。なんかずるすぎましたね。
いろんな経路をたどって、かなり精神的に参っている時に作ったのかと。
数多く作ってますから、波もあるだろうと思っています。それこそ傑作ばかりじゃ、マジに怖い。
次回作に期待です。
sakuraiさん (kimion20002000)
2007-02-20 23:05:41
こんにちは。
ははは。なんか、合わなかったみたいですね。
こちらは、年齢的にじじぃと近いので、なかなかやるじゃないか、あんな青年に負けるなよ!なんて感情移入してしまいましたよ(笑)
TBありがとうございます。 (ちゃぎ)
2007-04-20 20:47:36
この映画、とても美しかったです。 普通の道徳を当てはめるとはまらないものでしょうが。 
「グエムル」を見たとき、これぞ、韓国大衆映画って感じで。これも結構面白かったです・
このギドク監督のは、ここで述べられているように、韓国のほかの映画とは全然違う雰囲気があります。 始めは中国映画かとも思いました。 最近、これぞ韓国映画ってのに、飽きてきたので、なおさら良さが伝わります。 
kimionさんの洞察力には感銘しました。 
ギドク監督の作品は 不思議で静かで淡々としていて・・・
後味も ショックな内容なのに、 嫌な気持ちにはなりません。
破瓜の瓜という字は16歳なのですか~~
Unknown (mach)
2007-04-24 10:41:24
 問題発言、問題行動は別にしても、この人の作品だから見てみたいと思わせる、久々の監督であることは確かです。

 表現の質は違うけど、タルコフスキー、黒沢清などに通じるものがあると、個人的には思います。
ちゃぎさん (kimion20002000)
2007-04-24 12:28:44
こんにちは。
「道徳」的な価値も相対化させてくれるところに、芸術作品の意味があると思います。ギドクはその意味でも、楽しみです。
machさん (kimion20002000)
2007-04-24 12:30:22
こんにちは。
北野タケシも髣髴させるし、本人は、今村監督に影響を受けたといってましたね。
TBレス、コメントありがとうございました (とらねこ)
2007-04-25 21:57:34
私も、老人が少女を大人になるまで待つ気持ち、そしてずっと仲睦まじく暮らしていくことを願う気持ち、それは、老人にとって、聖なるファンタジーであった、と考えています。
ただ自分は女だからか、少女だったことがあるからか、男というものが、自分を庇護する存在だったものから、“肉体的”生々しさを伴って自分の何かに侵入する存在となる時、
それに対して嫌悪感を抱く気持ち、という少女の気持ちがすごく良く分かるように思って見ていたものです。
少女にとっての青年は、まだ見ぬ知らない世界の象徴であると同時に、自分と同じペースで時間の密度を生きてゆくことの出来る“可能性”をもった存在のように感じたのではないかなあ、なんて思いました。
とらねこさん (kimion20002000)
2007-04-25 22:09:02
こんにちは。
僕はやはり老人の側からみてしまうところがありますね。
たしかに、少女は、奇形として育てられているわけです。特殊な環境の中で。しかし、たぶん青年の出現以前に、(多くの酔っ払いの釣り人たちの猥雑な視線によって)少女には男を弄ぶ
資質を身につけ始めたともいえます。
こんばんは (kira)
2007-05-24 21:02:54
いつもコメントをありがとうございます。
面白い作品でした。
なんだか韓国昔話風でしたね。
やはりこの監督のもつ、ロマンと危険な匂いは男性に支持されるのでしょうか(笑)
青年の出現以降壊れていく老人には同情しますが、
あの青年も可愛そうですよね、普通の恋だと思っていたのに。
二胡のシーンは素敵だったので、もっと丁寧に撮って欲しかったです。
kiraさん (kimion20002000)
2007-05-24 21:52:04
こんにちは。
まあ、「普通の恋」では映画になりませんから(笑)
青年も、のぞきの世界を体験してから、尋常じゃなくなったように思います。
TB&訪問ありがとうございます (はは0210)
2007-05-30 17:51:53
ギドク作品は、遅ればせながらDVDで鑑賞しています。
個々の感性で色々な解釈ができるのだと、他の方々のレビュー見ながら、それもまた一つの楽しみです。
はは0120さん (kimion20002000)
2007-05-30 18:38:09
こんにちは。
そうですね。見る側に、想像力を要求するところがありますね。反発しても、やはり、強烈な印象が残ります。
ギドク監督 ()
2007-08-25 15:09:44
ギドク監督の作品は初めてでしたが、その美しさに引き込まれました。
他の作品も見てみたくなりました。
花さん (kimion20002000)
2007-08-25 23:11:18
こんにちは。
美しいだけでは在りませんが、いくつかDVDにもなっていますので、ぜひご覧ください。
TB致しました (オカピー)
2007-11-15 22:52:19
遅れてきたギドク・ファンです。これがやっと5本目。

よくもこれだけの実験的内容を次々と考え出せるなあと感心しますが、本作は幕切れの神話的な扱いにやや不満がありました。
とにかく、ギドクは世界で今一番興味深い監督です。最近は新人・若手ばかりで監督で映画を見たいと思わせない時代ですのでなおさらですね。

韓国の役者を観ますと、必ず一人や二人日本人の有名人か知人を思い浮かべられますよね。日本人は彼らよりずっと複雑に民族形成されていますが、やはりDNA的に近い方が多いのでしょうね。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-11-15 23:31:42
こんにちは。
僕がプロデューサーなら、もっともっとギドクに舞台を用意し、追い詰めますね。
結構、つきあいにくい人なんでしょうけど(笑)
才能は、歴然としています。
もっと、この人は、やるべきことがあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 (韓国映画好き)
ストーリーなどはこちら ギドクファンにはたまらないラブ・ファンタジー。美しい色彩に引き込まれました。海にぽっかりと浮かぶ船は、『春夏秋冬そして春』の湖の寺よう...
弓@ル・シネマ (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
弓は武器にも楽器にもなり得る。張り詰めた糸を解き放てば矢は疾風の如く。矢に糸を絡めて水面に揺れる船上に合わせ穏やかな音を奏でる。キム・ギドクの作品に海は欠かせないが、弓もまた「受取人不明」でも登場し、波と凪、緊張と緩和の二面性が表裏となって揺れ ...
感想/弓(試写) (APRIL FOOLS)
甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作その2! 奇才キム・ギドク監督最新作『弓』は独特の美しさを撒き散らして9月9日公開。狂気なのに耽美的な快作だ~!!   キム・ギドク監督最新作『弓』公式サイト 海原に浮かぶ船の上で生活する老人と少女 ...
映画「弓」(キム・ギドク監督作品)を観て (とみのひとりごと)
 解き放て!
弓/チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク (カノンな日々)
相変わらずのるキム・ギドク節が炸裂してます。ホントにこの人の頭の中はどうなってるんだか一度覗いてみたい。世界観もここまで徹底してくるとスゴイですヨ。まさにキム・ギドク・ワールドですね。もう面白いとか面白くないとかそういう尺度じゃないんですよね。 ...
『弓』を観て (トモトモの韓流侃々諤々)
 2005年、キム・ギドク監督の12作目。原題ママ。  恐るべしキム・ギドク。や
「弓」The Bow キャプチャー写真と感想 +サマリア (ポコアポコヤ)
「サマリア」「春夏秋冬そして春」などで知られるキム・ギドク監督の12作目 「弓」。韓国で上映期間が非常に短く、あまり多い人が映画館で見る 事がかなわなかった様で、韓国サイトで調べても写真とか殆どヒットしなかった ので、(もちろん日本でも)自分で写 ...
『弓』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
奇天烈なのに鮮烈な美醜紙一重ギドク・ワールドにうなる 船上で暮らす老人と少女の物語。海に浮かぶ一隻の船の上で暮らす老人と少女。武器である弓は、楽器にもなり、韓国二胡=ヘグムの優雅な音色を響かせる。まるで神話の世界のような現実離れした幻想的な美 ...
 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ Bunkamuraル・シネマにて鑑賞 弓/弓 2005年/韓国/90分 監督: キム・ギドク 出演: チョン・ソンファン/ハン・ヨルム/ソ・ジソク 公式サイト 海に浮かぶ一艘の釣り船。そこで、老人と少女が暮らしていた。老人は釣り客に船を開放し、それを生活 ...
 (ゆっくり、長く走るには...)
韓国映画界からの引退を示唆するような発言をした、キム・ギドク監督。 今作品”弓”
弓:無垢な少女は手の中からこぼれていった ル・シネマ (気ままに映画日記☆)
海の中に浮かぶ釣り舟。この船に老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)が二人で暮らしている。 船は沖合いに留まり、釣り人を運ぶボートだけが行き来する。 少女は6歳のときこの船に連れてこられそれから10年間船の上で暮らしている。 老人は少女 ...
弓:美しき「暴力の終焉」 (犬儒学派的牧歌)
★監督:キム・ギドク(2005年 韓国作品) Bunkamuraル・シネマ(渋谷)にて鑑賞。 東京映...
■〔映画雑談Vol.25〕キム・ギドク、および、ハン・ヨルム関連プチ・メモ&more... (太陽がくれた季節)
1.9月17日(日)、『弓』(2005/キム・ギドク)を鑑賞しました~!≪→こちら≫ 2.9月18日(月)、『山椒大夫』(1954/溝口健二)ニュープリント版を鑑賞予定です!≪→こちら≫ こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。 この秋最初の3連休、皆さん如何お過 ...
「弓」 (Puff's Cinema Cafe Diary)
公式サイト ル・シネマ、公開4日目初回です。 ル・シネマ1(150席)、40分前に着いて11番。 入場者数は約5割程度といったところ。 読み通り韓流映画愛好家のミーハーなオバサマたちの姿は無く、キム・ギドクのファンと思
「弓」:魚籃坂下バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}魚籃坂って、珍しい名前だな。 {/hiyo_en2/}坂の中腹に魚籃寺ていうお寺があるのよ。 {/kaeru_en4/}魚籃寺? {/hiyo_en2/}本尊が「魚籃観世音菩薩」ていう、頭髪を唐様の髷に結った乙女の姿をした観音像であることに由来する名前なんだって。 {/kaer ...
大傑作! 『弓』 は、キム・ギドク版“パノラマ島奇談”!? (瓶詰めの映画地獄 ~俄仕込みの南無阿弥陀佛~)
江戸川乱歩、傑作中の傑作中篇、『パノラマ島奇談』 は、 この世のすべて、何もかもに嫌気が差した厭世癖の男が、 ひょんなことから、巨万の富を手に入れたことをキッカケに、 そのすべてを費やして、己の頭の中だけにあった空想の世界をとある孤島を舞台に作 ...
弓/The BOW (amapola)
製作年:2005年 製作国:韓国 監督:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン ハン・ヨルム ソ・ジソク 海外DVD ★4 海の上、ふたりきり。        老人は少女に永遠の夢をみた。 ■ 劇場観賞時の感想 Story海の上に浮かぶ船の上で穏 ...
「弓」 (てんびんthe LIFE)
「弓」FS汐留で鑑賞 キム・ギドクの作品は今日はじめて見るのかと思ったら「サマリア」は彼の作品だったのですね。先日シャンテシネでこの作品の予告を見たときに、すごくこわい(ホラーとかスリラーとか言うのではなく)映画なのかという印象を持ちました。 ...
『弓』 (京の昼寝~♪)
今日も一日、あなたの弓は私を守り、夜の終わりに愛を奏でる。   ■監督・脚本 キム・ギドク■キャスト チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク、チョン・グクァン□オフィシャルサイト  『弓』  10年前にどこからか連れてきた少女を育てな ...
 (とにかく、映画好きなもので。)
 物語のラストに関して述べています。気になる方は読まない方がよろしいかも。  海の上に浮かぶ船には二人だけの世界があった。  60歳の老人(チョン・ソンファン)はどこかから連れてきた少女(ハン・ヨルム)を10年間育て、彼女が17 ...
キム・ギドク監督は やくみつる氏か? (ここ掘れ!!韓・カン)
ボクシング亀田の親父亀田史郎VSやくみつる氏のTV対決をリアルタイムのTVで観戦した。賛否両論あるが私自身少しやく氏の暴走が感じられた。亀田親父は自分のスタイルは変えられないと主張し「おれの言動は地でありパフォーマンスでもなく自分のスタイルで貫 ...
10月 8日 映画『弓』 (The collection of MARIBAR )
 キム・ギドクは最も好きな映画監督の一人。 なぜか韓国では人気がないらしい。 キム・ギドクも韓国映画業界を批判し、 「もう韓国では映画を作らない」とか 「韓国での上映は映画祭のみになるかもしれない」 と発言している。 なんとなく、高橋玄監督と似ている ...
『弓』の生々しい欲望 (Days of Books, Films)
キム・ギドク監督の映画はいつも一貫したテーマ系と似通った設定を持ちながら、初期作
映画「弓」 (文化村通りクリニック 院長室)
クリニックのそばにあるBunkamura ル・シネマで「弓」を見てきました。 まさしくファンタジーです。 恋愛を知らない人には、わけのわからない映画かもしれません。 老人役、少女(というには少しおかしいが)役の俳優お二人ともすばらしい緊張感みなぎる演技でし ...
『弓』 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:韓国映画、キム・ギドク監督。
キム・ギドク監督の「弓」を観た! (とんとん・にっき)
いや、もう、まったくの偶然です。先日、Bunkamuraザ・ミュージアムで「ピカソとモディリアーニの時代」を観た帰りに、なんとなく貰っておいた映画「弓」のチラシ。Bunkamuraのル・シネマでやるという。よく読みもしないで、「老人と少女の永遠の物語」というだけ ...
 (試写会HUNTER)
弓@ル・シネマ(2006/10/01) 募集規模:小試写会募集数 0/20 自分の応募口数 0/2 非常に小規模の試写会募集だったようです。 公式:http://yumi-movie.net/公開終了 満足度:★★★★☆監督:キム・ギドク出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム ギドク監督 ...
弓(9/9公開) (第八芸術鑑賞日記)
 10/8、ル・シネマにて鑑賞。7.0点。  キム・ギドクは、今もっとも映画作家らしい監督の一人だ。それは何よりもまず、徹底して映像で語るという姿勢を崩さない点にある。前作『うつせみ』(06年3月公開作品のカテゴリー参照)では主役の男女二人が全く会話しな ...
韓国映画第二弾☆『弓』:キム・キドク監督作品 (銅版画制作の日々)
韓国映画第二弾『弓』を鑑賞した。監督は韓国映画界ではかなり有名なキム・キドク韓国映画はほとんど観ない私にとっては、この監督の存在すら知らなかったそうそう「うつせみ」は聞いた事がある。 不思議な映画だった舞台は海の上に浮かぶ大きな船と小さな船だけ ...
『弓』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これってキム・ギドクの映画だよね。あいかわらず精力的だね。 「彼の映画は最後に 『キム・ギドク●●番目の映画』とクレジット。 それによるとこれ ...
真・映画日記(1)『弓』 (CHEAP THRILL)
9月9日(土) (昨日からのつづき) 午前5時半頃、クラブ「QUE」を出て、 「ロンドン・タイムス」のスタッフや客達と打ち上げへ。 ところが、いつも使っている「ぶー・ふー・うー」が入れない。 クニオ君が辛うじて朝までやっているお好み焼き屋を覚えてい ...
映画「弓」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「弓」 キム・ギドク監督の第12作目。 海に浮かぶ船の中で、二人きりの生活を営む老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)。10年前老人はどこからか少女を連れてきて彼女を船から降ろすことなく暮らし、彼女が17歳になったら結婚するのを楽 ...
 (ネタバレ映画館)
10年間船上で暮らす少女。外の世界を知らないためか、箸を持つ手もおかしかった。
 (still searching Style...)
今日、明日と連休のyo☆ssyです。たまの連休はとてもよいです。で、延ばし延ばしになっていた映画を観てきました。観るって言っといて今日まで観れず仕舞いだったのです。 観た映画は韓国のキム・ギドク監督の『弓』です。なんと今年公開されたのは『うつせみ』に ...
 (しぇんて的風来坊ブログ)
キム・ギドク監督の作品。サマリアにも出ていたハン・ヨルムの存在感が絶品。 天と交信している愛なのか、幼稚であるのか、ギドクにしか撮れないねこれも。婚姻衣装の韓服が美しい。青と赤と鶏も。 公式サイト 弓@映画生活
 (明け方シネマ)
 祖父と孫ほどに年の離れた老人と少女の愛の物語。  何かリュック・ベッソンの「レオン」がひどくつまらなく思えてくるほど、この愛は純粋で深い。  波間に浮かんで揺られている一艘の釣り船。カメラもそれに合わせてゆっくり揺れる。弦楽器の音色が優しく寄 ...
「弓」 (大吉。)
<水曜日> 映画に行ってきました。 「セントラル劇場」にて。 韓国映画ですね。昔の話しかと思ったら現代が舞台でした。 主人公の少女は16歳、海に浮かぶボロ船に老人と2人きりで暮らしています。老人は釣り客を渡し舟で送り迎えするのを生業にしていまして、少女は...
 (迷宮映画館)
どうした?ギドク先生!!
DVD“弓” (小さな心の旅)
弓/チョン・ソンファン ¥3,120 Amazon.co.jp    海に浮かぶ一艘の船。    釣り人を乗せる古ぼけた船で、    老人が10年まえに連れてきた少女と暮らしている。    娘が17歳を迎えたら結婚しようと…。    ところがその日を目前に、少女と1...
映画レビュー#49「弓」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「弓」(2006、韓国) 監督:キム・ギドク(悪い男、うつせみ) 脚本:キム・ギドク 製作:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム(サマリア)、ソ・ジソク 2006カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品作品 今作のDVDと、キム・ギドク監督の世...
「弓」  (いつか また 韓国へ)
胡弓の調べと海と空の自然の素晴らしさ。  其処で織り成す不思議なストーリー
『弓』 (Rabiovsky計画)
『弓』DVD 「絶対の愛」公式サイト 監督・脚本:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン[俳優] 、ハン・ヨルム 、ソ・ジソク 、チョン・グクァン 2005年/韓国/90分 おはなし Yahoo!映画 海に浮かぶ船の上で、2人きりで暮らす老人(チョン・ソンファ...
『弓』 (Rabiovsky計画)
『弓』DVD 「絶対の愛」公式サイト 監督・脚本:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン[俳優] 、ハン・ヨルム 、ソ・ジソク 、チョン・グクァン 2005年/韓国/90分 おはなし Yahoo!映画 海に浮かぶ船の上で、2人きりで暮らす老人(チョン・ソンファ...
#62.弓 (レザボアCATs)
キム・ギドク作品は、それぞれの持つ映像美のおかげで、その予告まで、ありありと覚えているものが多い。『サマリア』も、あの予告だけで、「なんと美しい映像だろう」、と心が躍ったのを覚えている。そして、この『弓』も、以下のシーン↓が、あまりに美しくて。・・・上...
映画 「弓」 ~ 現代の神話 (SEA side)
 小さな船の上のみが舞台の男と女の物語。と言えば、南海の孤島を舞台にした「流されて」のようだが、男女は老人と孫娘のようだし、老人は釣り客を舟に連れてきて食いつないでおり、まったく社会から途絶しているわけではない。  その主役二人には台詞がない。ただ耳元...
『弓』 (ドレミファ息子の血は萌える)
 『悪い男』のヤクザが声を失っていたように、『コーストガード』の娘が言葉を喋らないように、『受取人不明』の女子学生が眼の力で全てを語ってみせたように、『うつせみ』の男女が互いに言葉を交わすことなく愛が成立したよう
 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
おっさん=仲代達矢(違)、 少女 = 戸田恵梨香(違)、 青年 = 二宮和也(違) 弓posted with amazlet on 07.05.16ハピネット (2007/02/23)売り上げランキング: 14449おすすめ度の平均: キム・ギドク監督入門 言わなくてい
 (to Heart)
原題 THE BOW 製作年度 2005年 韓国 監督:脚本 キム・ギドク 出演 チョン・ソンファン/ハン・ヨルム/ソ・ジソク/チョン・グクァン 韓国の鬼才キム・ギドクの監によるラブロマンス。 海に浮かぶ船の上で、2人きりで暮らす老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨ...
『弓』 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
鬼才キム・ギドク監督 第12番目の作品『サマリア』で“娼婦パスミルダ”気取りの高校生役を演じたハン・ヨルムがまたまた妖しさをバージョンアップさせて出演です.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+『弓』2005年韓国作品 監督:キム・ギドク出演:チョン・ソンファン、ハ....
 (瑞樹録)
「弓」 THE BOW 2005年 韓国映画 1時間30分 監督:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク 物語: 広い海の上にぽつんと浮かぶ1隻の漁船と、寄り添うように揺れるボート。 そこは老人(チョン・ソンファン)と少女(....
映画「弓」 (<花>の本と映画の感想)
弓 監督 キム・ギドク 出演 チョン・ソンファン, ハン・ヨルム, ソ・ジソク 海に浮かぶ船で、暮らす老女と少女。老人は、少女が10歳の時につれてきたが、彼女が17歳になった時結婚すると決めていた・・・・・・・ ? たまたま、赤ちゃんを誘拐しその子...
「弓」 (prisoner's BLOG)
全編、海の上の船が舞台で、登場人物もほとんど老人と若い娘だけ、セリフもほとんどないという抽象的な作り。 釣り客を乗せるのと、船の腹に菩薩が描かれていて、その前で娘がブランコをこいでいるのに向って弓を射て、矢が当たった位置で運勢を決める、という妙な占いで...
 (Rosario*)
弓チョン・ソンファン、ハン・ヨルム 他 (2007/02/23)ハピネット この商品の詳細を見る THE BOW 2005年 韓国 監督: キム・ギドク 広い海に浮かぶ船の上、老人と少女は2人だけで穏や...
映画評「弓」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年韓国映画 監督キム・ギドク ネタバレあり
<弓>  (楽蜻庵別館)
2005年 韓国 90分 原題 Hwal 監督 キム・ギドク 脚本 キム・ギドク 撮影 チャン・ソンベク 音楽 カン・ウンイル 編集 キム・ギドク 出演 チョン・ソンファン  ハン・ヨルム  ソ・ジソク  チョン・グクァン
紋舞らんNet (紋舞らんNet)
紋舞らんNet
『弓』(2005年) ★★★★☆ (どっぷりレビュー)
『うつせみ』のジェヒは結局一言も話しませんでしたが、今回はさらにその上を行く、主演二人が二人とも言葉を発しませんでした。夢のような話です。-----監督:キム・ギドク脚本:キム・ギドク出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク、その他-----海の上に浮か....
The Bow (2005)/弓 (epiphany)
【邦題】弓 【あらすじ】広い海に浮かぶ船の上、老人と少女は2人だけで穏やかに暮らしていた。10年前、どこからともなく連れてきた少女を...
弓 80点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
完全なる飼育 公式サイト 異色作を作り続け、世界的には高い評価を得ながらも、本国では不遇な扱いを受けているキム・ギドク監督作品。 海上に浮かぶ一隻の老朽船で生活する老人と、幼い頃に連れて来られ、そのまま一度も陸に上がらず生きてきた少女。彼女が17歳に...
『弓』 (シネマな時間に考察を。)
さびれた船の上で老人と少女のふたり。神々しい程のエロティシズムにそこはかとなく魅了される、キム・ギドクの“揺れて感じる”映像叙事詩。 『弓』 THE BOW 2005年/韓国/90min 監督:キム・ギドク 出演:チョン・ソンファン、ハン・ヨルム 配給 : 東京テア...
「弓 (2005年)」レビュー 68点:美少女と老人の愛の物語 (映画で学ぶこの世の仕組み)
海に浮かぶ漁船で暮らす少女と老人の愛の物語。 真実の愛とは何なのかがテーマ。 ↓YouTubeで予告編の動画を見ることができる。 YouTube - Hwal - The Bow (2005) ? (Trailer)