サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08305「迷子の警察音楽隊」★★★★★★★★★☆

2008年06月21日 | 座布団シネマ:ま行

隣国同士でありながら、長い間敵対してきたイスラエルとエジプトの市民が音楽を通じて交流を深める夢のような一夜の物語。1990年代のイスラエルを舞台に、ユダヤの地に迷い込んだエジプト人と、現地のユダヤ人のほのぼのとしたやりとりをじっくりと見せる。誇り高き団長を演じるのは、イスラエル映画界を代表する名優サッソン・ガーベイ。民族や言葉が違っても、心を通わせることができるというメッセージが胸を打つ。[もっと詳しく]

「映画の魔法」そのものが、この作品に隠されているかもしれない。

京橋にある警察博物館に行った事がある。
ピーポー君も脱力の、なんの工夫もない官製博物館なのだが、ひとつオヨっと思ったのは、警察音楽隊の空襲から焼け残った楽器や楽譜がそれなりにスペースをとって保存されていたことだ。
日本では、警察音楽隊は、戦前からあったのだが、軍隊に取られたりして解散状態であったが、終戦の年にはすでに再編されている。その後、警視庁音楽隊、皇宮警察音楽隊、全国47都道府県に各専任音楽隊が存在する。
もちろん、陸・海・空の自衛隊の軍楽隊や、海上保安庁、消防庁などにも、独自の吹奏楽を中心とした楽団や、カラーガードといわれる視覚演出がミッションの音楽隊もある。



警察音楽隊の専任の場合は、音楽学校の卒業生でかつ警察学校の卒業生という条件がつくことになる。
学校の吹奏楽や器楽同好会とは訳が違う。
きちんとした専門家集団であり、また統率の取れた警察学校の訓練生でもある。
なんとなく「君が代」演奏や、行進曲(マーチ)演奏や、元気のいい古典POPSなんかが中心なのかなぁ、という気がするがよくは知らない。
きさくな会などでは、クラシックや和製ポップスや演歌やご当地ソングや映画音楽のヒットメドレーなようなものが演奏されたりもするのかもしれないし、それはそれでいいことだなぁと、思う。
制服姿の職務としての堅苦しさと、音楽学校の卒業生であることのアーチスト性が、微妙な平衡をとっている様態が、微笑ましくもあり憎めないところのような気がする。



「迷子の警察音楽隊」の8人の楽団員は、エジプト警察に属するアレキサンドリア警察音楽隊の面々である。
団長のトゥフィーク(サッソン・ガーベイ)以下、20年以上にわたって音楽隊を維持しているが、どうやら出番も月2回から3回しかなく、リストラに怯えて、疲れが滲んでいるような気配もある。
色男であるカーレド(サーレフ・パクリ)のような団長にも楯突く若手もいるが、概ね、中年から初老の集団だ。
物語はこの音楽隊が、イスラエルの新しく設立されたアラブ文化センターからの招待で、イスラエルの空港に降り立ったところから始まる。
目的地のペタハ・ティクバ(希望を開く)行きのバスを尋ねたが、誤ってベイド・ティクバ(希望の家)行きを教えられ、降りたがいいが、そこは砂漠の中の荒れ果てた小さな町、バスは1日1本しかなく、ホテルもない。
食堂を経営する女主人ディナ(ロニ・エルカベッツ)の親切で、8人は食堂に3人、ディナの家に2人、客のイツィクの家に3人に別れ、一夜を過ごすことになるのだが・・・。



この作品は、2007年カンヌ映画祭「ある視点」部門で、国際批評家監督賞、ジェネス賞、そしてこの作品のために急遽用意された「一目惚れ」賞の3賞に輝いたほか、東京サクラグランプリでも、最優秀作品賞を獲得するなど、世界で34冠を獲得したイスラエル=フランス合作の話題作である。
若干34歳のイスラエルのエラン・コリリン監督。
もともと、イスラエル映画というものにたいして馴染みのない僕だが、オープニングから引き付けられっ放しとなってしまった。
この数年の映画鑑賞で、こんなにある場面では声を出して笑いある場面ではクスっと頬が緩み、頬杖をついて画面を見やりウンウンと深く頷き、悲恋映画や悲運映画をみての涙とまったく異なり身体の奥底から緩やかに涙腺を刺激され、エンドロールの後は茫然と「世界は複雑であり単純だなぁ」とひとり静かにしみじみ黙考した、というような体験をした記憶はそうはない。
「映画の感動」というものの、ひとつの原点に触れたような気持になったのだ。
「一目惚れ」賞というのは、作品中の一見すると慇懃で四角四面なトゥフィーク団長と一見すると奔放で豪胆な女主人ディナの、敵対する国家を超えたじれったいような「一目惚れ」の優れた描写を指してユーモアを込めて贈られた賞かもしれないが、僕はこの作品そのものに、すっかり「一目惚れ」してしまったのである。



この作品に対しては、ひとつひとつの場面について、幾晩でも映画好きと語り合ってみたい気がする。
また、少ない知識しか持ち合わせてはいないが、1990年代初頭の、時代的にはイスラエルのラビン首相とアラブのアラファト議長の歴史的握手があり、隣国ヨルダンとの平和条約が成立した、結果としては幻想に終わったのだが、短い「希望の時代」に想いを寄せることも無駄ではない。
エジプトとイスラエルは1979年に平和条約を締結してはいるが、「冷たい平和」と評されたように、決して民衆同士の連帯が在った訳ではないことを、改めて認識する必要もある。



けれど、作品中にも出てきたが、1980年代にはことにイスラエルの大衆が、僕たちも馴染みの「アラビアのロレンス」のアラブの伊達男であるオマーシャリフや実生活でもその妻となったエジプトのトップ女優ファテン・ハママのエジプト映画の悲恋物語に夢中になったこと、また四半音の中立音程がひとつの特色のアラブ音楽の哀愁に満ちた旋律がPOPSなどとも融合されて、イスラエルの音楽シーンの一ジャンルを形成したことなども、なるほどなぁ、と頷くことが出来る。
なにより、現在のイスラエル人の成立そのものが、ヨーロッパ系イスラエル人が大半なのだが、エジプトを含むアラブ系イスラエル人も人口の15%程度を占め、やはりというか、二級市民扱いをされていることなどを指摘されると、民族の出自と国境という世界的な難問が、世界の緊張のとても大きな位置を占めるイスラエルとアラブの当事者国の中で逃れ難くあることの宿命のようなものに、思わず怯んでしまったりすることも、正直なところだ。



そうしたことをうつらうつらと思い巡らしながらも、僕はもうひとつとっても重要なことを考え込まざるを得ない。
たった34歳の世界的にはほとんど無名の若手監督。
団長役のサッソン・ガーベイは「ランボー3」にも出演していたし本国イスラエルでは評価の高い名優であり、女主人役のロニ・エルカベッツはフランスでも活躍する監督もこなす才女らしいが、出演者のほとんどはアラブ系イスラエル人であり、世界的には無名に近い。
冒頭の空港シーンやバスの中のシーン、ラストのアラブ文化センターでの演奏シーンにはそれなりのエキストラが配置されてはいたが、大半は音楽隊の8人とベイド・ティクバの辺境の住人の10人足らずしか登場しない。制作費もそれほどかけられているとは思わない。
けれど、どうしてこのような心を打つ作品が、創られたのだろうか、と・・・。



そんな比較など意味はないよ、といわれそうな気もするが、たとえば、近頃好調ではないか、といわれる邦画の水準とついつい比較をしたくもなるのだ。
鳴り物入りのヒット小説やヒットコミックの映画化は、さておくとする。
日本特有のアニメ作品の現在的水準も、別物とする。
あるいは、もともとお涙頂戴の、テレビとの連動を画策したがる「恋愛」あるいは「難病」作品群は、そういうものとして見ることにする。
映画的文法を揺さぶることに意味がある、前衛的実験映画や難解な解釈映画もすこし脇に置いておくとする。
とすれば、僕はいったい邦画のどういう作品群と、無意識に比較をしてみたくなるのだろうか?



たとえばワイルダー作品をこよなく愛し、「ラジオの時間」「THE 有頂天ホテル」「笑の大学」「ザ・マジックタワー」など群像劇の演出に関しては自分しかいない、と本人はそんなことは言ってないがそんな嫌味が透けて見える三谷幸喜の一連のコメディか。
松尾スズキ、宮藤官九郎ら、才能豊かな演劇人たちを有する「大人計画」に代表されるような、ちょっとインディペンダントな匂いも残しつつ現在の表現世界の表舞台に飛び出している一連のマルト・タレントたちが製作にかかわっているシネマ群か。
「亀は意外と速く泳ぐ」「図鑑に載ってない虫」「転々」などで一定のファンを持つ、三木聡のような小ネタが得意な放送作家出身の一群の新進監督たちか。
「かもめ食堂」や「めがね」で、脱力感と癒し感を、とても上手に現在風にアレンジした荻上直子に代表される女流監督たちの無意識とも計算とも取れる、共感映画群たちにか。
ユーモアとペーソスにあふれた作品群で、「日本の良心」を体現するかのような職人監督である山田洋次に代表される国民的監督のお正月映画にもなる代表的な作品群に対してか。
日本映画における「人情」を主題とした世界的な脚本・演出・監督たちの歴史を受け継ぐ、映画界を生き延びている正統の後継者たちの良心的で心に響く「感動作品」を指しているのか。



どれでもあって、どれでもない。
ほんとうは、現在の日本の邦画界をメジャーにしろ、インディペンダントにしろ、引っ張っている彼らと、少し異なるところで、あるいは本質的なところで、比較をしたがっている自分がいる。
それがなになのか、まだ、判然としない。
役者の問題なのかもしれない。
背景に開かれる自然風土の差異から、もたらされるものなのかもしれない。
世界を構成する大きな歴史的な物語が、メタとして存在しているかどうかということなのかもしれない。
そういうこととはまったく関係ないのかもしれない・・・。



「迷子の警察音楽隊」・・・とてもシンプルでとても複雑な映画。
とても寡黙だが表情の中にとても饒舌さが窺える映画。
脱力のようでありながら、間の空き方に独特のペーソスがあるようでいながら、同様の世界的映画監督たちとはどこか一線を画しているような映画。
一晩でも二晩でも語り明かせそうな作品だ、ということは裏を返していえばたぶん、一晩でも二晩でも、自分がこの作品にどうして惹き付けられるのかを探りたい、ということなのだろう。
すなわちそれは古くて新しい、「映画の魔法」そのものを巡るおしゃべりと同義なのかもしれない。








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生命論への転移/宮迫千鶴(... | トップ | リングネームが・・・/グレ... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2008-06-25 21:20:10
かなりお気に入られたようですね。
監督の才能もすぐれたものと感じましたが、やはり並みでない、ものすごい激動の歴史の中を生きてきた、生きなければならなかった・・・という背景が大きく影響しているのではないでしょうか。
我々日本人などには、到底考えも及ばないような強烈な歴史を目の前にし、本人自身が若くても、その認識の深さは想像もつかないものと思います。
「約束の旅路」などというすごい映画もありましたが、あまりに過酷な歴史過ぎて、笑うことや、ペーソスは、ものすごく必要な養分なのかもしれません。
そして、余裕でそれを描く。
深いです。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-06-25 21:43:10
こんにちは。
アレキサンドリアなんて、かっての一番の都市でしたしねェ。長い深い、歴史と民族史、宗教史の交錯は、僕たちの想像を超えているのかもしれませんね。
今晩は (ゴブリン)
2008-06-25 23:15:37
kimion20002000さん コメントありがとうございます。
「映画の魔法」、なるほどそういう言葉を使いたくなる映画ですね。特に並外れた工夫をしているようにも見えないのに、なぜか心を惹かれる映画です。われわれ日本人とは基本的に違うリズムで生きている人たちの映画です。
荻上直子監督の映画と似ているようでいて、どこか空気が違う。複雑さを通り抜けた単純さ。そんな魅力を感じます。
ひょんなことから小さな町に迷い込んだ音楽隊。死んだように活気のない町にひと時の活気と緊張をもたらし、音楽隊もまた道に迷った不安を見知らぬ人たちの親切で紛らすことができた。
互いにおずおずと接しあい、わずらわしくもあるし、居心地も良くないけれど、それだけにちょっとした触れ合いが心を安らげる。こんなささやかな経験が案外いつまでも心に残るのかもしれない。そんなことを考えさせてくれる映画でした。
ゴブリンさん (kimion20002000)
2008-06-25 23:43:08
こんにちは。
別に奇をてらったところはないし、オーソドックスな撮り方をしているし、でも、ひとつひとつのシーンの作り方がとてもうまいし、構図もすごく考えられています。
なにより、セリフがとてもよく、そのセリフを発する人物に向けるカメラのポジションが、微妙な間を大切にしています。
ちょっと驚きました。
シンプルだけに (miyu)
2008-06-27 06:47:07
色々なことが想起されるのかもしれませんね。
そうですか。邦画と比較ですか。
なるほどです。
TB&コメント、どうもありがとうございました♪ (メル)
2008-06-27 08:29:22
ほんとに、世界は複雑でもあり、そして単純でもあるんですよね~。
kimionさんのその言葉に、何回も頷いてしまいました。
この映画はそういったことを、気負うことなく
うま~く表現してあって、もう大大大好きな映画と
なりました。
miyuさん (kimion20002000)
2008-06-27 09:42:50
こんにちは。
そういう意味では、アメリカのヒューマンコメディやアジアのペーソス系と比較してもいいんですけどね。
なんとなく、邦画の若手監督たちを思い浮かべてしまうんですね。
メルさん (kimion20002000)
2008-06-27 09:47:00
こんにちは。
いまの映画界は、リメイクものとか原作依存とかがすごーく多いし、そのなかにはいい作品もあるんだけど、この作品のように、普遍のテーマを局所の出来事から、抽出していくというような製作姿勢が、僕は好きなんだと思います。
Unknown (mari)
2008-06-27 13:40:00
コメント&TB ありがとうございます。

この映画を見たのが今年の1月だったんですが、改めて思い返すと、ひとことで言い表せない感情がわき上がってきます。
kimion20002000さんがおっしゃっているように、「とてもシンプルでとても複雑な映画」だからなのかもしれないですね。

また見たくなってしまいました(^^)
Unknown (mari)
2008-06-27 13:41:20
スイマセン。URL入れ忘れました(^^ゞ
mariさん (kimion20002000)
2008-06-27 13:59:03
こんにちは。
僕もまた、見直すような気がします。
この作品は、見る人の視線によって、受容のされ方が微妙に異なってくるという特質(それはいいこと)があると思います。
いつもどうもです (ひらりん)
2008-06-28 02:12:40
中東情勢なんて、日本人にはあまり身近な話じゃないけど、仲が悪そうな国同士のちょっとした交流が、奥の深さを感じさせました。
ひらりんさん (kimion20002000)
2008-06-28 02:18:59
こんにちは。
そうですね、イスラエルとエジプトは、反目しあっている隣国ですが、民族的には一定の割合で重なっている場合も、あるんですからね。
Unknown (とらねこ)
2008-07-06 18:47:06
TBありがとうございました。
私もこの映画の「一目惚れ」賞にはまさに!と言いたい気持ちでいっぱいになりましたよ♪
とらねこさん (kimion20002000)
2008-07-06 23:09:03
こんにちは。
「一目惚れ賞」って、なかなか可愛いネーミングですよね。
Unknown (mint)
2008-09-09 09:39:33
こんにちは。
TB、ありがとうございます。
シンプルだけど、素敵な映画ですよね。
団長やカーレド、女主人などの人物が丁寧に描かれているのも良かったし、アラブ音楽の哀愁に満ちた旋律も映画の雰囲気に合ってました。
「映画の魔法」という言葉がホントにピッタリです。
こんにちは♪ (AnneMarie)
2008-09-28 16:55:32
やっと観ました~。
私もオープニングからひきつけられました。
おっちゃんたちが登場しただけで「迷子になるんだー」ってクスッです。

最初に告知されるとおり「たいしたことじゃなかった」のに心に残る映画です。
AnneMarieさん (kimion20002000)
2008-09-28 18:25:36
こんにちは。

なんでしょう、冒頭のシーンから、すごくひきつけられるんですね。
こんなに、洒脱にこんなに重いテーマを、描くことができるんだと、あらためて、この監督に敬意を表したいですね。
mintさん (kimion20002000)
2008-09-28 18:34:12
こんにちは。
なんか、アラブ系の音楽って、惹かれますよね。
最後のシーンでのアラブ音楽のわりと軽やかな演奏も大好きでした。
TB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-02-20 02:18:41
今の日本映画で感覚的に近いのは、荻上直子氏ですね。「かもめ食堂」と酷似していると言って良いのではないでしょうか。
kimionさんは「かもめ食堂」もお好きでしたね。
僕は個人的に個人的に接点の多い「かもめ食堂」のほうが★一つ多いです。^^

どちらもカウリスマキ風ですが、もっと言えば、小津安二郎です。
本作のローラースケート場の場面など「戦前の小津じゃん」と思いましたもの。
だから「小津の魔法使い」などと言いたくもなるわけです。(笑)

ダジャレはともかく、邦画の若手ねえ。
TV業界絡みの映画が席巻しているうちは、まずダメでしょうね(つまり永久に?)。
省略・簡潔・余韻の価値を知らない製作者、監督が多すぎます。ついでに一般観客もね(彼らにとっては荻上氏など、超マイナーだそうです)。
考え出すと腹が立ってきますので、この辺にしておきます。(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2009-02-21 00:56:24
こんにちは。
僕は、原則、若い表現者たちを支援している立場ですし、本気でそうしたいと思っています。(なにができているかは別としてね)。
で、僕も、腹が立っているんです(笑)
ある意味、観客にもね。
絶望的にすらなります。
でもね、明日若い表現者が訪ねてきたら、たぶん一生懸命、勇気付けるんです。
それが、僕の性(サガ)です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
迷子の警察音楽隊 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『エジプトからやってきた 音楽隊が届けたものは、 人が恋しくて、 家族が大切で、 そんな当たり前のことが 大事に思える 素敵な夜でした。』  コチラの「迷子の警察音楽隊」は、12/22に公開された"カンヌの審査員も一目惚れした、平和と希望の物語"なのです...
迷子の警察音楽隊 40点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
たった一夜の宿を貸し、一夜でなくなるはずの名が 公式サイト 1990年代のイスラエルを舞台に、文化交流に訪れたエジプトの警察音楽隊がタイトル通り迷子になった事で起こる、二日間の顛末を描いたイスラエル映画。 聖書の時代より近代まで続く、エジプトとイスラエ...
何も起こらないやさしい夜~『迷子の警察音楽隊』 (真紅のthinkingdays)
 Bikur Ha-Tizmoret  THE BAND'S VISIT  中東がほんの少し、今より平和だった頃。エジプトの警察音楽隊がイスラエルの 空港に降り立った。バス...
「迷子の警察音楽隊」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
迷子の警察音楽隊Nikkatsu =dvd=このアイテムの詳細を見る ちょっと昔の話。イスラエルに新しくできたアラブ文化センターでの演奏を依頼されたエジプトの 警察音楽隊。揃いのスーツに身を包み、イスラエルの空港に降り立つ。しかし何かの手違いか、 空港に出迎えの姿はな...
迷子の警察音楽隊 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
迷子の警察音楽隊静かだが温かい良作。アラブ諸国とイスラエルの間にひと時の平和が訪れた時代を背景に、イスラエルの田舎町に間違ってやってきたエジプトの警察音楽隊が、人々と触れ合う物語だ。誇り高くて堅物の隊長と自由な若い隊員、荒涼とした風景と鮮やかな水色の制...
品格溢れる、映画らしい映画 (極楽三十路生活賛歌 Evolution)
 『迷子の警察音楽隊(原題:????? ???????、英題:The Band's Visit)』(
迷子の警察音楽隊(’07) (KYOKO〓)
先日新作DVDリリースのエラン・コリリン監督のフランス・イスラエル合作。演奏に行く途中、イスラエルの小さな町に迷い込んだエジプトの警察音楽隊員達と、彼らを泊めた現地の人々との、一夜の触れ合いの物語。昨年末、朝日新聞の沢木映画コラムで取上げられており、気に...
迷子の警察音楽隊 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
エジプトからやってきた音楽隊が届けたものは、音楽が大好きなこと、人が恋しいこと。家族が大切で、言葉が違っても、神様が違っても、国が仲良くなくても、それは同じ。 イスラエルの寂しい町に届けたものは、そんな当たり前のことが、大事に思える素敵な夜でした。 ...
迷子の警察音楽隊 (心のままに映画の風景)
エジプトのアレキサンドリア警察音楽隊は、 アラブ文化センターでの演奏を依頼されイスラエルにやってきた。 しかし、空港には迎えもなく...
迷子の警察音楽隊 (シャーロットの涙)
一目惚れしてサクラグランプリ~♪
迷子の警察音楽隊 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1990年代、イスラエルの新興都市に新しくオープンする”アラブ文化センター”の開所のセレモニーでの演奏を依頼され、エジプトからイスラエルにやってきたアレクサンドリア警察音楽隊。総員8人のツアーですが、空港から間違ったバスに乗り、ホテルもない田舎町に来てしま...
迷子の警察音楽隊 (迷宮映画館)
ほんのりと味わい深い映画でした。でも、もうちょっと劇的かと・・・。
「迷子の警察音楽隊」:ジャパン・エア・ガシズ前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ジャパン・エア・ガシズなんて珍しい名前の会社ね。 {/kaeru_en4/}ジャバン・エア・ガシズの間違いないんじゃないのか。 {/hiyo_en2/}「パ」じゃなくて「バ」じゃないかって?それじゃあ、「迷子の警察音楽隊」の勘違いと一緒じゃない。 {/kaeru_en4/}エジプ...
迷子の警察音楽隊 (Big Screen)
○迷子の警察音楽隊/THE BAND'S VISIT /2007年イスラエル・フランス ○コメディ・ドラマ/87min/公開2007.12.22 (日活) [◆◆◆◆◆◇]5/6 解散の危機に瀕しているエジプトの警察音楽隊。平和交流のために招かれたイスラエルで迷子になり、迷い込んだ街の食堂の女...
『迷子の警察音楽隊』 (映像と音は言葉にできないけれど)
この映画のポイントは、(実は諸所の記事ではあまり語られていませんが....)おそらくは中東戦争後のエジプト・イスラエル平和条約署名直後のひとつのイベントを映画化したものでしょう。
映画~迷子の警察音楽隊 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆隣国同士でありながら、長い間敵対してきたイスラエルとエジプトの市民が音楽を通じて交流を深める夢のような一夜の物語。1990年代のイスラエルを舞台に、ユダヤの地に迷い込んだエジプト人と、現地のユダヤ人のほのぼのとしたやりとりをじっくりと見せ...
『迷子の警察音楽隊』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「迷子の警察音楽隊」□監督・脚本 エラン・コリリン □キャスト サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ、カリファ・ナトゥール、イマド・ジャバリン、ターラク・コプティ、ヒシャム・コウリー、フランソワ・ケル、エヤ...
映画 【迷子の警察音楽隊】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「迷子の警察音楽隊」 カンヌ映画祭で好評を得、東京国際映画祭の最高賞を受賞したイスラエル映画。 おはなし:文化交流のためイスラエルにやって来たエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊のメンバー8人。しかし、空港には迎えもなく、団長は自力で目的地を...
迷子の警察音楽隊 ( Art- Mill  あーとみる)
迷子の警察音楽隊HP http://www.maigo-band.jp/ 予告編で見ていると、どこかコメディで軽いお笑い的ムービーかと思いきや、かなりディープな、一夜の大人の物語である。 アレキサンドリ
映画『迷子の警察音楽隊』 (健康への長い道)
仕事のバタバタと風邪でブログの更新はすっかり放置嶺。そんな中でも映画は観に行くのです。真っ暗闇の中で、映画の世界に没頭すること。これが今の僕の大切な気分転換ですから鍊。 そんなわけで映画以外にも書きたいことはあるのですが、映画レビ...
★★★ 『迷子の警察音楽隊』 (映画の感想文日記)
2007年。イスラエル/フランス。"BIKUR HA-TIZMORET". エラン・コリリン監督。  この映画を見て想い出したのは、ウルグアイ映画の『ウイスキー』という作品で、あの映画を見たときに感じたものと同じ、「こういった感覚というのは全世界共通のものになっ...
「迷子の警察音楽隊」 (此処ではない何処か)
先月、「カフカ 田舎医者」(レビューはこちら)を見に行った時の予告で一目惚れした「迷子の警察音楽隊」をシネカノン有楽町2丁目へ見に行...
『迷子の警察音楽隊』 (2007) / イスラエル・フランス (NiceOne!!)
監督・脚本:エラン・コリリン出演:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ鑑賞劇場 : シネカノン有楽町2丁目公式サイトはこちら。<Story>1990年代のイスラエル。空港に水色の制服に身を包んだ男たちが降り立った。彼らはアレクサンドリア...
迷子の警察音楽隊 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
2007年最後の映画鑑賞はイスラエル・フランス共同制作の『迷子の警察音楽隊』です。原題は『Band'sVisit』=楽団の訪問 ですが、邦題がいいですね。ストーリーそのままなんですが、「警察」が「迷子」になった。しかも、実戦部隊ではない「音楽隊」。ポスターの砂漠....
『迷子の警察音楽隊』 (Gingham Notes)
『迷子の警察音楽隊』を観ました。 イスラエルの空港で立ち尽くす、エジプトの警察音楽隊。文化交流の演奏会のためにイスラエルを訪れたものの、手違いなのか出迎えがありません。言葉も宗教も違う不慣れな土地、それにイスラエルは歴史的に対立してきたユダヤ民族の国...
迷子の警察音楽隊(映画館) (ひるめし。)
エジプトからやってきた音楽隊が届けたものは、人が恋しくて、家族が大切で、そんな当たり前なことが大事に思える素敵な夜でした。
今年初映画...「迷子の警察音楽隊」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Bikur Ha-Tizmoret」...aka「The Band's Visit」 2007 イスラエル/フランス/USA とても地味な作品ながら、ユーモア&ペーソスを織り込んだイスラエル発のヒューマン・コメディ。 監督、脚本はイスラエル出身のエラン・コリリン。 エジプト警察音楽隊、隊長トゥフ...
★「迷子の警察音楽隊」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週は三連休なので、2日連続レイトショウ鑑賞しましたぁ。 今回は川崎チネチッタで・・・。 いやいや、イスラエル映画は初めてじゃないかなっ。 見慣れない文字(ヘブライ語かアラビア語)が出てきた時にはびっくりしたぁ。
映画 「迷子の警察音楽隊」 (Mr.Bation)
「迷子の警察音楽隊」2007年 イスラエル、フランス 監督:エラン・コリリン 1990年代のイスラエル。空港に水色の制服に身を包んだ男たちが降り立った。彼らはアレクサンドリア警察音楽隊。文化交流のためにエジプトからやってきたが、何かの手違いか出迎えが来ない。自...
迷子の警察音楽隊 (小部屋日記)
BIKUR HATIZMORET(2007/イスラエル=フランス)【DVD】 監督:エラン・コリリン 出演:サッソン・ガーベイ/ロニ・エルカベッツ/サーレフ・バクリ/カリファ・ナトゥール/イマド・ジャバリン カンヌの審査員も一目惚れした、平和と希望の物語 イスラエル・アカデミ...
迷子の警察音楽隊 (映画三昧、活字中毒)
■ シネカノン有楽町2丁目にて鑑賞迷子の警察音楽隊/BIKUR HA-TIZMORET 2007年/イスラエル、フランス/87分 監督: エラン・コリリン 出演: サッ...
【2008-34】迷子の警察音楽隊(THE BAND'S VISIT) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 公演のためやってきた エジプトの警察音楽隊が イスラエルで迷子になった エジプトからやってきた 音楽隊が届けたものは、 人が恋しくて、 家族が大切で、 そんな当たり前のことが 大事に思える 素敵な夜でした。 ...
迷子の警察音楽隊 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
          *公式サイト 2007年/イスラエル・フランス/87分 原題:BIKUR HATIZMORET 監督:エラン・コリリン 出演:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サレー・バクリ、カリファ・ナトゥール、イマド・ジャバリン これが今年最初の劇場での鑑賞作品だ...
「迷子の警察音楽隊」を観ました (銀の森のゴブリン)
 様々な国の映画が観られる日本でもイスラエルの映画は珍しい。上映されることがあっ
迷子の警察音楽隊 (銀の森のゴブリン)
2007年 イスラエル・フランス 2007年12月公開 87分 評価:★★★★☆
迷子の警察音楽隊 (ピースのAMEBLO CANTABILE)
【THE BAND'S VISIT】 エジプトの警察音楽団が長い間敵対してきたイスラエルに招かれてやってきたのだが、その道中迷子になってしまう。 そんな中、ある食堂での出会いから音楽を通して交流を深めるストーリー。 この映画はタイトルやパッケージなどにひかれて借り...
#201.迷子の警察音楽隊 (レザボアCATs)
これは自分には、かなりツボでした。絶妙なセリフのタイミングといい、画の映し方といい、もう最高。惚れこんでしまったね。ただこれは、その人の持つコメディセンスの有無によるところが大きいので、好き嫌いが分かれるかも。見る人によって、可笑しみと哀しさのハーモニ...
迷子の警察音楽隊 (映画雑記)
団長を演じた人の演技は巧かったのだけど、 団長がある出来事を見て、その後のシーンで心情的な動きにも、心惹かれず。 全体的に、なんか、まとまりすぎてる感じ・・・? 良い映画だとは思いつつも、そんなに印象的に残らない作品でした。 原題    THE BAND...
世界はわかりあえる? (タネの縁側  )
迷子の警察音楽隊  盛り上がりもなく、でもさなんだかいいのよ。
迷子の警察音楽隊 (マダムようの映画日記)
ー迷子の警察音楽隊ー 2007年 イスラエル/フランス エラン・コリリン監督 サッソン・ガーベイ(トゥフィーク)ロニ・エルカベッツ(ディナ)サーレフ・バクリ(カーレド)カリファ・ナトゥール(シモン) 【解説】 隣国同士でありながら、長い間敵対してきたイスラエ...
『迷子の警察音楽隊』(DVD) (いつか どこかで)
週末はハリー・ポッターの7巻が図書館から来たので読んでました。 残念ながらまだ読み終わっていないので、今日はDVD『迷子の警察音楽隊』の感想です。
迷子の警察音楽隊(イスラエル/フランス) (映画でココロの筋トレ)
引っ越し前に、本当は映画館で観たかった「迷子の警察音楽隊」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:サッソン・ガーベイ、ロニ・エルカベッツ、サーレフ・バクリ カーレド カリファ・ナトゥール 上映時間:87分  文化交流のため、イスラエル...
迷子の警察音楽隊 (悠雅的生活)
ここは・・・どこなのでしょう。
映画評「迷子の警察音楽隊」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年イスラエル=フランス映画 監督エラン・コリリン ネタバレあり
『迷子の警察音楽隊』'07・イスラエル・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ文化交流の為イスラエルに招かれてやってきたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊。何故か空港に出迎えは無く、自力で目的地に辿り着こうとするうちに、彼らは一文字間違えてホテルすらない辺境の町に迷い込んでしまう・・・。感想東京国際映画祭グランプリはじ...
「迷子の警察音楽隊」 DVD (しぇんて的風来坊ブログ)
イスラエルの監督による映画。完結に言うと、「地味渋いハートウォーミングなシチュエーション・コメディ」です。イスラエルとアラブという関係を、国と国、宗教と宗教を一旦、保留というより対決を前面に出さなければ、こんな風な物語が生まれる。。。という風に政治的に...