サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06124「四月の雪」★★★★★★☆☆☆☆

2006年01月10日 | 座布団シネマ:さ行

「冬のソナタ」で韓流ブームの火付け役となったペ・ヨンジュンの主演映画第2作目。『ラブストーリー』のソン・イェジンを相手役に、愛し合ってはいけない男女の姿を描いた切ない純愛物語。監督は『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』など微妙な感情をスクリーンに映し出す演出に定評があるホ・ジノ。妻への疑惑と新たな愛の存在に心かき乱されているペ・ヨンジュンの演技に、観る者の心もかき乱される。[もっと詳しく]

「弱った心」から、はじまる「エロス」もある。

 

 「微笑み貴公子」といわれるペ・ヨンジュン。
日本で多くの女性を虜にしたのは、やはりクチコミで拡がった「
冬のソナタ」(2002年)であった。
前年制作の「
ホテリアー」をはじめ、過去のTV作品がリリースされるたびに、圧倒的な支持が拡大した。
TVデビューから10年、銀幕初出演は2003年「
スキャンダル」。
朝鮮王朝の愛欲世界を舞台としたドンファン役を演ずるペ・ヨンジュンは、一部のファンにはその肉体を賛美されるが、おおむね「冬ソナ」ファンを裏切ったのではないか。
僕は、あえて、そうした作品を銀幕第1作に選ぶペ・ヨンジュンを「やるじゃないか!」と感心したほうだ。



そして2作目の「四月の雪」。
ようやく、「冬ソナ」ファンは、封切を楽しみにしたことだろう。
相手役は、「韓国映画界の宝石」といわれるソン・イェジン。
2002年「
永遠の片想い」2003年「ラブ・ストーリー」2004年「私の頭の中の消しゴム」。
のりにのっている女優さんだし、憂いを含んだ大きな瞳で、涙なしにも泣かせる演技がうまい。

まして監督・脚本は寡作だが、1998年「
八月のクリスマス」で難病で余命わずかな写真館の主人と快活な交通警官との淡い恋で泣かせ、2001年「春の日は過ぎゆく」で、録音技師の青年と離婚暦をもつ年上のDJ兼プロデューサーのすれ違う恋を見事に描いたホ・ジノ。
「冬ソナ」ファンでなくても、出来すぎた「愛」の物語を期待するだろう。
しかし、今回も、ペ・ヨンジュンは「冬ソナ」ファンを基本的に裏切っている。
と、いうより自分の演技の幅をこの作品で、大きく拡張しようとしている。
その意味で、本当にまじめな役者さんなのだ。



コンサート制作会社の照明のチーフディレクターであるインス(ペ・ヨンジュン)に突然、妻の交通事故の知らせが入る。
メインの舞台となるサムチョクの東海岸の病院に駆けつけるインス。
その待合には、夫の交通事故の報で駆けつけたソヨン(ソン・イェジン)がいる。
警察での聞き取りや事故の遺留品から、ふたりの夫と妻が同乗して事故をおこしたこと、そして夫と妻は不倫旅行をしていたことが明らかになる。

近くのホテルに泊まり意識のない相方を介護するふたりは、裏切られた事実を交換する中で、いつしか相手の存在に、「癒し」を求めていくようになる。
インスの妻は快方に向かい意識が戻り、車椅子に乗れるまで回復する。
一方、ソヨンの夫は、意識を回復しないまま、死亡する・・・。
ふたりの前途に、ありえない四月の雪が降りかかる。四月の雪は、決して、積もることはない・・・・。

僕の男の友人は、こんなありえない笑えるようなシチュエーションを思いつくなんて、とこきおろした。
また女の友人は、不倫で事故をおこした相方なんて見舞う必要もないわよ、空気ポンプを止めちゃえばいいのよ、と怒っていた。
でも、僕には、この作品は充分にありうる設定だと思う。
人生の中で光り輝く「恋愛」ではなく、怒りや絶望や不信の渦中にあって、か弱くなったこころが交信する「癒し」の関係が希求されることは、だれにもあることなのだ、というように思われる。
むしろ、「恋愛」にもとづいたエロスは、何度も何度も求めることは現代社会では可能だが、想定外の不幸がもたらす哀しみのなかで、もし縋れるものがあるとすれば、そうしたエロスは、たぶん一回きりの運命的なものであることは間違いない。



インスとソヨンは、それぞれの仕方で、号泣し、あるいは身体を震わせる。
相手を抱擁することで、あるいは慈しむことで、自分を救跋するというエロスは、きわめて古典的であり、悲劇であるからこそドラマチックである。
決して「恋愛」の駆け引きゲームではないのだ。

ペ・ヨンジュンは、鼻血を流し、洟水を垂れ流し、訪ねてきた部下に酔いどれて、くだをまく。
見合い結婚で幼さしかもたないソヨンは、今回の事件で、夫との時間にもはたして愛が存在したのかどうか、もう自信がもてなくなる。
異常なシチュエーションのなかで、なれない化粧をしてしまう。
このふたりの抱擁は、「冬ソナ」ファンが期待するロマンスなどどこにもない。
また、この悲劇性のなかで、感激して涙を流すこともできない。



けれどもこの抱擁の場面で、きわめて本質的なエロスが発露していることを否定することはできない。
ここでは、きわめてまっとうな大人の心理劇が、ありうべきリアリティでもって、描かれているのだ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (67)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円谷幸吉忌日 | トップ | キツネ目の男の似顔絵公開 »
最近の画像もっと見る

67 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も見ました (aki)
2006-01-10 09:47:04
遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願いします。

この映画を見たとき、何故・どの時点で二人が恋に落ちたんだろう?こんな事ってあるんだろうか?と思っていました。

今日ここを読ませていただき、何だか納得できた感じがします。

TBさせていただきますね。
akiさん (きみおん20002000)
2006-01-10 12:18:48
本年もよろしくお願いします。
TBありがとうございました。 (ちゃぎ)
2006-01-10 14:17:12
きみおんさん、始めまして。 男の方の「四月の雪」コメント初めて拝見しました。 年齢も多分?同じくらいかと・・。

ヨンジュン氏の「スキャンダル」で、結構、彼の映画の演技を買っていたので、楽しみにしていた作品でした。 でも、実はちょっと違和感があったのですね。 

ホジノ監督のほかの作品も好きなのに。



エロスという響きに どきどきしながら、そうか・・・。と思っております。TBさせていただきます。
ちゃぎさん (kimion20002000)
2006-01-10 16:09:43
レンタル屋さんで、借りるの恥ずかしかった(笑)
TBありがとうございました (joonmyon)
2006-01-10 20:03:24
はじめまして。

記事、読ませていただきました。

素晴らしいですね。

私の愛する(笑)ヨンジュンさん自身を、そして出演作品を評価していただいて、純粋に嬉しく思います。

やはり男性の方に褒めていただけるのは嬉しいですね。

この作品はファンの間でも評価が二分しました。

私にとっては忘れられない、特別な映画ですが・・・
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-10 20:31:23
こんにちは♪

ヨン様自身の演技や映画の出来以前に、彼を取り巻くファンのエスカレートぶりやマスコミの取り上げ方などに無意識のうちに私の中で反発心があったようです。

韓流ブームというのは両刃の剣で、本当の映画ファンにはちょっと苦々しいものではないでしょうか。

ブームが去って、韓国スター主義も落ち着いたときに本当に良い映画が登場するような気がします。

この作品にはちょっとノレなかったのが残念です。
はじめまして (charlotte)
2006-01-10 20:33:54
こんにちは。TBありがとうございました。

私は初見ではあまり理解できなくて、何度か見たいなと思っていましたが、結局見れませんでした(^^ゞ

露出できない感情表現とでもいいましょうか。その辺が観客には伝わりづらく思いましたが、ヨンジュンは見事に、普段は内に秘めたままの感情を上手く表現できない男性像を作り上げていて、秀逸だったと今なら思えます。

だからこそエロスというものがより神秘的(?)かつ表面的なものとして観客に伝わりやすいというか…

本当はもっとヨンジュンの隠れた貪欲な面の演技を感じるべきでした。

こんばんは。 (pua)
2006-01-10 21:04:35
TBありがとうございました。

私は劇場で見たときは特に何も感じ

取れずに終わってしまったのですが、

こちらを読ませて頂いて、改めて

もう一度見てみたらまた何か違った

受け取り方が出来るかもしれないな

と思いました。機会があったらまた

見てみたいと思います。

TBさせて頂きますね。            
ふむふむ。 (o-yoyo)
2006-01-10 21:31:04
大人の男性の感想を、興味深く読ませていただきました。

私は一般論と言うよりは、自己の経験と重ね合わせて観ていましたが、共感できたことには変わりません。

私はキンちゃん(my彼)が不倫旅行で交通事故を起こしたら、多分世話をするでしょう。回復したら離婚するだろうけど(笑)。

丁度、小池真理子の『恋』を読んでいたところだったので、余計に感慨深かったです。

色んな恋の始まり方、恋の形がありますよね。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-10 21:39:13
>joonmyonさん



表層的な批判が多いですからね。やっかみもあるでしょうけど。



>ミチさん



とにかく、多くの若手監督が競いあい、日本にも多く紹介されるようになったのは、よしとしましょう。



>charlotteさん



名作とは思わないけど、ヨンジュンの堕落だとは思いませんね。



>puaさん



とても、丁寧に演出されています。あとは、好みですね。



oーyoyoさん (kimion20002000)
2006-01-10 21:44:14
小池真理子の「恋」は読みました。旦那の藤田氏も作風はおもしろいし、男女の視点の違いがありますね。



この二人が、この映画をそれぞれどう捉えるのか、興味がありますね(笑)
TBありがとうございました (kika)
2006-01-10 23:25:14
絶望から生まれた2人の恋は、見ようによっては復讐にも慰みにも見える。本人たちも戸惑っていることを"タメ"の演出で、いかんなく表している。

上手い監督だなと思うけれど、何故か心に響かなかったんですよね。フシギ。



また寄らせていただきます。
こんばんは (ノラネコ)
2006-01-10 23:27:04
TBありがとうございました。

私を冬ソナを見ておらず、スキャンダルで初めてヨン様を見て「この人上手いじゃん」と驚いた口です。

毎回違った役柄にチャレンジするのは好感が持てます。

次回作も観てみたいですね。
TBありがとうございます (KUMA0504)
2006-01-10 23:28:55
そうか小池真理子の「恋」か。いいですよね。あれ。あと藤沢周平の「海鳴り」このふたつをホ・ジノが監督したら、どうなるだろう、と思いました。

男の私の立場からいえば、ぺ・ヨンジュンには共感しない。けれども、ソン・イェジンのしだいと成熟していく様はなんともいえず色っぽかった。
はじめまして (neetrader007)
2006-01-11 02:45:11
kimionさん、はじめまして。僕のブログへのトラックバックどうもありがとうございました。kimionさんの“四月の雪”の感想を読ませていただきました。とても深く映画を鑑賞されているのだなぁ~と素晴らしく感じました。僕はスキャンダルも観ました。四月の雪、スキャンダル、冬のソナタ、どれもぺ・ヨンジュンさんは全く違うキャラクターを演じていますよね。僕は冬のソナタのチュンサンを演じているヨン様が一番好きなのですが、どのキャラクターもそれぞれとても魅力的だと思います。それだけヨン様の演技力が素晴らしいということなんですね。僕は今までみたドラマの中で冬のソナタが一番大好きです。冬のソナタのラストシーンは本当に美しいと感じました。

恥ずかしながら僕は泣いてしまいました(笑)kimionさん、これからもどうぞ宜しくお願い致します。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-11 03:12:42
>kikaさん



いい悪いは別にして、監督が違えば、まったく違う心理劇にもなったでしょうね。



>ノラネコさん



それにしても、あまりにも、美しすぎる役者さんというのは、普通、キャラが狭まりますね。そこでは、ペ・ヨンジュは、ハンディをもっていると見たほうがいいと思いますね。あくまでも、役者としてで、人気とは、違う話。



>KUMA0504さん



ソン・イェジンは、表情のつくりかたがうまいです。いろんな役を経験できる人でしょう。



>neetrader007さん



あ、僕はこの映画は泣きませんでした。「冬ソナ」はちゃんとウルウルさせていただきました(笑)







はじめまして。 (ゆりこ)
2006-01-11 09:08:14
TBありがとうございました~こちらからも頂いて帰りますね。お書きになられていること、同感でした
はじめまして (ユカリーヌ(月影の舞))
2006-01-11 16:26:18
TBありがとうございました。

こちらからもさせていただきました。



「癒し」の愛こそが互いを求め合う

本当のエロスの愛なのかもしれませんね。

でも、それをうまく表現しきれなかったのか、

カタチとしての愛しか感じられなくて、

ものたりなさが残りました。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-11 20:56:03
>ゆりこさん



ありがとう。今後とも、よろしく。



>ユカリーヌさん



そうですね。映像描写については、賛否両論分かれていますね。







はじめまして☆ (luminall)
2006-01-12 00:34:34
TBありがとうござぃました~☆

私はあまり共感できなかったのですが…大人の心理劇という言葉に納得しました。

また寄らせてくださいね。
luminallさん (kimion20002000)
2006-01-12 01:07:40
はい、いつでもお寄りください。
多分・・・・ (うぞきあ)
2006-01-12 23:27:49
DVDで観なおしても、私には、“ビミョー”かもしれません。

やはり、監督との相性が悪いようです(悲)。
TB読ませていただきました (YuE)
2006-01-13 00:16:33
初めまして。こちらのほうにコメントを載せさせて頂きます。私はこの監督の作品「八月のクリスマス」「春の日が過ぎていく」を見てます。きみおんさんのコメント読ませていただきました。こういう捕らえ方もあるのか、と思いました。私はもうすこし、年齢を重ねて見てみると、ちょっとは変わってくるでしょうか。。。
そっかあ、よくみてますね (よっち771)
2006-01-13 01:01:44
kimonさん。トラックバックありがとうございます。実にすばらしい解説でした。

さて、

ぺ・ヨンジュンについては、かの「冬のソナタ(2002)」以来ずいぶん観た。「初恋(1997)」「パパ(1996)」「若者のひなた(1995)」「愛の群像(1999)」「スキャンダル(2003)」そして「四月の雪(2004)」かな その中で

個人的にいえば冬ソナのチュンサンも好きだが、「初恋」のチャヌが一番好きである。義侠心あふれ、家族のために体を張って戦い、頑張り、そして「初恋」をひきさかれれ不具な体にされた不幸な兄のために復讐をちかう。若きペ・ヨンジュンの男くささ、ギラギラとしたたくましい肉体、迫真の演技がこれでもかと展開する。街のチンピラからエリートの法学部入学、家族の期待を一身に背負い司法試験をめざす。はたまた家族の事情で一時はあきらめカジノ・ディーラーヘ。そのカジノの社長に見込まれエリートビジネスマンへ。力を得て、兄の恋人だった一家のやくざな相手企業を、破滅寸前にまでおいこむが、すんでのところで、兄の恋人だったヘギョンの切な訴えに、復讐相手である彼女の父・叔父を破産寸前にまで追い込みながらも、最後のさいごは人間として赦す。兄を常に想い、兄弟を家族をおそった悲劇と不幸にまっこうからたちむかっていき、自分の知性・力で活路を開いていく。兄をしたう恋人ヘギョンは実はチャヌの同級生であり、また心に秘めたチャヌの「初恋」のひとだった。

ストーリーも韓国社会のソウルの貧しい一般大衆が、そのまた上昇志向がリアルにえがかれている。

韓国ドラマ特有の親子愛、兄弟愛、怨、交通事故、留学、階層の違いゆえの結ばれぬ愛、それも純愛が描かれみどころたっぷり 世のおば様はなぜこの若いヨン様でさわがないのかな?

この点は「愛の群像」もよく似ている。いずれにせよ、

僕の一番好きなヨン様だ。



コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-13 03:12:22
>うぞきあさん



僕も、相性が多いから、わかりますね。それと、女優さん。相性悪いと、全然、のれません。



>YuEさん



おっさんは、結構、斜めになっているから。若い人の見方のほうが、いいかも。



>よっち771さん



ていねいなコメントありがとう。

そうですね。「初恋」はもう少し、ちゃんと批評が聞きたいですね。
TBありがとうございました。 (kyoppy)
2006-01-13 08:23:07
はじめまして。この度はTBして頂きありがとうございます(*^^)

四月の雪に関する思いもとても興味深く拝見させて頂きました。

本当に、ジノ監督作品は奥深いですよね・・・

あとはまだ見ていない「春の日は過ぎゆく」を近々見てみたいです。
kyoppyさん (kimion20002000)
2006-01-13 11:02:43
こんにちは。



「春の日は過ぎゆく」は、いい映画だし、俳優起用で騒がれることもなかったし。
はじめまして (natsushirogiku)
2006-01-13 13:20:43
「四月の雪」の感想、興味深く読ませていただきました。この映画は冬ソナでファンになった人だけでなく、ホ・ジノに温かさを期待した人の期待も裏切ったかもしれないと思いました。でもこれはホ・ジノ監督の新たな映画への「外出」ですね。戻るところがあるのが外出だとしても、物語のインスのように、ソヨンのように、人生の中で後戻り出来無い外出かもしれません。「はじまり」という名の。ペ・ヨンジュンは、世間が思うよりずっと生真面目で真摯に変化を試みる役者さんですね。私は彼の今回の演技、とても惹かれました。本当に混沌とした感情を、主人公そのものになって悲しんだり苦しんだんでしょうね。静まりきった表情の裏にある苦しさ、悲しさは、あの状況になった本人だけが感じるものの筈。それが感じられてかわいそうに思えたのです。分かり難く、評価されにくい演技なのかもしれないけれど、私には映画と完全に一体化した演技に思えました。また新しい映画の感想、楽しみにしています^^。
natsushirogikuさん (kimion20002000)
2006-01-13 13:28:50
コメントありがとう。

どこに、リアリティを求めるか、という問題ですね。

キャスト・スタッフとも、真摯に取り組んだ映画なのでしょう。
TBありがとうございました。 (ふう)
2006-01-13 16:59:04
はじめまして。

TBありがとうございました。

男性の感想、初めて読ませていただきました。

私は、こういう状況はありえなくもないと思っています。ロマンスな映画というよりは現実的な映画でしたよね。

こちらもTBさせて頂きますね。
ふうさん (kimion20002000)
2006-01-13 22:43:12
はい、男性代表意見ではありませんが(笑)

これからも、よろしく。
はじめまして (あくあまりん)
2006-01-20 21:07:43
TBどうも有難うございました。

私もTBさせていただいたのですが、悲しい事に文字化けしています。



同じ心の傷を持つ相手だからこそ強く惹かれる思いというのは確かにあるでしょうね。

ただ癒される関係であると同時に常に相手を通して伴侶の裏切りという

辛い現実(過去)を突きつけられる気がして複雑な思いがしました。





裏切り (kimion20002000)
2006-01-21 01:26:24
こんにちは。裏切りという意識や韜晦こそが、エロスのスパイスであったりもします。



ところで、TBこちらでは、文字化けせずに、みえていますよ。
“余白”の使い方 (きのこスパ)
2006-01-24 10:29:31
トラバ&コメント、サンキューです。



> 僕には、この作品は充分にありうる設定だと思う。



正直、ボクはやや不自然な設定に感じました(笑)。

ただし、その無理さ加減を“ありうる話”に

みせてしまうホ・ジノの凄さ‥‥

映像や台詞をキチキチに詰め込むのではなくて

“余白”を利用しながら、観る側の想像を

掻き立てるのは、やはりさすがだと思いました。







きのこスパさん (kimion20002000)
2006-01-24 11:42:43
コメントありがと。

不自然といえば、不自然の極地で(笑)

交通事故同士の相方の出会いということより、想定外のできごとで、弱っている時に、常識では考えられない、こころの動きをするだろう、ということだけですね。
こんにちわ (三日月)
2006-02-03 16:28:21
TBありがとうございました。

大人の男の人の視線で見た映画評、「そうかそういう見方もあるのね」って感じです。私的にはこういう状況無くは無いなって思います。エンディングで流れる会話は二人の相方であり、二人であり、私かもしれないし、あなたかもしれない。

三日月さん (kimion20002000)
2006-02-03 17:21:40
こんにちは。

想像していたより、いろんな見方ができるな、と思いました。
TBありがとうございます (matugaoka)
2006-02-04 07:06:44
韓国映画は初めて観ました。どことなく日本のクラシック映画のような場面を思い起こされて、一時ほのぼのとした暖かさを感じました。今の日本は何かを追い求めているのか、或いは追い掛けられているというのか、物質的には豊かな国なのに焦っているような気がする。
matugaokaさん (kimion20002000)
2006-02-04 10:56:54
韓国も、とんでもない成長一遍主義で、拝金主義であったり、教育至上主義であったり、都市と農村の所得格差も大問題になっています。



まあでも、「恋愛」の描き方に関しては、日本は、なんかもう正面からは作れないというか・・・。だから、古典的な様式美が、韓国映画のほうが成立しやすいように思いますね。
TBありがとうございました。 (ももけん)
2006-02-05 23:39:50
はじめまして。こんにちは。



ラストの「この後は観た方におまかせ・・・」

って終り方は苦手です。

とりあえずは何時も良いほうに解釈しますが。

私も二人の恋愛はありえないことではないと

思います。

こんばんは。 (natsushirogiku)
2006-02-06 00:50:15
こんばんは。トラックバックありがとうございました。はじめたばかりで内容も無いところですが、映画の話も時々してみたいと思っております。ちょうど今日は「マラソン」を借りてきたところなので、見た後にkimion20002000さんのレビューを読ませていただきます。この映画は昨年ソウルに行ったときに大ヒットしていて、日本で見るのを楽しみにしていました。公開されたときには行かれなかったので、1年ぶりの成就です。それではまた…。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-02-06 02:32:47
>ももけんさん



よく、ラストを監督たちが解説したりしますが、映画として、提出した以上は、監督の解説であれ、それは、ひとつの見方にすぎません。この映画は、多義的に解釈したほうが、いいと思いますね。



>natsusirogikuさん



これからもよろしく。マラソンも、コメント&TBお願いします。

コメントどうもでした~ (さくさく)
2006-03-04 12:58:56
この淡々と流れていく雰囲気は好きです

ありそーかなぁってゆー設定も入り込めちゃうんでしょうか

ただラストの後どうなっていくか、ちょっと気になってしまいます

では~
さくさくさん (kimion20002000)
2006-03-04 19:21:09
コメントありがとう。

いろんな物語に発展していくでしょうけどね。



僕は、1年ぐらい、ふたりの交際は続いて(もう、不倫ではない)、その後、二人は別れると。まあ、仕事でヨン様は、アメリカに渡ると。互いに、空虚を埋めてくれてありがとう、と爽やかに別れる。(どうでしょう?)
Unknown (グレート・タカ)
2006-03-24 02:31:36
こんばんは。

TB&コメントありがとうございます。

どうもピンとこなかったんですけどね。

だいたいあのエロスの演出は必要だったんですかね?

よくわからなかったです。



グレート・タカさん (kimion20002000)
2006-03-24 09:02:13
こんにちは。

そうですねぇ。こいつばかりは、監督の世界ですからねぇ。あの演出が、必然なのか、過剰なのか、興行的にとられたものか、いろんなこちらからの見方は出来ますね。僕は、ありかな、というほうなんですけどね。
そっかぁ 弱った心のエロス (よっち)
2006-04-04 09:30:59
ソン・イェジンが兎に角好きだ。楚々として可愛い笑顔、走るとすてきな肢体 「4月」ではその肢体・美しい身体を弱ったこころの傷を舐めあうようにみせてくれた。「消しゴム」でも豊かな美しい身体を披露したがやはりいいですなぁ。片や冬ソナのヨン様を期待した向きは、鼻水をたらし泣きじゃくる「弱い」ヨン様にがっかりした向きもおおいかと思われる。そうたかが女のことでチョーかっこわるい復讐を口にするヨン様、だからあまりにも人間的な弱い男がお互いの傷を舐めあいながら愛し合う。いやー、切ないですなぁ
よっちさま (kimion20002000)
2006-04-04 10:54:48
縁側で、ご隠居が、渋茶をすすりながら、「いいですなぁ、ソン・イェジンは・・」と言ってるみたいだけどね。いいものはいいのだ。
深い映画 (あんず)
2006-04-12 20:36:12
「四月の雪」は、好きな映画です。交通事故で亡くなった方のお葬式に向かう車から見える野焼きの風景、ソヨンと関係をもってしまってから奥さんの側でカーテンのなびく横に座っているインスの何とも言えない表情、奥さんに「あの人は死んだよ」と告げた後そっと部屋を出てたたずむインスの後姿、ソヨンの夫のお葬式で何も言えずにお辞儀しあう二人、インスと別れを決意して去っていくソヨンがカートを引いていく遠景、そんなシーンで私は泣けてしまいました。胸の奥の方から痛くなってくるような感じでしょうか。ベットシーンは、不倫されて失くしたアイデンティティーをお互いに救いあっているように思えました。ペ・ヨンジュンさんは、その容姿と人気のせいで過小評価されているように思います。
あんずさん (kimion20002000)
2006-04-12 23:57:14
こんにちは。

あんずさんの好きなシーンは、すべて、くっきりと、浮かんできますね。

美男というのも、不自由なところもありますね。
なるほど・・・ (タケちゃん)
2006-05-09 23:13:36
はじめまして!

TBありがとうございました。

私もkimionさんと同世代(正確に言うと私の兄がkimionさんと同世代)、そしてちょうど同じころからブログを始めているよしみで、どうぞよろしくお願いいたします。



「四月の雪」、kimionさんの記事を読んでなるほど~と思いました。私はまだまだ読み方が足りないみたいです(笑)

「四月の雪は決して積もることはない・・・」この結末、私の中でいまだに結論が出ません。

私は韓流ファンではないのですが、まわりはみんな年代的に(?)韓流ばっかり。

映画はいいのですが、ドラマをすすめられて困っています(笑)だって16話もあるんですもの。

ではまた寄らせていただきます。

私のブログにもぜひいらして下さいね。
タケちゃん (kimion20002000)
2006-05-10 03:17:44
コメントありがとう。

ヨン様も映画の出演本数は、少ないからね。ファンクラブの方たちも、話題がなくなってくると、殺気だってくるような雰囲気の」ファンサイトもあるようですね。くわばら、くわばら(笑)
私も観ました (lucky777_sw)
2006-05-11 14:38:07
私もあり得る設定だと思うし、恋に堕ちていくのも自然だと思いました。

セリフを少なくして、表情や仕草で心理描写していくのも、静かに密やかに育まれていく愛にピッタリの演出だと思います。

TBさせて頂きます。
luckyさん (kimion20002000)
2006-05-12 00:51:46
コメントありがとう。



「恋に落ちる」ではなく「恋に堕ちる」なのね(笑)

そのほうが、背徳の匂いがするなあ。
ペ・ヨンジュン好い役してました (かつ)
2006-05-13 18:02:40
こんにちは、TB 有難うございました。

この映画『四月の雪』では、ペ・ヨンジュンは好い役やっていましたね。

いつものカッコイイ最後には誰かを打ち負かすような役ではなく普通に存在しそうな男性。

ああいうシチュエーションなら、一寸した心の隙が引き金になって、普通に起こしてしまいそうな過ち。

よく演じていたと思います。

ただただ悲しい二人の運命に私自身が心を乱されてしまいました。これってよくできた映画っていう事ですね。

私の記事もTBさせてくださいね。

では失礼します。
かつさん (kimion20002000)
2006-05-14 00:00:02
コメントありがとう。

役どころそのものは、どこにも、いそうな青年でしたからね。かえって、むづかしい、演技力が、要請されますね。
TBありがとうございました。 (にゃんこままの部屋)
2006-06-10 00:33:23
この映画で男性からのTB嬉しいです。

しかも、私より年上の方からの。



私の記事は、ソヨンの目から観た「四月の雪」の

感想ですが、年齢的には、インスの妻(スジン)に近いですので、スジンの目から観た感想を書きます。



スジンは、夫の前ではお酒を飲めません。しかし、不倫相手を乗せた車で飲酒運転をして事故を起こしてしまうのです。しかも不倫相手とのベッドシーンを自らケータイのカメラで撮影するという異常な行為をする女性です。

スジンは夫の前では出来ないことを不倫相手に求めていたのです。でも、その付けが、自分たちだけでなく、関係のない男性まで巻き込んで死に至らしめ、男性ばかりか彼の一族まで不幸にしてしまうのです。スジンは命が助かった分、これから背負うものは大きいと思います。映画ではインスと、その後、わかれたようだし。

スジンを通して、人間とは悲しい生きものだと思いました。
にゃんこままの部屋さん (kimion20002000)
2006-06-10 01:59:13
コメントありがとう。

スジンはなぜ、夫の前では、羽目をはずせなかったんでしょうね。インスのどこか生真面目なよそよそしさのせいかしらね。なんか、スジンの方が、インスより年上のような気がしたけど。
Unknown (にゃんこままの部屋)
2006-06-10 08:56:48
そうですね。少し年上かも。

年下の、美青年には自分の負の部分は見せられませんものね。しかもインスは生真面目だし。

そういうこともあって、以前から気心の知れた男友達との、関係がずるずると続いてしまったたのでしょうかね。



***********



インスとソヨンのベッドシーンも、ソヨンの方が夫以外の男性経験はなさそうだけれど、彼女の方が、インスをハグして母性を感じさせるところがあるし、はっきり言って彼女の方が積極的ですね。



彼女のような普通の真面目な女性は、相手に好意を感じないと、そういうことは出来ないわけだし、関係を持った後、インスに恋心を抱いていっているのがわかります。

浜辺での写真撮影も、復讐した記念写真ということにして撮りましたが、彼女は、無邪気に喜んでいましたよね。

インスの方は必ずしもそうとは言えませんが。



インスは、妻のした不倫を経験することによって、妻の気持ちにちかずきたかったのかも知れません。

彼女のからだが、回復して、彼女がもしまだ自分を必要とするなら、自分を頼りにしてくれるなら、と願ったかも知れません。



***********



ソヨンはインスと関係を持った後、心はインスに、向いてしまっていますね。だから夫が亡くなって、実家に身を寄せている(?)のですが、四月に降ってきた季節外れの雪をみて、インスを自分から誘い出すのです。彼女の方から、インスの職場にTELしていますよね。



ホ・ジノ監督は、弱い立場にある人間に対して、優しい目線を向ける監督なので、本来は結ばれることはないであろう二人の関係も、最後の場面で、雪の中に映し出された、ジュリアンの花(花言葉は永久に変わらぬ愛)をクローズアップして見せたところから、この二人を見守ってやりたいという監督の、メッセージが感じ取れたのですが。

低温ながら、ホ・ジノ監督の愛情が伝わってくる作品でした。



*******



四月に降る雪は決して積もることはないけれど、四月に降る大雪は奇跡を呼ぶことだってあるのです。
にやんこままの部屋さん (kimion20002000)
2006-06-11 00:57:22
コメントありがとう。

その後の物語というのは、いろいろ、解説されているのでしょうが、それは別として、僕は、半年から1年間、このふたりはつきあって、そして自然と別れると思いますね。

あんまり悲劇ではなくて。

お互いが、回復過程を支えあったという形で。
遅くなりましたがこちらからもTBさせていただきます。 (にゃんこままの部屋)
2006-06-22 11:30:17
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/522b438990b252ee99fdfa044b8e2791/2b

迷いましたがTBこちらからもさせていただきます。

TBをさせていただこうと思ったのですがうまくいきませんでした。ここに紹介させていただきます。
TBさせていただきました (にゃんこままの部屋)
2006-07-08 06:50:37
遅くなりました。

TB出来ました。先日は上手くいかなかったのでそのままになってしまいましてすみませんでした。
にゃんこままの部屋さん (kimion20002000)
2006-07-08 08:39:12
TBたどりました。

そちらに、少し、コメントさせていただきました。
TB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2007-09-04 01:04:50
僕にはkimionさんのような名文は書けませんが、趣旨は全く同じように感じました。同工異曲です。僕が映画構成的に語るのと、kimionさんが内容分析的に語るだけの違いのように思いました。

「こんなことはありえない」や「心情が理解できない」というご意見を持った方は、人間の強さを過大評価しているような気がしますね。
僕は女性は一人で良い口です(笑)が、しかし、同じ状況に陥ったら、多分同じことをするでしょう。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-09-04 03:08:36
こんにちは。
よく、映画や文学や、自由な表現の世界に、現世の価値観、倫理観を持ち込む人がいますけどね。
こんな不倫は許せないとか・・・(笑)
それは、現実世界で、主張すればいいわけで、表現の世界は、そのなかに、リアリティがあればいいんだ、というのが、僕の基本ですね。
ヨン様 (なな)
2007-10-16 22:19:05
彼のドラマは一つも観たことがありません。
映画は「スキャンダル」を観ました。感動しました。
冬ソナで彼の微笑みと,波瀾万丈なストーリーのファンになられた方には,さぞ退屈な物語だったと思います。
私は,こういうテイストの物語や,笑わないで演技で勝負するヨン様が好きですね。
TBさせていただきました。
ななさん (kimion20002000)
2007-10-16 23:44:35
TBありがとう。
ヨン様、料理屋もいいけど、もうちょっと、映画に出てもらいたいですなあ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン 「4月の雪」 (華流→韓流・・・次は何処?                              )
忙しさのあまりあまり構ってあげられなかった母を連れ、「4月の雪(原題:外出)」を観てきました。観終わってすぐの感想テレビ・雑誌などであまりにも事前に予告を見てしまい、何だかワクワク感というか、新鮮味がなくなっていました。特に「4月の雪」を意識して情報を集め
「四月の雪」・・・・・プレミアムボックスより (いつか また 韓国へ)
『四月の雪』プレミアムボックスを見たしにょんさんから次のメールをもらいました。 あまりにも素晴らしいので、許可をもらって載せさせてもらいます。    しにょんさん: 「四月の雪」プレミアムボックス見始めました。DVD5枚のうち、Disk1は本編なので、もうす
淡々とするにも程がある 「四月の雪」 (平気の平左)
評価:25点 四月の雪 「冬のソナタ」とか、実はペ・ヨンジュンの出演した作品って観たことなかったんですよね。 それなのにペ様と小ばかにするのは良くない事だと思い直し、今回「四月の雪」を観てみたのですが、やっぱりヨン様と呼ぶほどのパワーがあるとは思えません
映画館「四月の雪」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督作品。 この映画、ヨン様観たさに行くとダメかも。おば様達、終わった後になんだかブツブツ言っていましたよ。 ホ・ジノ監督の作品を好きな人は好き、嫌いな人は嫌いな作品かも。私は「八月のクリスマス」が好きだったから、結構...
『四月の雪』 (erabu)
監督、ホ=ジノ。2005年韓国。恋愛映画。原題『外出』。出演、ぺ=ヨンジュン(イ
四月の雪(ネタバレ注意) (「しつこく」もろもろ日記)
「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督で ぺ・ヨンジュンとソン・イェジンが主演のラブストーリー。 上映劇場の招待券が手に入ったので、迷いつつも見てきました。 交通事故で、配偶者が意識不明の重態に陥る。 しかもお互いの夫・妻が不倫関係にあったという事実を 突きつけ
四月の雪 (ネタバレ映画館)
 損害保険会社の社員教育用ビデオだったのかもしれない。  どちらが運転していたのかわからないから示談は難航。対人の自賠責保険は出るだろうけど、同乗者保険はどうなるんだ。強制保険とも言われるこの保険によって、死亡者には3千万円が支払われる。しかし、将来が有望
四月の雪 (It\'s a Wonderful Life)
ホ・ジノ監督の「八月のクリスマス」(感想)は始めて劇場で観た 韓国映画で、とても好きな作品。 死期が近づいている青年が、警官の女の子と仲良くなるけれど、 彼女の将来を思って深く踏み込まない、初恋のような話。 今の韓流ドラマの原点的な作品ではないでし...
映画「四月の雪」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「四月の雪」 ★★☆ ストーリー:コンサート会場で照明のチーフ・ディレクターの仕事をしているインス(ペ・ヨンジュン)の元に、妻が交通事故にあったという知らせが入る。病院に駆けつけてみれば妻と同乗していた男性も重体。妻とその男の関係は?そしてイン
四月の雪 (シャーロットの涙)
ヨン様の映画、なんとなくこわいもの見たさでみてきた。ヨン様ファンの方、気を悪くなされたらごめんなさい。私自身、なんでこんなに日本中がヨン様に沸いているのか不思議だった。仕事の行く先々で、TVの周りを見るとヨン様のビデオがずら~り。仕事よりヨン様のお話の方が
四月の雪☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ま、観に行くなら平日のほうが・・・確実に空いているんじゃないかなぁと 予測して出かけたものの^^; 意外にも、結構入っていたのは、ヨンさま主演だからでしょうか? 『四月の雪』観に行ってきました。 ただいま、フリーパス1ヶ月有効なので、もう何でも観ちゃう...
「四月の雪」 (easy going)
見てきました。 特にペさんのファンではないのだけれど、 「ラブストーリー」のソン・イェジンは 清楚な可愛らしさで好きなのだ。 ストーリー的にはなんと言うか、 誰にも感情移入出来ないまま終わってしまったんだけど{/face_ase2/} バックにあまり音楽が流れないので、
四月の雪 (2005)  (極私的映画論+α)
 コンサート会場の照明ディレクターを務めるインスは、仕事中に妻スジンの交通事故の知らせを聞き、彼女が搬送されたサムチョクという町の病院へ駆けつける。その廊下には、夫が交通事故に遭ったという女性ソヨンが独り悲しみに打ちひしがれていた。やがて彼らは、事故処理
四月の雪 (うぞきあ の場)
なんだかよくわからない・・・・。 ホ・ジノ監督が私に合わないのかもしれない。 “春の日は過ぎ行く”でも、 折角私の好きな、イ・ヨンエが出ているのに消化不良で、 でも、ソン・イェジンを観に行ったので、 今までになかった露出を観れたのはいいが、 ストーリーが
「四月の雪」 (てんびんthe LIFE)
「四月の雪」日比谷スカラ座で鑑賞 ヨン様好きの温子さんは特典付き前売り券を9枚買って興行収入アップに大きく貢献しました。相当ポストカードに惹かれた様子。ロードショーが始まってから温子さんは既に3回「四月の雪」を見たそうです。まだ6枚あるので私たちを招待して
四月の雪 APRIL SNOW (タイトル未定)
皮肉な出会いから始まった2人の恋は、想いの高まりとは裏腹になかなか進むことができない。これは復讐なのか愛なのか。愛だとしても、また儚く消えてしまうかもしれない。傷ついたから惹かれあったのに、傷ついたから戸惑ってしまう2人。「もっと前に出会っていたら」.
「四月の雪」・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
世間ではヨン様ヨン様とうるさいが、これは中々しっとりした良い映画だった。 妻が不倫相手と事故を起こし、その結果不倫相手の妻と出会い、ダブル不倫するという、往年の大映ドラマ
『四月の雪』。 (ミーハー主婦の韓流ちっくな日々)
今更ながら・・・ 『四月の雪』ようやく観ました~ 私は、結局映画館では鑑賞し損ねて、レンタルになるまで 待ちました~ 昨年12月29日からレンタル開始になっています~。 ちなみに、私がレンタルをしたお店では『四月の雪』の トレーディングカードのプレゼント.
映画「四月の雪」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
映画「四月の雪」開映18:50@錦糸町シネマ8楽天地 「四月の雪」 2005年 韓国 配給:UIP 脚本:シン・ジュノ、イ・ウォンシク、ソ・ユミン、イ・イル、ホ・ジノ 監督:ホ・ジノ 撮影監督:イ・モゲ 出演:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、イム・サンヒョ、キ
四月の雪:私たちどうなるんですか キネカ大森 (気ままに映画日記☆)
照明監督のインス(ペ・ヨンジュン)は、妻の交通事故の知らせを聞いて病院にかけつける。妻は意識不明の重体、同乗していた男性も意識不明で詳しい状況はわからない。 インスは、妻は出張にいっていたものと思っていたが、会社には休暇と連絡していた。不審に思い妻の携.
『四月の雪』 (Rabiovsky計画)
『四月の雪』DVD 監督:ホ・ジノ 脚本:ホ・ジノ、シン・ジュンホ 出演:ペ・ヨンジュン 、ソン・イェジン 、イム・サンヒョ 、リュ・スンス 2005年/韓国/107分 やっと見ましたソン・イェジン主演の『四月の雪』! えっ?違うって?何が? あ~ ペ・ヨ.
四月の雪 (いつか深夜特急に乗って)
「四月の雪」★★★★(盛岡フォーラム1) 2005年韓国 監
ゆりこ的、韓流。 (リッツファン番外編/ゆりこの日常)
{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heartss_pink/}{/mail/}{/heart
「四月の雪」 (月影の舞)
「四月の雪」             (パンフ 700円) 「ヨン様」のイメージが強すぎて、役柄としての キャラが全く見えなかった。 ヨン様の演技が下手というわけではないのだけど 感情がおいついてないというか、計算して、 キレイにキレイにまとめよう
ラストシーンから始まる恋愛ドラマ◆『四月の雪』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月21日(金)TOHOシネマズ木曽川にて 友人の間ですごく評判が悪く、観ることすらもためらっていた『四月の雪』だったが、恐らくもうすぐ上映が終わってしまうだろうと思い、観に来た。金曜日のレイトショー。200席以上ある劇場内に、観客は20人程度だろうか。一人で観に
四月の雪 (*-* foo\'s slow life *-*)
2005年韓国 ペ・ヨンジュン ソン・イェジン他 お・・・大人の世界だ・・・。 配偶者の交通事故で病院に呼ばれたペ・ヨンジュンとソン・イェジン。 実はお互いの配偶者の不倫旅行での事故。 事故被害者の若者は死亡。 不倫なんて気付いてなかった者同士の怒りや
四月の雪(私達、これからどうなるの?) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
さて、巷では、チョン・ジヒョン主演の「僕の彼女を紹介します」をしのぐ勢いで興行実績を上げている「微笑みの貴公子」ぺ・ヨンジュン&韓国の宝石ソン・イェジン主演作、「四月の雪」をば見てきました。四月の雪HPは、こちら 正直、本国韓国では、内容が内容なんで、いま一
映画「4月の雪」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
2005年 韓国映画 監督  ホ・ジノ 主演  ペ・ヨンジュン  ソン・イェジン 前売り買っていたので初日の2回目上映を観に行きました。
「四月の雪」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
さてファボーレ東宝でレイトショーにて『四月の雪』を見てまいりました。 韓流どまんなかの作品のため、おばさま方を避けようとレイトショーを選んだのですが、おばさまパワーは凄いですね。三十人ぐらいのお客さんのうち男性は私含めて3人だけ。うち一人は奥さんに連れられ
『四月の雪』、観ました。 (肯定的映画評論室・新館)
 『四月の雪』、映画館で観ました。病院に駆けつけた見知らぬ男と女は、お互いの妻と夫が不倫旅行の途中で交通事故にあったことを知る。その裏切りに絶望し、複雑な思いで看病を続けるふたりだが、苦しみや悲しみを共有するうちにこらえきれない想いが募り始める……。 
四月の雪 (Radiohall Blog)
『四月の雪』今見終わったところ。 監督がホ・ジノだってとこだけで借りてしまった…...
四月の雪 (★☆★あくあまりんの宝石箱☆★☆)
                                          交通事故の知
四月の雪・・・・ホ・ジノ監督 (ぷち てんてん)
今日、行く予定ではなかったのですが、たまたま映画館の近くに行き時間があったので見てきました。☆四月の雪☆(2005)ホ・ジノ監督ペ・ヨンジュン・・・・・・・・インスソン・イェジン・・・・・・・・ソヨンストーリーコンサート会場の照明チーフディレクターのインス...
「四月の雪」 (ひらりん的映画ブログ)
1・・・2・・・3・・・ヨン様ぁぁ主演の映画。
四月の雪 (K-zone)
日本でヒットしてるというのでとりあえず見てみた。 ヨン様作品をきちんと見たのは初めてなのですが。 確かにヨン様の演技のうまさはこの映画でも理解できました。 でも。。。ヒットする内容なのかな? と思ったら、作成された国ではまったくヒットしてないらしいね
四月の雪 (K-zone)
日本でヒットしてるというのでとりあえず見てみた。 ヨン様作品をきちんと見たのは初めてなのですが。 確かにヨン様の演技のうまさはこの映画でも理解できました。 でも。。。ヒットする内容なのかな? と思ったら、作成された国ではまったくヒットしてないらしいね
映画「四月の雪」・2 (page of metricerie)
映画の内容に触れていきますので、これからご覧になる方はご注意ください。 ::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*:::::: こんなシーンがあった。 インスとソヨンがそれぞれの伴侶に裏切られていたと知るきっかけになった交通事故。夫と妻が
映画「四月の雪」・2 (page of metricerie)
映画の内容に触れていきますので、これからご覧になる方はご注意ください。 ::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*::::::*:::::: こんなシーンがあった。 インスとソヨンがそれぞれの伴侶に裏切られていたと知るきっかけになった交通事故。夫と妻が
【映画】 四月の雪 ★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: コンサート会場の照明チーフディレクターのインスの元に、 妻の交通事故の知らせが届く。 海岸沿いの小さな町、サムチョクの病院に着くと、 そこには見知らぬ女性ソヨンと、もうひとつの受け入れがたい事実が待っていた。 事故に遭った時、インスの妻とソヨンの
秀作の評価を変えかねない、スターの功罪●四月の雪 (Prism)
それは、はかない“恋”だった。 どんなに舞い降りても積もることのない、 “四月の雪”のように・・・ 監督は、『八月のクリスマス』のホ・ジノ。 主役の、コンサート照明主任イ
四月の雪・・・・・・ (サクっと)
四月の雪 (通常版) 久しぶりの韓国映画 「四月の雪」 韓国映画そこそこ見てますがヨン様は初見 おととしの年末にやっていた冬ソナ完全版も録画してあるのですが 未だに見れず・・・・(とゆーか見る気なし?) この作品はそのヨン様とソン・イェジンさんとの共演で
四月の雪 (グレート・タカの徒然なるままに…)
ペ・ヨンジュン主演、ソン・イェジン共演のラブストーリー。 もちろんヨン様じゃなくて、ソン・イェジン目当てでDVDを借りてきた。 ずぅっと、まったりとしていて、静かな映画。 たいして話に盛り上がりもなく、なぜかいきなりセックスシーン。 まったくどちらに.
「四月の雪」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
四月の雪 (通常版)ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る コンサート会場の照明ディレクターを務めるインス(ぺ・ヨンジュン)は、 仕事中に妻スジン(イム・サンヒョ)の交通事故の知らせを聞き、 彼女が搬送されたサムチョクという町の ...
四月の雪 (UkiUkiれいんぼーデイ)
ペ・ヨンジュンの作品を初めて拝見いたしました。 確かに、ペ様でございました・・・。 しかし、この作品、そんなに悪くはないです。 想像していたよりかは・・・。 私は、不倫した二人は事故で死んでしまったと思っていましたが、そうではありませ ...
??: 四月の雪 (口惜しいけれど韓流かつ)
 今日、私の妻が『四月の雪』のDVDを仕入れてきたので、早速鑑賞することになっ
「四月の雪」 (三○○○ 映画付)
「四月の雪」 「もっと前に会ってればなぁ」 なんて私も言われた事がある そんな時たいてい私は 「前に会ってたって誰がアンタなんかと・・・」 と思ってたりする 私は好きな人にとって私が一番じゃなきゃイヤ 何よりも大切にしてくれなきゃダメ って言うとすご ...
【四月の雪】(2005)「ヨン様中心でしたね」 (Cinema Road)
【キーワード】 『哀しい恋愛』 『韓流作品』 『雪が舞う銀世界』 ■それは はかない恋だった どんなに舞い降りても積もることのない 四月の雪のように・・・ 【評価】★★(★=2点 ☆=1点) コンサート会場の照明ディレクターを仕事とするインスは、 妻ス ...
映画「四月の雪」を女性の目から見て (にゃんこままの部屋)
この映画は、ホ・ジノ監督という独身男性が作った映画である。なので、どちらかというと男性の視点から描かれている。と、最初観たとき思った。 実は私はこの映画を3回観ている。 1回観たとき、宿題を出されたような気になって、もう一度観ないと細かいところま ...
四月の雪 (シネ・ガラリーナ)
2005年/韓国 監督/ホ・ジノ 30分にできる。 ただ暗くて退屈。余計なシーン、無駄なシーンが多すぎる。そもそも話自体が驚くほどつまらない。不倫カップルの片割れ同士が恋に落ちる、ということは非常に複雑な感情が存在しているはずである。裏切った相手 ...
映画評「四月の雪」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年韓国映画 監督ホ・ジノ ネタバレあり
四月の雪 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ホ・ジノ監督の作品は,八月のクリスマスといい春の日は過ぎゆくといい,韓国映画というよりは,まるでフランス映画のような,繊細で静謐な雰囲気があるがこの四月の雪も,そんな静かで深いラブストーリーだった。 ・・・何よりも,そのストーリーの設定に惹きつけられた...