サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06173「トム・ヤン・クン」★★★★★★★☆☆☆

2006年10月17日 | 座布団シネマ:た行

タイの国技ムエタイの技術を映画に取り込み、壮絶なリアル・アクションの数々が話題を集めた『マッハ!』の監督と主演コンビによる最新作。国際マフィアに盗まれた象の奪還に立ち上がる青年に、スタントマン出身のトニー・ジャーがふんし、鍛え上げられた肉体から繰り出される神業的なムエタイ・アクションを披露する。運河を舞台にしたボートチェイスや、 4分間長回しのワンショット・アクションなど、迫力ある映像の連続に圧倒される。[もっと詳しく]

アドレナリン出まくりの、タイアクションムービー。

「ねぇ、なんかさ、元気の出る映画ないかなあ」と訊かれたら、僕が紹介する映画は決まっている。タイの一連の格闘映画である。
2003年、「
マッハ」登場!彗星のごとく現れたトニー・ジャーという肉体に、僕たちは唖然とした。
CGなし、ワイヤーなし、スタントなし、このナイナイづくしに、嘘だろ!と思いながら、はじまるやいなや、画面に釘付けになった。

 

1976年生まれ、もともとはスタントマン出身のトニー・ジャー、さほど2枚目とも思えない風貌だが、そのアクションには圧倒される。
あ、これは、最初にブルース・リーを見たときの感動に近いな、とも思う。
撮影は、元気と無茶が取り柄の頃の香港映画を彷彿とさせる。
「とにかくやっちゃえ」とばかり、無謀とも思える演出で一気に撮影する。
勢いがある。熱くなる。スカッとする。すごい。

 

翌年には、「
ダブル・マックス」。
今度は、トニー・ジャーの本格アクションはゲストの位置。全編、主役を張るのは、奇妙な巡査を演じるベットターイ・ウォンカムラオ。タイでは、コメディ巡業一座出身で、国民的人気のコメディアンだ。
ガンさばきは本格的だが、どこまで、真面目なのか、わからない。
奇妙な脱力系芸人であり、全裸で町を走り回るシーンなど腹をかかえて笑える。
このベットターイが主演・脚本・監督だ。僕は、この人、大好きだね。

 

そのあとは、「
七人のマッハ!!!!!!!」。
トニー・ジャーの後継者を育てるつもりか、新人ダン・チューボンを起用。
タイのスポーツ界のナショナルチャンピオンたちが訪れた村が、テロリストに占拠される。このテロリストたちが、村人を人質に取り、政府を脅かすのだが、とにかく悪逆のかぎりをつくす。
こうなると、黒澤の「七人の侍」よろしく、オリンピック選手たちが立ち上がるのだ。器械体操、女子体操、ラクビー、セバタクロー、バスケット、テコンドー、サッカー、テロリスト(ゲリラ)相手に、それぞれの競技の特質を活かした格闘が、これでもか、これでもか、と続く。最高に面白い。



そして、シリーズの真打のように登場したのが「
トム・ヤム・クン」である。
「マッハ」シリーズのスタッフ&キャストを総動員。今回は、世界市場向けを意識したのだろう。お金も、かかっている。
タイ東部の平和な村。代々、王に献上するための象を育てている。
王を護るムエタイ兵士の末裔たちである。
息子のカーム(トニー・ジャー)も、象とともに育てられた。そして、ソンクラーン(水掛祭り)の日に、雄象ポーヤイと子象コーンは、チャイニーズ・マフィア率いる国際密輸組織に攫われてしまう。
マダム・ローズ(チン・シン)がオーナーである「トム・ヤム・クン」というレストランが、悪の牙城だとつきとめるのだが・・・。

 

もちろん、格闘シーンはサービス満点だ。映画館でも、思わず、拍手だ。
カポエイラVS古式ムエタイ対決。
殺人剣術VSタイ式剣術対決。
2m12cmの大巨人との身長差40cm対決。
4分間長廻しワンカットの階段を利用しての格闘撮影。
極めつけは、トニーの49人連続骨折り関節決め。ギシッ、ボキッ、バキッ、グシャ・・・阿鼻叫喚の山である。
痛快だ。おまけに、ボートや、インライン・スケート、モトクロス、四輪バイクも登場。
次から次へのアクションだ。
007なんか、飛んでけー!である。
もちろん。CGなし、ワイヤーなし、スタントなしである。

 

相手役にも、遜色ナシの格闘家をふんだんに用意している。
ことに、マダム・ローズ役のチン・シン。9歳で士官学校に入り、ロシアン・バレエ、古典中国舞踏、アクロバット、モダンダンスなどを習得した後、26歳で中国政府の許可の下、性転換をした異才である。
妖しい魅力を振りまくところが、魅力。
この作品では、タイでは敬愛される象との交流シーンも含め、叙情的なカットもさりげなく、押さえられている。

 

しかしながら、なんといっても、「マッハ」に始まるこのシリーズの魅力は、アクションシーンがノンストップのように、これでもかこれでもかと長廻しされること、そして、そのアクション・シーンの背景に流れる打楽器を中心としたロック調の延々と小気味のよいタイ音楽のフレーズが繰り返されることであろう。
この音楽とアクションが一体となって、僕たちは、脳内物質が刺激されるのか、アドレナリンが出まくり、我を忘れて、陶酔してしまうのだ。
畏るべしタイ・アクションムービー。



アクションに続いて、オカルト・ホラーの分野でも、タイ映画の水準はあがってきている。
あとは、いつも、お茶目な女性しか描けないという難点を克服するような、心理劇に、役者やスタッフの技量があがっていけば、楽しみなアジアン・ムービーの潮流ができるかもしれない。
ともあれ、タイ・アクション映画。
落ち込んでいるときでも、何もかも忘れて、元気になること、請け合いである。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (37)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 06172「弓」★★★★★... | トップ | mini review 06174「うつせみ... »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (KGR)
2006-10-17 12:30:34
痛い映画でした。

音はもちろん嘘でしょうが、

実際に打撲、捻挫、擦過傷、切り傷、は言うに及ばず、

骨折者続出だったことと思います。



この後見た「MAX!!!鳥人死闘篇」の格闘シーンが、

迫力なさげに見えてしまいました。
KGRさん (kimion20002000)
2006-10-17 14:18:32
こんにちは。

トニー・ジャーのインタビューを見ると、一人の骨折者も出さなかったようですよ(笑)杞憂でしたね。
一人の骨折者も出さなかった (KGR)
2006-10-17 14:36:13
そりゃ、すごい。



フォローありがとうございます。

DVDを買いたくなりました。
TBありがとうございました (sakurai)
2006-10-17 15:55:42
映画館に見に来る人は一体何を求めているのか!ということがちゃんとわかって作った映画だなあ、と思いました。

体の続く限り、トニー・ジャーにはがんばってもらいたいもんです。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-10-17 16:16:29
いつもありがとうございます!

この人、アクションスだけなら、世界最高だと思うのですが、

役者として、もっと進化して欲しいです。

う~ん、、、タイホラーねぇ、、、何本か見たケド、、、

あはは、、、
ふふ。 (こっちゃん)
2006-10-17 17:05:31
タイアクションていうか、トニー・ジャーアクションが好きですねー。

この映画も「マッハ!」に続き凄かった!

いったいどんなメカを身体に埋め込んだらあんな動きが?!

あ、生身でしたね。



しかし、いったいどんな燃料を入れたらあんな瞬発力と馬力が?!

あ、生身でしたね。



でも、とても同じ人間とは思えないんだよなー。

TBありがとうございました。
CG超えてる! (微妙)
2006-10-17 18:17:53
TBありがとうございました。

アクション本当に半端じゃないですよね~。面白かったです。テンション上がりまくりでした。

タイ映画熱くていいですよね!ホラーはあまり得意じゃないので見てないんですけど、「アタック・ナンバーハーフ」も好きでした!

またお邪魔しますね。では!
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-10-17 18:46:00
>sakuraiさん



ブルース・リーのように、麻薬に蝕まれませんように。



>猫姫さん



そうですね。役者として、もうちょっと、感情表現ができればいいんですけどね。



>こっちゃんさん



早回しも禁止だからなあ。あの動きは、ほんまものですね。



>微妙さん



ニューハーフシリーズは、ちょっと、おかしなブームになったことがありますね。これからは、やっぱ、女優がもっと育って欲しいですね。
TBありがとうございました。 (秋香)
2006-10-18 01:43:50
トニー・ジャーのアクションは素晴らしいですね。

面白いストーリーにあの激しいアクションに大興奮でした。



「ダブルマックス」も見ましたよ。あちらはとにかく大笑いさせられました。



このところのタイ映画の勢いはすごいですよね。

心なしかホラーが多いような気がするのがちょっと残念なんですが・・・

また遊びに来ますね。

秋香さん (kimion20002000)
2006-10-18 02:33:02
こんにちは。

まあ、ホラー映画も、まだまだですけどね。

「マッハ」チームが刺激を与えて、いろんなタイプの役者やスタッフを育てて欲しいですね。
なるほど (Dr. Santa)
2006-10-18 08:40:11
TBありがとうございました。

詳細なウラ情報恐れ入ります。そうですか、マダム・ローズは元男ですか。最後の跳び蹴り、女性に対してえげつない!と思っていたのですが納得いきました。

ところで質問なのですが、オーストラリアの空港に着いたときにニアミスする若い頃のジャッキ・ーチェン(に似た人?)って??
Dr.santaさん (kimion20002000)
2006-10-18 11:51:46
こんにちは。

うーん、空港でね、僕はあまり覚えてません。

この映画、見た人が、それぞれ、「あの人に似た」よいう形容をしますね。

タイ映画の珍しさもあるけど、タイ人の名前って、覚えにくいのが、多いじゃないですか。

マーク巡査だって、舌咬みそう。だから、たとえば、南伸坊そっくりな、とかね。
ジャッキーに似た人は (kircher-athanasius)
2006-10-18 16:43:29
TBありがとう

さて、ジャッキーに似た人は、トニー・ジャーのお父さんらしいよ。

DVDの発売元であるジェネオンの薀蓄を毎月掲載している愉快なページがありまして、そこに書かれています。

それにしても、タイ映画は勢いがあるなぁ。

個人的にはシュールでバイオレンスで乙女チックな「怪盗ブラックタイガー」も好きなんだよね。

kircherさん (kimion20002000)
2006-10-18 18:20:15
こんにちは。

そうだ、あったね。見ましたよ。

なんか、タイ風のハチャメチャ西部劇みたいなのじゃなかったかな。たしか2001年のカンヌ映画祭に出品していたな。そうか、マッハの前に、タイ風ウェスタンがあったんだね。
お父さん? (Dr.Santa)
2006-10-19 10:15:44
kircherさん、情報ありがとうございます。お父さんなんですか。それであのリアクションだったわけですね。分かる人には笑えるシーンというわけで。

いつの日か本当にジャッキーが共演(競演)してくれたりしないかなぁ。
Unknown (ケント)
2006-10-22 10:57:27
kimionさんTBありがとう。

この映画のタイトルには、ちょいと抵抗がありましたが、中身は実に面白い作品でした。

ストーリーというより、格闘アクションは凄いですね。

ケントさん (kimion20002000)
2006-10-22 17:29:10
こんにちは。

たしかに、予告編で「トム・ヤム・クン」なんて見たときには、ずっこけましたよ。まして、映画を見ると、さして必然性のないシドニーを舞台に、そこのタイストリートに、華僑の店があり、それが謎の「トム・ヤム・クン」!

まるで、漫画ですが、難しいことはいわず、アクションに酔いしれました。
TB・・・ (小悪魔絵日記 TOKUKO)
2006-10-26 01:17:00
ありがとうございました。

『カポエイラ VS ムエタイ』の動きにウットリでした。

あの美しすぎる筋肉、私も欲しい・・・。

TOKUYOさん (kimion20002000)
2006-10-26 02:35:30
こんにちは。

ちょっと、総合格闘技系の筋肉とは違いますね。やはり、ムエタイ系というか。でも、日々、猛烈に、訓練しているようですね。
遅れましたが (maximum)
2006-10-26 22:48:13
TBありがとうございました^ ^



今作は、お金かかってましたね。

格闘技好きの私としましては

長い尺のアクションシーンは

楽しめました。

それにしても、素晴らしい身体能力。

maximumさん (kimion20002000)
2006-10-27 01:33:03
こんにちは。

「マッハ」で想定外の興行収入を得たんでしょうね。それを、どーんと突っ込んで、脚色的には破綻するも怖れずに、シドニーあたりに繰り出して、とにかく、面白ければ、と思いつくこと、驚かせること、全部やっちゃえ、と。この「宵越しの金はもたねぇ!」という江戸っ子気質のようなものがあったとしたら、拍手を贈りたいですね。
遅くなりまして (kino)
2006-10-28 22:09:23
お伺いするのが遅くなってすみませんでした。

TBありがとうございます。

タイ映画、あなどれませんよねー!数年前から注目してます。

トニー・ジャー君、いつまでも謙虚さと素直さをもって

怪我せずにがんばってほしい・・・ 
kinoさん (kimion20002000)
2006-10-29 01:54:42
TBありがとう。

トニー・ジャーと並ぶスターが、数人出てきて欲しいところですね。
こんにちは (じゅん吉)
2006-10-29 11:07:12
TB&コメントいただいていたのに、

今頃になってのコメントで失礼します。



ボキボキ音は生理的に苦手なのですが、

アクションは本当に素晴らしかったです。

トニー・ジャーは、相変わらず垢抜けていなくて、

それほど演技も上達していなかったですね。

それが、かえって田舎から出てきた兄ちゃん

そのままって感じで良かった気がします。
じゅん吉さん (kimion20002000)
2006-10-29 17:24:02
こんにちは。

トニー・ジャーは、しばらくはこの路線を踏襲するんでしょうね。ちょっと、2枚目もコメディも路線としてはとりにくいですからね。
Unknown (motti)
2006-11-10 11:36:43
今回もアクションはすごく面白かった!
kimion20002000さんの、タイ映画の水準としての視点...全く同意見です!
僕もタイ映画のコメディやホラー、最近のはチェックしてますが...。
T・ジャーの敬愛するジャッキー映画との決定的違いはユーモアがないことだと思いますね。
mottiさん (kimion20002000)
2006-11-10 11:49:02
こんにちは。
そうですね。でも、トニー・ジャーがあの顔で、コントをやっても似合いませんしね。
ユーモアの領域は、ベットターイ・ウォンカムラオに任せておけば、いいんじゃないでしょうかね。
TBどうもありがとうございました (latifa)
2006-11-17 14:30:40
こんにちは!コメント読ませて頂いたら、あの人が、お父さんだったとは、ビックリです!

ps エコールご覧になられたんですね。私も興味有りです☆
ちょっとピクニックatハンギングロックを連想させられます。
latifaさん (kimion20002000)
2006-11-17 19:28:47
こんにちは。
タイ映画は、どこまでホットになるのか、ちょっと、楽しみですね。

ピクニックatハンギングロックは、ピ-ターウィラーでしたっけ、
森の中で戯れる白い服の少女たちという意味では似ていますね。エコールより、もう少し、年代が上の少女たちのような記憶がありますが・・・。
こんばんは (YOSHIYU機)
2007-10-23 21:06:42
トニー・ジャーのアクションは凄いですよね。
でも、将来的には、もう一つプラスαが無いと
辛そうです
YOSHIYU機さん (kimion20002000)
2007-10-24 00:39:11
こんにちは。
飽きられますからね。
そのあたりは、上手に進化していくだろうと思いますね。
僕らの世代には (オカピー)
2008-06-22 15:56:40
確かにブルース・リーの映画に似ている感覚ですよね。
古色蒼然の勧善懲悪映画ですし、観ていて笑いたくなるくらいアクションがすさまじい。アクションそのものは寧ろジャッキー・チェンですけどね。

「七人のマッハ!!!!!!!」はお話はともかく、同じアクションを標準スピードと高速度撮影(スロー)の二段構えで一々繰り返すのがくどくて嫌になってしまいましたが、さすがにご本家ピンケーオはスローを使う意味を良く知っているという印象はあります。映画文法の「てにをは」はまだまだですけどね。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-06-23 01:31:10
こんにちは。
「てにおは」をちゃんとやってほしいという気持と、洗練されてきて、本来のメチャクチャ性が失われていくのが怖いのと・・・・複雑です(笑)
純朴青年 (ひらりん)
2008-12-19 00:25:21
トニー・ジャーの田舎もん・・いや、純朴青年ぶりが、真面目なアクションを際立たせてますね。
まさか海外へ、しかも都会のシドニーまで行くとは思いませんでした。
なんか、シドニーの空港のシーンを見て、
ちょっと恥ずかしいなーーーー・・
と思ってたら、ジャッキー似の人に出くわしたり・・。
ひらりんさん (kimion20002000)
2008-12-19 00:47:10
こんにちは。
ほんとうにね、田舎でのさえない兄ちゃんなんですね。
香港イケメンアクションスターとは大きな開きが・・・。
でも、いったん怒りを振り向けるや、このイモ兄ちゃん最高のヒーローに変身しちゃうんですね。
TBありがとうございました (maru♪)
2009-09-24 00:57:53
こんばんわ♪
TBありがとうございました。

TBがはじかれてしまったので、コメントで失礼させて頂きます。
人身売買、麻薬取引などを行う犯罪組織に単身乗り込むトニー・ジャー!
でも彼が叫ぶのは「象はどこだ!?」
この一貫した感じが素晴らしいです!

象の名演技で思わず泣いてしまいました(涙)
maru♪さん (kimion20002000)
2009-09-24 01:58:06
こんにちは。
トニー・ジャーほとんど笑わないですからね。
タイでは象は神聖な動物。
これはやはり、ナショナリズムをくすぐる作品でもあるんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トム・ヤン・クン Tom Yum Goong (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
トニー・ジャー主演 マッハ ONG-BAKに続く トニー・ジャーの映画です 昨年9月にONG-BAKを観て トニー・ジャーが凄いと思っていたのですが この映画も トニー・ジャーのアクション一色でした タイの人たちは象を家族の一員として恩恵を受け  愛を施しなが ...
トム・ヤン・クン、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
新宿厚生年金会館での開催。 ここでの試写会は、18:00開場、18:30開演が多いのだが、 今日は17:45開場、18:30開演。 30分では入場ぎりぎりだから、なかなか良いアイデアだなあと思いつつ、 18時に着いた。 ところが、ぞろぞろと入場してい ...
「トム・ヤム・クン!」これぞアクション映画! (冷たい走り)
ストーリー: 南半球の国際都市オーストラリアのシドニーに、ひとりのタイ人青年カーム(トニー・ジャー)が降り立った。国際的マフィア組織に祖国の象を密輸され、臨界点を越えた怒りに打ち震えるカームは、鍛え抜かれた己の肉体と超人的なムエタイ技術を武器に ...
「トム・ヤム・クン!」 (てんびんthe LIFE)
「トム・ヤム・クン!」ヤマハホールで鑑賞 月曜日にトニー・ジャーの舞台挨拶があったようですが、何故かカメラが待機していて誰か来るのかしら?と思っていたらば広報や宣伝担当のお兄さんたちの素人漫才みたいな番宣でした。「とにかく面白い」「今まで見た ...
トム・ヤム・クン (迷宮映画館)
4月28日までの只券が一枚・・。時間的に見ることの可能な映画はこの「トム・ヤム・クン」と「名探偵コナン」!!さあ、貴方ならどっちを取る?どうでもいいですよ的究極の選択の結果、「トム・ヤム・クン」選んだ私。さあ、吉とでるか凶とでるか。 前作「マッ ...
トム・ヤム・クン! 06年203本目 (猫姫じゃ)
トム・ヤム・クン! 2005年 タイ   プラッチャヤー・ピンゲーオ 監督トニー・ジャー , ネイサン・ジョーンズ , ペットターイ・ウォンカムラオ , ボンコット・コンマライ , チン・シン , ジョニー・グエン 恐れ入りました。 今現在、トニー・ジャーある ...
トム・ヤム・クン! (2005) (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
こっちゃんポイント ★★★★★ 鑑賞環境  試写会  上映時間 110分 製作国 タイ 公開情報 劇場公開 (クロックワークス= ギャガ・コミュニケーションズ) 初公開年月 2006/04/22 ジャンル アクション ...
トム・ヤン・クン! (ネタバレ映画館)
 最初はグー。トム・ヤン・クン!
トム・ヤム・クン! (球バカ日誌)
こんばんは。こちらからもTB送らせていただきます。
「トム・ヤム・クン!」 (映画鑑賞検定3級blog)
「マッハ!!!!!!!」の主演&監督による最新作ってことは行かないわけにいかないでしょ。このあたりでは109CINEMASしかやってないので、新高島へレッツ・ゴー! 象を守るという仕事を代々受け継いできた一家のカーム。水かけ祭りの日に王に献上するという ...
「トム・ヤム・クン!」の情報 (Mugen Diary)
4月22日に公開される「トム・ヤム・クン!」の情報を。 タイの国技ムエタイの技術を映画に取り込み、壮絶なリアル・アクションの数々が話題を集めた「マッハ!」の監督と主演コンビによる最新作。 出演:トニー・ジャー(カーム役)、ペットターイ・ウォンカムラ ...
やっと来た「トム・ヤム・クン!」 (Wilderlandwandar)
アマゾンさんから届きましたよ、「トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション」 
タイ映画 「トム・ヤム・クン!」 (★☆ STARBLOG ☆★)
トニー・ジャー主演「トム・ヤム・クン!」を見てきた。 タイの映画ということがわかりやすいタイトルだ! けど、料理の映画ではない! 愛する象が密輸団に盗まれた!必ず助け出してやるぞ!!! というアクションストーリー! 愛するものを救うため、とはいえかな ...
『トム・ヤム・クン!』 (映画大陸)
 タイの人々にとって象の存在は非常に大きなものだそうです。  簡単にネットで調べてみたところによると、タイでは象は動物の中でも別格の存在として扱われていて頭数を数える時の単位に関しても他の動物と差別化が図られているのだとか。象専門の動物病院なん ...
トム・ヤム・クン! (三度の飯より映画好き)
トニー・ジャーならもしかしたらK-1とか出ても通用するんじゃ…?とか思ってしまうのは自分だけでしょうか。 タイの山奥で、父親と家族同然に育った象たちと共に暮らす青年カーム。国王に献上するための象を選ぶ審査会に、育てた象を出してみてはどうかと薦め ...
映画レビューその190 「トム・ヤム・クン!」 (Hiro's BLOG)
「トム・ヤム・クン!」  (TOM YUM GOONG)
シネマ日記 トム・ヤム・クン! (skywave blog)
「マッハ!」で衝撃的なアクションを見せてくれた、トニー・ジャー、彼がオーストラリアに密輸されてしまった象を助け出すために、闘う。今回も、CGなし、ワイヤーなし、スタン
「トム・ヤム・クン」 (みんなシネマいいのに!)
 ジャッキー・チェンが年取ったのは仕方ないとしても、それでももう少し体が動けた
ストーリーも文句ないわい  トム・ヤン・クン!いや、トム・ヤム・クン!  個人的趣味で、あげ (引っ越してきたよ)
5月18日 またふざけた邦題つけたなと思ったら、英文名TOM YUM GOONG なのね。しかも、そういう名のレストランに乗り込んでいくのだから、このタイトルでいいのでしょう。(以下、ややネタばれ。しかし、ストーリー
トム・ヤム・クン (TRIVIAL JUNK Blog)
2004年最も熱かった映画「マッハ!!!!!!!!」は、その邦題のノータリンぶりとは裏腹に、「本物」の格闘アクションのみが持つ絶大な魅力を再び現世に知らしめし、タイ映画の存在感を世界クラスに引き上げました。まぁその後に出てきたタイ映画は「トカゲ女」とか ...
ボクの象はどこだ?! (CINECHANの映画感想)
97「トム・ヤム・クン!」(タイ)  タイの緑深いその村では王を守る最強のムエタイ兵士「チャトゥラバート」の末裔が暮らしている。父と象のポーヤイと穏やかに暮らしていた少年カーム。ある日カームに弟ができる。象のポーヤイに子供が生まれたのだ。その小 ...
トム・ヤム・クン! (我的電影筆記)
タイ東部の村で、父親と静かに暮らす少年、カーム。 彼にはもうひとりの家族、雄象のポーヤイがいた。 カームとポーヤイは、学校の送り迎えから遊びも農作業も何をするにもいつも一緒だった。 数年後、ポーヤイは伴侶を見つけ子象のコーンを授かった。 そし ...
トム・ヤム・クン (5125年映画の旅)
巷で大人気(?)のタイ製ムエタイアクション第三弾。 本編の感想の前に一言いいたい。予告作った人最高!!なんで毎回、こんな面白くてアホウな予告を作れるんだろう。ゾーウさん♪ゾーウさん♪おーはなが長いのね♪そーよ♪ジャーさんはつーよいのよー♪ で ...
The Protector(トム・ヤム・クン!) (マイアミジャングル日記)
予告通りトニー・ジャー主演「The Protector(邦題トム・ヤム・クン!)
トム・ヤム・クン! (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「トム・ヤム・クン!」の感想です
『トム・ヤム・クン!』 (かんべえの別館・DVD映画レビュー)
『マッハ!』に続いて制作されたトニー・ジャー主演のムエタイ・アクション。タイの山
アクションに慣れてしまった 「トム・ ヤム・クン!」 (平気の平左)
評価:65点 トム・ ヤム・クン! 「マッハ!!!!!!!」のトニー・ジャーがやっているだけあって、ものすごいアクション映画に仕上がっています。 タイ人はガチンコすぎますね、相変わらず。 わかっていても引いてしまうくらいのすごいアクションです。 中でも ...
「トム・ヤム・クン!」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「トム・ヤム・クン!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トニー・ジャー、ボンコット・コンマライ、他 *監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気 ...
トム・ヤム・クン! (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
★本日の金言豆★ トニー・ジャー:1976年2月5日バンコク郊外スリン生まれ。本名パノム・イーラム。「トニー・ジャー」は監督プラッチャヤー・ピンゲーオが命名。トニーの「T」はタイから、「ジャー」は彼のタイでのニ
トム・ヤム・クン (Museo Kircheriano)
ジェネオン エンタテインメント トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション 味覚ってのは、結構、いい加減だ。 まぁ、実は前から思っているんだが、「珍味」と「美味」って、必ずしもイコールではないとね。 特上の珍味「カラスミ」、確かにそれなりに ...
トム・ヤム・クン! (まぁず、なにやってんだか)
映画の日のレイトショーで「トム・ヤム・クン!」を観てきました。 客の入りは15名ほど(少なっ)。なのに何で私がとった指定席の列だけ、こんなに人が埋まってるの? 冒頭のカーム(トニー・ジャー)と象とのふれあいは和みますねぇ。音楽もゆったりと心地 ...
トム・ヤム・クン! (Nouvel Ordre MH部 MAG HOGAN日誌)
レンタル開始してたので借りてきました。 マッハのトニー・ジャー主演なので どんなアクションが飛び出すのか、ワクワクしてます(笑 でも、ストーリーは気にしない事に(汗 ~追記~ 見終わった感想は やっぱりストーリーは破天荒(笑 アクションは一級品 トニー ...
パオる象は喰わない@トム・ヤム・クン! (憔悴報告)
全盛期のジェリー・ブラッカイマーを思わせる本格ハリウッド・スタイル・アクションの傑作(いつが全盛期だったかとか聞いてはいけない)。
トム・ヤム・クン! (龍眼日記 Longan Diary)
前作「マッハ!」は観ていない。 というワケでトニー・ジャー初体験である。 それほど期待していなかったので(と言いつつ初日に観てる自分) 特に落胆するコトもなかったが・・・ う~~ん、私は消化不良気味かなぁ。 年のせいか動物がちょっとでもむご ...
トム・ヤム・クン! (MT MANIAX)
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ、出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、タイ、2005  「トムヤムクン」とは、タイ料理の代表的なスープです。私は本物をまだ食べたことがないのですが、辛味、酸味、香りが特徴的なスープのようです。世界三大 ...
優待で「トム・ヤム・クン!」 (楽しい株主優待生活)
東急レクの優待で見てきました。 公開初日の昨日も混んでいたようですが、 劇場が小さめな事もあり、今日も満席近かった様です。 アクション満載で、格闘技好きにはたまらない映画だと思います。 私は格闘技マニアではないので「なんだか、お腹いっぱい~」だった ...
トム・ヤム・クン (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  なんでこんなへンテコリンなタイトルをつけたのだろうか。この映画の中で、悪人が経営するレストランの名前ではあるのだが、いかにもタイ=トムヤムクンといった安易なネーミングだ。  さしあたって、日本の映画なら内容に関係なく、『すし』とでもつ ...
トム・ヤム・クン!/試写会 (如意宝珠)
トム・ヤム・クン!TOM YUM GOONG  http://www.tyg-movie.jp/ 監督: プラッチャヤー・ピンゲーオ  アクション監督: パンナー・リットグライ  製作: プラッチャヤー・ピンゲーオ  撮影: ナタウット・キッティクン   出演: トニー・ジャー  ペットタ ...
映画「トムヤムクン」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
最近では「トムヤムクン」と言ってもタイの美味しい料理名と認知されているので 『それって誰?』と言う人はいなくなりました(* ̄m ̄)プッ あの「マッハ」で主役を演じたトニー・ジャーがまたまたスタントなし ワイヤーなし
第140回 「トム・ヤム・クン!」 ★★★ (映画生活(独断と偏見))
トニー・ジャーーーーー!! ストーリー:タイで象と暮らしていたカーム。だが、密輸組織によって父と子の象2頭が連れ去られた。彼は、象を取り戻すべく、密輸組織のアジトがあるシドニーへと飛ぶ。 『マッハ』以来ですね。 仏像の頭から今度は象。 よく取り ...
「トム・ヤム・クン!」 象、命!!! (目の中のリンゴ)
でたー!トニー・ジャー!! 今日から封切りの映画も色々ある中で、観たのはこれ。 だって格闘技好きだもん。 前作「マッハ!!!!!!!!」ももちろん観ました。 (タイ版DVD持ってます(笑)) スタントなしですよ!あのムエタイの技、人間と思えません。 演じるトニ ...
トム・ヤム・クン! (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
トニー・ジャーがタイのジャッキーチェンならペットターイ・ウォンカムラオがサモ・ハン・キンポーだ。 香港映画のショボぃ焼き直し...でもアクションだけは世界中で最高レヴェル! トム・ヤム・クン! プレミアム・
映画館「トム・ヤム・クン!」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
トニー・ジャ~~~!観てきました!! ワイヤーアクションやCGに目が慣れてしまっている最近。凄く新鮮で良かったです♪ 象と少年の愛情物語ってなんでいつも美しいのでしょうか~。「星になった少年」かと思っちゃいましたよ。でも、こちらの象の方が迫力 ...
「トム・ヤム・クン!」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「トム・ヤム・クン!」 を見ました。前作の「マッハ!!!!」で、かなり衝撃を受けて、その次回作ということで、凄く楽しみにしていました。 で、実際見た感想は、トニージャーのアクションは相変わらず、凄くて、もうび
トム・ヤム・クン! (黄昏ミニヨン想録堂)
 かような訳で暑苦しいのを見て体温を上げようと今日で『トム・ヤム・クン!』を見た。回数的には何度目か解らない程見ている作品で、恐らくアクション的には現代における最高峰では無かろうか。  だが、自分は思う。こ
トム・ヤム・クン! (my life of my life)
トム・ヤム・クン!監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ出演:トニー・ジャー , ネイサン・ジョーンズ , ペットターイ・ウォンカムラオ , ボンコット・コンマライ , チン・シン , ジョニー・グエン収録時間:110 ...
トム・ヤム・クン (サイレンス)
がんばって更新しております。 題名の通りこのDVDを観ました!感想は、とても面白いです。
『トム・ヤム・クン』'06・タイ (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ象と生活するムエタイ兵士の末裔が暮すタイの静かな村。ある日、村に現われた密輸組織に2頭の象が連れ去られてしまう。村の青年・カームは、家族同様の象を救うため単身シドニーへと向かう・・・。感想トニー・ジャー凄いんじゃー!この人のアクションは、凄過ぎ...
映画評「トム・ヤム・クン!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年タイ映画 監督プラッチャヤー・ピンケーオ ネタバレあり
「トム・ヤム・クン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今月は、何故か無理やり「邦題がタ行」の作品を集中鑑賞してるひらりん。 今回も、タイ映画「マッハ!!!!!!!」のトニー・ジャー主演作のタ行作品。 料理の「トム・ヤム・クン」は食べた事ないけど、 この人のアクションは天下一品なので、 遅ればせながら、DVDで観...
トム・ヤム・クン! 80点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
象とおじさん 公式サイト 『マッハ!』に続いて日本公開された、トニー・ジャー主演のムエタイアクション映画。スケールは前作に比べ大幅にアップしており、前作の世界的ヒットで稼いだ金をつぎ込んだものと思われる。 『マッハ!』のストーリーは、盗まれた仏像を...