サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07248「デジャヴ」★★★★★★★☆☆☆

2007年08月05日 | 座布団シネマ:た行
初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどを手掛けた、敏腕プロデューサーとして知られるジェリー・ブラッカイマーが製作を担当、盟友トニー・スコット監督とコンビを組み、デジャヴを過去からの警告と解釈した大胆なドラマを作り上げた。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。先の読めないスリリングな展開や未曾有のスケールで放たれるアクションなど、一級のエンタテインメントを満喫できる。[もっと詳しく]

「タイム・ウィンドウ」という奇想を、さもありなんと提出する脚本の見事さに、脱帽した。

題材としては、珍しくはない。
この風景、このシチュエーション、この会話・・・どこか経験したことがあるような、記憶の底に蠢いているような、思い当たることがあるような、しかし、明瞭ではない。初めてではないということだけが、確信に繋がっている。
「デジャヴ」(既視感)。
この題材は、いろんなアプローチで表現されてきた。



ひとつは生まれ変わり(前世)をめぐる物語だ。転生する前の記憶が、現世に露出してくる。
あるいは、記憶喪失の物語だ。忘却の彼方の記憶が、甦ることを待っている。ここでも明確に言葉にすることは出来ない。記憶野はなんらかの理由で、毀損している。
近似として、3歳児未満の時に見た光景が、潜在意識に残っているケースもある。これなどは、睡眠治療の過程で、無意識の底に沈められてきたものが浮上することもある。
この潜在意識を、もうひとつ推し進めれば、夢の領域との混同という事態もありうる。
夢遊病的人格を想定してみれば、遊離した意識はたしかになにかを観察しており、それが、デジャヴにつながることは容易に想定できる。
もっとも多いのは、多重人格あるいは失調統合症などの心的状態にあって、記憶そのものの前提が、主体意識の変容にしたがって、曖昧になったり、多重化したりするケースである。つまり心身が分裂している。



オカルト的な解釈を好めば、交霊術のようになにかの意識が憑依したり、他の人格が乗り移ったりすれば、デジャヴは当たり前のこととなる。
網膜移植のために、前の網膜の持ち主の記憶が、二重化されるようなホラー映画もあった。
もっともっと、単純化して考えてみれば、「時間の移動」という古典的な方法が可能であれば、それぞれの時制においての体験が、既視感の連続のように見做す事だって出来るはずだ。そして、多くのタイムワープが、物語の題材となった。

そうしたさまざまな現象に関して、非科学的だとか、タイムパラドックスに反するとか、夢オチでしょ、とか揶揄することは簡単なのだが、実はデジャヴ(既視感)というのは、誰にでもあるものだし、本当のところ、うまく解説できることの方が少ないのが現実なのである。
だから、多くの表現者の、魅力的なテーマとして、現前するのである。



この「デジャヴ」という映画の、既視感という古びたテーマを、とてもスリリングにさもありなんという物語に変換していく遣り口に関して、僕は心底、感心した。これは、まずは、脚本の見事さによるものである。
プロダクション・ノートによれば、このシナリオの原型は、コンピュータ・チャットから生まれているらしい。
脚本家ラリー・ロッシオが、脚本家志望のビル・マーシリィとチャットを通じて、何年もかけてアイデアを練っていったという。
そして、完成した脚本に、目をつけたのが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど当代きってのヒットプロデューサーであるジュリー・ブラッカイマー。監督に指名されたのが、「トップ・ガン」「クリムゾン・タイド」などでコンビを組んだトニー・スコットである。リドリー・スコットの弟であるこの切れ味鋭い監督は、今世紀に入ってからも「スパイ・ゲーム」(01年)、「マイ・ボディガード」(04年)、「ドミノ」(05年)と、老いてなお、意気盛んである。
主人公のATF連邦執行機関の所属で、ニューオリンズのタンカー爆破事件の特別捜査に奔走するダグに、デンゼル・ワシントン。
期待は高まる。



「デジャヴ」という映画が秀逸なのは、「タイム・ウィンドウ」という奇想な装置が、さもありなんと、思わせるように登場させているところである。
現在は、大都市圏であれば数百万台の監視カメラがテロ対策という名目の元に設置され、ピンポイント爆撃ができる軍事衛星の偵察網が地球のあらゆる箇所を網羅しており、商用衛星の平和利用でも、あっという間にグーグルアースの衛星写真がだれでもが気軽にインターネットを通じて見られるようになり、あるいはロボットの遠隔操作でそこに視覚(カメラ)をつければ、身体の延長のように、視覚世界を拡大できるようになり、コンピュータ技術の進展によって、画像復元に3次元のマニュピレート技術が圧倒的に革新され・・・そういうテクノロジーが前提とされている。
科学チームが偶然開発してしまった「タイム・ウィンドウ」というマシーンが、現在のテクノロジーの延長線上にそれほど滑稽ではないようなものとして、設定されている。



1枚の紙をおりたたむように時空をつないでしまうワープ論であったり、歴史という大河に支流をつくれば、支流そのものが本流に変わるというある意味でのパラレル宇宙論であったり、目新しい議論ではないのだが、とてもありそうに思えるのだ。
「タイム・ウィンドウ」は4日6時間前の指定された局所の世界を、復元して、現在から「窓越しに」覗いているといった塩梅である。その復元には、多大なるエネルギーがかかり、ニューヨークの大停電も実はこの復元操作が原因であったなどと、もっともらしい嘘をつくっているのが嬉しい。

そして、その映像は、ゲーム機の三次元映像の操作のように、自由に侵入し、回り込み、接近し、後退し、つまり自由な視点を得ることが出来る。壁も通り抜けられるので、考えられないアングルの設定が自由となる。
このソリューションは「白雪姫」と名づけられている。このあたりの暗喩も面白い。
なにより、大画面で、この映画のヒロインであるクレア・クチヴァ(ポーラ・パットン)の自宅に侵入し、自在な監視(覗き)をおこなっている操作者自体が、その美しい肢体に、そしてなによりいま、覗いている空間は実は4日6時間前の「現在」であり、本当は彼女はすでに殺されているという不思議な体験に、我を忘れてしまうというところにもリアリティがある。
これは、ヴァーチャルではない。画面の向こうには、生きた現実があるのだ。そして、実は、こちらとあちらの世界はつながっているのだ。とても魅力的な設定だ。



シナリオそのものは、実に周到に、布石が張り巡らされており、トニー・スコット監督の独特の画面切り替えの多さと相俟って、緊張感に満ちたサスペンスミステリーのような映画に仕上がっている。
政治をめぐるサスペンスではない。
テロリストのオースタッド(ジム・カヴィーゼル)は名作「パッション」でのイエス・キリスト役が印象深いが、狂気の愛国の裏返しとしてのテロということなのだろうが、もうひとつ動機が僕たちにははっきりしない。
ATF(アルコール・タバコ・火気局)という組織も僕たちにはあまり馴染みがないものだ。
けれど、そうした敵・味方というサスペンスの謎解きよりも、「デジャヴ(既視感)」そのものをめぐる仮説の立て方そのものが、無類におもしろいのだ。



 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 07247「あるい... | トップ | mini review 07249「武士の... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます ()
2007-08-05 12:35:16
タイムウインドウという設定がとてもおもしろいと思いました。
伏線が張り巡らされており、なるほどと感心させられる場面が多くあり、この映画を楽しむことができました。
花さん (kimion20002000)
2007-08-05 14:53:22
こんにちは。
とってもよくできた、ミステリーサスペンスを読み終わった気分に似ていますね。
今の時間と、過去の時間を、両方重ねて、カーチェイスする場面など、面白かったですね。
TBありがとうございます (ろっく)
2007-08-06 19:21:49
 過去を追いかけるカーチェイスがなかなかでした。過去の出来事相手に追いかけが成立する設定が、時間ものとしては目新しかったです。
 これからもよろしくお願いします。
ろっくさん (kimion20002000)
2007-08-06 19:56:48
こんにちは。
僕もあのシーンは、自分まで、車(時制)酔いがしてきましたよ。ちょっと、見たことないですね。テレビゲームやってるみたい(笑)
なかなか (メル)
2007-08-11 07:14:21
良く考えられた脚本でしたよね~♪^^
それにカーチェイスのところとか、すごく斬新な
アイディアで感心しちゃいました。

こういった時空ねじれもの?^^の映画としては
一番納得できて良いなぁ、と思ったのは「オーロラの彼方へ」、それと衝撃的で、ほんとにすごい!と思ったのは「バタフライ・エフェクト」。この二つの方が
わたし的には好きですが、この映画も好きなタイプの映画でした。

TBさせていただきましたm(_ _)m
メルさん (kimion20002000)
2007-08-11 15:14:02
こんにちは。
おっしゃる2作もよかったですね。
時空の迷路ものって、僕は、好きですね。
トンデモ作品も多いけど(笑)
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2007-08-12 01:51:54
まだ記事書いてないケド、
これ、おもしろかった!!
しかし、アクション映画?ですか??
あたしはあえて、、、
ラブストーリーに分類します!
こんばんわ (睦月)
2007-08-12 02:28:29
TB&コメントありがとうございます。

kimion20002000も記事の中で触れておられますが、
多くの映画人たちが、過去に何度も取り上げてきた
題材であるタイムワープやデジャブというものを、
他作品とは確実に差別化できる形
で描いていたところがこの映画の魅力的だと
思いました。

大味な点が目立つハリウッド・・ブラッカイマー作品
としては、珍しく緻密な脚本だったなあと思います。
偶然の産物 (ひらりん)
2007-08-12 03:28:20
トラ・コメどうもです。
タイムマシーンって、偶然出来ちゃうモノなんですね。
科学の進歩・・って、たまたま・・から進んでいくんでしょうね。
それにしても、あのマシーン・・・
近頃の映像革命??のスピードからすると、
結構早く、現実化しそう・・・な気がしてならないひらりんです。
いやいや、嬉しい事だと思ってのことですが。
コメント多謝 (kimion20002000)
2007-08-12 05:21:21
>猫姫さん

そうですね。珍しく、D・ワシントンのキスシーンもありましたしね。

>睦月さん

ブラッカイマーね。パールハーバーのときは、こいつだけは許せん!と思ったんですけどねぇ(笑)

>ひらりんさん

そう、ITの進歩は早いですからねぇ。4日と6時間という数値も、現在での処理能力のせいですから、倍倍で、もっと、過去につながることになりますね。しかも、大停電もおこさずに(笑)
TB・コメント、ありがとうございます。 (たまさん)
2007-08-12 08:14:57
オカルト的な話と思っていたらタイムスリップに転じて斬新で面白い設定の作品だと思いました。
DVDでまた話題になっていますので、もう一度観てみたくなりました。新しい発見があるかもです。
たまさん (kimion20002000)
2007-08-12 11:00:31
TBありがとう。
異常心理のカルトものが相次いで出回りましたからね、近作の作り方は、意表をつかれた所もありますね。
こんにちは! (mezzotint)
2007-08-12 12:36:23
kimion20002000さん
いつも有難うございます
鑑賞から随分経ってしまいましたが・・・・・。
面白いストーリー展開だったと思います。
それにしても、僅かのタイムスリップには
でしたが。
mezzontintさん (kimion20002000)
2007-08-12 13:08:02
こんにちは。
なんとも、微妙な時間でね。
最初は、なんのことかわかんなかったけど、理屈をいわれると、なるほど、と・・・(笑)
Unknown (あっしゅ)
2007-08-13 00:21:26
こんばんわ!コメントありがとうございます!

デジャヴ、、、。生きている中で”あっ!このシーン観たことある!”って思うことが多々ありますけど、今回の映画はかなり迫力がありました!

フェリーが爆発するシーンは、くるなって思ったんですけど、それ以上の驚きで!ビックリしちゃいましたよ!


あっしゅさん (kimion20002000)
2007-08-13 00:33:33
こんにちは。
ああいう、爆破シーンひとつとっても、撮影方法の工夫・進歩があるんでしょうね。
TBありがとうございました♪ (あんず)
2007-08-31 20:53:09
こんばんわ。TBありがとうございます。記事も読ませて頂きました。
確かにこの映画は脚本が素晴らしいですよね。私は途中で解釈が追いつかなくなって、ちょっと難しい顔になっちゃった場面もあるんですが、新しい視点というか、こういう見せかたもあるのかと思いました。
最後まで飽きずに見れる作品だな、と思います。
あんずさん (kimion20002000)
2007-09-01 00:05:32
こんにちは。
こういう映画は、ちょっと、緊張感がなくなると、一気にだれちゃうんですよ(笑)この映画は、最後まで、一気に見ることが出来ました。
地味な伏線が… (movis)
2007-09-08 11:13:37
こんにちは。TBありがとうございました。
こうして皆さんのレビューを拝読すると
一見では分からなかった小さな伏線が
縦横無尽に張り巡っていたことに驚かされます。

何度も観る作品じゃないな、と勝手に思ってましたが
観れば観るほど、新しい発見ができそうですね。
movisさん (kimion20002000)
2007-09-08 12:36:55
こんにちは。
そうですね、よく練り上げられた脚本だと思いますよ。
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪ (miyu)
2007-09-21 22:44:53
いつもお世話になっております~。
確かにオカルトめいたSFモノになるスレスレの
なかなかいい感じのバランスの映画だったですよね。
ちょっと派手過ぎてそちらについ目が奪われてしまった
感があったのですが、
アイディア的にはかなりいいところをついていたんですね。
miyuさん (kimion20002000)
2007-09-22 00:29:39
こんにちは。
こういう映画はとってもバランスが難しいと思うんですよ。この映画はその点、上手にエンタテイメントに仕上がっていたと思います。
おじゃまします (ピロEK)
2007-11-04 14:51:08
おじゃまします。コメント頂いたときだけしか来なくてスイマセンm(__)m
このタイムウィンドウ“白雪姫”っていう設定。ここにこの映画の賛否、好き嫌いが集中しちゃうようですが、私も好きですよ。
上手くやればパート2とか作れそうな映画にとっても発明かもですねコレ。
ここからは余談ですが、
私はデジャヴを感じやすい性質です。アレって今見てることが神経の繋がり方ミスで、以前見た者の記憶の引き出し経路(?)を通っちゃうダケって思ってるのですが、どうなんでしょう??
は、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
ピロEKさん (kimion20002000)
2007-11-04 16:21:04
こんにちは。
うん、それは僕もそうですが、そうとう危ない兆候ですよ(笑)
危ない刑(す)事!? (ピロEK)
2007-11-04 23:40:12
え!!?
危ないですか??
そう言われれば、上記私の投稿コメントを読み返すと誤字脱字だらけだし
…と、凹みつつ
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デジャヴ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 127分 監督 トニー・スコット 製作 ジェリー・ブラッカイマー 製作総指揮 テッド・エリオット 、チャド・オマン 、 テリー・ロッシオ 、マイク・ステンソン 、バリー・ウォルドマン 脚本 テリー・ロッシオ 、...
デジャヴ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“人は皆、過去を見ている。鏡の前の姿でさえ、光の速度だけ過去のものだ。” デンゼル・ワシントン主演の“デジャヴ”を観てきました。 ニューオリンズを出港したカーフェリーが大爆発を起こし、543名が犠牲になるテロが発生した。 ATF捜査官のダグは、現場...
デジャヴ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  デジャヴを、 操れ         評価:★6点(満点10点)  2006年 127min 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン ポーラ・パットン ヴァル・キルマー ジム・カヴィーゼル    &nbsp...
デジャヴ (とんとん亭)
「デジャヴ」 2007年 米 ★★★★ デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない? うん!良かった。 最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。 私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶ...
デジャヴ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー 脚本:テリー・ロッシオ ビル・マーシリイ 500人以上の犠牲者を出したフェリー大爆発事故。ATF(アルコール・たばこ・火器取締局)の捜査官ダグは、その原...
デジャヴ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
友達が、「つまらなかった~」と言ったので一瞬ひるんだが、デンゼル・ワシントンは好きだし、やっぱり自分で観てみなくちゃ~ね【story】543名もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬...
『デジャヴ』 (試写会帰りに)
デジャヴ、そして「もし過去に戻れたら」という想い。誰もが感じた事のある、本能と繋がる不思議な感覚を、SFとアクションとサスペンスで紡ぎ上げ、ラブストーリーで味付けした、頭がグルグル系の後を引く映画、『デジャヴ』。 デジャヴ DVD。 デジャヴ 文庫本。原...
「デジャヴ」みた。 (たいむのひとりごと)
「デジャブ」というタイトルと、意味がイマイチ良くわからない予告編にて、勝手にオカルト的というか神秘的な物語なのだとばっかり思っていた。それはそれで好きなのだけど、ちょっとばかり嬉しい誤算。ちっとも謎
イイ意味で私の予想を裏切った映画。『デジャヴ』 (水曜日のシネマ日記)
フェリー爆発事故と殺人事件を追う捜査官の物語です。
デジャヴ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
すごいゾ! FBI が google earth を進化させた!(違) グーグルではなくてゴーグルつけて追跡ダッ! デジャヴposted with amazlet on 07.08.03ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2007/08/03)売り上げランキ
映画「デジャヴ」 (<花>の本と映画の感想)
デジャヴ 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル  アダム・ゴールドバーグ  エルデン・ヘンソン 2006年 フェリー爆発により、乗客543人が死亡する惨事がおきる。ATF捜...
感想/デジャヴ(試写) (APRIL FOOLS)
デジャヴ現象の新解釈?な『デジャヴ』3月17日公開。船上パーティが行われていたフェリーが、爆破された。駆けつけた捜査官ダグは、ある女性の死体を見つけ、なぜか既視感を覚える。捜査の中、ダグは政府が極秘開発したシステムにより"4日と6時間前を再生し続ける"監視映...
*デジャヴ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2006年   アメリカ 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し、爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性...
デジャヴ(映画館) (ひるめし。)
[デジャヴを操れ―――]
昨日会おう (CINECHANの映画感想)
83「デジャヴ」(アメリカ)  543名もの犠牲者を出したフェリー爆破事件。ATFの捜査官ダグ・カーリンは別の場所で発見されたある女性の遺体を見た時、強烈な?デジャヴ?に襲われる。彼女を知っているような・・・。明らかにダグはそのクレアという女性とは生前会...
デジャヴ (Akira's VOICE)
ものすっごい手間暇かけたナンパ
デジャヴ (Diarydiary!)
《デジャヴ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - DEJA VU 多数の犠
デジャヴ (ちわわぱらだいす)
レディスディと祝日が重なったせい𕾮 お目当てのナイトミュージアムもアンフェアも満席で見れませんでした。 2時間後なんて待ちたくないから、10分過ぎてたけど「デジャヴ」見ました。 𕾜チワワブログ𕾜今日もワンクリックお願いします...
デジャヴ (りらの感想日記♪)
【デジャヴ】 ★★★★ 2007/03/17 ストーリー 543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグ(デンゼル・ワシント
デジャヴ (映画鑑賞★日記・・・)
『DEJAVU』公開:2007/03/17(03/17)製作国:アメリカ監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼルその時彼は強烈な“デジャヴ”に襲われたというが、私にはただの一目惚れにしか思えなかった。そうじゃな...
デジャヴ (5125年映画の旅)
ニューオーリンズ州で大規模な観光フェリーの爆破事件が発生した。捜査官のダグは、被害者の女性の遺体を見た時、奇妙な既視感(デジャヴ)を感じる。その後、捜査の功績を認められたダグは、事件解決の為にある特殊チームへの参加を要請される。 トニー・スコット監...
DEJAVU / 既視感は過去からの警告?? (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、映画『DEJAVU』を鑑賞。DEJAVUとは?フランス語で既視感とい意味である。多分誰しも一度は体験のあることだと思う。つまり実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことにように感じること・・・・。皆さん、きっとありますよね? 「パ...
『デジャヴ』 (Sweet* Days**)
監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他 STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・...
デジャヴ (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年3月17日 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン,ヴァル・キルマー,ジム・カヴィーゼル 鑑賞日:2007年3月17日 MOVIX三郷 シアター8(座席数185) ...
【2007-40】デジャヴ(DEJA VU) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
デジャヴを、操れ──
映画 【デジャヴ】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「デジャヴ」 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生し、現場でひとりの女性の死体が発見されるが、ATF(アルコール・タバコ・火気局)捜...
★「デジャヴ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末も、何観るか迷ったなぁ。 候補はこの他に、 ニコール・キッドマンも声の出演してる「ハッピーフィート」・・・ ミラ・ジョヴォヴィッチの「ポイント45」・・・ オスカー主演男優賞ものの「ラスト・キング・オブ・スコットランド」・・・ パリづくめの「...
ジュリー感極まり涙組む (ニュースですYO!)
ジュリーにとっても阿久悠はかけがえのない恩人でした。ジュリーをソロ歌手としてスターダムへ押し上げてくれたのが阿久悠だったからです。そのジュリーと阿久悠がコンビを組んだ曲は「時の過ぎゆくままに」に始まり、「勝手にしやがれ」等25曲以上にもなるそうです。そ...
『 デジャヴ 』 (My Style)
『 デジャヴ / DEJA VU 』を観た。 とにかく、デンゼル・ワシントン演じるダグのキレモノぶりがカッコイイ! 爆破事故後の彼の冷静な行動もすごい。 現場検証もひとり地道に、だけど確実に、事件の証拠や手掛かりを集めて 理論的に状況を突き詰めていく。 女性の死体...
デジャヴ◆犯罪サスペンスで味付けしたSF娯楽作 (好きな映画だけ見ていたい)
       「デジャヴ」 (2006年・アメリカ)    監督:トニー・スコット    製作:ジェリー・ブラッカマイヤー    出演:デンゼル・ワシントン/ポーラ・パットン/ヴァル・キルマー/ジム・カヴィーゼル 映画や小説の世界でしか味わえないのがタイムトラベ...
デジャヴ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  デジャヴりながら過去に追いつけ!  
「デジャヴ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「デジャヴ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ヴァル・キルマー、ポーラ・パットン、ジム・カヴィーゼル、他 *監督:トニー・スコット *プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー 感想・評価・批評 等、レビューを含...
デジャヴ (ファイティングトップ)
 事前情報ゼロでみました。面白かった。  バル・キルマー太りましたね^^;どんどんてんぷらーで変装していたおっさんにリアルで近づいてます。  トニー・スコットらしい、歯切れのよい映画でした。事前情報なしで見る方が楽しめます。まあ、別に一発ネタ的な映画で...
映画『デジャヴ』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
傑作『クリムゾン・タイド』(95)の黄金コンビが再び結集。ジェリー・ブラッカイマ
「 デジャヴ 」  Deja Vu   (俺の明日はどっちだ)
うひょー、予告編から受けたイメージ、並びにタイトルから想像するものと、内容がここまで一致しない映画も珍しい。 でも良い意味でハリウッド、なんだかんだ言いつつもジェリー・ブラッカイマー&トニー・スコット、相変わらずのド派手な爆破シーン、一気呵成で見せる畳...
デジャブ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「初めて会った人なのに、なぜか見覚えがある。初めての場所なのに、どこか懐かしさを感じる。」私達の日常の中で、不意に現れる数々の“デジャブ”現象。 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を...
先 ~「デジャヴ」~ (サナダ虫 ~解体中~)
トニー・スコット監督作品、デンゼル・ワシントン主演の、 映画 「デジャヴ」を観た。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生。 現場でひとりの女性の死体が発見されるが、捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)は、 どこか見覚えのある顔に思えて...
「デジャヴ」 (てんびんthe LIFE)
「デジャヴ」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC5で鑑賞 レディースデーの初めの1本。朝のうちにネット予約で席を押さえておきました。が、vitを使うのは初めてなのです。開映ギリだったので機械の前にあまり人はいなかったのです。そんなに手間はかかりませんでした...
「デジャヴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Deja Vu」2006 USA “デジャヴ”はフランス語だが英語圏にも通じる言語となっているみたい。 日本語に訳せば“既視体験(すでに見たもの)”。 トニー・スコットが監督したデンゼル・ワシントン主演のハリウッド映画。 ハリウッド大作は食傷気味なのだが...主演が...
[映画]デジャヴ (落とし穴には気をつけろ!)
ジェリー・ブラッカイマープロデュースの「デジャヴ」を観ました。 500人以上の死者を出した、フェリー爆破事件を捜査するATF(アルコール・タバコ・火気局)の捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、政府が極秘に開発した、過去の映像を見ることができる装置を使う特別...
『デジャヴ』in茨木 (☆えみたんの日記帳☆)
土曜日夜映画観て来たって日記に書いたけど、その映画をご紹介鍊 その映画は「デジャヴ」っていう映画だよぉ~秊 うちは違う映画を観たかったんだけど、その映画の上映がなくなっちゃって友達と話した結果 「デジャヴ」を観ることに鍊 ...
デジャヴ (レンタルだけど映画好き )
[デジャヴを、操れ──] 2006年 アメリカ デジャヴ 久々に観たデンゼル・ワシントン。なんとキスシーンまであるのだ(驚)。思っていた内容とは違ったものの、かなり面白かった作品。本当にこのような事できてしまう?!と思わせるような脚本が魅力。 監督 ...
デジャヴ (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「デジャヴ・・・一度も経験したことがないのに、すでにどこかで経験したことが あるように感じること。既視感。」(三省堂デイリー新語辞典 より) う~ん、やっぱりこーゆー事(↑)ですよねぇ、デジャ...
「デジャヴ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
デジャヴブエナ ビスタ ホーム エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る 500人以上もの犠牲者を出したフェリー爆破事件が発生。捜査を開始したATF捜査官 ダグ(デンゼル・ワシントン)は、FBIの特別捜査班への協力を要請される。彼は政府が 極秘に開発した“タ...
「デジャヴ」 疲れるくらい作品に巻き込まれた (はらやんの映画徒然草)
見終わって、ふぅ疲れたーというのが、最初の感想でした。 タイムパラドックスものと
「デジャヴ」 (てんびんthe LIFE)
「デジャヴ」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC5で鑑賞 レディースデーの初めの1本。朝のうちにネット予約で席を押さえておきました。が、vitを使うのは初めてなのです。開映ギリだったので機械の前にあまり人はいなかったのです。そんなに手間はかかりませんでした...
デジャブ (小部屋日記)
Deja Vu(2006/アメリカ)【DVD】 今日からお盆休みにはいりました。 劇場で観られなかった映画を観まくる予定・・・ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ポーラ・パットン/ヴァル・キルマー/ジム・カヴィーゼル/アダム・ゴールドバーグ/エルデ...
デジャヴ 07174 (猫姫じゃ)
デジャヴ Deja Vu 2006年   トニー・スコット 監督  ジェリー・ブラッカイマー 制作デンゼル・ワシントン ポーラ・パットン バル・キルマー ジム・カヴィーゼル すご~い! おもしろ~い!! このお話って、、、原作モノ?オリジナル? これはすごい...
デジャヴ (ネタバレ映画館)
なぜ4日半前?俺が6歳の子供だと思ってちゃんと説明してくれ!
『デジャヴ』タイム… (@KOBAのムービー!ムービー!)
『デジャヴ』 DEJAVU(2006年アメリカ)  監督 トニー・スコット  脚本 テリー・ロッシオ、ビル・マーシリイ  出演 デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ジム・カヴィーセル、ヴァル・キルマー  ■ストーリー■  2006年2月28日、ニューオーリーンズでカ...
デジャヴ / Deja Vu (MOVIS)
● デジャヴ / Deja Vu [アメリカ / 2007年] 『マイ・ボディガード』のトニー・スコットとデンゼル・ワシントンが再タッグ。ワシントンの一途で猛進な役柄はここにも健在。読めそうで読めない結末。1分、1秒でも早く先が知りたくなるスリリングなストーリー。エピロー...
デジャヴ (Deja Vu) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「あれ?ここ、前に来たことがあるような…?」とか「あれ?この人、前に会ってる気が?」っていう経験をすることの多い私ですが、まぁ得てして私の物忘れの激しさ...
デジャヴ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すでに起こった事件を、あなたは防げるか? すでに殺された女性を、あなたは救えるか? すべての答えは【デジャヴ】の中に―。』  コチラの「デジャヴ」は、ジェリー・ブラッカイマー製作&トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演の3/17公開になったSF...
「デジャヴ」 (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「ドミノ」などで知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコット監督が2006年に撮ったSFタッチのサスペンス・アクション「デジャヴ」(米、127分、ブエナビスタ配給)。スコット監督の前作「マイ・ボディーガード」にも出演していたデンゼ...
デジャヴ…トンデモ設定だけどシッカリした作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
秋晴れです{/kaeru_fine/}{/s3_aut_momiji/} すごく天気が良いので行楽地に行ってサイクリング{/bikes/}でも楽しみたい気分。 耶馬渓あたりに出かけると気分がいいでしょうねぇ{/face_yaho/}…現地のシーボルトミミズには悩まされるとは思いますが{/face_ase2/} …ですが...
敵の名は運命 (MESCALINE DRIVE)
西澤保彦の『解体諸因』を読んだとき、巻を通じて盛り込まれたバラバラ殺人の数々に感心した。ひとつのモチーフをよくぞここまで書いたものだ、と。ただ、作品自体の出来は玉と輝くものもあれば石と見紛うものもあると云ったところ。 しかし、デビュー3冊目の『七回死ん....
<デジャヴ>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 126分 原題 Deja Vu 監督 トニー・スコット 脚本 テリー・ロッシオ  ビル・マーシリー 撮影 ポール・キャメロン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー    ...
映画『デジャヴ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
26.デジャヴ■原題:Dejavu■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:127分■鑑賞日:3月31日、新宿プラザ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:トニー・スコット□製作:ジェリー・ブラッカイマー□脚本:ビル・マーシリー、テリー・ロッ....
『デジャヴ』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性の死体も、鋭い観察力で殺人によるものだと見抜く・・・。感想トニー・スコット×デンゼル・....