サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08326「ダージリン急行」★★★★★★★☆☆

2008年09月04日 | 座布団シネマ:た行

魅惑的なインドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。監督は『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。主人公の3兄弟をアンダーソン監督の盟友オーウェン・ウィルソン、『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ、『マリー・アントワネット』のジェイソン・シュワルツマンが演じている。とぼけた笑いと温かい感動に満ちた、アンダーソンならではの作品世界が魅力だ。[もっと詳しく]

ハリウッドでも、良質な映画の送り手たちの、世代交代は確実に進んでいる。

ウェス・アンダーソン監督に対する賛辞は、大御所であるマーチン・スコセッシ以下、多くの映画関係者が表明している。
高校時代から自主映画を製作していたこの青年は、独特のユーモアと風刺の精神を持っている。
69年生まれだから、まだ40歳足らずだろうが、インディペンダントの期待の星である。
この監督と似ているなぁと思うのは、「イカとクジラ」(06年)の監督・脚本のノア・バームバックだ。
都市のインテリ一家に巣食っている自己顕示、不信、皮肉、傷つけあい・・・それらがある意味温かく、ある意味救いようもなく容赦ないタッチで描かれている。
バームバック監督も、父親は作家、母親は評論家そんなインテリの両親の離婚を観察しながら、自分たちの漂泊するかのような意識を、冷静になかば虚無的に対象化している。
彼は、ウェス・アンダーソン監督と同じく、69年生まれだ。



あとから、気づいたことなのだが、「イカとクジラ」のスタッフリストを眺めていたら、このウェス・アンダーソン監督が、製作で名前を連ねている。なるほど。
それだけではない。
バームバック監督の最新作は、日本未公開だがDVDとしては発売されている「マーゴット・ウェディング」(97年)。
ニコール・キッドマン扮するマーゴットは、妹であるポーリン(ジェニファー・ジェイソン・リー)の結婚式のために、マンハッタンからロング・アイランドまで息子を連れて、旅行してくるのだが、この姉妹の関係が、仲がいいんだか悪いんだか、最初から最後まで、罵りあったり、告げ口をしたり、ハグしあったり、慰めあったり・・・感情の起伏に、忙しいのである。
この姉妹の神経過敏な苛々するような関係は、まさに、ウェス・アンダーソン監督の本作における、ホイットマン兄弟、すなわち長男のフランシス(オーウェン・ウィルソン)、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)と瓜二つなのである。



女姉妹と男兄弟という違いはあるが、互いに相手を辛辣に見る癖がついている。
性格はそれぞれ違うのだが、まるで相手に自分の嫌な性格を発見して、自己防衛的に機先を制して、主導権をとろうとでも言うように・・・。
とくに、相手がいないところで、「絶対に自分がしゃべったことを言ったら駄目」と念を押しつつ、相手の弱味や秘密をペラペラとしゃべってしまうところだ。
相手にそのことを詰られると、すぐに話題を変えて、誤魔化してしまうのだが。
このあたりの、兄弟・姉妹の、関係が近いからこそ意地悪にもなるような描き方が、このふたつの作品はそっくりなのだ。



僕には4歳上の兄と3歳上の姉がいる。
兄弟・姉妹の関係は家族によりさまざまなんだろうが、僕には「ダージリン急行」にしろ「マーゴット・ウェディング」にしろ、こんなに腹の探り合いをしながら、露骨に罵倒しあい、あるいはこの世界でわかりあえるのは自分たちだけだといったように手のひらを返したように信頼しあう関係というのが、まるで実感できない。
だいたい、なにをあそこまで饒舌に、喋りあうことがあるのだろう、と。
僕は兄とも姉とも、そんなに親しく口を利いたことがない。
もちろん親近感はあるのだ。
照れくささなのか、苦手意識なのか、そんなことをわざわざ口に出さなくてもといった遠慮のようなものなのか・・・。
兄も姉も、なんとなくそういう体温は、共通している。
それは、欧米と日本との違いかもしれないし、僕の家特有のある種の共同性の質のようなものだったのかもしれない。
だから、たとえば、「ダージリン急行」のこの3人の、大人になりきれない滑稽な関係を見るにつけ、あるいは「マーゴット・ウェンディング」の周りを閉口させるような、意地悪な告げ口の応酬をみるにつけ、逆にないものねだりの羨ましいという感情さえ、起きてくるのである。



「ダージリン急行」は、離れ離れになっていた三兄弟が、長男のフランシスの呼びかけで、ダージリン急行のホイットマン一行と名札が張られた客室に集合するところから始まる。
フランシスは、顔に包帯を巻きつけている。どうやら交通事故で一命をとりとめたらしく、兄弟で「心の旅」をしたかったのだという。助手のブレンダンを別の客室に同行させ、細かく旅の旅程をマネジメントさせている。
ピーターは、7ヵ月半になる身重の妻アリスを気遣いながらも、妻との意見の相違に悩んでいる。
ジャックは、作家であり、自分の家族のことをいつも観察している。女たらしのところがあり、喧嘩別れした恋人の留守電を気にしながら、列車のアテンダントにすぐにちょっかいを出したりする。



つねに場面を仕切りたがるフランシスは、インド北西部の砂漠地帯を走るこの小旅行で、「心の旅では仲間割れをしないこと、聖人をのけ者にしないこと」などいくつかの協定を持ち出すことになる。
その協定は、次の瞬間には性懲りもない諍いで、危うくなったりもするのだが・・・。
けれどどうやらこの小旅行の本当の目的は、ヒマラヤの修道院で尼僧になってしまい、父親の葬儀にも戻ってこなかった母親に逢って、真意を質すことにあるらしい。
途中一行は、小さな馬鹿げたドタバタ劇やあるいは厳粛な小さな村での葬儀という経験をしたあと、三人は母親に再会することになる。
母親はわざわざやってきた子どもたちに呆れながらも、「過去を引き摺っていてもしょうがないじゃない」とあっけらかんと言い放ち、翌朝黙って、子どもたちを残して、出かけてしまうのだ。
子どもたちは、ようやくいまさらの様に、自分の自立をかみしめざるをえない。
ラストシーン、発車する「ダージリン急行」を追いかけながら、3人はそれまで持ち歩いていた重たそうな鞄をそれぞれ、ホームにすべて投げ出して、身一つで列車に飛び乗る。
父親の思い出の品が入った鞄も、同じように放り投げて、晴れ晴れとした笑顔で・・・。



とてもよく出来た映画である。
ビル・マーレイやナタリー・ポートマンがカメオ出演のように、さりげなく出演しているのも映画ファンには嬉しいサービスだ。
音楽もサタジット・レイの映画音楽を引用しながら、60年代から70年代のキングスやローリング・ストーンズのブリティッシュ・ロックを聞かせてくれる。
美術や撮影も、凝っている。とくに、冒頭、急行をホームで追いかけるシーンや、村の葬儀のシーンなどでの抑制のきいたスローモーション撮影は、効果的だ。
なにしろ、半分以上のシーンは「ダージリン急行」の中で撮影しており、特典映像などでみると、本物の列車を撮影用に大改造している様が、とても興味深い。
また、列車内のさまざまな小道具や美術も、ほとんどすべてがインドの職人たちの丁寧な手作りのものであるというのも、感心した。
最後に放り出されることになるスーツケースのデザインは、ルイ・ヴィトンのチーフデザイナーのマーク・ジェイコブズだということで、これもびっくりだ。
この作品の製作には、コッポラの息子であり才人であるロナン・コッポラも参加している。



こうしたハリウッドでありながらインディペンダントな精神を持ったスタッフたちは、おおむね40歳前後である。
彼らの父親の世代が、「偉大な」フランシス・コッポラであり、ウディ・アレンであり、ロバート・アルトマンであり、クリント・イーストウッドであり、ということなのだろう。
このハリウッドでも、映画の世界の世代交代は、着実に進んでいる。
それは、やはり、頼もしいことである。

kimion20002000の関連blog

イカとクジラ



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 08325「オリヲン... | トップ | mini review 08327「ジャンパ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
DVDには (sakurai)
2008-09-07 15:30:54
あのよくわかんない、とってつけたような、ナタリー・ポートマンのこれ見よがしのお話はついてなかったのですか?
最初にあれ見せられて、ものすごいテンション下がってしまいました。
基本的にウェス・アンダーソン、微妙に好きです。この微妙というのがみそ。
決して、大好きではないです。
妙な醸し出す空気が、インドと合っていたかも。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-09-07 15:39:21
こんにちは。
ああ、もちろんついていましたよ。
まあ僕は、おまけ的にしかみなかったけど(笑)
微妙というのが、いいんじゃないですかねぇ。
Unknown (moriyuh)
2008-09-18 00:32:57
こんばんは。TBありがとうございました。
お返しが遅くなりごめんなさい。

>こうしたハリウッドでありながらインディペンダントな精神を持ったスタッフたちは、おおむね40歳前後である。

私もそのように思えます。
同世代として「時代のセッター」の役割をひしひしと考えさせられる日々でございます。

moriyuhさん (kimion20002000)
2008-09-18 01:02:12
こんにちは。
彼らなりに、ハリウッド独自の力学に、つきあったり、抗していたりするんでしょうね。
映画人としての系統を、ちゃんと受け継ごうという意思も感じます。
弊記事へのTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-06-23 03:36:22
基本的に僕の肌に合わないんでしょう。
採点で言えば★X5〜6くらいの間をうろちょろしていますね、W・アンダースン氏の場合。

同じ★X6でも日本未公開の「天才マックスの世界」は割合ピンときましたが、「ザ・ロイヤル・テネンバウムス」以降の作品は苦手意識があります。

しかし、ナタリー・ポートマンは好きなので、付属の短編も観たいです。
オカピーさん (kimion20002000)
2009-06-23 08:52:46
こんにちは。

>基本的に僕の肌に合わないんでしょう。

ああ、肌合いというのはありますよね。
アンダースン氏の世代は、反戦で燃えたわけでもなく、デジタル世界に移行するわけでもなく、ちょっと内向の世代なんですよね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ダージリン急行」感想と、ダージリンの場所・地図 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
田舎のインドの雰囲気や風景などが、凄〜〜く良い!!! しかし内容的には、別に・・・。(スイマセン) 感想は、3つ☆ 3兄弟の珍道中旅...
ダージリン急行 (Memoirs_of_dai)
インド風珍味は好きですか? 【Story】 父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、...
「ダージリン急行」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ウェス・アンダーソン監督の作品には 変な家族と変な人が出て来ます。 この作品もそうでした。 この人達、かなり変です。 でも何となく理解出来てしまう…。 「そういうこと、あるよね」とか 「そういう気分、わかる」なんて思いながら ...
ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED (我想一個人映画美的女人blog)
カルト的?な人気を誇る、『天才マックスの世界』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 コレ{/hand_iine/} のウェス•アンダーソン監督最新作{/ee_1/} 全米では公開済み、日本では、東京国際映画祭でも上映されました {/shootingstar/}一般公開は2008年3月予定...
映画 【ダージリン急行】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ダージリン急行」 インドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。 おはなし:父の死をきっかけに絶縁状態になっていたホイットマン家の三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行で旅をすることで結束を取り...
ダージリン急行 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
長男フランシスの呼びかけで、次男ピーター、三男ジャックの男三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行に乗り込みます。父の死の後、絶交していた三人ですが、フランシスは、インドの旅を通じて、兄弟の絆を取り戻そうとしていたのです。しかし、三人は、それぞれに個...
心の変化に付いて行けない。『ダージリン急行』 (水曜日のシネマ日記)
ダージリン急行に乗ってインドでの旅を始めるアメリカ人三兄弟の物語です。
ダージリン急行 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
ウェス・アンダーソン監督、オーウェン・ウイルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン。イカれた3人兄弟のインド珍道中。いつも列車に乗り遅れそうになるところに出鱈目加減が十分現れているのだが一丁前に旅程表をこしらえているところが痛い。
ダージリン急行/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
ダージリンって言えば紅茶の名前でくらいしか知らないんだけど、私がよく足を運んでいるチネチッタとシャンテシネでの公開予定作品だったこともあって単館系のわりにはだいぶ前から何度も予告編を観る機会がありました。男3人のロードムービーなんだけど「サンジャックへ...
ダージリン急行 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービーならぬレール・ムービーなのですが、試写会で観てきちゃいまし...
★★★ 『ダージリン急行』 (映画の感想文日記)
2007年。アメリカ。"THE DARJEELING LIMITED". ウェス・アンダーソン監督。  21世紀に入ってから、アメリカ映画を中心に熱心に映画を見続けてきたこ...
ダージリン急行 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED 2007年/アメリカ/91分 監督: ウェス・アンダーソン 出演: オーウェン・ウィル...
ダージリン急行 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ダージリン急行不思議なユーモアが漂うが、それには、インドという舞台設定が何より効いている。ちぐはぐな3兄弟が自分探しと兄弟の絆を確認するロード・ムービーだ。個性的な顔つきの俳優、おそろいのスーツケース、顔の包帯など、ビジュアルもインパクトがあって面白い...
僕たちは行方不明 (CINECHANの映画感想)
71「ダージリン急行」(アメリカ)  インド北西部を走るダージリン急行に、長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックが乗り込む。父の死をきっかけに疎遠となっていた3人だったが、フランシスはこのインドの旅を通じて、再び兄弟の結束を高めようとし...
ぶらり強制下車の旅 (宇宙のめいぐると)
「ダージリン急行」
ダージリン急行 (knockin' on heaven's door)
The Darjeeling Limited 青いデザイナーズ列車と、お揃いのスーツケース。神秘と熱気が交錯するインドで始まる、3兄弟のマジカル・ミステリーなセンチメンタル・ジャーニー。 旅はやがてそれぞれの思いと枷を少しずつインドの大地に捨ててゆく。ゆるーい空気感と脱....
ダージリン急行 (迷宮映画館)
ウエス・アンダーソン・・・いい方に全開。よかった。
ダージリン急行 (B級パラダイス)
本編上映前に「ホテル・シュヴァリエ」という短編作品が上映されます。一粒で二度おいしい?(笑)あ、違うか。
ダージリン急行 ( Art- Mill  あーとみる)
ダージリン急行HP http://microsites2.foxinternational.com/jp/darjeeling/ 上映待ち時間に茂木健一郎さんの「それでも脳はたくらむ」を読んでいた。たまたま「無菌状態というリスク」の項。イン
マジカル・ミステリー・ジャーニー〜『ダージリン急行』 (真紅のthinkingdays)
 THE DARJEELING LIMITED  父の葬儀以来、一年間絶交状態だったホイットマン家の三兄弟。再会した彼らは ヒマラヤで修道女となっている母に...
『ダージリン急行』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEDARJEELINGLIMITED監督・製作・脚本:ウェス・アンダーソン出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、ビル・マーレイ鑑賞劇場 : シャンテ・シネ公式サイトはこちら。<Story>イ...
「ダージリン急行」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Darjeeling Limited」2007USA ウェス・アンダーソンが描くインド舞台のヒューマン・コメディ。 長男フランシスに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ナイト・ミュージアム/2006」のオーウェン・ウィルソン。 次男ピーターに「戦場のピ...
ダージリン急行 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
明日、僕たちはどこにいるんだろう・・・心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー! ハリウッドで異才を放つ鬼才ウェス・アンダーソン監督の待望の新作は、セレブな家庭に育ちながらもイマイチぱっとしない3兄妹が“ダージリン急行”に乗って魅...
「ダージリン急行」 (てんびんthe LIFE)
3月9日「ダージリン急行」日比谷シャンテシネで鑑賞 予想外のパート1上映。 ナタリー・ポートマンは一瞬のカメオ的な扱いだと聞いていたのに、これはサービス? 魅惑のフルヌード。 とはいうもののきわどい角度からのショットなのでモロ見せちゃいました…、では...
「ダージリン急行」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/ウェス・アンダーソン  出演/オーウェン・ウィルソン      エイドリアン・ブロディ      ジェイソン・シュワルツマン  ウェス・アンダーソンのロードムービー。出演陣は「ウェス・アンダーソンファミリー」と言うべき面子...
★「ダージリン急行」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
この作品の為にミニ・オーウェン特集をやってたんですよ、ひらりんは。 「魔法にかけられて」の先行とか、「バンテージ・ポイント」より、こっちが先。 でもこれでネタ切れなので、特集はここまで。
ダージリン急行 (5125年映画の旅)
父親の死と母親の失踪を気に疎遠になっていたホイットマン3兄弟。彼らは心の救済を得るために、母親が居るインドの奥地まで電車で向かう旅を実行する。しかし主張もウマも合わない3人は、行く先々で問題を引き起こし関係は悪化の一途を辿ってしまう。 映画の冒頭、...
ダージリン急行♪乗ってみたいな・・・。 (銅版画制作の日々)
兄弟の絆を取り戻すため、3人兄弟はインドの旅を始めることに。  3月21日、京都シネマにて鑑賞。3人兄弟がダージリン急行に乗って、旅をしながら、行く先々でさまざまな人と出会い、ふれあいながら、壊れた関係を修復しながら、再生してくといヒューマン・ロ...
ダージリン急行 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ダージリン急行」の感想です
【ダージリン急行】 (日々のつぶやき)
監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、カミラ・ラザフォード、イルファン・カーン、ナタリー・ポートマン 「疎遠になっていたホイットマン
★ダージリン急行(2007)★ (CinemaCollection)
THEDARJEELINGLIMITEDあした、僕たちはどこにいるんだろう...心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!上映時間91分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2008/03/08ジャンルドラマ/コメディ【解説】父の死をきっかけに疎遠となってい....
ダージリン急行 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ映画論】★★★★☆  ボンクラクールな3兄弟、異国で歩く絆道  
ダージリン急行:いわば「阿房列車インド編」みたいな映画 (犬儒学派的牧歌)
★監督:ウェス・アンダーソン(2007年 アメリカ) ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) 父の死...
ダージリン急行(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★ダメダメ兄弟達とインドの風景に心が癒される映画です★『インドに行けばなんとかな〜る〜♪』なんていきなり歌詞を書いても「そんな歌あったっけ?」と言われそうですが…(ICE−BOXっていうグループのアルバムに入っていた曲なんですが、知らないですよねw)誰...
『ダージリン急行』 (Rabiovsky計画)
THE DARJEELING LIMITED 監督:ウェス・アンダーソン 脚本:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、    アンジェリカ・ヒューストン、...
ダージリン急行 (辛口だけれど映画が好きです)
ダージリン急行The Darjeeling Limited(2007年/アメリカ/ウェス・アンダーソン監督/公式サイト)父の死後離れ離れになった三兄弟が、昔の仲を取り戻すために「スピリチュアル・ジャーニー」と称して共にインド...
ダージリン急行 (Matthewの映画日記?)
今週の金曜までの上映だったので、『ダージリン急行』を観て来ました。 ストーリー的には、家族愛(兄弟愛)を描いた作品なのでしょうが、ちょっと意味わかんなかったですね。 3兄弟の心の旅を描いた作品なので、感じ方は人それぞれなのだと思います。 ただ、ストーリー...
「ダージリン急行」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男ジャック (ジェイソン・シュワルツマン)のホイットマン3兄弟。フランシスの提案で、インド北西部を 走るダージリン急行に乗る。旅の目的は、父の死をきっかけに1年ものあいだ...
【2008-65】ダージリン急行(THE DARJEELING LIMITED) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 家族の絆を探して ダージリン急行で インドを旅する あした、僕たちはどこにいるんだろう... 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!
ダージリン急行 を観ました。 (My Favorite Things)
おすぎさんの評価は、「この監督とは相性が悪い…」でした。そして私はどうなのか?
ダージリン急行 (こんな映画見ました〜)
『ダージリン急行』 ---THE DARJEELING LIMITED--- 2007年(アメリカ) 監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン 、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン 、ビル・マーレイ 長男フランシス(オーウェン・...
ダージリン急行/ホテル・シュヴァリエ (S/CRAP映画批評)
1年間絶縁していた3兄弟がもう一度絆を深めるため「ダージリン急行」に乗ってインドへ旅する。 お互いを必要としているのにすれ違いだらけの家族の修復というテーマは、ウェス・アンダーソンの全2作「ロイヤル・テネンバウム」に「ライフ・アクアティック」を見てる人に...
ダージリン急行 (ピースのAMEBLO CANTABILE)
【THE DARJEELING LIMITED】 仲の悪い3兄弟が久しぶりに集合し、ダージリン急行に乗り 心を癒し、仲直りの旅に出るヒューマン・コメディー。 これは劇場公開の時から気になってはいたんですが あまりぐっとは来なかったですね。 カテゴリー的にはヒューマン・...
ダージリン急行 (*amidama*雑記)
The Darjeeling Limited 2007年 アメリカ ちょっと久しぶり感ある映画コメント。 金持ちの三兄弟が、インド北西部のダージリン急行に乗り合わせ、長男の提案でこれから“心の旅”をしましょうというの。父親が1年前に他界して、その葬儀以来3人は絶交していたらし...
★★★★★「ダージリン急行」オーウェン・ウィルソン、エイドリ... (こぶたのベイブウ映画日記)
ベイブウはウェス・アンダーソン監督が大好き!好きなシーンはいっぱいあるけど、弟の小説に感動してトイレで泣くエイドリアン・ブロディ。やっぱりトホホなビル・マーレイも良かった。列車の中もステキだし、どのキャラも大好き!音楽もゆるく、心地よく、たまらないので...
ダージリン急行 2007年米 ☆4.1(5点満点) (映画に浸れ。 -携帯メルマガの発行人dkのブログ-)
Mhb vol.941 2008年10月01日 19時00分 発行  ウェス・アンダーソン監督。オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン出演。ホイットマン家の3兄弟は、インドで列車旅行に出かけるが、何故か会社経営者である長男のフランシスは、頭...
ダージリン急行 41点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ここに座ってくれ 足を組んでくれ 公式サイト ウェス・アンダーソン監督による最新作。オーウェン・ウィルソンやジェイソン・シュワルツマンら"いつものメンバー"に、エイドリアン・ブロディが加わった三兄弟の、インドからヒマラヤへの旅を描いたロードムービー。 ...
映画評「ダージリン急行」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ウェス・アンダースン ネタバレあり
ダージリン急行 (悠雅的生活)
旅は道連れ、3兄弟。トランク抱えてどこへ往く。
短編『ホテル・シュヴァリエ』+本編『ダージリン急行』。 ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
?短編『ホテル・シュヴァリエ』2007年:アメリカ映画、ウェス・アンダーソン監督&製作&脚本、ジェイソン・シュワルツマン、ナタリー・ポートマン主演。 ?本編『ダージリン急行』2007年:アメリカ映画、ウェス・アンダーソン監督&製作&脚本、オーウェン・ウィルソン、...