サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11531「ノルウェイの森」★★★★★★☆☆☆☆

2011年07月19日 | 座布団シネマ:な行

1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、『青いパパイヤの香り』『夏至』などのトラン・アン・ユン監督が映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通し、主人公の青年の愛と性、生と死を叙情的につづる。主人公には松山ケンイチ、大切な人の死をきっかけに主人公と心を通わせていく女子大生に菊地凛子がふんし、複雑な人間性を繊細に演じる。トラン・アン・ユン監督のみずみずしい世界観と、深遠な村上春樹ワールドの融合に期待。[もっと詳しく]

34歳の僕は、『ノルウェイの森』を、3ヶ月もかけて少しづつ読み進めたのだった。

村上春樹は4歳年上だ。
『ノルウェーの森』が上梓されたのは1987年だが、1949年生まれの村上春樹は、37歳の主人公がドイツ行きの機内で、ビートルズの「ノルウェイの森」を聞いて、18年前(1969年)、つまり19歳の自分を回想するという設定をしている。
政治の季節の数年間の差は、とても経験として異なるものだということは差し置いたとしても、とりあえず、同世代的感覚で言えば、34歳の僕がこの小説を読みながら、同じように十代後半の自分と世界の空気を回想するような思いで、小説世界に入っていったことをよく覚えている。
村上春樹は、1987年3月7日に、早朝から17時間を費やして、憑かれたように『ノルウェイの森』の第一稿を書き上げている。



1979年のデヴュー作『風の歌を聴け』や80年『1973年のピンボール』は、抒情的な青春小説の色彩が濃かったが、その後の『羊を巡る冒険』や『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』などはハルキワールドの迷宮のような物語世界を緻密に構成したものだった。
だからというわけではないが、自ら手掛けた緑と赤の上下巻の装丁で、「100%の恋愛小説」と銘打って本屋に並んだ時には、くだらぬ自意識が働いたのか、本を手にとってレジに行くのが少し恥ずかしかったことも、またよく覚えている。
34歳の僕は、母親の末期の癌や、十年ほどいた会社を離れることや、数歳になった子供と相方と離れ離れに暮らしていることや、いろんなことが重なって、来る日も来る日もぼんやりと考え事に明け暮れている時だった。



そうした時に手に取ったのが『ノルウェイの森』であり、主人公のワタナベトオルや、高校で自殺した親友のキズキや、その恋人であり偶然再会した直子や、ワタナベの同級生のこましゃくれたしゃべり方をする緑や、といった登場人物たちのどこか腫れ物に触るような傷つきやすい心の動きを追いながら、小説世界を楽しむと言うよりは、自分のなかの十数年にわたる時間の流れを反芻していたような気がする。
だからとても簡潔な文体である『ノルウェイの森』を読み始めれば数時間で読了できるようなものなのに、僕はどういうわけか3ヶ月ほどかけて、あえて少しづつ少しづつ読み進めたのだった。
そして女友達と、深夜の長電話でこの小説をめぐるおしゃべりをなんの結論が出るわけでもなく、延々としゃべっていた記憶がある。
受話器がそのままで眠ってしまって、月に電話代が十万を超えることも普通だった。



『ノルウェイの森』という映画に関しては、たぶん誰かとこの映画のことで、延々とおしゃべりするということはないように思える。
もちろん、『青いパパイヤの香り』や『夏至』などの作品を通じて、トラン・アン・ユン監督は知っている。
世界中からいくつも映画化のオファーがあっただろうに、この監督が指名されたのはなんとなくわかるような気もする。
1000万部を超えた超ベストセラーの映画化は、誰がやっても困難なところがあるが、あまりシナリオ主義ではなく、現場で演出プランを考えるこの監督の控えめとも思える演出は、拍子抜けするほどあっさりとしているようにも思えるところもあるが、たとえば療養所の主人公とミドリとの5分6秒にもわたる長回しのシーンなどに、この監督のこだわりはみてとれるようなところもある。
撮影のリー・ビンビンも、「深い森で迷う、悲しみを悲しみ抜く」というテーマを、よく控えめにフィルムを回している。
糸井重里や細野晴臣や高橋幸広らを何の理由があってカメオ出演させたのはよくわからないが、「強く愛すること、強く生きること」という気恥ずかしくもなりそうなコピーも、それほど気にもならない。



けれどもやはりこの作品を映画として感動していたのかどうかについては、僕自身は微妙なところがある。
1970年代前後の、笑ってしまうようなファッションを見ながら、僕はひたすら自分の主人公たちと同じような年代の頃のさまざまな気分と、そしてこの小説を初めて手に取った34歳の頃の自分をフラッシュバックのように想起していたからだ。
映画を映画として見るということよりは、『ノルウェイの森』という作品を手にして、3ヶ月もかけて少しづつ読み進めたという、自分にとっては特異な個人的体験が思い起こされたのだった。



村上春樹の作品群の中で、『ノルウェイの森』という作品は、それほど感動を与えられたわけではない。
けれど、たまたまこの作品を手にした1987年という年は、僕は愚かかどうかは知らないが、いままでの世界を一度解体せざるを得ない年だった。
それは自分なりの「喪失と再生」に向き合った時だったように記憶している。
僕は、簡単に一晩で読んでしまえそうな、(いい意味で)通俗的なこの作品を、3ヶ月もかけて少しづつ読み進めたのだった。



その時は、僕の中のトオルやキズキや直子や緑が、あるいは永沢先輩やハツミさんやレイコさんが、物語に触発されて動き始めていた頃だった。
僕の中では、恥ずかしくも必要な1年であり、そのときに『ノルウェイの森』という作品があったのだ。
もちろん赤と緑の装丁には、ブックカバーをかけたりして、僕は必要な「精算」の時を、不器用に生きていたのだろう。
だから『ノルウェイの森』という映画作品も、どことなく映画に向き合うと言うよりは、その頃の自分をなつかしく振り返るきっかけのような心持で、付き合ったような気がしてならない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第七十四話 | トップ | 243日目「皇帝の愛したガラス(... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
20年ちょっと前。。 (sakurai)
2011-07-23 08:17:49
一番鮮明に覚えてる昔・・のころですね。
私は20代で、ベストセラーだから、と普通に手にとって読みまして、それほどの感慨もなく、さらっと読んだ覚えがあります。
改めて、重々しく見せられると、構えてしまいそうですが、さらっと見るのが正解だったような気がします。
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-07-23 12:23:44
こんにちは。
まあ1000万部のベストセラーですからねぇ。
それぞれの人の、それぞれの気分や距離の中に、その作品はあるんでしょうね。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-11-22 21:14:24
この作品の中で、「時間の洗礼を受けていない本を読むのは時間の無駄だ」みたいな台詞がありますが、高校時代の漢文の教師が「100年経たないと本の価値は定まらない」と言っていたのを思い出しました。
僕が現代文学を敬遠していた理由の遠因になっていたのかもしれませんね。

映画的には独自のムードがあってなかなか良かったですが、原作を読んでいない僕が内容を理解したと言ったら嘘になります。難渋でした。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-11-23 05:12:29
こんにちは。
たしかに、古典の力というものはそうですね。
でも、音楽も映画も本もそうなんですけど、そのものの価値と言う側面と、もうひとつ同時代性というものがあると思うんです。
今でしか、表現しようもないもの。
そして、読み手や聴き手、観客自体も、その同時代性の中で、表現を受け取ったり、感動したりするということがありますね。
半ばは消費だとしても・・・。
というような理屈をつけて、僕は結構、「現在」とつきあっているわけです。
うんざりもしながらね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ノルウェイの森 (あーうぃ だにぇっと)
11月27日(土)@東宝試写室。 入場時に、LPレコードのジャケットのようなプレスがもらえた。 終映後は監督のティーチイン。 イベントの質は良かった。(笑)
「ノルウェイの森」愛の森を彷徨った末にみた愛の形にできなかったショックの悲しみ (オールマイティにコメンテート)
12月11日公開の映画「ノルウェイの森」(PG12指定)を鑑賞した。 この映画は村上春樹原作の「ノルウェイの森」を映画化した作品で、 高校時代に親友を失った青年が 東京で親 ...
ノルウェイの森 (佐藤秀の徒然幻視録)
大あくびか大泣きか、それが問題だ 公式サイト。英題:Norwegian Wood。村上春樹原作、トラン・アン・ユン監督、松山ケンイチ、菊地凛子、高良健吾、玉山鉄二、水原希子、霧島れいか、 ...
ノルウェイの森 (Akira's VOICE)
愛は続く。どこまでも。  
支離滅裂な愛の形。『ノルウェイの森』 (水曜日のシネマ日記)
村上春樹のベストセラー小説「ノルウェイの森」を実写版映画化した作品です。
ノルウェイの森 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
将来のノーベル文学賞候補である作家の映画化は、非常にハードルが高い。映画化した製作陣にも、それを見て解釈する観客にも、両者にとってハードルが高い。しかし原作を読んでいなくても、青春の残酷さが痛いほど伝わってきた。映像が伝える力を持っている。成功作だと思...
映画『ノルウェイの森』  (よくばりアンテナ)
カミングアウトしちゃいます。 って、そんな大げさな話ではありませんが、 私は・・・松山ケンイチくんが好きです(*^。^*)ポッ!! だから~、観てきました『ノルウェイの森』。 松ケンが出るって情報を得...
ノルウェイの森 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]有名すぎる文学作品を映像化することのハードルの高さを改めて感じる映画だ。果たしてこの作品を村上春樹ファンがどう見るかが気になるが、 ...
『ノルウェイの森』 (こねたみっくす)
僕はどこにいるんだろ? 深い森を彷徨うように深い心の奥底で彷徨っていたワタナベがこの言葉に辿り着いたとき、彼が感じた幸せとはいったいどんなものだったのでしょうか。 現代 ...
ノルウェイの森 (LOVE Cinemas 調布)
1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと心を通わせる直子に菊地凛子、他にも水原希子、高良健吾...
ノルウェイの森 (そーれりぽーと)
前にも書いたように、ここ数年で読んだ本と言えばハリポタシリーズくらい。 学生時代はよく本を読んでおりましたが、村上春樹のものは全くの未読でして、当然『ノルウェイの森』も。 映画でサクッと中身を知れたらと思ったと書けば読書ファンにはしばかれそうですが、とり...
ノルウェイの森 (映画的・絵画的・音楽的)
 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この映画の感想を述べるに当たっては、どうしても著名な原作に引きずられて、原作と比...
ノルウェイの森 (いい加減社長の日記)
いまいち、迷いはあったものの、マツケンは好きだし、村上春樹も気になって。 公開日の夕方に「ノルウェイの森 」を鑑賞(更新は遅くなったけど^^;)。
『ノルウェイの森』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ノルウェイの森」□監督・脚本 トラン・アン・ユン□原作 村上春樹□キャスト 松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉山鉄二■鑑賞日 1月4日(火)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★...
喪失と再生~『ノルウェイの森』 (真紅のthinkingdays)
 1967年。親友のキズキ(高良健吾)を喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、上京し 大学生活を送っていた。ある日、ワタナベはキズキの恋人だった直子(菊地凛子) と再会する。  村上春樹による、世界...
ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 村上 春樹 ノルウェイの森は、ベストセラーになった1987年の当時に、義妹が貸してくれたので読んだが、あまり面白いとは思わなかった。 今思えば、自分自身がまだ深い深い森の中でもがいていたせいだったのかも知れない。 そのことは、この映画を見て気が付....
ノルウェイの森 (食はすべての源なり。)
ノルウェイの森 ★★★☆☆(★3つ) 意外な評価で★4つ。 これは相当期待してなかったところによる、意外点が入っているのですが。 原作を期待してはダメ。 ストーリー展開もぶつ切りだし、全然つながってないんだけど、映像と音楽がきれい。 ワンシーン、ワンシ...
映画 『ノルウェイの森』 (Death & Live)
『ノルウェイの森』 音楽がとても良かったですね。配役も素晴らしい。原作は未読ですが、「こういう世界を描きたかったんだろう」と思わせる適役でした。 小説を映画化すると、どうしても原作の感情表現や位置関係が、上手く表現できずに、淡白なものになりがちですが、...
ノルウェイの森 (Diarydiary! )
《ノルウェイの森》 2010年 日本映画 - 英題 - NORWEGIAN WO
ノルウェイの森 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 極端に少ない台詞と自然界の音に注目。
ノルウェイの森 (迷宮映画館)
イメージはきれいに見事に写しだされていた。
ノルウェイの森 (シネマDVD・映画情報館)
解説 1987年に刊行され、それまでの国内小説の発行部数を塗り替えるベストセラーとなった村上春樹の「ノルウェイの森」。主人公ワタナベの喪失と再生を描いた究極の恋愛物語に人々が動かされ、時代が動かされた。画期的な赤と緑の装丁も話題となり、当時はその本を持...
ノルウェイの森 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
村上春樹の最高傑作「ノルウェイの森」が1987年に発表され、20年以上の時を経て世紀を越えて人々の心を動かしてきた物語が映像化される。物語:高校時代の唯一の親友キズキを突然の ...
★「ノルウェイの森」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
TOHOシネマズ・シネマイレージの一ヶ月フリーパス利用の最終日。 毎月14日は1000円デーだけど、タダで3本観てきました。 その3本目。
ノルウェイの森 (とりあえず、コメントです)
村上春樹著のベストセラー小説を映画化した作品です。 実は、この有名な原作本を持っているにも関わらず、ずっと未読のままでいました。 映画で初めて知った「ノルウェイの森」の物語は、 じっくりと考えさせられるような恋愛の世界が描かれていました。
「ノルウェイの森」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
村上春樹の原作ということで、そればかりが話題になるけど、明らかに監督のトラン・アン・ユンの映画だった。 映像はあくまで美しく、ドラマはあくまで背景としてあり、移りゆく時間だけが残されるような映画。 アジア的とも無国籍とも取れる彼独特の映像に乗れるか乗れ....
■映画『ノルウェイの森』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
正直、観ている時は「あんまり面白くない…」と思ったのです。 でも、家に帰っていろいろ思い返している内に、どんどん素晴らしい作品だと思えてきました。 愛する人を失った人間と、愛する人を支えられない人間が抱く、喪失感と絶望感を描いた映画『ノルウェイの森』...
「ノルウェイの森」心の闇と癒す森 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ああ・・・・・・松ケンが最初の人だったらよかったのにぃ・・・・・・
ノルウェイの森 (Men @ Work)
現在公開中の邦画、「ノルウェイの森」(監督:トラン・アン・ユン)です。公開初日にTOHOシネマズ六本木シアター5で観賞しました。 最近、山本直樹の「レッド」という漫画を紹介されて、読んでいます。この漫画、人物が亡くなっていく順に番号がふられていたり、各話の...
ノルウェイの森 (Men @ Work)
現在公開中の邦画、「ノルウェイの森」(監督:トラン・アン・ユン)です。公開初日にTOHOシネマズ六本木シアター5で観賞しました。 最近、山本直樹の「レッド」という漫画を紹介されて、読んでいます。この漫画、人物が亡くなっていく順に番号がふられていたり、各話の...
ノルウェイの森 (いやいやえん)
原作は未読ですが、大ベストセラーだったのね。強く人を愛すれば愛するほど心は痛くなる。でもそんな愛を経験した事がないんだよなぁ…。 傷付くのが嫌でワタナベがあまり人と係わり合いになろうとしない所なんかは
ノルウェイの森 (のほほん便り)
「なるほど、あのオハナシを映像で描くと、このようになるんですね」と、大いに感心。モテモテ、ワタナベくんに (^ー^*) この大ベストセラーを映画化したのが外国の監督さん(ベトナム出身、「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン監督)ってあたり、「正解だっ...
映画評「ノルウェイの森」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督トラン・アン・ユン ネタバレあり
観ました、「ノルウェイの森」 (オヨヨ千感ヤマト)
原作の大ファンなので、観ないわけにはいかないなあと。またDVDでの視聴だったので
【映画】ノルウェイの森…コレすげぇ嫌い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から。 2013年1月4日(金曜日)は、仕事始めで、夜勤スタート。 仕事が嫌いとか、会社に行きたくないとか、そういう感覚とは割と遠いところにいる(つもりの)私ですが、やっぱり休みの方が好き。 2013年1月5日(土曜日)は、息子が関東に戻るというので...