サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10434「スター・トレック」★★★★★★★★☆☆

2010年01月23日 | 座布団シネマ:さ行

テレビドラマや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築し、ジェームズ・T・カークの若き日を描くスペース・アドベンチャー。あるアクシデントによりUSSエンタープライズに乗ることになったカークが、宇宙への冒険で成長していく姿を描く。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。カークを演じるのは、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』に出演しているクリス・パイン。1960年代から続く人気シリーズが、最新のVFXを駆使してどう生まれ変わったのかが見どころ。[もっと詳しく]

リ・イマジネーション版「スター・トレック」を観ながら、中学生の頃にワープした!

「スター・トレック」といえば1953年生まれの僕などの年齢からしたら、やはり第1期の「宇宙大作戦/スター・トレック」である。アメリカでは66年から69年に製作され、日本では少し遅れて放映されている。
その後は5つのテレビシリーズになり、10本の長編映画になり、1本のSFアニメシリーズになっているが、それらを克明に追っている「トレッキー」(スター・トレックおたくの別称)にはもちろんかなわない。
けれども、中学生の頃の僕にとってみたら、それまで兄貴が購読していた「ボーイズライフ」などを貪り読みながら、SFってかっこいいなあと思っていただけだったのが、「スター・トレック/宇宙大作戦」によって、なんとなく「科学っぽい」世界にはまってしまったりしたのだ。
そして、少ない小遣いをはたいて、ちょっと大人の兄ちゃんたちに愛されていた「SFマガジン」を仲間と回し読みし、図書館で古典的SF小説を入れ替わり立ち代り借りるようになったのである。



もちろん、テレビっ子であった僕は、この頃に同じようなアメリカのSFテレビドラマシリーズを夢中になってみていた。
もっとあとから得た知識に過ぎないが、60年代半ばから次々と製作されたSFテレビドラマシリーズの立役者になったのがプロデューサーのアーウィン・アレックだ。
映画では『ポセイドン・アドヴェンチャー』(72年)、『タワーリング・インフェルノ』(76年)などを世に送り出して、「パニック界の巨匠」などと呼ばれたりしたが、60年代はテレビドラマの企画・制作で活躍していた。
ちなみにジーン・ロッデンベリーの原作である「スタートレック」は、当初はこのアーウィン・アレックのもとに持ち込まれている。
けれどそのときアレックは「実はもっとすごい企画を進行中でね」ということでことわったらしい。



それが「宇宙家族ロビンソン」(65年~68年)。
まあお子ちゃま向けの滑稽な宇宙を舞台にしたファミリィー活劇なのだが、間抜けロボットのフライデーとかだんだんロビンソンファミリィーを人気で喰ってしまった悪役のDr.スミスとか、懐かしく覚えている。
そして「原子力潜水艦シービュー号/海底科学大作戦」(64年~68年)。
ネルソン提督にリークレーン艦長だったか。海底で、大冒険が始まるのだが、ともあれ、シービュー号が当時はかっこよくて、プラモまで買ってしまった(笑)。
この作品は、とにかく艦内は男の白人ばっかりで、そのあたりは各民族を参集し知的な女性も登場させる「宇宙大作戦」に負けるところなのだが、僕は欠かさず観ていた。
もうひとつアレックプロデュースで忘れてはならないのは「タイムトンネル」(66年~67年)。
これは、その後のタイムトラベルものの原型のようなテレビシリーズだった。



アレックプロデュース以外で言えば、この頃はまったのは「アウター・リミッツ」(63年~65年)。
いきなり砂嵐みたいな画面が出てきて、若山玄蔵の超低音で「これはTVの故障ではありません」というナレーションが入る奴だ。
それと「トワイライトゾーン(ミステリーゾーン)」(59年~64年)。企画者のロッド・サーリングが冒頭に神妙に一言、ドラマへの招待の弁をしゃべる。日本のその後の「ウルトラQ」とか「世にも奇妙な物語」の原型になっている。
まあマニアにはとても敵わないが、この頃から僕にとってSFというものが、スペースオペラ的なものから、ファンタジー、怪奇、ミステリーの領域と重なっても来るのである。
もちろん、フィリップ・K・ディックなどの不条理SFに時代が到来するのは、もう少し後のことなのだが・・・。



「スター・トレック」に戻ろう。
時系列で言えば、若きカーク船長が描かれているから、さきほどのテレビ・シリーズの第一期「宇宙大作戦」の少し前が舞台である。
長編映画としては11作目にあたるが、どうやらそうした時系列とはちょっと別物として、J・J・エイブラハム監督はもうひとつの「スター・トレック」あるいは量子現実的にいえば並行世界(パラレルワールド)のように、提出したかったようだ。リ・イマジネーションなどとも称している。
若い世代で、旧作シリーズを一通り観ている人は少ない。まったく知らない人にも、「スター・トレック」の歴史舞台、主要なキャラクター、世界観が理解できるような作品を創ろうとしたのだ。
『クローバーフィールド/HAKAISHA』の「宇宙戦争」的な圧倒的破壊力を誇る異星人の恐怖を、手ぶれカメラによる主観映像タッチをからませて見事に演出したJ・J・エイブラハム監督は、どちらかというと『スター・ウォーズ』(77年)の申し子のような世代である。
監督たちスタッフは、「スタートレック・宇宙大作戦」TVシリーズの「水中で動いているようなスローモーな描写」を、『スター・ウォーズ』のようなスピーディーな場面展開の映像に再構築したかった、と言う。
それには、最新のVFX技術ももちろんだし、桁の違う予算もいるのだ、と。
けれど、これは危険な賭けである。
あまりにも有名なシリーズであり、「トレッキー」の非難の嵐に晒される事だって、充分にありえるからだ。
だから、僕も、ほとんど期待せずに見始めたのであったが・・・。



心配は杞憂であった。見事な出来映えだ。
U.S.S.エンタープライズ号はかっこよく、中学生の頃のように胸がときめいた。
カークやスポックの少年時代がとてもいい。
とくにスポック少年にはおじさんでも「母性愛」がくすぐられる(笑)。
マッコイ、チャーリー、チェコフ、ウラ、カトーなど、今作ではちょっとは名称は変わっていたりもするが、なんとなく旧シリーズの面影もある役者を起用している。
「スタートレック」といえば、「ワープ航法」「シールド防御」「転送開始」「艦隊規則」「惑星連邦」「宇宙歴××年」「航海日誌」・・・などといったそれらしい用語が出てくるが、それも懐かしく使われていた。
バルカン星、惑星デルタ、ロミュラン戦争などという呼び名に、一挙に記憶が甦る。
そしてなにより、129年後のスポック(未来から戻った)を登場させて、旧シリーズにリスペクトしたのかもしれないが、あのレナード・ニモイを登場させてくれる。感涙だ。



DVDの特典でメイキング映像があったが、J・J・エイブラハム監督は、映像技術にとても長けている。
なによりロケハンを徹底し、実写で撮る部分は極力セットを使わなかった、という。
驚愕である。そして、ワイドカメラでフィルム撮影。しかも、リアリティを出すために、カメラを監督自身が、独自なリズムで揺さぶっていたりする。びっくりだ。
鏡に反射させて、実像を撮ったり、わざとレンズに懐中電灯で光をあてて、光をぼかしたり。
もちろんCGもVFXも最新技術を駆使してポスト・プロダクション作業も優秀な連中たちがやったのだろうが、とにかく「現場で臨機応変にリアルな映像を押さえるために試行錯誤する」という姿勢が徹底しているのだ。
『スター・ウォーズ』で育った世代が、その一回り前の『スター・トレック』を、リ・イマジネーションする。
プレッシャーは大きかったのだろうが、なにより現場が明るい。単純に羨ましい。



なんのかんのいっても、要は僕は40年ほど前の、中学生の頃の記憶に戻ろうとしているのだ。
もちろん、日本での放映は、TV局の都合などで、順番を入れ替えられたり、欠落したり、いろいろあるだろう。
その後、ビデオなどで暇つぶしに見たりして、記憶が曖昧になっているのも確かだ。
でも、次から次へとアメリカのテレビドラマを見ながら、60年代の中学生の僕は、いい意味で無邪気だったのだろう。
教室で友人たちと馬鹿騒ぎをしながら、都合が悪くなると「ワープ」「転送」などといって、誤魔化していたものな。
たまたまみた『スター・トレック』に触発されながら、僕は数十年前のTVドラマシリーズのDVD版を、ぜーんぶレンタルしたくなってきた。
まだ時間がなくて、「LOFT」シリーズも後回しにしているくせに・・・困ったものだ(笑)。

















ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 10433「消され... | トップ | 139日目「マッキアイオーリ展... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
監督の (sakurai)
2010-01-23 23:12:33
姿勢に好感が持てる映画でしたね。
若い方も、○○な方も、どっちも楽しめて、満足で切る映画は、なかなかないですもんね。
って、若い人は満足したのかな。
あたしは当然○○な方ですが、感涙ものでした。
次は、(生きてるうちに・・)シャトナーを出してほしいとこです。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-01-23 23:19:20
こんにちは。
とても好感の持てるつくりですね。
若い人か・・・息子にでも聞いてみましょう(笑)
ワープ (かめ)
2010-01-24 08:45:13
TBありがとうございました。
テレビシリーズを見ている当時、黄色の制服、ワープ航法、転送するシーンがかっこよくて、今でも幾つかのシーンは鮮明に覚えています。
新旧のスポックは、よかったですね。ニモイが出てきたシーンでは、思わず体を乗り出しました。
かめさん (kimion20002000)
2010-01-24 09:57:39
こんにちは。

ワープ航法とか転送というのは、僕たちの遊びに影響を与えました。
ちゃんばらごっこ、忍者ごっこ、変身ごっこよりは、なんか「科学的」で(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:スタートレック 「復活」を超越した「リ・イマジネーション」。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。 (どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる ~ ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?) ...
スター・トレック (そーれりぽーと)
トレッキーと言われるほどの思い入れは有りませんが、TNG・DS9・VOYにハマって欠かさず深夜にチェックして、次の日眠い目を擦って学校に行ったり出社したりしてた俺。 久々の映画版はリ・イマジネーションでこれまでのスター・トレックの歴史をリセットし、これまでのシリ...
スター・トレック (Memoirs_of_dai)
サイラーっぽさが若干垣間見えたスポック 【Story】 突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェーム...
スター・トレック (★YUKAの気ままな有閑日記★)
過去のスター・トレックは観たことがありませ~ん  そんな私でも楽しめるかな?―【story】ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気...
スター・トレック/クリス・パイン (カノンな日々)
特にファンというわけじゃないんだけど「懐かしいなぁ」と思ったのが最初に予告編を目にしたときの感想です。子供の頃からのSF好きなんですけど、この作品は「大人の(しかもマニマの)ドラマ」という印象がありました。たまにテレビで見ていたことがあってカーク船長やMr....
「スタートレック」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  もともとのシリーズは観ておらず、カーク船長、Mr.スポック、エンタープライズ号といった固有名詞が「スタートレック」という作品に属している…程度の前知識でした。レビューで「往年のファン、初めて観る人、両方が楽しめる」という内容...
STAR TREK(2009)☆★ (銅版画制作の日々)
 新「スター・トレック」が上映開始されました。5月30日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。 スター・トレックとは? 懐かしいテレビドラマ「宇宙大作戦」はアメリカのSFテレビドラマ。「スタートレック」シリーズの最初の作品であり、NBCネットワークにおいて196...
『スター・トレック』 (めでぃあみっくす)
面白いけど、細かい説明不足が興奮を阻害している。でもエピソードゼロだからこれでもいいかな。そんな感じの映画でした。 私はこれまでの映画及びTVシリーズは全く見ていない初心者ですが、それでもある程度の世界観は知識として知ってはいました。だからこそ楽しめる部...
試写会「スター・トレック」 (流れ流れて八丈島)
今日は新宿の厚生年金会館で試写会「スター・トレック」を観てきましたさすがは話題作だけあって、厚生年金会館にしては長蛇の列で、開映15分前に到着したのにまだまだ入りきっておらず、入場したのは5分前結局、上映を5分くらい遅らせたみたいでしたね。さて本編はと...
映画感想『スター・トレック』 普通に面白いですね (レベル999のマニアな講義)
内容クリンゴン帝国領海内近くを航行していた連邦の船・USSケルヴィンは、突如出現した謎の巨大船により危機に陥ってしまう。交渉のために巨大船に向かった船長に代わり、ジョージ・カーク(クリス・ヘンズワース)が指揮を執り始める。が、交渉は決裂し船長は殺されて...
スター・トレック (勝手に映画評)
『クローバー・フィールド/HAKAISHA』のJ.J.エイブラムスが描く『スター・トレック』。しかも、TNGとか、DS9とか、VGRとかの新しい時代の話ではなく、いわば、“エピソード0”とでも言うべき、カークや、スポックの若かりし頃を描いています。“リ・イマジネーション”だ...
『星际迷航〈邦題:スター・トレック(2009年版))』(簡体字字幕) (けろにあ・みだすのつぶやき)
実は、その昔、私も相方もトレッキー(トレッカー)でした。 私の場合、毎年夏休みは、午前中に放映される(再放送だったと思いますが)『宇...
「スター・トレック」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
幼い頃、そして大人になっての再放送、テレビドラマで見たお話にこんな“前”があったんですねぇ
スター・トレック (to Heart)
原題 STAR TREK 製作年度 2009年 上映時間 126分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/ゾーイ・サルダナ/カール・アーバン/ブルース・グリーンウッド/ジョン・チョー/アントン・イェルチン テレビド...
[映画『スター・トレック』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜、仕事の後でレイトショーにて『BABY BABY BABY!』(クリック!)を観て、未明にかけてレビューをエントリー・・・、  そして、今朝早起きし、遅番の仕事だったので、その前にモーニングショーで『スター・トレック』を観てきました。  ・・・で、帰宅して、明...
スター・トレック・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
このところ、老舗シリーズの「ビギニング」が目立つハリウッド映画。 遂に、1966年以来43年もの歴史を誇る「スター・トレック」も、この流れの...
スター・トレック (迷宮映画館)
レナード・ニモイの登場が、なんかジーンときましたわ。
映画「スター・トレック」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/5/29、109シネマズ木場 今月は試写会全滅なので、頭にきた!と言うわけでもないのですが、 珍しく金曜初日の初日に見てきました。 * クリス・パイン、ザカリー・クイント、カール・アーバン、 ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペグ、ジョン・チョウ。 そのほか、エ...
君たちに明日はない第2話 (paseri部屋)
「君たちに明日はない」(第2話)を観ました。出演:坂口憲二,田中美佐子,須藤理彩,北村有起哉,吉田桂子,越村友一,伊武雅刀,田中哲司,中村育二,麻生祐未,村田雄浩,堺正章高橋(堺正章)は、音楽事務所社長大西(伊武雅刀)から、創業以来事務所を支えてきた2....
スタートレック【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:STAR TREK(2009年アメリカ)監督:J・J・エイブラムス出演:ク
映画 「スター・トレック」 (ようこそMr.G)
映画 「スター・トレック」
スター・トレック (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]過去のシリーズを知るファンには懐かしく、初めて見る観客には新鮮な驚きを提供する人気SFアドベンチャーは、予想を上回る出来の良さだ。若き日のカークとスポック、クルーたちの出会いを描く本作は、副...
スター・トレック (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ミラノ2> 監督:J・J・エイブラムス 製作:レナード・ニモイ、J・J・エイブラムス、デイモン・リンデロフ 原作:ジーン・ロッデンベリー 脚本:ロベルト・オーチー 、アレックス・カーツマン 西暦2233年、謎の巨大宇宙船の攻撃を...
スター・トレック (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
かつてTVドラマから映画になった『スター・トレック』を『クローバーフィールド』製作のJ.J.エイブラムス監督によってリニューアル。カーク船長やMr.スポックの少年時代から描く、「スター・トレック・ビギンズ」という感じの映画です。西暦2233年、USSケルヴィンは....
『スター・トレック』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
宇宙…そこは最後のフロンティア。これは宇宙戦艦エンタープライズ号が、新世代のクルーのもとに24世紀において任務を続行し、未知の世界を探索して新しい生命と文明を求め、人類未到の宇宙に勇敢に航海した物語である――
「スター・トレック」 (或る日の出来事)
まあまあ面白かったかな。
スター・トレック (だらだら無気力ブログ)
テレビドラマでおなじみの『スター・トレック』をJ・J・エイブラムス 監督が再構築し、ジェームズ・T・カークやスポック達の若き日の姿を 描いたSFアドベンチャー。連邦の宇宙船USSケルヴィン号は突如目の前に現れた謎の宇宙船から攻撃を 受ける。ジェームズ・...
スター・トレック (ルナのシネマ缶)
実は、スター・トレックは あまり良く知らなくて・・・ なんとなく、お耳のとがった ミスタースポック、 カーク船長、エンタープライズは 覚えがあるんですが・・・。 そんなんで、スター・トレックの 映画はこれまで観た事が ないんですが、今回はエピソード0っ...
映画「スター・トレック」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はアニマックスさん。客入りは8割ほどで年齢層は高く気のせいか男性客が多い。 【21%OFF!】スター・トレックスペシャル・コレクターズ・エディション(DVD)【発売日お届け!2009年11月6日発売】 映画の話 ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇....
スター・トレック (映画君の毎日)
●ストーリー●ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとす...
♯27 「スター・トレック」 (2009) (cocowacoco)
映画 「スター・トレック」 STAR TREK を観ました       J・J・エイブラムス監督 2009年 アメリカ 面白い!面白いよっ! いやあ~久々に異世界へトリップしました。 好きな世界でも、意味分かんなくて、途中でいつも眠くなったり内容は殆んど覚えてない過...
★「スター・トレック」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目・・・ このシリーズ・・・何本も映画化されてるのに、超シンプルなタイトルでリリースするとは・・・ 内容的には船長の誕生秘話なので、「ライジング」とか「ビギニング」系といったところか。
映画 「スター・トレック」 の感想です。 (MOVIE レビュー)
「スター・トレック」を観てきました。この映画はTVシリーズの他に、映画でも過去に10作品も作られていたらしいけど、私は映画もDVDもこれまで殆んど観たことが有りませんでした。でもこれだけ長年にわたり露出量が有った訳ですから、こんな無関心な私でもキャラの名...
「スター・トレック」これは、傑作! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スタートレック] ブログ村キーワード  1966年の初放送以来、5本のTVシリーズと10本の劇場映画が製作され、40年以上に亘って我々を楽しませてくれた偉大な“宇宙活劇シリーズ”が、まったく新しい世界観≪リ・イマジネーション≫で帰ってくる。しかも製作・監督はあのJ....
劇場鑑賞「スター・トレック」 (日々“是”精進!)
スター・トレック「スター・トレック」を鑑賞してきましたTVシリーズ「LOST」、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のヒット・クリエイター、J・J・エイブラムス監督が放つスペース・アドベンチャー。1966年に創作されたTVシリーズ「スター・トレック/宇宙...
『スター・トレック』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:STARTREK監督:J.J.エイブラムス出演:クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、カール・アーバン、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、サイモン・ペッグ試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>約200年後の未来....
日本のSFアニメの原点かも・・・。『スタートレック』 (水曜日のシネマ日記)
1960年代から始まったSFテレビドラマシリーズ 「スター・トレック」を再構築した作品です。
スター・トレック (Akira's VOICE)
チョーおもしれ~!!  
映画「スター・トレック」を採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『スター・トレック』を観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)です。 正直、スター・トレックについてはTVシリーズ含めて殆ど見たことがありません。 でも、本作は予告編を目にした時から「絶対劇場で観たい」と思いました。“今風の理屈抜きの娯楽大...
『スター・トレック(2009)』 ('09初鑑賞71・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。
スター・トレック (ダイターンクラッシュ!!)
2009年6月1日(月) 18:40~ 丸の内ルーブル 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:700円(買っていない) 『スター・トレック』公式サイト スタートレック・シリーズ一作目であるテレビドラマ「宇宙大作戦」の前日談。 若き日のカーク、スポック、マッコ...
スター・トレック (cochi の blog)
http://www.startrekmovie.com/intl/jp/ 久しぶり、キャプテンカーク、Mr.スポック、ドクターマッコイ、ウフーラ、そして、エンタープライズの皆さん。ネロさんもスケールアップして再登場あ
『スター・トレック』・・・これぞスペースオペラの醍醐味 (SOARのパストラーレ♪)
これはおもしろい!!静と動、緩と急の配分が絶妙で、あれよあれよという間にエンディング。2時間超えも全く苦にならず、ぐいぐい引き込まれた。この時期注目していたのが『ターミネーター4』と『トランスフォーマー・リベンジ』の2大SF大作だった私にとって、この2作の公...
★★★★「スター・トレック」クリス・パイン、ザカリー・クイン... (こぶたのベイブウ映画日記)
 カーク船長ったら、若い頃はやんちゃ君だったのね!Mr.スポックだって、恋愛モードでラブラブだし~。 レナード・ニモイさんもお元気そうで良かったし、元祖スポック登場シーンはワクワクしてしまいました。他のキャラも、雰囲気が似ている人ばかり揃っていてスッと新....
スター・トレック (心のままに映画の風景)
伝説のキャプテンを父に持つジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は、 酒場で暴れているところを惑星連邦艦隊のキャプテン・パイク(ブ...
09-176「スター・トレック」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
宇宙は最後のフロンティア  突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェームズ・T・カーク。この時キャプテン代理を務めていた彼の父は、自らが犠牲となり800人のクルーを救った。  22年後、無軌道な青春時代を送った青年カーク...
「スター・トレック」:新宿駅東口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}スタジオ・アルタって、「笑っていいとも」を収録しているスタジオでしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、だから、毎日、たくさんのスターが出入りしている。 {/hiyo_en2/}このあたりなんて、スターの通り道になっているんでしょうね。 {/kaeru_en4/}スターの通り道・...
スター・トレック (B-scale fan's log)
航海中 J・J・エイブラムス監督     クリス・パイン主演     出演 ザカリー・クイント、エリック・バナ、     ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、     ブルース・グリーンウッド、ジョン・チョー、     サイモン・ペッグ、レナード・ニモイ 他 ...
スター・トレック (B-scale fan's log)
航海中 J・J・エイブラムス監督     クリス・パイン主演     出演 ザカリー・クイント、エリック・バナ、     ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、     ブルース・グリーンウッド、ジョン・チョー、     サイモン・ペッグ、レナード・ニモイ 他 ...
スター・トレック(2009) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。J.J.エイブラムス監督、クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、サイモン・ペッグ、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、カール・アーバン、レナード・ニモイ、ジョン・チョー。オリジナルが出てもう40年以上になるものをreimaginationと...
スター・トレック (小部屋日記)
Star Trek(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン/ゾーイ・サルダナ/ザッカリー・クイント/サイモン・ペッグ/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/カール・アーバン/レナード・ニモイ なぜ挑むのか TVシリーズや映画でお...
スター・トレック (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
宇宙、そこは最後のフロンティア。これは、新世界を探索し、新しい生命と文明を求めるUSSエンタープライズとそのクルーたちの運命のストーリーである。 約200年後の未来。宇宙探索のために作られたエンタープライズ号に乗り込んだ青年ジェームズ・T・カークの成長...
スター・トレック(映画館) (ひるめし。)
なぜ挑むのか
映画『スター・トレック』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、J=J=エイブラムス。脚本、ロベルト=オーチー、アレックス=カーツマン。2
スター・トレック [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:STAR TREK公開:2009/05/29製作国:アメリカ上映時間:126分鑑賞日:2009/05/30監督:J・J・エイブラムス出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、ブルース・グリーンウッド、ジョン...
スター・トレック (Peaceナ、ワタシ!)
宇宙、そこは最後のフロンティア。 これは 新世界を探索し、新しい生命と文明を求める USSエンタープライズとそのクルーたちの 運命のストーリーである。 ジャパン・プレミアで観ましたよ~! 『スター・トレック』!! 『M:i III』『クローバーフィールド』のJJ・エイブラ...
スター・トレック/Star Trek (いい加減社長の映画日記)
久々に金曜日のミーティングが早めに終わったので、公開初日の「スター・トレック」を鑑賞。 深夜のテレビドラマで観たことはあるが、いろんなシリーズがあって、頭の中で、いろいろなキャラが混乱^^; 「UCとしまえん」は、金曜のレイトショーにしては多いのかな。 「...
『スター・トレック』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【STAR TREK】 2009年/パラマウント/126分 【オフィシャルサイト】 監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、サイモン・ペッグ、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、カール・アーバン、レナード・ニモイ
スター・トレック (ともやの映画大好きっ!)
(原題:STAR TREK) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1966年~1969年まで、全3シーズンが放映された海外テレビドラマ「宇宙大作戦」(原題:STAR TREK)。 その後10本の劇場版と4本のテレビシリーズ(「新スタートレック」(全7シーズン)、「スタート...
スター・トレック (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「スター・トレック」監督:J.J.エイブラムス(『クローバーフィールド/HAKAISHA』『M:i:III』)出演:クリス・パイン(『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『ラッキー・ガール』)ゾ....
スター・トレック  (りらの感想日記♪)
【スター・トレック】  ★★★★ 映画(21) ストーリー 突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェーム
スタートレック - STARTREK - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく、「スター・トレック」を観てきました。 本作を観てまず思ったのが『宇宙大作戦』時代の乗組員とのよくなんとなくよく似ている...
スター・トレック (犬・ときどき映画)
スター・トレック[StarTrek] 公開当初はぜんぜん興味がなかったのですが、すごく評判が良いので観に行きました。 STORY 伝説のキャプテンであるカークを父に持つ、カーク。しかし彼の父は皆を救うために犠牲になり、父は息子の顔を見ることなく宇宙に消えたのだった。 ...
スター・トレック (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はトレッキーも心待ちにしていたイヤー・ワン「スター・トレック」を見てきましたよ!  数百人のクルーの命を救った伝説的なキャプテンの子供であるカークは、問題児として地球で暮らしていたがひょんなことから惑星連邦の仕官になることにします。  ある日、緊...
スター・トレック (5125年映画の旅)
人生に目標を見出せずにいた青年ジェームズ・T・カークは、宇宙艦隊のキャプテン・パイクの勧めで、父親と同じ宇宙軍士官を目指す決意をする。エンタープライズ号に乗り込んだカークだったが、そこでバルカン人のスポックと対立してしまう。さらにバルカン星の救出作...
スター・トレック マニアでないおいらは大喜び♪ (労組書記長社労士のブログ)
【 32 -8-】 もし今までのスタートレックと同じように、シリーズの続編的な作品だったら観には行かなかったなあ。 トレッキー(スタートレックシリーズのある意味偏狂的な熱心なファンのこと)では無い俺、子供の頃にテレビで観ていた宇宙大作戦(スタートレックのこと)...
映画『Star Trek スター・トレック』 (健康への長い道)
『ROOKIES -卒業-』と迷って(どんな比較だ秊)、こちらにしました。なにせ、TVシリーズも映画も全て観てきたマニアですから。 ・・・というのは、真っ赤な嘘で怜、ちょろっとTVシリーズを観たことがあるだけ。 村上春樹さんの7年ぶりの新作長...
『スター・トレック』 2009-No21 (映画館で観ましょ♪)
2時間ちょいの上映時間があっという間でした。 本物の“スポック”にも会えて嬉しいし... でも... どこが面白かったかな? つま...
スター・トレック (2009) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 初心者でも観易くなってる
『スター・トレック』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズ号に乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとするが……。(...
「スター・トレック」ジャパンプレミア (第1学区 学級日誌)
 「スター・トレック」のジャパンプレミアに行ってきた。会場は新宿ミラノで、コマ劇場の前の広場は黒い大きなテントが張られてて、周りには人がいっぱいいるけど、中がどうなってるのかわからず。相方さんが昼休みに座席指定券を交換しにいってくれたので、ゆっくり会場...
【映画】スター・トレック…基本古臭い宇宙冒険モノですが高評価 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/} 2年連続夜勤週に誕生日を迎えてしまったピロEKです(昨日)。 昨日{/kaeru_rain/}の行動ですが…息子が就職先の研修センターに荷物を送らないとイカンということで、不足材料を調達に小倉まで。研修に必要だという運動靴やら上履きやらジャージやらを購...
『スター・トレック』 (『映画な日々』 cinema-days)
スター・トレック カークやスポックの青年期を描いた 新シリーズ第一作。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 1966年のTVドラマを...
スター・トレック (のほほん便り)
いつも、スタートレック。テレビ版はあれほど面白いのに、どうして映画になると、いまひとつパワーダウンしてしまうんだろう?と疑問だっただけに、やっと評判のいい作品ができてヨカッタヨカッタ (^-^*) あくまで、割り切った、スタートレック青春白書 だけど、ス...