サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07200「ウルトラ・ヴァイオレット」★★★☆☆☆☆☆☆☆

2007年01月28日 | 座布団シネマ:あ行
近未来、アメリカ政府が開発したウィルスが漏れ、それに感染した人間は高い身体能力を持つ超人間「ファージ」に変化していた。その力を恐れた人間政府は、彼らを抹殺し始めるが、生き残ったファージは地下組織を結成し、政府との戦い... 続き

もう、ミラ・ジョボビッチというプロポーションは、デジタルに記憶されている。

完全に勘違いしていました。「バイオ・ハザード」のシリーズ最新作だと思って、観始めたんですね。
そういえば、主人公の名前は、ヴァイオレット。「バイオ・ハザード」では、アリスですからね。冒頭に、アメリカンコミックぽい、ヴァイオレットの表紙挿絵が各国版で延々と続く。(こんなヒロインコミックは実際はいないんですけどね)。で、始まると、ゾンビは出てきませんから、自分の勘違いにため息をついてしまったものです。

この映画の着想は、1980年にジーナ・ローランド主演で大ヒットした「グロリア」をコミックブックアドベンチャーとして甦らせたいというカート・ウィマー監督の「妄想」に端を発しているようなんですが、たしかにねぇ、グロリアの気風のよさ、偶然出会った子供を守る羽目になること、マフィアの親分の情婦でもあったが、怖れずに立ち向かっていくこと、共通点はあるし、「グロリア」という作品は大が10個ぐらいつくほど好きな映画なのだが、やっぱりこれは監督の無理な「妄想」かなと思いますね。



時代設定が違うし、ヴァイオレットは、人間と対立するファジーという「ウィルスに感染し、超能力と引き換えに、短い寿命しかない」種族の最終兵器のような役割であるのだが、重力なんかも自由に扱えるし、剣も銃も自由に設定補充できるし、反応速度の速さといったらあの超絶的な反射神経をもつ「あずみ」以上であり、敵方は、まったく歯が立たないのである。強すぎ。

だから、この撮影のために徹底したトレーニングをして、また動きそのものは「新体操」の動きを取り入れ・・・という具合に、ミラ・ジョボビッチの才能にも敬意を表するのだが、まったく、ドキドキしないのだ。



ジーナ・ローランドはどうやって包囲網を脱するのかドキドキしましたよ、また、「バイオハザード」のミラには、プレイステーションというゲームの世界に似た感覚で、生命ポイントがあと少し、ああ、ゾンビやモンスターにやられる・・・といったハラハラ感もありましたよ。だけど、このヴァイオレットときたら、たしかに、美しいアクションで歌舞伎のような「決め!」をするんだけど、全編に多用されるCGのせいか、基本的な動作だけ、モーション・ピクチャーでとって、あとは全部、CGじゃないの、と思ってしまうような、肉体性のなさなのである。

撮影にも上海の近未来的な建築物をロケ地に選んだり、13歳にして不思議な存在感でこのところ話題映画に出ずっぱりな、シックス役のキャメロン・ブライト(ちょっと小太り)を起用したり、衣裳デザインなんかもステキなのだが、なんか、映画版の「ファイナルファンタジー」のフルCG映像をみているような、リアリティのなさなのだ。



ミラのプロポーションには文句のつけようがない。可愛いおへそだな、とおじさんは楽しんでいたわけだが、どっかで、あのおへそもCGで修正しているんだろうなあ、と余計なことを思ってしまったりした(笑)

ミラはこの役にも、完璧主義で臨んだことはよくわかるのだが、結局のところ、ミラのデジタル肖像権だけ手に入れて、すべてを、デジタルCG処理で合成してしまう(ミラの死後もあの完璧なスタイルは普遍)という世界まで、あと一歩なんだな、と、映画をそっちのけで、「妄想」している自分がいたのでありました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 07199「タイヨ... | トップ | mini review 07201「火火」... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あと一歩 (猫姫少佐現品限り)
2007-01-29 01:19:13
いぁ、もうすでに、、、
とにかくこれは、ミラさま万歳映画です!
世間の評価はどうでも良い!
猫姫さん (kimion20002000)
2007-01-29 01:28:36
こんにちは。
ミラは、スーパーモデルのときから、完璧ミラでしたね。
でも、あの「ジャンヌ・ダルク」ではちょっと、違ったんです。
わざと、そういうメイクをしたんだろうけど、そばかすだらけの少年のような・・・貧しい衣裳で・・・・だけど、僕はどこかで、あのミラが好きなのかもしれません。
またよろしくです (ろっく)
2007-02-03 19:11:56
 TBありがとうございます。エコーさせていただきました。
 桜吹雪(桜じゃないけど^^;)の舞う太刀回りとか、火踊りとか、アクション映画というより、全盛期のチャンバラ映画的なスタイル美追求と、リアリティの希薄さとあのCGテイストのリアリティのなさのマッチングが結構気に入ってます。
 オープニングの各国の漫画、いろんな気にの特徴出して凝ってますが、日本語のキャプションが笑えました。
ろっくさん (kimion20002000)
2007-02-03 19:28:55
こんにちは。
冒頭のアニメマガジンの表紙。
映画用にわざわざ作ったんでしょうね。
あれは、ちょっと、コレクションしたいな(笑)
TBありがとうございました~ (こでまり)
2007-02-04 12:10:38
TBありがとうございました。
ストーリーはねぇ・・・、まっいろいろとありますが、
綺麗なミラが見られれば、それでOKということで
こでまりさん (kimion20002000)
2007-02-04 13:30:29
こんにちは。
ミラは好きなんでうよ(笑)
でも、あまりに、完璧すぎて・・・・。
トラバありがとうゴザイマス。 (soratuki)
2007-02-06 21:39:02
kimion20002000さま、トラバありがとうございました♪
元スーパーモデルなミラ嬢だけあって、どんな衣装も着こなす
彼女の美しさを堪能できた作品でした。
ストーリーはさて置き・・・^^;
未来グッズやら、ミラ嬢が敵地へ乗り込むときの変身する様子とか
CGだと分かっているのに、のめり込んでみてしまいました。
あと、私が気になったのは・・・・彼女のウエスト周りの衣装の“布”が
余っちゃってるというところ~。>流石スーパーモデル出身です。
こちらからもTRBさせていただきました♪
soratukuさん (kimion20002000)
2007-02-06 22:12:26
こんにちは。
あのミラ嬢の小道具。ハイテクショーに出品しtr、大うけだろうね。
TB有難うございました (オカピー)
2007-11-06 21:05:44
こういう映画を僕は<何ちゃって実写映画>と称することにしていますが、ここまでレタッチされると、<何ちゃってミラ>と言いたくなりますね。

これを4点にしたのは、ゲーム映画どころかゲームそのものとしか言えない「アンダーワールド:エボリューション」を3点にしたからです。
格から言えば「アンダーワールド」が上でしょうが、かなり変てこではあってもこちらのほうがまだ映画的であると判断した次第。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-11-06 23:48:52
こんにちは。
そうかそうか。
僕は現代版ドラキュラ映画は嫌いなんだけど、あの「アンダーワールド」に関しては、結構、甘チャンなんです(笑)
あはは (miyu)
2007-12-02 22:21:37
なるほど。ミラをデジタル記録ですか。
確かに、それなら妊娠中に太っても安心ですね。
でも、きっとまたキレイで完璧なプロポーションで
復活してくれるんだろうなぁ~。
miyuさん (kimion20002000)
2007-12-03 00:38:14
こんにちは。
ほんとうにね。
ミラの肉体って、文句のつけようがありませんよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウルトラ・ヴァイオレット 06年250本目 (猫姫じゃ)
ウルトラ・ヴァイオレット ULTRAVIOLET 2006年   カート・ウィマー  監督ミラ・ジョヴォヴィッチ  ウィリアム・フィクトナー  キャメロン・ブライト  ニック・チンランド 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴァ、、、上の歯で下唇を軽くかんで、...
ウルトラヴァイオレット (まじめにふまじめ★)
 質問1、『キル・ビルvol1』が好きだ?  質問2、『キャシャーン』が何気に好
ウルトラ・ヴァイオレット (Akira's VOICE)
アクションゲームをプレイしているような錯覚を味わえる興奮の87分。
ウルトラヴァイオレット (ファイティングトップ)
 折角1/1発売なので、元旦早々見て見ました。最近のハリウッドのスーパーヒロインは、黒髪がおおいですね。  トレーラーが結構かっこよかったので、もっとカラッとした作品を想像していましたが、テイスト的にはリベリオンに近い感じでした。絵作りがアメコミ風を相当強...
『ウルトラヴァイオレット』 (初鑑賞51本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 7月1日(土)神戸国際松竹スクリーン3にて 19:10の回を鑑賞。
ウルトラヴァイオレット (BLACK&WHITE)
【ULTRAVIOLET】2006年/アメリカ 監督:カート・ウィマー  出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー 最強の女戦士ヴァイオレット!強ーーい!! 女一
ウルトラヴァイオレット (my life of my life)
ウルトラヴァイオレット監督:カート・ウィマー出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ , キャメロン・ブライト , ニック・チンランド , ウィリアム・フィクトナー収録時間:87分レンタル開始日:2007-01-01Story「バイオハザード」シリーズのミラ・...
ウルトラヴァイオレット (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 94分(劇場公開版87分) 監督 カート・ウィマー 原作 - 脚本 カート・ウィマー 音楽 クラウス・バデルト 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 、キャメロン・ブライト 、ニック・チンランド (allcinema ONLINE...
「ウルトラヴァイオレット」(3) (映画とワンピースのこでまり日記)
ここはあなたの理解を超えた世界・・・いや、まったく・・・’06 アメリカ 94分監督・・・カート・ウィマー出演・・・ミラ・ジョボビッチ キャメロン・ブライト ニック・チンランド      ウィリアム・フィクトナー驚異的な能力を持つ<超人間(ファージ)>...
それは理解を超えた・・・ (CINECHANの映画感想)
137「ウルトラヴァイオレット」(アメリカ)   近未来、新種のウイルスに感染した新人類(ファージ)と彼らを抹殺しようと目論む人間政府との間で戦いが繰り広げられていた。驚異的能力を兼ね備えるファージを一瞬で絶滅させる最終兵器を開発した人間政府。その兵器...
ULTRA VIOLET - ウルトラヴァイオレット - (for-rest.com)
【ULTRAVIOLET - ウルトラヴァイオレット -】 ・出演:ミラ・ジョ...
ウルトラヴァイオレット (映画鑑賞★日記・・・)
『ULTRAVIOLET』公開:2006/06/24製作国:アメリカ監督:カート・ウィマー出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド  ダクサス、ウィリアム・フィクトナー ウルトラマンの親戚ではないんですね? ←参加してします。ポチッとして...
ウルトラヴァイオレット (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ウルトラバイオレットねぇぇ。 UVねぇぇ。 アメコミは基本的に好きなんだけどねぇぇ。。。
018.『ウルトラヴァイオレット~ULTRAVIOLET~』買っちゃった(^-^)/ (徒然なるままに・・・?)
{/kaeru_fine/} “スーパーヒロイン”もの第2弾!! 昨晩の第1弾は、シャーリーズ・セロン主演『イーオン・フラックス』でした。 今晩の“スーパーヒロイン”は、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演 『ウルトラヴァイオレット』です!! ミラ・ジョヴォヴィッチといえば~『バイ...
映画評「ウルトラヴァイオレット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督カート・ウィマー ネタバレあり
ウルトラ・ヴァイオレット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『感染は広まり 世界を変えた。 それでも生き残る―― 君を守るため。』  コチラの「ウルトラヴァイオレット」は、昨日6/24公開になったミラ・ジョヴォヴィッチ主演の近未来SFアクションなんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ヒロイン・アクション系って好き...
『ウルトラヴァイオレット』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴いファージの夫を政府に殺された過去を持つヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。今やファージの地下組織の中でも最強の女戦士と化した彼女は、政府が開発した最終兵器を奪うべく政府のビルに乗り込む・・・。感...
ウルトラヴァイオレット (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ウルトラヴァイオレット 制作:2006年・アメリカ 監督:カート・ウィマー 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、キャメロン・ブライト、ニック・チンランド、ウィリアム・フィクトナー あらすじ:人間の政府によるファージの抹殺運動激化に伴い、ファー...
ウルトラヴァイオレット (単館系)
http://www.sonypictures.jp/movies/ultraviolet/予告だけでおもしろそうと思って見に来ました。アクションなどは結構おもしろいと思うのですが世界観がどう...