サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07229「明日へのチケット」★★★★★★★★☆☆

2007年05月06日 | 座布団シネマ:あ行
インスブルック駅を出発したローマ行きの急行列車を舞台に、『木靴の樹』のエルマンノ・オルミやイランのアッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの監督3人が共同監督を務めた。一人の老教授は、便宜を図ってもらった仕事相手の企業の秘... 続き

共同監督というきわめて異例の企画は、想像以上に楽しめた。

 
映画好きにはこたえられない夢の巨匠トリオである。
いずれもカンヌ最優秀パルムドールの授賞監督。
で、誰もがオムニバス作品かなと思うところだが、共同監督作品だという。
ヨーロッパを縦断する国際列車を舞台にすること。
1枚のチケットをキーワードにすること。
エピソード間になんらかのつながりを持たせること。
そうした大きな設定の中で、3人の巨匠が、一話ごとのエピソードを持ち込み、各パーツを責任演出したうえで、総合的な編集を施したのだと思われる。



1931年イタリア生まれ生まれのエルマンノ・オルミ。
78年「木靴の樹」で授賞。農民など自然で素朴な情景を描く。
1940年イラン北部生まれのアッバス・キアロスタミ。
97年「桜桃の味」で授賞。ゴダールいわく「映画は、D.W.グリフィスで始まり、アッバス・キアロスタムで終わる」。非政治的にみえる子供を対象にしながら検閲を逃れた作品を発表している。
1936年イギリス生まれのケン・ローチ。
2006年「麦の穂をゆらす風」で授賞。イギリスが世界に誇る社会派監督である。

一話。オルミ担当。
孫息子の誕生日に間に合うようにオーストラリアからローマに帰る製薬企業の顧問である老教授。
切符を手配してくれた企業秘書を想いおこして、とつぜん胸をときめかす。
食堂車で、秘書宛に手紙をしたためようとしながら、初恋のピアノをひく少女と秘書が重なり、白昼夢の世界に入っていく。



二話。キアロスタミ担当。
兵役業務の一環として将軍の未亡人のお供で列車に乗り込む青年。
未亡人(中年女性)はことごとく、自分中心主義で、車両でもいざこざを起し、青年を罵倒しながらこきつかう。
車両で偶然、同郷の少女二人と会話をすることになった青年は、ついに未亡人に切れ、お供を離れることになり、未亡人は呆然と駅に立ち尽くす。



三話。ケン・ローチ担当。
セルティックの熱烈なサポーターであるスーパーマーケットで働く3人の若者は、ローマでのチャンピオン・リーグでのアウェーの試合を楽しみに列車に乗り込む。
ビュッフェでベッカムのMUのユニフォームを着たアルバニアの少年と仲良しになるが、検札で自分たちの切符が1枚なくなっていることに気づき、少年一家を怪しむことになる。



どのエピソードも、多国籍で職業も貧富もさまざまな人たちが共存する「列車」という道具立てをうまく使っていることに、当然のように感心させられる。
「明日のチケット」というのは、どんな物語(エピソード)なんですか?と訊かれても、もしかしたら一生思い出すことの出来るような印象深いエピソードである。
別に、センセーショナルな物語が用意されているわけではない。ああ、国際列車であれば、こんな人生模様があっても、不思議じゃないな、と思わせる無理の無いエピソード連作なのである。
もしかしたら、100個でも200個でも、こうしたエピソード連作を綴ることは、可能かもしれない。それにしても、その料理(編集)の仕方が、とっても美味いのである。



そのなかでも、僕の一番のお気に入りは、オルミ担当の一話だ。
老教授と秘書役の二人がいい。
この老教授役は、カルロ・デッレ・ピアーネという人だが、とらえどころのない俳優として本国でも有名人らしい。まあ、今回の役の、可愛らしい(!)こと。
相手役はヴァレリア・ブルーニ=デデスキ。
父は作曲家、母はピアニストのイタリア・トリノの資産令嬢らしいが、数ヶ国語をあやつる知的な国際派女優であり、監督・脚本も経験している。
90年代のスーパーモデルでその後ミュージシャンとなり100万枚セールスのレコードも出したカーラ・ブルーニは、彼女の実の妹らしい。



この女優に関してはその後の「ふたりの5つの分れ路」「ぼくを葬る」という作品でも、ちゃんとつきあっているのだが、なぜか今回、とても輝かしく見えたのだ。
それはともかく、老教授は、白昼夢のように、この美人秘書に胸のときめきを打ち明け、少年のように恥ずかしがるのだが、これに対する彼女の大人の微笑、優しげな眼差しがとっても素敵なのだ。
僕は、イタリア出身の美人女優だとモニカ・ベッルッチ命!でしたが、もうこの作品で、分別も無く転向しました。そうですね、このエピソードで、彼女がスクリーンに映っている時間は5分もないでしょうが、もうそのシーンをダウンロードして、毎日眺めていたいほどです!
はい、ちょっと、興奮して、文体が変わってしまいました(笑)

「明日へのチケット」で、3話を通じて、もっとも感心させられるのは、モンタージュの巧みさである。
食堂車、車両、ビュッフェなどはもちろん、インスブルックの駅や、ローマの駅でもそうなのだが、乗客やホームに集う群衆の1カット1カットがまったく見飽きないのである。
なんか、キャパの写真を何時間でも、飽きずに見ていることができるような・・・。
この共同監督映画は、どういうように進展していくかわからないため、まるで、サスペンス映画を見るように、それぞれの一瞬のカットをついつい深読みしてしまうのだが、途中からは、もう、現在のEUの民族的、階層的集積を観察するような視点で、楽しんでしまった。
多国籍のエキストラを動員したのであろうが、見事な演出、撮影、編集である。



パルムドール監督のオムニバス企画としては、2004年の「愛の神、エロス」をすぐに思い出す。
ウォン・カーウァイ、スティーブン・ソダーバーグ、ミケランジェロ・アントニオーニというこれも三巨匠だ。
ここでは、国による「エロス」の捉え方の違いがおもしろいな、という再確認はあったが、やはり今回の「明日のチケット」における共同監督という企画の方がずっと面白い。
そうはいうもののアントニオーニなど三巨匠の共同監督など想像も出来ない。
今回、こうした企画が成立したのは、同じヨーロッパで少数民族や労働者、農民、貧困などにつねに焦点を当ててきたこの3人の巨匠ならでは、ということなのだろう。




 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (41)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 07228「イノセン... | トップ | mini review 07230「紀子の食... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (ピロスケ)
2007-05-06 08:21:07
凄いコメント、私なんかこんなに旨く書けません。
勉強不足です これからも宜しく。
TBありがとうございました♪ (motti)
2007-05-06 08:38:14
競作的な味わいになりがちの巨匠のオムニバス(共同監督)だと思ってたら、オムニバス映画発祥のヨーロッパらしい小粋な1本でした。
ぁ、共同監督...ですねw
劇場で観たかった (くろ)
2007-05-06 10:51:05
こんな良い作品なら、劇場で観ておけばよかったと後悔してしまいました...。

トラックバックありがとうございました。
コメント多謝 (kimion20002000)
2007-05-06 12:56:22
>ピロスケさん

とんでもないです。単なるミーハーです。

>mottiさん

巨匠によるこういう形での共同監督作品というのは、不勉強かもしれないけど、僕は初めてです。

>くろさん

そうですね。
だけど、僕なんかは、群集に興味があったりしますから、DVDでストーリーと無関係に楽しんで観察したいなあという気にもなります。
TBお礼 (mint)
2007-05-06 17:28:50
こんにちは。
TB、ありがとうございました。
この映画はそれぞれの監督の個性が出ていて面白かったと思います。
ちょっと肩の力を抜いた感じで、でも心理描写はうまいなぁという感じで。

ところで、昨日(5日)の記事の「イノセント・ワールド」ですが、この映画は知りませんでした。おもしろそうですね。

mintさん (kimion20002000)
2007-05-06 21:12:05
こんにちは。
普段、この3人とも、もっと重たいテーマですけどね。
本当に、今回は、構えずに、見ることが出来ました。
ヴァレリア・ブルーニ=デデスキ (かえる)
2007-05-06 22:51:22
こんばんは。
本作のヴァレリア・ブルーニ=デデスキはめちゃめちゃステキでしたよねー。
ミュンヘンにも出ていたので、去年は4度もスクリーンで観ました。
そして今年、映画祭で観た「不完全なふたり」の主演もやはり素晴らしかったです。
かえるさん (kimion20002000)
2007-05-07 00:23:19
こんにちは。
結構、たくさん出演しているんですね。
でも、この作品の彼女は、なんか素敵でしたね。
TBありがとうございました (sakurai)
2007-05-07 08:18:53
連休はしばらくネットから離れていたので、遅くなりました。
ついオムニバスと言ってしまうのですが、共同監督作品というより、それぞれの話は、監督の色がはっきり出ていたので、オムニバスと言ってもいいですよね。
垂涎のラインナップだったのですが、んまい!と思う反面、なんだか勿体無いつくりだなとも感じました。
やっぱあの監督たちには、じっくりたっぷり作ってもらいたいなあと。
「エロス」も結構好きでしたね。ウォン・カーウェイの真骨頂!を見た、ってな感じでした。後の二つはあんまり覚えてないです・・・。
sakuraiさん (kimion20002000)
2007-05-07 10:33:12
こんにちは。
「エロス」は3話ともよく覚えているんですが、僕も、仕立て屋の青年のお話がダントツによかったですね。
アントニオーニに関しては、もうみなさん郷愁しかないかもしれないな。
たしかに、西洋と東洋のエロスの感覚の違いは、、伝わってきましたけどね。
国際列車の旅~! (rubicone)
2007-05-07 21:06:22
列車の中の風景、そして続く列車の音、一緒にこの列車に乗って長い旅をしているような、そんな気分になりました。3つの話の構成というか順序も素敵で、観終わった後に感じた爽やかさが忘れられません。
rubiconeさん (kimion20002000)
2007-05-07 22:01:14
こんにちは。
当然ですが、日本には国際列車がありませんからね(笑)
もう、ずいぶん前の、バックパッカー旅行のことを、思い出してしまいました。もちろん、僕も、あんな食堂車には、予約できませんでしたけどね。
こんばんは (chai)
2007-05-08 22:44:40
TBどうもありがとうございました!
夜の駅の雰囲気、人々のいろんな表情、ただ流れていく風景…
どのカットもありふれているれど、
だからこそ自分にも手の届きそうな感じがします。
で、旅に出たくなります(笑)
旅行好きが観たら、すぐに飛んでいくでしょう…
こんばんは♪ (ミチ)
2007-05-08 23:19:05
こういう繋がっているようで、独立性のある連作は面白いですね。
それぞれ監督のカラーも出ていましたし。
どの話もそれぞれに魅力がありました。
コメント多謝 (kimion20002000)
2007-05-09 01:30:18
>chaiさん

僕も、昔のヨーロッパのユーレイルパスでの旅を思い出しました。当時は、途中で何度も、パスポートチェックや両替がありましたねぇ。

>ミチさん

なんか、3人の巨匠が、ミーティングしているところを想像すると、楽しくなりますね。
Unknown (margot2005)
2007-05-13 23:49:46
こんばんは!
これはシアターで観れて良かったです。
とにかく素晴らしい作品で、映画が終わった後、余韻に浸りたく席にしばらく居たと記憶しています。
出演者の中ではただ一人International女優のテデスキさん。
>なぜか今回、とても輝かしく見えたのだ
おっしゃる様に本作では輝いてました。
彼女を横浜で開催されていた頃のフランス映画祭で観たことあるんですが、生テデスキさんは実に輝いてましたね。
>見事な演出、撮影、編集である
同感であります!
margoto2005さん (kimion20002000)
2007-05-14 09:54:49
こんにちは。
フランス映画祭で、生テデスキさんですか。いいなあ(笑)
それなりのお年ですよね。資産家の令嬢だし・・・。
ちょっと、女優的な美しさというより、いまはあまりないブルジョアの良質の部分の香りがするというか・・・。
こんなこといって、馬鹿ですが、あの劇中の老教授のように、白昼夢しちゃいそうです(笑)
Unknown (latifa)
2007-05-19 11:06:05
kimion20002000さん、TBどうもありがとうございました。
何故か、こちらからは、TB入れられないみたいで・・・
すいませんでした!
latifaさん (kimion20002000)
2007-05-19 11:18:39
こんにちは。
ああ、また相性悪いのかな?
でもいつも思うんだけど、latifaさんは、「全部の映画記事タイトル」含め、とってもみやすく、整理されていますね。ほんとうに、感心します。
遅くなりました・・ (園長)
2007-05-22 22:33:54
トラバ頂いていたのに気が付かなくてすみません。
ありがとうございました。

あとからじんわりとくる映画というのが感想です。
観終わったときには爽快感。
そして、あとからあとから色々考えさせられたり、
ふと気が付いたりすることがありました。
オムニバスってあまり好きではないのですが、
これは、オムニバスというのとも少し違って、
同じ時間を側面を変えて切り取っているのが
とてもおもしろかったです。

こちらからもトラバ失礼しますね。
園長さん (kimion20002000)
2007-05-22 23:38:10
こんにちは。
この3っつのエピソードはどれも日常のなかの地味なエピソードなんですが、長く記憶に残りそうです。
こんばんは (ゴブリン)
2007-05-27 01:53:24
コメントありがとうございました。また、TBの調子が悪いようで申し訳ありません。
オムニバス映画というのは時間がたつとほとんど忘れてしまいます。覚えているのは「世にも怪奇な物語」のフェリーニのエピソードくらいです。
しかしこの映画は1本につながった連作という点でユニークですね。3つのエピソードがそれぞれ個性的でどれも記憶に残りそうです。僕は最後のケン・ローチの話が一番好きです。
ヴァレリア・ブルーニ=デデスキは僕も強く印象に残りました。これまで何本も観たのですが、出演時間の少ないこの映画が一番強烈です。
それにしてもkimion20002000さんがモニカ・ベッルッチ命だったとは!確かに「マレーナ」はセンセーショナルでしたね。でも映画としては「アパートメント」の方が好きです。
彼女はセクシーだけど僕には強烈過ぎて。同じモニカでもアントニオーニ御用達のモニカ・ヴィッティのけだるさの方が好きだなあ。
ゴブリンさん (kimion20002000)
2007-05-27 11:35:48
こんにちは。
いやあ、僕は、すぐ●●命になっちゃうんですよ。
デデスキさんだってね、そのほかの映画では、あまり引き込まれ菜なかったんですから、不思議なものです。
でも、本当は、あんまりみんなが知らないような女優を××命と騒いでいる方が、オタクっぽくていいかもね(笑)
TBありがとうございました ()
2007-07-14 20:27:12
できそうで、なかなかできない小さな親切を描いているところがいいです。
3つの作品が、うまくつなぎあわさって、一つの作品にを作り上げていて、すばらしいと思いました。
ありがとうございました! (ANDRE)
2007-07-14 23:30:42
TBどうもありがとうございました!

何気ない小さなエピソードを
ここまで印象的に作る各監督さんたちの
力量にただただ感服してしまう映画でしたね。
それぞれに味わい深くて楽しめました!
花さん (kimion20002000)
2007-07-14 23:42:33
こんにちは。
そういう意味で、通常のオムニバスとは、異なる楽しみ方が出来ましたね。
ANDREさん (kimion20002000)
2007-07-14 23:45:00
こんにちは。
通常は、こうした競作では、かえって芸術気取りになったりするものですが、この映画は、肩肘張らず、いい塩梅でした。
Unknown (june)
2007-07-15 11:58:05
TBありがとうございます。
最近オムニバス形式の映画多くなってますよね、ちょっとした流行なんでしょうかね?

この映画もそれぞれの監督の特徴が垣間見られて楽しかったです。
juneさん (kimion20002000)
2007-07-15 16:43:52
こんにちは。
この映画は、オムニバスとは少し異なりますけどね。
オムニバスに傑作なし!とはよく言われていることなんですけどね(笑)
1本で (メル)
2007-08-03 10:03:36
3度美味しい映画でした♪
まぁ3度と言わず、た~くさん「いいなぁ~」と思ったんですけどね^^

ほんと、おっしゃる通り無理のないエピソードばかりでしたよね~。
見ててじんわり温かくなるような、いい気分になれるような作品だったです。

もっともっとずっと見ていたい、と思ってしまいました^^

TBさせていただきました♪
メルさん (kimion20002000)
2007-08-03 20:21:10
こんにちは。
ストーリーの展開に無理がないですね。
とっても得した気分です。
3話。 (BC)
2007-09-20 20:40:39
kimionさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうです。

この作品はかなり評判良いから期待していたんだけど、
私的に良かったのはケン・ローチ担当の3話だけでした。

この3人の監督作のファンの方や出演者のファンの方、
ヨーロッパ映画に思い入れのある方は楽しめる作品なのかしら?
BCさん (kimion20002000)
2007-09-21 00:26:59
こんにちは。
僕は、1、2話も楽しめました。
というより、全編を通じての、乗客やホームの旅行者や、全体の映像背景が好きだったんです。
TB&コメント ありがとうございます (哀生龍)
2007-09-21 06:28:32
>別に、センセーショナルな物語が用意されているわけではない

ひょっとすると隣に座っている人にも、その日特別な出来事が起きているのかもしれない。
そんな、事を思わせる作品でした。

ヴァレリア・ブルーニ=デデスキは「ぼくを葬る」の、あの人だったんですね。
キャラのタイプが違ったので、気付きませんでした。
哀生龍さん (kimion20002000)
2007-09-21 08:26:19
こんにちは。
列車とか、ホームとか、毎日毎日ドラマが隠されていそうじゃないですか。特に、本作のように、大陸横断鉄道では、国や民族や階層が、重層してくるから、面白いですねェ。
TB致しました (オカピー)
2007-10-09 01:36:14
僕も第1話がお気に入りでした。
老教授の初恋をめぐる心情がきちんと映像に沈潜しているような気がしまして。
テデスキ嬢の笑顔は確かに良かったですね。

それから「愛の神・エロス」との比較もやってしまいました。出来栄えも勿論統一感のある本作の方が大分上。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-10-09 04:42:45
こんにちは。
「愛の神」ではあの仕立て屋さんの禁欲愛が絶品でした。アントニオーニに関しては、西欧人の「性(サガ)の深さ」に怖ろしくなりましたけどね。
こんにちは (白羽の矢)
2007-10-20 15:01:21
3つのエピソードを通してのつながりの薄さは少し残念でしたけど、ケン・ローチの3話目が痛快でとても楽しめました。kimion20002000さんは1話目がお気に入りなんですね。人それぞれの好みが出て興味深いです。
白羽の矢さん (kimion20002000)
2007-10-20 20:45:55
こんにちは。
ケン・ローチ以外は、久しぶりのメガホンじゃなかったかしらね。
TB有難うございます (MIEKO)
2009-09-13 09:40:39
「あおげば尊し」「あなたになら言える秘密のこと」と共にTB頂き、有難うございました。昨日から各記事何度かずつ、TBご返信しようとしたのですが、不具合でか、どうも機能していないようで、URL欄に各該当記事を入れてコメントにての形で、失礼します。

この「明日へのチケット」は、イラン作品を追っていたので、キアロスタミ監督参加、という興味で見た
のでしたが、列車旅の中で3話が自然にリンクして、様々な背景の人達の束の間の人間模様がユニークでした。
MIEKOさん (kimion20002000)
2009-09-13 13:40:29
こんにちは。

僕も、イラン映画を中心に、イラク、トルコ、アフガニスタンなどの中近東の映画作品を、追っていたことがあります。
キアロスタミ監督も、とても好きな監督のひとりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「明日へのチケット」 Tickets  (俺の明日はどっちだ)
エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチというカンヌ映画祭の最高賞・パルムドール受賞者の3人による、オーストリアのインスブルックからローマまで向かう特急列車を舞台にした、オムニバスではないけれど微妙に繋がりのあるそれぞれの物語。 「恋は...
明日へのチケット 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト パルムドール受賞者である、エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの三監督によって共同製作された、ローマ行きの列車内を舞台とし、様々な人間模様を描いたオムニバス映画。 大きく三つのエピソードに分かれる本作だが、同じ車内で...
明日へのチケット (skywave blog シネマな独り言)
3人の監督による、ローマに向かう国際列車の出来事。偶然乗り合わせた人々の3篇の物語。 エルマンノ・オルミ監督の一番目の物語が、美しい。初老の大学教授の忘れかけていた心の
明日へのチケット (しまねこ日記)
ローマへ向かう列車を舞台に、3つのエピソードを3人の監督が演出した愛と希望の物語。 エピソード1 オーストリアへ出張にきていた初老の大学教授。ローマに帰る飛行機が全便欠航になってしまったが、孫の誕生パーティーのためどうしても戻らなければならない。彼...
明日へのチケット ( まいど  )
監督:エルマンノ・オルミ/アッバス・キアロスタミ/ケン・ローチ 製作:イタリア・イギリス カンヌ映画祭パルムドール組3人の監督によるオムニバス。 それぞれの監督の個性が際立っているし面白いオムニバスになっている。 しかも、それぞれが単独の
明日へのチケット (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ヘンリク・ラーション より 中村俊輔! 明日へのチケットposted with amazlet on 07.05.05ジェネオン エンタテインメント (2007/04/25)売り上げランキング: 11460おすすめ度の平均: ★素直に感動★Amazon.co.jp で詳細
明日へのチケット/マーティン・コムストン (カノンな日々)
この映画はケン・ローチ、アッバス・キアロスタミ、エルマンノ・オルミという世界が誇る3人の巨匠によるコラボレート、オムニバス作品というのが大々的に宣伝文句になってるんですが、スミマセン、一人も名前知りません。でもちょっと気になってサクっと検索してみたら、...
『明日へのチケット』 (試写会帰りに)
三人の巨匠による、オムニバスではなく、共同制作の一本の長編映画。主人公が代わりながら一本の映画を旅しているみたい。初老の教授の淡くささやかな恋心と変化、自己中心的な未亡人の孤独、サッカー大好きなセルティックサポーターの少年達とアルバニア難民の家族との苦...
『明日へのチケット』 (ラムの大通り)
----なにこれ?アッバス・キアロスタミにエルマンノ・オルミに、 今年、カンヌでパルムドール受賞のケン・ローチ。 とてつもなくスゴい顔ぶれだね。オムニバスなの? 「う~ん。 独立したエピソードを1本に繋いだわけではないことから、 配給元ではオムニバス形式とは呼ん...
明日へのチケット (そーれりぽーと)
カンヌでパルムドールを獲得した三人の監督によるコラボレート。って言われても、受賞作品をどれも観た事が無いのでどんな監督なのか知りません。 そんな事よりも、大好きなイタリアの鉄道の旅がベースというところが気になって『明日へのチケット』を観てきました。(ち...
『明日へのチケット』 (いつか どこかで)
映画『明日へのチケット』を見てきました。
明日へのチケット (Diarydiary!)
《明日へのチケット》 2005年 イギリス/イタリア映画 - 原題 - TIC
明日へのチケット (カタログ)
監督 エルマンノ・オルミ アッバス・キアロスタミ ケン・ローチ 何とも豪華な監督陣。 ローマへと向かう列車を舞台に、人種も年齢も違う人々の姿を描いたオムニバス?形式の映画。 わたしが最も気に入ったのは最初
明日へのチケット (映画雑記)
オムニバスとして3つの話、そして、全体としての1つの話、 鑑賞後に残ったのは、じんわりと暖かい気持ちと、ちょっぴり切ない気持ち・・・・ アッバス・キアロスタミ監督以外の監督作品を観た事がないのですが、 どの話も甲乙付け難く、それぞれの監督の個性を出して...
『明日へのチケット』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
素晴らしきコラボレーション。ナイスチームワーク!ナイスプレイ!ロードムービーは最高。3人の名匠が織りなす鉄道ロードムービー。別々の3本の映画ではなく、イラン、イタリア、イギリスの監督が協調して3人で1本の作品を作るという試みがとてもステキだ。物語はロー...
「明日へのチケット」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Tickets 」イタリア/UK/イラン 2005 巷で評判のこの映画...エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ 3監督の合作。 ヨーロッパ大陸横断列車(インスブルッグ~ローマ)内の人間模様を描いた素晴らしいドラマ。イタリア(フランス、ハーフ)人女優...
【映画】明日へのチケット (セルロイドの英雄)
"Tickets" 2005年イタリア/イギリス監督)エルマンノ・オルミ アッバス・キアロスタミ ケン・ローチ出演)カルロ・デッレ・ピアーネ ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ シルヴァーナ・サンティス フィリッポ・トロジャーノ マーティン・コムストン ウィリアム・...
明日へのチケット (シャーロットの涙)
78年「木靴の樹」のエルマンノ・オルミ、97年「桜桃の味」のアッバス・キアロスタミ、そして今年「麦の穂をゆらす風」のケン・ローチ。全員がカンヌ国際映画祭の最高賞であるパルムド-ルの受賞者たち。 オムニバス形式ではなく、バトンリレーのように設定が受け継がれ列...
明日へのチケット (迷宮映画館)
オムニバスのいい面と悪い面の両方が見えた。
明日へのチケット (It's a Wonderful Life)
複数の監督が参加するオムニバス映画には、 一大傑作ってあんまり無いような印象があります。 決定的にダメなのも無くて、それなりに面白い映画が多いというか。 才能ある監督も参加する際には「オレがオレが」って色が出ない 実験的なものにしちゃう傾向があるの...
明日へのチケット☆独り言 (黒猫のうたた寝)
そろそろDVDも発売されるらしい今日この頃ですがさすが、ミニシアター系は、こーいう時期に上映されるっていうのがねーーーうちの地元なのよね~(笑)『明日へのチケット』観てきました。23日から3日間夜19:30~浜松東映で上映です。^^;ちなみにDVDは4...
明日へのチケット (working title -annex-)
明日へのチケット (2005) エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ監督  エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ。  3人のパルム・ドール受賞監督たちの、本当の意味での「共同制作作品」。  欧州を縦断する、列車の旅と...
明日へのチケット (Flavor Chai)
今年は映画を観たいと宣言したので、観てきました。 ヨーロッパを南下する列車の中で起こる3つの出来事を描いた映画。 話ごとに監督が違っているので、話が終わるごとに雰囲気もがらっと変わる。 出てくる人物もがらっと変わる。 でもどの話も、人と人が向かい合って...
映画 【明日へのチケット】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「明日へのチケット」 『木靴の樹』のエルマンノ・オルミ、『桜桃の味』のアッバス・キアロスタミ、『麦の穂をゆらす風』のケン・ローチといったカンヌ映画祭パルムドール受賞監督3人が共同監督を務める“共同長編” ローマへ向かう特急列車を舞台に、さまざ...
明日へのチケット (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは希望と幸せの乗車券!!カンヌ最高賞パルムドールを全員が受賞!世界が誇る名匠3人による奇跡のコラボレートローマへと向かう列車を舞台に、偶然乗り合わせた人々の、1枚のチケットから始まる感動の物語。 今 それぞれの 人生の旅が始まる。 一枚目のチケッ...
明日へのチケット:「思いやり・やさしさ」を感じる旅物語 (犬儒学派的牧歌)
★監督:エルマンノ・オノミ&アッバス・キアロスタミ&ケン・ローチ(2005年 イタリア・イギリス作品...
明日へのチケット (ネタバレ映画館)
カンヌ国際映画祭パルムドール経験のある3人の監督によるオムニバス。
明日へのチケット (とんとん亭)
「明日へのチケット」 2006年 伊/英 ★★★★ 欧州とイランの世界的な巨匠3人が結集。それぞれメガホンを撮り 1本の作品にしたオムニバス的な作品。 3人の監督さん、よく知らないので知っていたら、もっと楽しめた かもしれないけど、取りあえず...
「明日へのチケット」エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ (藍空放浪記)
何度も書いているが「放浪記」などというタイトルをつけるだけに旅の物語が大好きなのである。自分がそこへいるかのような共にどこかへ移動しているかのような錯覚を見させてくれる映画には酷く弱い。飛行機はちょっと旅という気がしないが、自動車、オートバイ、バスな...
明日へのチケット (銀の森のゴブリン)
2004年 イギリス・イタリア 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:エ
明日へのチケット (園長の♪のたりのたり♪な日記)
えー、たまっている感想を書いておかねば。 古い順からいきますかね、やはり。 「明日へのチケット」 いつ観たんだっけ?7日か? 以前に新聞評で見て「ぜひ観たい!」と思っていたんです。 例によってtamariさんのお友達JUNくんセレクトの 単館系作品ラインナップの...
旅は道連れ、世は情け~『明日へのチケット』 (真紅のthinkingdays)
 TICKETS  カンヌ映画祭でパルムドール受賞経験のある三人の巨匠による、オムニバスでな く「共同演出」という形の長編。オーストリア・インスブルックからミラノを経てローマ に終着する、ヨーロッパを横断する
映画「明日へのチケット」 (<花>の本と映画の感想)
明日へのチケット 監督 ? エルマンノ・オルミ アッバス・キアロスタミ,  ケン・ローチ 出演  カルロ・デッレ・ピアーネ, ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ  シルヴァーナ・デ・サンティス   マーティン・コムストン 2005年 三人の監督によるロー...
映画「明日へのチケット」 (Andre's Review)
tickets 2005年 イギリス・イタリア・イラン 劇場公開時から本当に本当に見たかった作品。全員がカンヌでパルムドールの受賞経験がある、エルマンヌノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの3名の監督が共作した、オムニバス的と長編ということでかなり楽し...
明日へのチケット (MneMe fragments)
明日へのチケット エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチが共同で製作したドラマってだけで観たくなるでしょ。 見所はやっぱりケン・ローチのパートでしょうか。スコティッシュのセルティックファンの男の子達の走り出す姿を見るだけでふふふ...
明日へのチケット (とにかく、映画好きなもので。)
 ローマへと向かう列車。チケットをモチーフにした3つのアンサンブルが絶妙に決まる。それぞれのパートを監督したのは、エルマンノ・オノミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ。それぞれの持ち味を堪能するという楽しみも隠されているのだからたま...
「明日へのチケット」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
明日へのチケットジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る オーストリア西部のインスブルック駅。飛行機が飛ばず、出張先からローマへ列車で帰る ことになった初老の大学教授。チケットを手配してくれた相手先企業の女性秘書に、知らず 知らず淡い感情を抱...
明日へのチケット (2004) (tetujin's blog)
オーストリアのザルツブルブからミラノ、ローマへと走る国際特急列車インターシティ号にのった人々の3枚のチケットにまつわる3つの物語。いつか同じ旅をしてみようと、ネットでヨーロッパ鉄道の時刻表を調べてみたが、直通便をなかなか見つけることができなかった。ヴ...
明日へのチケット (I am invincible !)
Tickets 1枚目。 オーストリアのインスブルック駅を1時間程度送れて発射した、ミラノ・ボローニャ方面行きの列車。 老教授(カルロ・デッレ・ピアーネ)が乗るはずだった飛行機が飛ばなくなったため、仕事先の会社秘書(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)が列車の切符...
『明日へのチケット』・・・ (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:イタリア+イギリス映画、エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ共同監督、DVDで観ました。私的にはイマイチ。(^-^ゞ
明日へのチケット (to Heart)
原題 TICKETS 製作年度 2005年 上映時間 110分 監督 エルマンノ・オルミ 、アッバス・キアロスタミ 、ケン・ローチ 出演もしくは声の出演 カルロ・デッレ・ピアーネ 、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 、シルヴァーナ・ドゥ・サンティス 、フィリッポ・トロジャーノ ...
映画評「明日へのチケット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年イタリア=イギリス映画 監督エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ ネタバレあり
明日へのチケット (シネマ通知表)
2005年製作のイタリア・イギリス・イラン映画。 エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ。3人のパルムドール受賞監督が共同で製作したドラマ。ローマへと向かう特急列車に乗り込んださまざまな人種と階級の人々が織り成す愛と希望の物語を紡ぐ。 &...
【DVD】明日へのチケット (新!やさぐれ日記)
■動機 DVD「麦の穂を揺らす風」内の予告編にて ■感想 連作短編だとは思わなかった ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 1.初老の大学教授は飛行機が欠航のため、女性秘書に便宜を図ってもらい列車で帰る 2.兵役義務の一環で将軍の未亡人を相手に...
明日へのチケット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは希望と幸せの乗車券』  コチラの「明日へのチケット」は、エルマンノ・オルミ監督、アッバス・キアロスタミ監督、ケン・ローチ監督という全員がカンヌ映画祭最高賞のパルムドール受賞経験者という、世界が誇る名匠3人によって奇跡のコラボレートが実現した...