サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10485「食堂かたつむり」★★★★★★☆☆☆☆

2010年09月13日 | 座布団シネマ:さ行

小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだという柴咲コウ。その母親役を『ディア・ドクター』の余貴美子が演じている。アニメーションやCGを交えた、ファンタジックな世界に引き込まれる。[もっと詳しく]

珠玉の作品の映画化の、期待度半分、不安度半分ということ。
小川糸の「食堂かたつむり」が08年にポプラ社から上梓された時、ほのぼのとした挿画や好感の持てる装丁のせいで思わず買ってしまった。
一読しての印象は、この人は小説家志望と言うよりは、違う分野から出てきた人だろうな、ということだった。
十年ほど前に「リトルモア」で小説を発表していることや、その後「春嵐」という名義で作詞家として活躍していたことや、前年に「ちょうちょ」というタイトルの絵本を上梓していたことを、後から知った。
「食堂かたつむり」は書評などでも好意的に扱われて、80万部を超すベストセラーとなった。
僕はすぐに、この作品の映画化のオファーはあるだろうが、なかなか難しいだろうな、と思ったことを覚えている。



それほど文芸作品の新作のいい読者ではない僕のようなものにとっても、1年に何冊かは大切に本棚にたてかけておきたい文芸書は存在する。
小川糸の「食堂かたつむり」はまさにそういう本だった。
何人かの友人たちにも、一読を薦めたりしたものだ。
そうした原作の映画化に対しては、期待半分、不安半分ということになる。
もちろん、原作の映画化の権利を取得して、映画化プロジェクトがスタートしてしまえば、監督をはじめとするスタッフたちに、原作の料理の仕方はバトンタッチされることになる。
それは、原作を大きく改変しようが、新しい内容を加味しようが、そのこと事態は問題ではない。



期待半分というのは、原作から受け取ったイメージが、映画のスタッフたちの手によってどのように映像化され、それがまた新たな感動や解釈や驚きをもたせてくれるかどうか、ということに対する期待である。
不安半分というのは、「原作」のもつイメージの拡がりがせっかく映像化されるのに、逆に狭まったり、単純な置き換えになっていたり、陳腐な解釈になってしまったりすることへの失望感である。
予算の問題や、製作体制の問題や、役者の問題やということがさまざまあるとしても、少なくとも自分がほれ込んだ原作に限ってみれば、まあ7割から8割は、失望ないしこんなものかなという寂量感に襲われたというところが正直なところだ。



「食堂かたつむり」の映画化は難しいだろうなと思った理由は、ふたつある。
ひとつは主人公倫子が実家の物置小屋を改造して作った「食堂かたつむり」の厨房や食卓が、倫子ひとりで一日一組の客をもてなすという、とても静的でこじんまりとした空間であることだ。
洋の東西は問わず、料理ないし厨房映画の名作は多いし、僕も愉しみにしている。
しかし、そのほとんどは、賑やかな厨房や食堂で生起するさまざまな人生模様が、そのもてなされる料理の五感を刺激するレシピと重複して、独特のリズム感を与えるからだ。
「食堂」の喧騒もまた、馥郁たる食欲を喚起するかというような。
けれど、「食堂かたつむり」では、倫子がお客の人となりや期待するものをイメージしながら、祈るような気持ちで食材を選び、丁寧に調理し、ひっそりと料理のある空間を差し出すというところに魅力がある。
小説で読めば(映画では大幅にもてなす相手の客とのエピソードは割愛されることになるが)それぞれの相手への一期一会のようなもてなしの仕方が、とても丁寧に描写されていて、読み手の中に映像がくっきりとうかびあがることになる。
それが映像的説明では過剰になったり、過少になったりするのではないか、という心配である。



もうひとつは、倫子が失恋の痛手から一時的な心因性失声症になっているという設定である。
周囲とのコミュニケーションはもちろん不自由を極めることになる。
けれども、それが小説であれば、倫子が最小限必要な応答は、さっと差し出すメモが、その内容が文字として書かれているから問題はない。
もちろん、内面の声は、文章の中で説明されるから、かえって饒舌な会話文より、伝えたい気持ちや言葉が文字として表出されているといってもいい。
しかし映画では、いくら表情や立ち居振る舞いで倫子の感情はある程度伝わるとしても、限界があるということだ。



冨永まいという女性監督の手による『食堂かたつむり』でいえば、それらふたつの危惧は、半分は杞憂に過ぎなかったというか、そのことを逆手に取るようにうまく脚本や演出がなされているな、と感じられた。
しかしもう半分で言えば、やっぱりこうするしかないよな、といった想定の範囲内という物足りなさは残った。
冨永まいで印象深かったのは『ウール100%』(05年)という作品だ。
少女のまま歳をとった奇妙な老女を岸田今日子と吉行和子に演じさせ、ごみとか物で一杯の木造家屋で奇妙なメルヘン風というかシュールというか、人形劇やアニメやCGも挿入しながら、不思議なテイストの作品に仕上げていた。
そういう意味ではよくは知らないが、正統的な映画の世界で脚本や演出やという作劇を、地道に学んできた流れの才能ではないところから来た人だな、という印象を持ったのだ。



今回の「食堂かたつむり」では原作と較べて、食堂のもてなしの部分をかなり圧縮し、倫子(柴崎コウ)とおかんであるルリコ(余貴美子)の母子物語の比重を意識的に高めたことと、御得意のメルヘンチックなアニメーションやCGを援用しながら、ペット豚であるエルメスに空を飛ばせたりしながら、原作にはないお伽噺のような童話のようなシーンをあえて挿入したことだ。
ある意味で、冨永まいらしいまとめかたであることは確かだ。
そして、原作よりもっと意味づけたのは、登場人物たちの性格を色で表象したことだ。
倫子は白から黄色へ、ルリコは赤、応援団になる素朴な熊さんは土色、江波杏子扮する未亡人は黒から紫へといったように。
この試みは、映像的であり、ある程度成功している。



主人公の倫子を演じる柴崎コウは、映画で言えば『GO』(01年)と『メゾン・ド・ヒミコ』(05年)以外は、『少林少女』をはじめロクな映画に出演していないな、という思いがある。
余計なお世話かもしれないが、事務所が馬鹿なのだと僕は思い決めている(笑)。
そういう意味では、久しぶりに静かな柴崎コウを見ることが出来て、本人が料理好きなこともあるのかもしれないが、とても好感のもてる作品だった。
「生きることは食べること」という主題もいいし、「願いがかなうふしぎなごはん」というコンセプトも、今風だが悪くはない。
倫子が熊さんにプレゼントされた三輪車で、里山を材料集めに走り回るロケハンも成功していると思う。
けれど、やっぱりなと思うのは、失声症の倫子が最初は言葉をモノローグのような呟きで表現させ、豚のエルメスだって擬人語で受け答えしており、このままこの調子で押し通すのかと思ったら、すぐに「内面の声」がいっさい出されなくなったことだ。
最初の状況の手っ取り早い説明のためという解釈はできるのだが、そのことは最後までひっかかってしまった。

kimion20002000の関連レヴュー

メゾン・ド・ヒミコ








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガチョーン/谷啓(俳優)/78歳 | トップ | 全学連初代委員長/武井昭夫(文... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ♪ (maru♪)
2010-09-21 01:12:56
TB&コメントありがとうございました!

こちらからのTB&リンク状況が相変わらずなので、コメントのみで失礼させていただきます。

原作は後から読みましたが、映画鑑賞時は予備知識なしで見ました。
「生きることは食べること」というテーマについても知らずに見たのですが、
お妾さんがスゴイ勢いで食事するシーンを見て、自然に感じていました。
その辺りを考えると、映画版も成功といえるのかなと思ったりします。
maru♪さん (kimion20002000)
2010-09-21 02:48:38
こんにちは。
なかなか成功だったと思いますよ。
「かたつむり食堂」の美術とか、登場人物の衣裳とか、料理の品々とか、ちょっとした細部に手抜きがなかったのがいいですね。
この監督、絵を描くのがうまくて、スタッフにその絵でイメージを伝えているのかしら、と思いましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
食堂かたつむり〜市場原理主義への女性の抵抗 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小川糸原作、富永まい監督、柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、佐藤二朗、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和。地産地消、田舎暮らし、スローライフ、反グローバリズム、そんな言葉が思い浮かび、女性的なささやかなレジスタンスを感じさせ...
『食堂かたつむり』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日...
食堂かたつむり/柴咲コウ、余貴美子 (カノンな日々)
原作本を本屋で見かけたときはこのキャッチーなタイトルに惹かれて文庫化されたら買って読んでみようかなと思っていました。そしたらこうして映画化されちゃいましたので、それならばと公開されるのを楽しみにしてました。主演の柴咲コウさんはお料理が得意ということで劇...
食堂かたつむり (いい加減社長の映画日記)
9時半だと思っていたら、9時上映開始で、おかげで朝めしを食えなかった^^; 作品としては、どうなのか、よくわからなかったんだけど、柴咲コウさんが大好きなので、「食堂かたつむり」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、少なめか。 「食堂かたつむり」は...
食堂かたつむり (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「食堂かたつむり」を観た。監督と柴咲コウと余貴美子の舞台挨拶つきで、豪華でした。 母親(余貴美子)と折が合わずに祖母と暮らし、料理好きの祖母の影響で、食堂を開く夢をもつ倫子(柴咲コウ)。 インド人の恋人と同棲して夢に向かって働いていたの...
映画「食堂かたつむり」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
当日はyahoo!映画ユーザーレビュアー試写会と言う事で、上映終了後に富永まい監督を招いて観客とのティーチインが行われた。客席は満席、座れないお客さんは補助椅子で鑑賞し...
「食堂かたつむり」母親の真実を知った先にみた愛情の注がれた幸せの料理 (オールマイティにコメンテート)
「食堂かたつむり」は小川糸原作の「食堂かたつむり」を映画化した作品で母子家庭に育った少女がその環境から独立してお店を持とうと働くが、お金も家財道具も恋も声も失い故郷に戻って食堂をオープンして色々な人たちを幸せにする料理を作り続けて母親と自らの出生の秘密...
食堂かたつむり (LOVE Cinemas 調布)
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。そ...
『食堂かたつむり』小川糸に教えられる食うこと作ること (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「食堂かたつむり」小川糸 ポプラ社 15でおかんの元を出て自活してきた倫子25歳。トルコ料理店でバイトしながら付き合っていたインド人にふられ金も持ち逃げされる。もうこうなったら実家に帰るしかない。実家ではじめた料理屋、食堂かたつむりをめぐるエピソード...
食堂かたつむり (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]食に関する映画が流行しているが、これはちょっと風変わりなグルメもの。子供の頃から料理が大好きだった倫子は、レストランを開くのが夢。だが、恋人から資金を持ち逃げされ、ショックと失恋の痛手から声が出なくなって...
「食堂かたつむり」テアトルダイヤにて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
久しぶりの休日なんで、2月末まで有効のテアトルグループ映画鑑賞券を使って、池袋のテアトルダイヤで「食堂かたつむり」を観てきました「嫌われ松子…」とか「パコと魔法の…」と...
食堂かたつむり (だらだら無気力ブログ)
小川糸原作の同名小説を『少林少女』の柴咲コウ主演で映画化したドラマ。 失恋で声が出なくなったヒロインが生まれ故郷に戻り、食堂を開き、そこで 出会う人々との触れ合いを通じていく様を描く。 共演に『ディア・ドクター』の余貴美子など。倫子は夢である自分の店を...
食堂かたつむり (to Heart)
           。。。。
食堂かたつむり (映画的・絵画的・音楽的)
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。  この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低...
食堂かたつむり (Art-Millー2)
柴咲コウさん、ふっくらした表情で、女性らしい繊細な表情を見せていました。 言葉の出ない女性のもどかしい感情を、ゆったりとした演技で表現。 メン玉の大きい魔法のような表情も、所々見ることができましたので、 柴咲コウファンとして、一安心。 《食堂かたつむ...
【食堂かたつむり】 (日々のつぶやき)
監督:富永まい 出演:柴咲コウ、余貴美子、志田未来、田中哲司、三浦友和、満島ひかり、江波杏子、ブラザートム   あるところに、願いが叶うごはんが ありました。 「恋人もお金も失ったショックから声が出なくなってしまった倫子は田舎の実家に戻ってきた
「食堂かたつむり」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                「食堂かたつむり」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・富永まい 原作・小川糸 脚本・高井浩子 失ったもの:恋、家財道具一式、声。 残ったもの:ぬか床・・・。 というキャッチ・コピーのこの作...
食堂かたつむり 【~⌒(・・)⌒~】を飼いたくなった(←食うためではない) (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=7 -4-】 これは試写会にて火曜に観た映画、原作(小川糸著)が妙な話題になっていたようだが自分は未読。  失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客...
『食堂かたつむり』 (kuemama's_webryblog)
2009年/東宝/119分 【オフィシャルサイト】 監督:富永まい 出演:柴咲コウ、余 貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和
料理とは祈りそのもの〜『食堂かたつむり』 (真紅のthinkingdays)
 原作の感想はこちら⇒『食堂かたつむり』  恋人に裏切られ、全財産と声を失った倫子(柴咲コウ)は、10年ぶりに故郷の 村へ帰る。母の...
食堂かたつむり (とりあえず、コメントです)
小川糸著の同名小説を映画化した作品です。 原作は文庫本の発売と同時に手に入れたのですけど、映画を観てから読もうと待ってました。 登場する料理が本当に美味しそうで、観終わった時にすぐにお腹がすく作品でした(^^ゞ
映画・食堂かたつむり  (お花と読書と散歩、映画も好き)
原作を読んだのは一昨年の夏です その時にPCに残しておいた感想を一つ前の記事にしました ほとんど映画とイコールです でも原作では倫子の気持ちが文字として書かれていますのでより理解出来ますね さて 映画です 観終わって...
食堂かたつむり (そーれりぽーと)
「すげぇよリンゴちゃんの料理は、食うとさ、変わるんだよ」 『かもめ食堂』を連想する台詞と、中島哲也監督を思わせるビジュアルの劇場予告編。 美味しそうな料理を期待して『食堂かたつむり』を観てきました。 ★★★★ アーティスティックな映像や音楽を使った奇抜な...
「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 (はらやんの映画徒然草)
人間には五感があります。 これはすなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚です。 こ
食堂かたつむり (悠雅的生活)
しあわせを呼ぶお料理を召し上がれ。
「食堂かたつむり」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 海外はどうか存じないが、とかく日本の娯楽産業は、一つ何かが流行ると、猫も杓子もそれに右倣えしてしまう、悪しき習慣があるように思う。 10数年前も、散々伏線を張りまくっ...
映画 食堂かたつむり (単館系)
ストーリー: 倫子(柴咲コウ)がアルバイト先の料理店から戻ると同棲(どうせい)中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、 部屋は空っぽだ...
『食堂かたつむり』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:富永まい原作:小川糸脚本:高井浩子出演:柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、江波杏子、三浦友和試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこ...
食堂かたつむり (ルナのシネマ缶)
最近、料理がメインの 映画って多いような気が しますね〜。 予告編で、アニメ等の映像が 可愛いかったので 気になっていた作品です。 わめかない(しゃべらない) 柴咲コウは、悪くなかったです。 料理が大好きな倫子(柴咲コウ)は、レストランを開くのが夢。...
食堂かたつむり☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ウール100%』の監督の『食堂かたつむり』観てきました。予告から、実は内容よりも料理に魅了されてました(爆)あぁ、なんて美味しそうな♪ってことでお腹がすく映画かなって勝手に思ってましたけど。予測は覆されるから面白い、作風はなんとなく絵本ちっく。倫子のママ...
食堂かたつむり (TRUTH?ブログエリア)
原作:小川糸監督:富永まい映画 日 10☆☆☆★ 全く期待してませんでしたが、思
食堂かたつむり (シネマDVD・映画情報館)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...
『食堂かたつむり』を観る (雑記帳+)
お休み取っての旅帰り。池袋に寄り道して観て来ました。 ファンタスティックでカラフ
南極かたつむり (Akira's VOICE)
「食堂かたつむり」 「南極料理人」 
10-71「食堂かたつむり」(日本) (CINECHANの映画感想)
ジュテーム・スープください  失恋のショックで声を失った倫子は、疎遠だった母ルリコが暮らす田舎へと戻る。昔から自分勝手で今も小さなブタをペットとしてかわいがるような自由奔放なルリコのことが、倫子は子どもの頃から好きになれなかった。  そんな彼女は自慢の...
食堂かたつむり (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
食堂かたつむり’10:日本◆監督: 富永まい「ウール100%」◆出演: 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、 江波杏子、三浦友和 ◆STORY◆おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをし...
食堂かたつむり  (墨映画(BOKUEIGA))
「愛しい子。 あなたには料理がある。」 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症...