サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 05104「ネバー・ランド」★★★★★☆☆☆☆☆

2005年10月27日 | 座布団シネマ:な行

ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。主演のジェームズ・バリにふんしたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でアカデミー賞にもノミネートされたジョニー・デップ。脇を固めるのは、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンと演技派の1流スター。監督はハル・ベリーをオスカー女優にした『チョコレイート』の監督、マーク・フォスターが務める。誰もが知っている「ピーター・パン」のメイキングとして観ても興味深い。[もっと詳しく]

強く信じれば、必ず行ける(見える)。

 「ピーターパン」は誰もが知ってはいるが、作者のジェームズ・バリは日本ではほとんど知られていなかった。
遅ればせながらこの映画で、バリが幼いころ母親に溺愛されていた兄を亡くし、バリ自身が兄の服装を身代わりに着て、母親の注目を惹いたというエピソードを知った。

そして、「
チョコレート」で名を上げたマーク・フォースター監督自身が、同じように幼いころの兄弟の死が大きな意味をもっていたと解説で述べている。
バリが劇の構想で悩んでいるとき出会ったディヴィズ家の未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレッット)と4人の男の子たちは、父親の癌による不在で、困窮と寂しさを与えられている。
そしてピーターパンという物語のキャラクター自体が、「死」にふれて、オトナになることをやめてしまった少年である。

この映画の主題は、<死と再生>が幾層にも重なり合っていると思う。
「強く信じれば必ず行ける(見える)」。
この想像力への信頼と妖精的なるものへのファンタジー。
ここにバリの骨格がある。すべては<死>の超克である。
だから、時代を経ても、国境を越えても、物語は普遍していく。
サン・テグジュペリなどとも同じ物語の資質である。

場面的には、愛犬ポーソス君が、物語の節目にもからんで全体のトーンを明るくしている。
「ちょっとした想像力」で、ポーソスが熊に変わるよ、といって、公園で子供たちの前で、愛犬とダンスするバリ。
そして、目をつむると、舞踏会場で、大勢のピエロに囲まれて、踊るバリと大きな熊の場面に。
ピーターパン劇も、1900年初頭のロンドンの上流階級も、シルヴィアや4人の子供たちも、衣装がすばらしい。
確認したら、アレクサンドラ・バーンという人で、「
オペラ座の怪人」の衣装も担当したらしい。さすがだ。



  ジョニー・デップに関しては、抑えた演技で、大げさじゃない身振りで感情をうまく表している。さすがというほかない。
みていて、賞狙いとも、思いましたが、それはそれで、いいことです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サーカスの日 | トップ | 松蔭忌 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (TBできない猫姫)
2005-10-27 03:09:39
あたしはこの映画、いまいちシックリ来ませんでした。

心がすでに、汚い大人なのでしょうか、、、
心が・・・ (kimion20002000)
2005-10-27 03:38:16
>猫姫さん



そんなこといわれたら、こちらは、濁り度90%のオジンです。



なんとなく、猫姫さんがイマイチなのはわかるな。



つくりが、予定調和だし、デップは優等生すぎるし・・・・。



ところで、TBできないようだから、猫姫さんの過去ブログで関連していそうなものあったら、コメント欄に、面倒だけど、その記事のURLをコピペしてくれると嬉しいです。



すぐ覗き魔します(笑)
ファンタジー (kobitopenguin)
2005-10-28 00:23:02
「赤いアモーレ」にコメントした帰りに立ち寄ってみました(笑)私もTB返ししようと思ったんですが、できませんでした…。私はこの作品結構好きな方でした。また、見に来ますね~♪
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2005-10-28 20:38:12
TBできろようになりました!

でも、調子に乗っていると、、、

またスパム認定されてしまいそう、、、
TB問題 (kimion20002000)
2005-10-28 22:40:28
>kobitopenginさん



帰りであろうが、行きであろうが、自由に立ち寄ってくだされ。



>猫姫さん



いやぁ、よかったね。

結局、困っているひと、多いみたいだから、猫姫さんの修復プロセスを広報してくださいな。



猫姫さんだったら、オールOKだから、50音順とかしてないから探しにくいだろうけど、過去の記事、どんどんTBしてくださいね。



僕も、深夜は強いから(笑)
Unknown (ai~ずROOM)
2005-10-29 17:36:09
TBありがとうございました。こちらの記事も読ませていただきました。とても奥深いコメントでサン・テグジュペリが引用されるあたり素晴らしいなって思いました。なにしろ「星の王子様」の大ファンなので。また覗きにきてください。
星の王子様 (kimion20002000)
2005-10-30 03:18:07
>ai-ずROOMさん



「星の王子様」も、今年は、いろんな翻訳が相次いでだされましたね。「ピーターパン」もそうですが、末永く、読み解かれていくんでしょうね。
トラックバックありがとうございます (saba)
2005-10-31 00:25:05
はじめまして!

トラックバックありがとうございました。

(と、いうわけなので私の方からもトラックバックしてみました。)



私の映画評は本当にいい加減なもので、お恥ずかしいです。こちらの方がずっと詳しくて、解釈もすばらしいと思いました。参考になりました。



言い忘れました (saba)
2005-10-31 00:30:36
(すいません、途中で投稿してしまった・・・)



ジョニーデップのけっして派手じゃない演技に、私もすごさを感じました。



この映画のすばらしさは「自然な演技とセリフ」にあるのじゃないかな、と思います。



だからこそ、ラストの感動があるのではないかと・・・。



とかく、昨今の日本のドラマときたら、昼ドラにしろなんにしろ、狂ってますよね・・・。

こういう良い物がない気がします。
演技 (kimion20002000)
2005-10-31 12:35:59
>sabaさん



コメントありがとう。

ジョニーデップは、幅広い演技ができる役者さんですね。



今回は、おさえて、おさえて、でも、ファンタンジーのシーンでは、いつものデップに戻って・・・という感じでしたね。
コメントありがとうございます (まつさん)
2005-11-23 13:40:58
お返事大変遅くなってすみません。

ピーターパンシンドロームの原点を見出しながらも、それを否定することなく魅力的な物語として構築させていたのを当然の如く見せるあたりに日本映画にはない奥深さが見えました。

意外とこの手の作品をエンタテイメント作品に仕上げるのって難しいんですよね。
まつさん (kimion20002000)
2005-11-24 21:07:20
おっしゃるとおり、こんな地味なテーマで、よく持たせられたものだと思います。うまいですね。
TB有難うございました。 (オカピー)
2008-04-30 15:45:27
ジョニー・デップが苦手な僕がかなり引き込まれたのだから、やはり良い作品なのでしょう(笑)。

「チョコレート」「ステイ」と様々なタイプを作るマーク・フォースターは注目株と言って宜しいのでは?
オカピーさん (kimion20002000)
2008-04-30 17:37:06
こんにちは。
ちょっと捉えようのない魅力がありますね。
わりと、真面目に、幻想世界というものを映画化しようとしている人じゃないかな、と思います。
抑え目な (miyu)
2008-05-15 06:39:16
ジョニーもなかなか良かったですね。
そして、やっぱりフレディ君でしょうかね~。
miyuさん (kimion20002000)
2008-05-15 10:45:47
こんにちは。
フレディ君がお気に入りのようですね(笑)
ジョニーは、今年はオスカーがとれそうな気配ですね。
やはり (メル)
2008-10-27 07:52:59
彼のように”信じる”ことができる人だったからこそ
ピーターパンのような物語が書けたんでしょうね~。

そうそう、衣装が素敵でしたよね~♪
そうでしたか、「オペラ座・」の衣装の人だったんですね。納得♪

景色も建物の雰囲気も良かったけど、特にあの公園がいいわ~~と思いました。
あそこで日がな一日のんび~り過ごしてみたいです^^
メルさん (kimion20002000)
2008-10-27 23:09:04
こんにちは。
僕は、よく公園に行きますが、ワンちゃんの変わりに、フェレットを連れて行ってます(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ネバーランド 今年の171本目 (猫姫じゃ)
ネバーランド   ピーター・パン は、ディズニー の専売特許じゃなかった。   サー・ジェイムズ・マシュー・バリー が1904年に、戯曲「ピーター・パン 」を書き上げるメイキング・ストーリーで、実話なんですって。 ま、ネバーランドっちゃぁ、マイコー・.
映画「ネバーランド」 (SabaSaba)
評価:★★★★ 基本的に映画館で見た映画を評価対象にしようと思っていたのですが・・・。 DVDレンタルして観たのですが、あまりにも良かったので、紹介させてください。 そもそもまず、レンタルして観ようと思った動機は、 映画「チャーリーとチョコレート工場」(この
129*FINDING NEVERLAND~ネバーランド~ (Lovely 電影生活)
 1903年、ロンドン。 劇作家ジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)が書き下ろした新作の初日。 客の反応も、批評も芳しくなかった。 一人、いつものように犬と公園を訪れたバリ。 そこで、想像力溢れる4人の兄弟と 未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)に出会う・・
ネバーランド (まつさんの映画伝道師)
第41回 ★★★(劇場)  この映画は「マイケル・ジャクソンの真実」だ。  もちろん主人公はマイケルではない。「ピーターパン」の原作者ジェームス・バリ(ジョニー・デップ)である。監督も脚本家もそれを意図していないと思う。しかしこの映画によって、現在.
「ネバーランド」 (ラベンダーの部屋 自己満足日記)
とてもいい映画でした。 劇場で観たかった! ジョニー・デップがよかったのはもちろんのこと、 子供たちもかわいかったし、何気にダスティン・ホフマンが 出ているし、キャストがみんな役に合っていたと思う。 泣ける演出になっている映画はあまり好きではないのだけれ
映画評「ネバーランド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2004年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・フォースター ネタバレあり
ネバーランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば、必ず行ける。』  コチラの「ネバーランド」は、あの緑色の衣裳でお馴染み永遠の少年こと「ピーター・パン」、その誕生に隠された事実に基づく感動的な物語を映画化したヒューマン・ドラマです。  主演は、ジョ...
「ネバーランド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1903年のロンドン。新作の不評で気落ちしていたジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、散歩に 向かった公園で若い未亡人のシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)とその4人の幼い息子たちと出会う。 少年たちと打ち解けていくジェームズは、中でも冷めた物言いで少年ら...
『ネバーランド』 (・*・ etoile ・*・)
'05.01.16 地元のシネコンで『ネバーランド』鑑賞。 ジョニー・デップ大好き。もちろん顔も好きだけど演技上手いし。 上手いけどあざとさがないと思う。 『パイレーツ・オブ・カリビアン』なんかはあえてあざとく演じてる感じがするけど。 まぁ、ジェリー・ブラッカイ...