サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆

2010年11月24日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス』の中井貴一、その妻を「天地人」の高島礼子、娘を『ドロップ』の本仮屋ユイカが演じている。一畑電車の走る島根の風土を描きながら、家族や仕事といった人生の普遍的なテーマを扱った深遠なストーリーが感動を呼ぶ。[もっと詳しく]

珍しい「鉄道映画」であり、それ以上でも以下でもない。

鉄男、鉄子、鉄爺、鉄ガキ・・・「鉄道ファン」はあきれるほど多いが(そしてその専門分野は実に細分化されていたりもするが)、たまにヴューポイントでの過熱した撮影による混乱騒ぎを別とすれば、実にいいものだと思う。
メカニカルな動力機関へのシンプルな愛情ということもあるだろうが、結構年が経った世代にとって見れば、合理化の中で次々と失われていくローカル線に対する惜別の情や、老朽化したりしてお役ゴメンになった車輌への懐古といった感情があるのだろう。
僕は三重県の中勢部で高校までを暮らしたのだが、いくつかの旧「国鉄」線が廃線になっており、バスにとって変わられたりしている。
たまにふるさとに帰ると、一両や二両のワンマンカーになっている2時間に一本ぐらいの線に乗って、ノスタルジアに耽ったりもした。
走り去っていく車窓からの光景を眺めながら、観光ということではなく、自分の昔のセンチメンタルな心象が、車輌の揺れやゴットンゴットンという音や地元の人たちの方言丸出しの途切れ途切れの会話と共に、鮮やかに浮かんでくることになる。
車で走り抜けるのでは、こんな感情は起こらない。



『RAILWAYS』は鉄っちゃんたちにとって見れば、夢のような映画である。
鉄道あるいは車輌をとりあげた専門ビデオはどれほどもあるが、鉄道(車輌)そのものを主人公のように据えた劇場映画としては、邦画では初めてのことかもしれない。
それがともあれ成立したのは、僕も乗ったことがあるが、島根のローカル線である一畑電車(一畑電気鉄道含む)ありきであろう。
たった一両か二両の、オレンジや黄色に塗られた懐かしい電車。
そのなかには、丁寧にメンテされながら80年走り続けてきた電車や、メトロから回ってきたおふるの車輌がある。
鉄っちゃんならば、すぐに「ああ、デハニ53が・・・」と感涙してしまうようなものらしい。
鉄っちゃんではない僕のようなものでも、ニコっと笑ってしまいそうなレトロ感がある。



この映画の成立のもうひとつは、制作にあたったROBOTの創業顧問である阿部修司が無類の「鉄道ファン」であることによる。
ROBOTも2006年からポストプロダクション最大手のイマジカグループと経営統合を果たしているが、ともあれ駄作も多いが、日本の映像制作プロダクションとしてブランディングに成功してきたのは、僕たちにとっては阿部修司なくしてはありえないことだ。
阿部修司は今年、60歳を機にROBOTを「卒業」して、企画事務所を立ち上げた。
まるで、『RAILWAY』の49歳の主人公が、エリート勤めを捨てて、一畑電車の運転手に転進するような気持ちになったのかもしれない。



もちろん、この映画は島根の雲南市を中心とする地元映画でもある。
監督の錦織良成は1962年生まれだから僕より10歳ぐらい年下だが、出雲出身でしまね映画塾の塾長もしている。
自分の地元を見つめなおし、映画人というポジションから地元の人たちと連携し、地元を舞台にした映画作品を制作する、それは本当は誰もがやってみたいことであり、錦織良成の立ち位置も、それ自体としてはいいことである。
僕はこの人のミニシアター作品として異例のヒットを記録した島根が舞台の『白い船』(02年)という作品は未見である。
同じく島根が舞台の高校生の淡い恋情を描いた『うん、何?』(08年)は見ている。



今回は、たぶん制作ROBOTということでのブランディングがあり、いきなり200館のロードショーを確保し、中井貴一、本仮屋ユイカ、高島礼子、奈良岡朋子、宮崎美子、甲本雅浩といった実力派キャストを用意している。
主題歌も松任谷由美の書き下ろしのようであり、空撮シーンやご当地のそれなりのスポットやお決まりの祭りなどのシーンの撮影にあたっても、それなりの制作費がかかっているように見える。
『うん、何?』のインディーズな(意地悪く言えば貧乏たらしい)作品に触れたものからいえば、ずいぶんのご出世ですね、とも言いたくもなる。
一畑電車をフレームに入れながらの、ご当地の風景はとても美しい。
けれども、僕は原作・脚本といった面での錦織良成は、まるで駄目だと思っている。



同じご当地での最近の作品でいえばすぐに『天然コケッコー』(07年)と『砂時計』(08年)を思い出すことができる。
どちらも女流漫画家の人気作品が原作となっており、夏帆が両作品の主要なヒロインとして登場している。
僕はこの両作品とも好きな作品である。
それは、ご当地映画でありながら、ご当地を観光映画、ロケーション映画のようには、扱っていないからだ。
もちろん、幅広いファンを持つ原作漫画そのものが、きちんとした「作品世界」の魅力を持っているからである。



『天然コケッコー』でいえばしっかり島根が気に入ったのか仕事場のメインも移してしまった渡辺えりが脚本を担当し、原作のくらもちふさこの母方の出身である浜田市周辺が舞台になっているのだろうが、小さな村で「ワシ」と自分のことを呼ぶそよという少女と東京からの転校生や村の住民たちの保守的な人々が巻き起こすエピソードが、ありふれている分だけ逆に宝石のように美しくもある。
『砂時計』でいえば、話の要所に大田市の仁摩ミュージアムがからんでくるのだが、嫌で嫌でたまらない田舎の保守性の中で友だちをつくりようやくのように居場所をみつける主人公杏の母親の自殺も盛り込んで、少女から大人にいたる芦原妃名子の大長編劇画を、トラウマからの母子2代の脱却を島根の風土論とクロスしながら、かなりきわどいところに踏み込みながらよく描いている。



『RAILWAY』は、49歳の男の「会社人間」からの脱却物語と、妻と娘の人生選択と、核家族のなかでの残された母親の見守り問題と、ローカル線の地元に支持された生き残りといったかたちでの、物語の主題は現在的で多様なようには見えるとしても、なにひとつ本質的なことを描いていない。
たいした事件らしい事件が起きないことが問題なのではない。
東京時代の会社の上司役員と、ちょっとした運行トラブルで鬼の首をとったように騒ぎ出すメディアが戯画的に描かれてはいるが、登場人物がすべてなんとも「善人」らしいひとたちばかりなのである。
その分、描かれる地元も、寂れてはいるとしても、都会と対極のいい人ばかりなのだ。
地元に愛着もあるだろうし、フィルムコミッションを含めて地元の協力者はなるべく場面に「愛情を持って」登場してもらおうとでもいうように・・・。



前作の『うん、何?』でもせっかく地元のスサノオとヤマタノオロチ伝説を匂わしながら、いまどきなんのリアリティもない高校生たちのプラトニックラブとも呼びたくないような弛緩した場面が延々と続くのである。
『RAILWAY』にしても、会社勤めのストレスでピリピリしている中井貴一が、友人の事故死と母親の入院にショックを受けたことはあるのだろうが、子どものときからの夢であったことは別として、たまたまの運転手募集に応募することを決心し、上司に辞表を突然出し、隙間風が吹いていた家族に宣言するところまでが、とんでもなくご都合主義な描き方である。
善意のいい人たちは、「殴り合い」もしないし、心身症にもならないし、夢で魘されることも無い。



「鉄道映画」としてみれば、それはそれでいい映画だ。
錦織良成が地元の観光協会から、観光PR映画を依頼されたのだとしたら、なかなか綺麗に撮りましたね、というだけだ。
けれども、地元はもっともっと深い歴史と因習と疎外とそれでも続く日常の中の慰謝される部分で成立している。
勝手に言わしてもらえば、僕がもし自分の地元のフィルムコミッションかなんかで汗水たらしていたとするなら、そして『RAILWAY』のような脚本を持ってこられたとしたら、地元の活性化と知名度アップを狙って、商工会議所や地元JCや地場産業やコミュニティNPOなどに協力要請をしたりはするだろう。
それはそれで、ひとつのコミュニティ活動でありイベントだ。
参加意識が共有できればいい。
けれども、一映画ファンとして、そしてやはり自分の生まれ育った土地になんらかの歴史の特異性を持ちたい者としては、かなり複雑な気持ちではあるが、「あとは頑張っておやんなさい」と言って、それ以上の関わりを持とうとはしないだろう。

kimion20002000の関連レヴュー

天然コケッコー
砂時計

 

  

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目くそ鼻くそ(結局石原・小... | トップ | 銅像(たぶんとんでもない大... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (maru♪)
2010-11-26 00:24:56
gooの方にはこちらからのTBが反映しないようです。
URLも不正なURLといわれてしまうので、リンクが貼れないと思います。
コメントのみで失礼します。

ちょっとベタ過ぎるシーンが多かったのが気になりましたが、個人的には楽しめました。
確かにちょっとご都合主義的な部分も多かったですけども・・・(笑)

やっぱり田園風景を走るバタデンが一番の主役だったかなという気もします。
maru♪さん (kimion20002000)
2010-11-26 01:39:07
こんにちは。
まじめに丁寧に作られている映画なんですけどね。
鉄道と風景と実力派俳優たちの演技を見るのには退屈はしないんですけどね。
でもやっぱり、これは鉄道映画であり、観光映画でしょう(笑)
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-08-11 13:50:24
僕の友人にももの凄い鉄ちゃん(鉄道マニア)がいて、日本の全ての駅を回ってカメラに収めていましたが、デジタル・カメラを買ってからコストが随分安上がりになったようです。

僕は鉄道にはな~んの関心もありませんが、田舎の鉄道はのんびりして良いもんだ、とわが地方の上信電鉄と比べたりしていました。

僕がご当地映画を余り観ていないということもあるのでしょうが、kimionさんがご指摘された辺りについては余り感じず、家族について考えること多しでありました。

40代でメーカーを辞めて帰郷、母親の死を迎える、といった辺りが僕にそっくりですし、年齢的にも近く、自分と比較して実に立派な人であると感心・・・自分を情けなく感じたと言う方が正解でしょうか。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-08-12 09:06:43
こんにちは。
中井貴一は、こういう中年をやらせるとうまいですね。
彼の姿を見て、わが身を振り返った人は、多いでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
RAILWAYS 宍道湖の夕日 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい...
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (ようこそMr.G)
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (あーうぃ だにぇっと)
4月23日(金)@よみうりホールで鑑賞。
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (to Heart)
大人が夢見ても、いいんですね。 上映時間 130分 監督 錦織良成 脚本 錦織良成/ブラジリィー・アン・山田/小林弘利 音楽 吉村龍太 主題歌 松任谷由実『ダンスのように抱き寄せた...
映画「RAILWAYS」49歳で電車の運転士になった男の物語 (香彩日記)
昨日は3週続きで映画鑑賞。 今回も立川シネマの後方真中の席で、ゆったり観れました。 観客は、「夫婦50割引」サービスを使ったと思われる同年代の方が多かったですが、 若い人にもおすすめの映画です。 家庭を顧みずにエリートコースを進んでいた主...
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭...
RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語 (映画道)
大手家電メーカーに勤務する49歳の筒井肇(中井貴一)は、取締役への昇進を前に、工場整理のリストラ役を課せられる。  同期入社の工場長・川平(遠藤憲一)は「俺がやりたい仕事は物作りだ」と言い、異動より退職を選ぶ。  そんな中、故郷・島根の母親(奈良岡朋子)が倒れた...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語/中井貴一 (カノンな日々)
もしかしてROBOTの制作だから『ALWAYS 三丁目の夕日』を真似てこの題名になったのでしょうか?何となく気になってwikiediaで調べたら仮題は『BATADEN』だったそうです。監督された錦織良成監督の島根3部作の最終作に位置づけられる作品なんだそうですが、残念ながらその前...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (いい加減社長の映画日記)
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士にな...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運... (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は満席、2階席は7~8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (試写会) (風に吹かれて)
終点までお願いしまーす [E:train]公式サイト http://www.railways-movie.jp5月29日公開企画・制作: ROBOT主題歌: 松任谷由美 「ダンスのように抱き寄せたい」
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、気になってたこの作品を、英検の帰りに新宿ピカデリーで見てきました。錦織作品は、DVDで「ハート・オブ・ザ・シー」('03)、「白い船」('02)、「ミラクルバナナ」('05)を見ていて、どれも割と好感だったし、今回テーマ曲がユーミン、やはり劇場で流れるのは聞...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.railways-movie.jp/ 長い題名だけど、映画の内容を端的に表し...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (LOVE Cinemas 調布)
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (勝手に映画評)
将来を嘱望されていたエリートサラリーマンが、母親の病気や同期の事故などに直面し、これまでの自分の人生を見つめ直して、子供の頃からの夢の「一畑電車の運転手」になると言う話。 物語の舞台となっている一畑電車ですが、島根県出雲市を営業エリアとする鉄道...
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (FREE TIME)
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。
「RAILWAYS49歳で電車の運転士になった男の物語... (ももたろうサブライ)
監督 錦織良成少しあらすじ大手電器メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ...
「RAILWAYS49歳で電車の運転手に... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「ALWAYS三丁目の夕日」のROBOT企画・制作。一流企業に勤めていた49歳のエリート会社員が、ある事をきっかけに幼い頃からの夢だったバタ電の運転手になろうと決意す...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (だらだら無気力ブログ)
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『ス...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (単館系)
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]インパクトは弱いが、心温まる実話で勇気をもらえる話だ。大手企業で仕事一筋に生きてきた肇は、49歳のとき、友人の死や独り暮らしの母親の病をきっかけ ...
映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくネタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは...
「RAILWAYS」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
序盤から、涙腺決壊な演出が。決して突出した箇所があるとか、そんな出来ではないですが、地味にじーんと来る、久しぶりの良質な出来具合の邦画でした。「人生、49歳からでもやり...
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 に
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」自らリストラし夢だった運転士になった先に待っていた地元の人たちの愛 (オールマイティにコメンテート)
5月29日公開の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観賞した。 この映画はエリート街道を歩いてきた 49歳の男がリストラ処理を任され、 工場を閉鎖と人員削 ...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語☆独り言 (黒猫のうたた寝)
エリート街道を歩んできたサラリーマンが母の余命と友人の死をきっかけに、自分の人生を思いなおし子どもの頃からの夢だった一畑電車の運転手になろうと転職する物語50歳で転職って勇気がいりますよね。しかも一流企業の重役を目の前にしての転換。とはいえ、家族を抱えて...
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物... (再出発日記)
しみじみよかった。真正面、真面目に作っている。最初あまりにもあっさり仕事を辞めるので大丈夫かなあ、と思ったが、ちゃんとフォローしているし、むしろ転職してからのことをしっ...
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (墨映画(BOKUEIGA))
「ゆっくりでいい。一歩ずつ前に進んでいれば、それでいい」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 「goo 映画」こちらから
10-154「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(日本) (CINECHANが観た映画について)
最初で最後の夢への挑戦  一流企業のエリートサラリーマン筒井肇は、50歳を目前に取締役への昇進を告げられる。その一方で、リストラのために親友の川平が工場長を務める工場の閉鎖を進める責任者を任されることに。  さらに、家庭を顧みず仕事一筋だったばかりに、妻...
10-154「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(日本) (CINECHANが観た映画について)
最初で最後の夢への挑戦  一流企業のエリートサラリーマン筒井肇は、50歳を目前に取締役への昇進を告げられる。その一方で、リストラのために親友の川平が工場長を務める工場の閉鎖を進める責任者を任されることに。  さらに、家庭を顧みず仕事一筋だったばかりに、妻...
春と忠男と運転士 (Akira's VOICE)
「RAILWAYS(レイルウェイズ)」 「春との旅」 
映画評「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・錦織良成 ネタバレあり