サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07199「タイヨウのうた」★★★★★★★☆☆☆

2007年01月28日 | 座布団シネマ:た行
雨音薫、16才。学校に行かず、夜になると毎日駅前広場で歌を歌い続ける。実は彼女、太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えていたのだ。 続き

届く声を持ったミュージシャンは、必ず聞いてくれる人がいる。

こうした少女の「難病」物語は、有無を言わさず、こちらの怠惰な日常を、揺り動かす力がある。映画自体の質の問題というより、やはり、主人公に感情移入してしまう度合いに応じて、嗚咽の数が多くなる。

今日は泣かないぞ、と意味のない構えをするのだが、すぐに、「警戒線」が解除されてしまう。
最近では「1リットルの涙」がそうだった。どういうお話か、よくわかっているのだが、つらくてしょうがない。



「タイヨウのうた」の意味は、ふたつあると思う。
ひとつは、「色素性乾皮症(XP)」という、紫外線を起因とする皮膚障害および神経障害について、聞いたことはあるのだが、ほとんど認識を持たなかった「病気」をこの映画を通じて、ひととおり、知ることが出来たことである。
映画でも、幼い頃から「タイヨウ」のもとで遊べないために、心を鬼にして、昼間は家に閉じ込めておかざるを得ないことに、苦悶する親が描かれているが、ある程度皮膚障害は紫外線遮断で避けられたとしても、体が麻痺していく神経障害に対して、有効な治療法はみつかっていないこと。なぜなのか、背景は知らないが、まだ日本では「難病」指定さえ、されていないこと。
遺伝子の障害なのだと思うが、有効な治療法に、道筋がつけられることを祈りたい。



もうひとつは、主役を演じたYUIという歌手である。女優として光るものを持っているというより、なにより、この主人公雨音薫を等身大で演じることができたその運命のようなものに対して。
YUIもまた、入院生活の後で、福岡天神で、ストリートミュージシャンに出会うことになる。その出会いから、音楽やギターをあらためて学び、自らも自作の曲をひっさげて、街角で歌うようになる。高校も早くに中退して。
自分なりに歌うことに対して、明確なスタイルがあったのだろう。映画の中でもそうであったが、あぐらをかいて、ギターをつまびいて、ひとり黙々と歌う姿は、YUIそのものの作法なのである。
オーデイションによって、東京でも認められ、いくつかの曲が、ドラマの主題歌に採用されたことにより、一挙にブレイクした。
しかし、いまでも、天神との二重生活で、地元で、ストリートミュージシャンを続けている。



なんの飾り気もない素朴な演技の中で、YUIはこの少女の宝石のような「芯の強さ」いや「強くあろうとする心の持ち方」を、とってもよく体現している。共演のメンバーも自然なYUIの演技ができるように、よく場をつくっているように感じた。制作は、クリエイティブ集団ロボット。映画制作に慣れてないだけ、新鮮に丁寧に作っていこうとする構えが見える。

ギターをつまびいてあぐらをかいて道端で歌う。
全国の夕暮れ時に、こういう素朴なストリートミュージシャンが出没している。
自主制作のたった1枚の小さなシングルCD。
けれど、信じたほうがいい。届く声を持ったミュージシャンは、どんなに無名であろうが、必ず、聞いてくれる人たちがいる。そして、ある日、メディアを通じて、その歌は、一人歩きし始める。
主人公雨音薫の歌声も、YUIの歌声も、また・・・・。





 



 



 



 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出生率の日仏のちがい(勘違... | トップ | mini review 07200「ウルト... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイヨウのうた (ちゃぁ~。)
2007-03-30 17:24:25
TBありがとうございました。
また見に来て下さいっ!
ちゃあさん (kimion20002000)
2007-03-30 19:17:21
こんにちは。
このレヴューは、なぜか、コメント拒否になっていたようで、ちゃあさんが、第1号です(笑)これからも、よろしく。
静かに感動する。 (TATSUYA)
2007-05-15 18:20:08
達也です。
感動が静かに込み上げてくる
良い映画でした。
YUIのウタに魅せられて、
この映画を観ましたが、
派手な演出は無い変わりに、
記憶に残る誠実な映画でした。
TATSUYAさん (kimion20002000)
2007-05-15 23:22:04
こんにちは。
なんでしょう、素朴なつくりなのにね。
とても響いてきます。
ですねぇ~ (miyu)
2007-12-04 23:45:49
彼女の透明感ある歌声が映画の雰囲気と
相まってとても良かったですね。
難病モノも出尽くしたかと思ってたら、
意外といい作品でしたね。
miyuさん (kimion20002000)
2007-12-05 00:08:11
こんにちは。
僕はこの映画はとても素直に見ることが出来ました。
YUIのひたむきな率直さのようなものが、とてもストレートに心に入ってきました。
こんばんわ (YOSHIYU機)
2008-04-14 22:53:07
遅くなりましたが、コメントありがとうございました。

YUIは女優に向いてるとは言えませんが(笑)
この映画の役は、彼女の為の役と言えましたね。
頬っぺたをつねられた顔が可愛かった♪
YOSHYU機さん (kimion20002000)
2008-04-15 00:50:16
こんにちは。
ああ、御餅の様に顔がのびて、可愛かったですね。
Unknown (咲太郎)
2008-06-23 04:29:36
YUI=雨音薫
それが素直に受け入れられる好演でしたよね。

彼女大ブレイクしてますよね。
おかげでライブのチケットが取りにくくて
困ってます(笑)。

この作品、今観ても決して色あせない名作ですよね。
大好きなこの作品を私なりに
歌、芝居、ダンスで表現してみました。
お時間ありましたら、覗きに来てくださいね。
咲太郎さん (kimion20002000)
2008-06-23 16:54:11
こんにちは。
はい、しっかりYouTUBEでチェックいたしましたよ。
ほれぼれする美声ですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
試写会鑑賞 九段会館にて ~ 小泉 徳宏 「 タイヨウのうた A Song to the Sun 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 日中は曇り、夜は小雨の水曜日です。 今日は、一足先に 九段会館にて行なわれた試写会で観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 小泉 徳宏 ...
試写会 新宿明治安田生命ホールにて~小泉 徳宏「タイヨウのうた A Song to the Sun」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 新宿明治安田生命ホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 映画の感想としては、 5月17日(水)に...
タイヨウのうた (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) 月の光の下で、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女。 その少女の一夏の恋を描いた物語。 海辺に近い鎌倉で暮らす雨音薫(YUI)は16才の女の子。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気...
ベタなツボを抑えている 「タイヨウのうた」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_osusume/} タイヨウのうた 予告編でだいたいストーリーが読めます。 ベタです。 でも、泣けます。 ボロボロに泣いて、悲しくて、どうしようもない! と言う類の話ではなくて、難病モノでありながら、終わった後は何か爽やかな気持ちになれたのも...
『タイヨウのうた』 (くぅの小さな幸せ)
昨日、久しぶりに試写会に行ってきました{/usagi/} http://www.taiyonouta.jp/ {/kaeru_en2/}太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気の少女のお話しなのですが、病気と闘う苦痛のお話しではなく、時には笑いを誘うような場面もあり、凄く前向きな少女に、なん...
「タイヨウのうた」オンライン試写会 (雲九の物品購入覚書)
3度目(かな?)の挑戦にして初めて当選しました。 (写真は全く記事に関係ありません) 使っているのはノートパソコンなので、 普段は目の酷使が心配であんまりネットで映画を見ることはありません。 が、せっかく当たったので挑戦!! … … … ぶっつぶつ画像が途切...
小さな恋心が残した、大きな足跡。『タイヨウのうた』 (水曜日のシネマ日記)
太陽の光りにあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた、 16歳の女の子の物語です。
タイヨウのうた (Akira's VOICE)
ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動!
タイヨウのうた (ネタバレ映画館)
 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪
感想/タイヨウのうた(試写)&YUI for 雨音 薫 (APRIL FOOLS)
難病、純愛、別離、ってゆー『セカチュー』的キーワードだけ聞くと「無理無理、パスします」と拒否反応出したいとこだしょーが、ちょい待ちな。意外にいいぜ、この映画。食わず嫌いはノンノン。 『タイヨウのうた』 てことで、にゃんだかものすごい勢いで盛り上げにか...
タイヨウのうた (シャーロットの涙)
歌は生きる証 普通に生きたかったと語る薫の想いが歌という表現 病気ではなく「個性」 七里ガ浜や江ノ島、昔よく行きました。 台風のうねりが入った時位しか湘南は大きい波がたたないし、ショートボードで乗れるような波ではないシーンがちょっと苦しい。苦笑 また過...
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))
『タイヨウのうた』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「歌」の力に頼りすぎ。 『タイヨウのうた』 参考:タイヨウのうた@映画生活 タイヨウのうた-FLiXムービーサイト 2006年・日本・119分 監督:小泉徳宏 製作:久松猛朗 古屋文明 他 プロデューサー:守屋圭一郎 プ
映画 「タイヨウのうた」 (ようこそMr.G)
映画 「タイヨウのうた」 を観ました。 太陽にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気の少女と 彼女に出会った少年との切ないラブ・ストーリーでした。 またしても難病モノかよ、って思う方が多いでしょうが これが思いのほかよく出来た作品で、心地よい余...
太陽が沈んだら迎えに行くよ (がんもの大学生絵日記)
「タイヨウのうた」って言う映画の試写会に行ってきました いや~本当に良かった♪
タイヨウのうた/YUI、塚本高史、岸谷五朗、通山愛里 (カノンな日々)
映画としては小粒で素朴なんですが、わりと序盤から心の琴線にふれてくるもんですから、ウルウルきちゃって、涙注意報に警戒するまでもなく、早々と泣けてしまいました。作品がどうこうというよりも個人的なツボがとても多い物語だったんですね。主人公の薫にも孝治にも素...
YUIちゃん、かわいすぎ。 (アジアンリミックス)
『タイヨウのうた』(★★★☆☆) 2006年/日本 監督/小泉徳宏 出演/YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里 他 XP(色素性乾皮症)という紫外線にアレルギーを起こしてしまう病気で、太陽の光に当たれない女の子
タイヨウのうた (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:小泉徳宏キャスト:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷吾郎、通山愛里ジャンル
タイヨウのうた (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
         タイヨウのうた(2006年、松竹) http://www.taiyonouta.jp/ ? 監督:小泉徳宏  原作:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎一、他          太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病...
タイヨウのうた (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★10点(10点満点) 2006年 119min   監督:小泉徳宏 主演:YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗   彼女は、 タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。公式サイトはこちら。 【あらすじ】歌と共に生きる雨音薫(YUI)と...
タイヨウのうた (ぐ~たらにっき)
今日見に行きました。
タイヨウのうた (そーれりぽーと)
「HINOKIO」のエンドロールで流れていたYUIの曲に不思議と涙が止まらなかったのが昨年夏。あれからあの曲を耳にするたびに目頭に熱いものを感じるようになりすっかりYUIのファンになった私。 今度はそのYUI自信が主演ということと、私のハンドルネームの“Sole”が太陽に...
タイヨウのうた (のんびりクロのHappyなマイニチ☆)
今年2度目の試写会へ行きました。”タイヨウのうた”。 実はあんまり期待しないで応
タイヨウのうた (シネマ日記)
ネタバレあり。試写会が当たったので行ってまいりました。79%が星五つをつけたというふれこみですが、、、正直、星五つかと言われるとちょっとそれはつけすぎかなーと思いますが、いい映画ではありました。ワタクシはこういう不治の病系のお話では、恋愛関係にある相手と...
タイヨウのうた (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
『Oh、Good-bye days~♪』 音楽というものの感動をうまく映画にとりいれた映画。 タイヨウのうた スタンダード・エディションposted with amazlet on 06.11.24ジェネオン エンタテインメント (2006/11/22)売り上げラン
YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』 (海から始まる!?)
 のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになった男の子...
タイヨウのうた (琴線~心のメロディ)
【2006年6月17日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} YU...
シネマ日記 タイヨウのうた (skywave blog)
難病ものですが、お涙頂戴の厚かましいシーンやセリフがすくなく、静かに二人の愛が進んでいくのが、好ましい。 夜はすべてを包み、すべてを洗い流す。明日の朝日に出会うため。
「タイヨウのうた」を観る (紫@試写会マニア)
「XP」と聞いて、Windowsしか思い浮かばない、ボキャブラリィの乏しい私。 この作品は「XP」=色素性乾皮症の16歳の女の子が主人公です。 太陽の光が身体に致命傷で、日がとっぷり暮れてからが彼女の時間。高校へも通えません。 もっと詳しく知りたくて、某...
タイヨウのうた (ウゴウゴエーガ!&ケイケイライブ!)
監督 小泉徳宏出演 YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗ほか 19歳のシンガーソングライターYUIを主演にした、ヒューマン・ラブストーリー。舞台は鎌倉。 16歳の少女、雨音薫は、XP(※色素性乾皮症)という難病を抱えている。 (※)XP=紫外線に対するアレルギ...
タイヨウのうた (しぇんて的風来坊ブログ)
病気ものは、ずるいっていうのがある。 それでも素直に感動できた。 泣けるのに湿っぽくないっていうのはセンスですね、カントク25歳!! YUIさんのピュアな魅力にやられてしまった。こういう惹きつける力がある若いシンガーソングライターが初演技でこれだけ凄かっ...
【タイヨウのうた】 (空の「一期一会」)
★「Good-bye days」を初めて聴いた時、胸が締め付けられるように苦し
そして彼女は歌を残して・・・ (CINECHANの映画感想)
129「タイヨウのうた」(日本)  この作品の予告編はもうかなり前から観ており、YUIが歌う「Good-bye days」も耳に残り、この曲を聴けば、胸がジーンときてしまう。  この頃の純愛映画と呼ばれるものには男女どちらかが不治の病だったりすることが多い。これも「セ...
タイヨウのうた~夜明けのシンデレラ (Osaka-cinema-cafe)
評判が凄くいいので、早速見に行きました。 レントショーゆえ、少なかったですが、 映画の後半ぐらいからすすり泣く声が。 監督が若干25歳の小泉徳広 映画「タイヨウのうた」 XP(色素性乾皮症)という、太陽の紫外線に あたると命に関わる、未だ治療法もない...
タイヨウのうた (じゆさの冒険記)
XP(色素性乾皮性)という太陽光からの紫外線に当たると死んでしまう病気にかかっている16歳の少女、雨音薫(YUI)が太陽が昇らない夜にストリートライブをし、その中で孝治(塚本高史)と恋に落ちる話。 病気の少女と恋に落ちる話は、映画ではよくある話ではある...
タイヨウのうた (如意宝珠)
タイヨウのうた http://www.taiyonouta.jp/ 監督: 小泉徳宏   製作総指揮: 迫本淳一   企画: 細野義朗   原作・脚本: 坂東賢治 撮影: 中山光一   美術: 都築雄二   編集: 三條知生    音楽: YUI   椎名KAY太   主題歌: YUI  ...
タイヨウのうた(映画館) (ひるめし。)
彼女は、タイヨウへ帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。 CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里 他 ■日本産 119分 久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ~。 お気に入り度も久々の五つ★!! 本当は観に行く予定はなかったけど...
「タイヨウのうた」 (雑板屋)
2006年 小泉徳宏監督作 純粋で素朴な映画。色素性乾皮症(XP)に関する作品。 映画としての出来具合は、監督初の本格デビュー作ということで雑で荒削りな気がするけれど、XPという病気そのものの知名度を高めるには十分な役割を果たしていると思う。 XPに関する...
タイヨウのうた (マジック・映画について思うこと)
本日公開の「タイヨウのうた」観てきました。邦画を映画館で観るのは「メゾン・ド・ヒミコ」以来です。 この映画、始めはイー・トンシン監督の「つきせぬ想い」のリメイクという企画でスタートしたそうです。最終的にはオリジナルの脚本となったそうですが、そんなことは...
タイヨウのうた (HIROMIC WORLD)
本日の2本目は「タイヨウのうた」 XP(色素性乾皮症)という病気を抱えているため
届 ~「タイヨウのうた」~ (サナダ虫 ~解体中~)
小泉徳宏監督作品、YUI主演の、 映画 「タイヨウのうた」を観た。 XP(色素性乾皮症)という難病の少女が、歌を通じて愛を伝える純粋な恋物語。 感想。 ①あんなにバス停を動かす必要は、ないと思う。(バレるに決まってるって) ②「好きなバナナは食べ物」...
タイヨウのうた☆独り言 (黒猫のうたた寝)
6月いっぱいで、今の派遣先との契約が終了することになりました。ただいま、後任に引継ぎ中(笑)そして、7月からのお仕事を求めて(ぉ 派遣会社に夕方遊びに行きました。とりあえず、お仕事の話半分、雑談大多数・・・なんて感じで遅くまでお邪魔していたら『タイヨウ...
タイヨウのうた (わたくしごと)
Yahoo!主催の試写会に当選したので見に行ってきました。Yahoo!で募集して
タイヨウのうた (電脳実験室)
タイヨウのうた スタンダード・エディション / ジェネオン エンタテインメント
タイヨウのうた (It's a Wonderful Life)
夜に車を運転してて何気にラジオをつけると、 丁度この映画のライブ付き試写会?の模様をオンエアしていて、 主人公を演じるYUIの生歌が流れてきました。 本人の作詞・作曲らしいそれは、なかなか耳に入ってくるいい曲。 前に劇場で予告観た時に興味も沸いてた...
「タイヨウのうた」鑑賞 (BIGLOBE平社員ブログ)
しばらく外にいるとすぐ鼻の頭が真っ赤。 石塚です。
【 タイヨウのうた 】 (もじゃ映画メモメモ)
難病を抱えた少女とサーフィン好きな少年との切ないラブストーリー。ヒロインを演じるのは映画初出演となるミュージシャンのYUI。 主演のYUIは女優じゃないからぎごちない演技は仕方ないんだけどね。しかし歌手らしく、歌っているシーンでは彼女の歌声や表情に引き込ま...
【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
タイヨウのうた (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
試写会行ってきました。  難病モノって嫌いなんですがね、、、いかにも泣かせようとするのが。 これは違いますね!!!  たしかに彼女は病気なんだけれど、無理に泣かせようとしていない。  むしろ生の喜び、輝きが眩しかったです。
映画「タイヨウのうた」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「タイヨウのうた」 太陽の光に当たれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱える少女・雨音薫(YUI)が歌と一緒に懸命に生き抜いた物語。 16歳の薫は学校へも行かず昼夜逆転の生活をしている。そんな彼女の楽しみは歌を歌うことと部屋から明け方サーフィンに...
タイヨウのうた (GMのつぶやき)
マジ泣きしました・・・・・ いやぁ35歳のオヤジが一人、終わったと映画館すぐに出れないなと思ったくらい(爆) 一つ一つのシーンが泣けるとかそう言う感じじゃないんだよね。でも、ラストに歌が流れ出したとき、うぁ~ときましたね{/face_naki/}{/face_naki/}{/fa...
「タイヨウのうた」 (毒か薬。)
雨音薫は16歳。XP(色素性乾皮症)という難病に罹っているため学校に行けず、夜に出歩いてギターを弾き歌っている。彼女のささやかな楽しみは、明け方にサーフボードを持って友人たちをバス停で待つ男子高校生を、自分の部屋の窓から見つめることだった。 ある夜、い...
タイヨウのうた (うぞきあ の場)
~YUIの歌声と、演技に引き込まれていってしまいました。~ ラブストーリーです。 でも、観客に無理に泣かせようとするところがなく、 自然な作風が好き。 YUI~  顔をくしゃくしゃにして唄う所が良いですね。  あの、フェンダーのピックの首飾りは、自前でし...
君の歌をCDにしてみないか? (世界の中心で、愛をうたう)
はい、喜んで! え、私じゃないって? 失礼しました。 「僕らの音楽」でYUIちゃんの歌を聴き彼女の歌声に惚れこみ ? ?tacossさん がお薦めだというので行って来ました。 今CD聴いてます。 もう文句なく傑作!! 大好きな作品!!! ...
映画:タイヨウのうた 試写会 (駒吉の日記)
タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くらいだった...
タイヨウのうた・オンライン試写会にて。 (ペパーミントの魔術師)
太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろの畳み...
タイヨウのうた (映画を観たよ)
これまたドラマ化するみたいですね。 最近ホントこのパターン多いですよね。 でも私の場合ドラマは最初と最後しか見ないんですよね(笑 なかなかいい映画でした。ってか期待をいい意味で裏切ってくれました。 もっと「セカチュー」とかみたいに病気&純愛で泣かす映画だ...
タイヨウのうた (★過去発~現在経由~未来行☆)
YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、 小林隆、マギー、山崎一他出演。 原作/脚本、坂東賢治。監督、小泉徳宏。 あらすじ YUIの演じる雨音薫(16歳)は、XP(色素性乾皮症)という病気で太陽の陽射しを浴びること...
タイヨウのうた (きょうのできごと…。)
初めて何が上映されるか観るまでわからないという モニター試写会に当たって観た作品! 塚本高史出演と聞いて観たかった作品だったので かなり早くに観ることが出来て嬉しさ倍増…☆ 「タイヨウのうた」2006年公開・邦画 監督/小泉徳宏 脚本・原作/坂東賢治 ...
タイヨウのうた (とにかく、映画好きなもので。)
 太陽の光に当たると、死をも免れない難病XPの少女、雨宮薫(YUI)は、夜になるとギターを片手に駅前広場で弾き語りをする。  彼女は、朝の光が町にとどくまで、窓から外を眺めている時にサーフボードを持ってたたずむ一人の少年を眺める事を...
タイヨウのうた (活動写真評論家人生)
アポロシネマ8 私ごとだが、このところ、とても体の調子が悪い。金曜日、土曜日、日曜日と休みをいただ
タイヨウのうた (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年6月公開 評価:★★★★ 監督:小泉徳宏 原作・脚本
タイヨウのうた 07069 (猫姫じゃ)
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ~、、、これ...
タイヨウのうた (ニートん調査団(うれしはずかしニート生活))
タイヨウのうたを見ました。 悲しい物語です。 太陽のイメージが変わりました。 太陽の光にあたってはいけない病気 XP(色素性乾皮症) 映画とドラマの影響もあってか、 2007年3月に国から難病指定を受けられたようです。 難病指定を受けると、国(厚生労働...
『タイヨウのうた』は静かに良い。 (TATSUYAのレンタル映画レビュー)
  生きて生きて、生き抜いてやれ。 タイヨウのうた スタンダード・エディションYUI (2006/11/22)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る  FMヒットチャートで毎日の様に流れてくるYUIの唄う『CHE
タイヨウのうた (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
Yahoo!の1万人オンライン試写会に当たった。1万人だからはずれないだろうとは思ってたけど。回線空いてる方がいいと思い、早朝5時半よりパソコンの前に陣取った。
太陽の歌  DVD (★Shaberiba ★)
家族そろって青春映画をみる・・・(笑) 出演 YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗ほか。
タイヨウのうた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼女は、タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。』  6/17公開の「タイヨウのうた」の試写会に行ってきました♪涙腺の弱いあたしはやっぱりかなり(T-T) ウルウルきちゃいましたよ~。でも、雨音薫(YUI)と藤代孝治(塚本高史)の淡いラブストーリー...
『タイヨウのうた』06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)という青年と出会い急速に親しくなっていくが・・・。感想数多く難病も....
彼女の想い出~咲太郎版「タイヨウのうた」~ 総括 (炸熱~歌キチ、愛をうたう~)
咲太郎版タイヨウのうた  ひとり音楽劇 彼女の想い出 全話をUPし終わったところで、各Mナンバーについてなどを解説しようと思います。 ピアノ一本の伴奏で、ひとり音楽劇。 こんな面白いことをやっている人はそうはいない。 世界で自分ひとりだけだと、そう自...