サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06148「下妻物語」★★★★★★★★☆☆

2006年05月27日 | 座布団シネマ:さ行

乙女派作家・嶽本野ばらの同名小説「下妻物語」を“写るンです”や“NTT東日本”といった数々の名CMを手がけたが中島哲也が映画化。ロリータをこよなく愛する主人公に深田恭子、地元ヤンキー役にティーンに絶大な人気を誇る土屋アンナと他にも個性豊かな共演者たちがインパクトを与えている。中島監督の映像センスが光る劇画のようなカット割りには要注目。[もっと詳しく]

「群れない、媚びない、へこたれない」という精神。

 「群れない、媚びない、へこたれない」という精神は、みていてとても気持ちがいい。これは少年少女に向けられた言葉というより、いまの時代状況に向けて発された言葉だとしても、僕は本気で支持したい。
コミュニティや協調やコンセンサスや調和や、いろんな言い回しをしようが、「異端は排斥する」という思想が、日常に満ちている。
「ひきこもり」をしようものなら、あぶないものを警戒するような視線で見られる。なるべく、人と同じように見られること、突出することを避ける、平均点でいい・・・。
一見、平和に見える世界の「世渡りの思想」といってもいい。

 

「下妻物語」のふたりの少女は、そんな「ところてん」のような世界に背を向けて、しっかりと自分の足で立っている。
竜ヶ崎桃子(
深田恭子)は、おフランスの香りただよう18世紀ロココの世界に憧れる。レースのパラソルにボンネット、ひらひらフリフリのロリータスタイルだ。
白百合いちご(
土屋アンナ)は、ヤンキーバリバリの特攻隊スタイル。50ccの原チャリを族仕様に仕立て上げ、いまどきはやらないつっぱりスケ番スタイルの工業高校2年生。このふたりは、一見すると、もっとも対極にあるようにみえるが、「ところてん」の世界から見れば、同じように、奇抜で突飛で理解不可能な、世界にいる。
人にどうみられようが構わない。世界が自分を拒絶するなら、あえて、世界と和解する必要はない。



原作は「乙女のカリスマ」がキャッチフレーズの
嶽本野ばら
きわもの作家のようにみえるが、どうして、しっかりとした戦略性で、自分を武装している。才能に満ちている。
「ハードボイルドじゃなきゃ、乙女じゃない」という、コンセプトもシャレている。
そして、CM界の奇才、
中島監督
サッポロ黒ラベルの「卓球編」といえば、ニヤリとする視聴者は多いはずだ。
「CMのような瞬発力と少女マンガの感性の融合したエンタテイメント」を目指したという監督の、本作は会心の出来であろう。

 

たぶん尼崎であろうか、関西の「ジャージー」が住民の制服文化でもあるヤンキー帝国で、しがない父(宮迫博之)と浮気性の母(篠原涼子)を持つ桃子だが、商売の失敗に追われて、祖母(樹木希林)がいる茨城県下妻の実家に逃げ込む父についてきた。
桃子はロリータファッション以外に興味がなく、学校でも一人浮いた存在。
360度みわたせる田んぼの光景の中で、片道3時間をかけて、週末には、好きなカリスマショップがある代官山まで通っている。
父の「バッタモノ」商売を個人販売して洋服代を稼ごうとしたが、その情報につられてきたのが、イチゴである。

 

クールで辛辣な観察者である桃子と、直情的で突っ張って生きるがどこか甘えたがりのイチゴは、水と油のようにみえるが、なぜか友情が発生する。
規模が大きくなり形式が先行するようになった「族」を、イチゴは抜けることを決意し、ケジメをつけるために、単身、集会場に乗り込む。
心配になった桃子は、祖母のバイクを借りて、追いかけるのだが・・・・。

 

「貸したものは還ってこない。だから大切なものは人にあげない!」というクールな桃子と「借りたものはなにがあっても返す!」というホットな心情のイチゴ。
このふたりの掛け合いが、とてつもなく、楽しい。元気が出る。頑張れ、と声援したくなる。

人口数万人、豚と梨と米が特産品。ローカル線は、1両か2両建て。
農道を、牛がぼーと突っ立っている。楽しみは、ショッピングモールの巨大「ジャスコ」。観光は、ギネスにものっている、巨大仏像(全長120m)の「
牛久大仏」。
どこにでもある、田舎町だ。スタッフもそんなローカルな町で、楽しんでしかし必死に準備しているのが、画面から伝わってくる。
音楽の
菅野よう子は、ここでも、菅野ワールドというしかない見事な音曲を、その幅広い引き出しから、自在に出してきている。

 

従来の邦画の美意識を、とことん否定しているような混沌とした作品だ。
邦画の伝統美である抒情も微細さもあったものではない。
冒頭で、いきなり、農道に不似合いなロリータメルヘンで佇む深田恭子が、牛のべちゃべちゃの糞を踏んづけてしまうんだから。
だけど、このヤンチャでホットな空間は、とてもリアルだ。

現在の資本主義にまみれた地方都市、平均値を求める模倣社会、ださくて、退屈で、冗長な日常。
そんな町に、ギャグのようにあらわれた桃子とイチゴ。本人達が無意識な分だけ、つまりミーハーな分だけ、この等質な世界を食い破っている。
原作には、続編があるが、映画化の予定はまだない。
そのことだけが、とても残念だ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2年目に入りました!! | トップ | mini review 06149「カナリ... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
下妻 (猫姫少佐現品限り)
2006-05-28 03:26:59
サイコー!
猫姫さん (kimion20002000)
2006-05-28 11:17:39
サイコーですね。

何回でも、見たくなりますね。

アンナは、これで、新人賞か。子供も出来たし。潔い子だ。

こりゃ、「嫌われ松子」も見に行かなくちゃ。
松子も行かなきゃ。 (Ageha)
2006-05-28 20:30:13
TBどうもです。



ある種独特な世界。

ツッパリにしろ、ロリータにしろ

フツーはそんなにええもんには見えないんですが、

キャスティングの妙なのか

監督の見せ方なのか

とにかくかっこよくて

男気(表現がヘンですが)のある二人に感動しておりました。



松子・・のほうも原作未見ですが、

文章だとちょっと重いような、暗いような内容のはずなのに

えらいきらびやかな極彩色ミュージカルになってる。

ちょっと期待。

下妻・・でハマって、同じ監督作だから

松子見に行くって人多いみたいですよ。
Agehaさん (kimion20002000)
2006-05-29 01:22:23
コメントありがとう。

下妻は、ここまで、期待していませんでしたね。こうなったら、松子も見なくちゃねぇ。あの、子役がまた出るのかしら?

Unknown (ぽたます)
2006-05-29 01:35:30
TBありがとうございました。

ふざけているように見えて、芯が一本しっかり通っている。そんな作品でした。

私はその先入観で、しばらく敬遠していたのですが、何でもっと早く観なかったんだろうと思いました。

嫌われ松子も面白そうですよね。
ぽたますさん (kimion20002000)
2006-05-29 01:39:28
TBありがとう。

でも、おじさん一人で、さすがに、映画館に入っていく勇気はないですよ。
こんばんは! (グレート・タカ)
2006-05-29 01:45:54
TBありがとうございます。

こちらからもTBしようと思いましたが、何故か送れません。

いやぁこれ、思ったより良かったです。

続編とかあればまた観たいです。
グレート・タカさん (kimion20002000)
2006-05-29 01:48:15
コメントありがとう。

ここ数年の邦画の、大傑作ですよ。まあ、ポスターは、おじさんには、恥ずかしいけど(笑)
TBありがとうございました (chibisasru)
2006-05-29 18:35:25
こんにちは。

知りあいに勧められていたのですが、ほんとに面白いのか実は半信半疑で見たんです。

中盤過ぎてからは、かなりツボをつかれる笑いもあり、じんわり感動もあり、予想に反して「こりゃ面白い」(笑)

見終わったあとでは、思わず「あたいのマシンが火を吹くぜ!」と言ってバイクに乗りそうになりました(^o^;



こちらからもTB返させていただきます
chibisasuruさん (kimion20002000)
2006-05-29 18:42:48
コメントありがとう。

僕も、面白くなければ、途中でやめよう、と思っていたんだけど、とんでもなかったです。演出がいいんでしょうね。ぜんぜん、だれたところはなかったですね。
Unknown (Unknown)
2006-05-29 23:30:45
TBをありがとうございました。

今夜また、TV放送されたのを見ました。



>>「群れない、媚びない、へこたれない」

この映画が言いたいのはこういうことなんですね。

面白おかしい中に、色んな大切なものの詰まった映画でした。



若いっていいな!と改めて思いました。笑
しまった! (あいり)
2006-05-29 23:32:37
手がすべって名無しのまま送信してしまいました。

失礼しました。
無題さん (kimion20002000)
2006-05-29 23:46:25
コメントありがとう。

でも、どこの誰か、わかんないや(笑)

そう、若いっていいな、とおじさんも思い知らされました(笑)
あいりさん (kimion20002000)
2006-05-29 23:48:02
はい、正体、わかりました。

ノー・プロブレム!
TB&コメントありがとうございました (トクタ)
2006-05-30 02:57:56
久々にまた下妻見ちゃいました~。



自分でもよくわからないけどすごく感動して、見る分だけ大好きになっちゃいます。

すごくテンポとシーン構成がいいので見てて飽きないのがいいですよね。

演出のすばらしさが最近の邦画の中でもかなりいい分類に入ると思っています。



いい作品なのでもっともっといろんな人たちに見てもらえたらいいなと思います^^
トクタ (kimion20002000)
2006-05-30 10:07:03
こんにちは。

やはり、テンポと誇張のうまさでしょうね。

CM界の巨匠ならではです。
Unknown (マイコ)
2006-05-31 12:29:58
こんにちは★

トラバ返しが非常に遅れてしまってスイマセン!!

やっと返しました(笑)



すごくテンポの良い作品でしたね。

面白かった~!!



嫌われ松子も、CM見た限りでは期待できそうなカンジですね。

近々観に行こうと思ってます。



『ALWAYS 三丁目の夕日』以来の映画館鑑賞ですよ~(笑)
マイコさん (kimion20002000)
2006-05-31 23:22:48
コメントありがとう。

僕もここ1,2年、映画に食指が動くとき、欧米が50%、アジアが25%、邦画が25%ぐらいになってきましたね。

確実に、邦画の期待値が、あがりつつはあります。

こんにちは (しましま)
2006-06-04 11:57:26
べた褒めの嵐の中、コメントしづらいのですが…

私は映画館で観るよりもテレビで観て楽しめる作品に思えました。

できれば声を出してしゃべりながら楽しく観たい作品でした。
しましまさん (kimion20002000)
2006-06-04 12:43:03
コメントありがとう。

これは、本当に、だべりながら、脱力して、ちょっと、うるうるするのを、恥ずかしいから隠したりして・・・・という感じで、みるのが、正しい鑑賞法の映画だと思いますよ。



ちょっと、僕のような、おじさんが、ひとりで、よーし、といって、この映画を見に、映画館には行く勇気はありませんね(笑)
Unknown (秘書華)
2006-06-12 10:10:31
TBとそして コメントまでいただき有り難うゴザイマス!

(返しが遅くなり恐縮です ;)



私もDVDで後観したのですが、正直映画館で上映された時に聞いた めちゃ混み話や 物凄い人気報道に 先入観だけで「?」と思っていました。



でも観たら面白かったぁ~♪”



監督は「コント好き」とのこと、嫌われ松子の一生も『観るぞー!』と思いました。
秘書華さん (kimion20002000)
2006-06-12 14:19:10
コメントありがとう。

邦画も、いくつかの特徴的なカテゴリーが出てきましたね。

楽しみです。
TBありがとうございました。^^ (ぶるーろーず)
2006-06-12 20:40:12
すっごくテンポも良くて、脚本もしっかりしていた作品ですよね。

CM的要素が、たっぷり詰まってると思います。^^

すっごくくさいセリフも散りばめられてるんだけど、

抵抗なく受け入れられますよね。(笑)
ぶるーろーずさん (kimion20002000)
2006-06-12 20:55:53
コメントありがとう。

一瞬も、弛緩することがなかったですね。

見事な、作品です。
面白いですよね☆ (haruhi)
2006-09-15 20:19:01
TBありがとうございました☆

最近BSで見たのですが、すっごく面白かったです。

本当に水と油のような二人。

でも、そんな正反対の二人だからこそ惹かれ合ったのかもしれませんね。

今まで冷静で、他人に全く興味を示さなかった桃子の心をイチゴの熱い心が溶かしてく。素敵な友情です。

またDVDでも借りてゆっくり見直したいです☆
haruhiさん (kimion20002000)
2006-09-16 03:00:44
こんにちは。

監督の長編第1作だし、なんか、中年男一人で、入りにくそうなポスターだし、ということで、全然、期待していなくて、観終わった後は、歓喜しましたね(笑)
なるほど、なっとく (うしこ)
2006-12-01 13:54:29
TBありがとうございます。
素晴らしい記事です。
うんうん、そうそう。
なるほど、引き込まれました。ハイ。
これだったら、この映画また観たいかも。
文書力の無いわたしは、あんな程度でした。
恥。。。
うしこさん (kimion20002000)
2006-12-01 14:41:09
こんにちは。
とんでもないですよ。映画の見方は、自由です。
この映画は、見ていて、本当に笑えて楽しめたんです。
おじさんでも(笑)
僕にとっては、とても珍しい体験なんですよ。
TB有難うございました。 (オカピー)
2008-04-26 20:19:44
僕は余り好き嫌いで映画を判断しないですが、漫画を実写の中に挿入する手法が嫌いで、男言葉を使う女性が苦手なので、本作の場合途中で思考停止状態になりました。

今自分の記事を読んでみても、中味がない。ま、それも評価でしょう。^^;
オカピーさん (kimion20002000)
2008-04-26 23:20:57
こんにちは。
なんか、とってもインパクトがあってね。
桃子とイチゴがとってもかっこよかった。
でも、この監督の次作「嫌われ松子」はまったくダメだったんですよ。ナンデだろう?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ここで、クエスチョンです! (猫姫じゃ)
さて、みなさん このジャスコ どこのジャスコでしょう?   正解者の方には、、、、ぁ、いぁ、何もありませんケド、、、   正解は、後日このエントリーで 正解は、、、       下妻のジャスコ! ジャスコ下妻店 ...
下妻物語 今年の4本目 1月6日 (猫姫じゃ)
絶対に良い!と思ってたんだケド、映画館では見ませんでした~。今頃見たんだケド、    下妻サイコー!!   女の友情って、ウツクシィ!! う~ん、同じkyokoだけど、フカキョンってぇ、ホネブト、、でも、かわいい! 土屋アンナも、いいyo! ...
下妻物語 (CAMARO BLOG)
下妻物語って、予告ではイマイチな印象で、 そんなに観たいと思ってませんでした。 なので、映画館では観ませんでした。 んでも!観てみれば… めっちゃおもろいやん!!! 映画館で観てもよかったと後悔。。
♪下妻 物語♪ (CinemaCoconut)
友達っていいね~~♪もう!最高でしょ♪ 下妻物語 スタンダード・エディション 笑いすぎた・・いや、感激かも
「下妻物語」 (こだわりの館blog版)
特集【日本映画を語ろう!】 【プレイバック2004】私の【2004年のベスト10】 3本目、そして本年最後を飾りますは文句なし! 私の2004年日本映画ベスト1、中島哲也「下妻物語」。 「2004年 日本映画ベスト10」 より 監督:中島哲也 原作:嶽本野ば ...
Stand Aloneのカッコよさ~「下妻物語」 (ペパーミントの魔術師)
男の子にとっての青春映画が「69~sixty nine~」なら これはその女性版でしょうか? いや~見たかった、長かった。なかなか借りられなかったのもわかる。 マジはまりました。 っていくつだよ?私。・・・まぁよいけども。 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚 ...
下妻物語 (しーの映画たわごと)
なんで、下妻物語やねん! どうぞ突っ込んでください。 邦画は北野作品とジブリアニメくらいしか見ない私です。はい。 理由はこれです。 深田恭子!・・・いやいやそれは少しだけ。 下妻物語を見た理由は、Tommyです。
下妻物語 (greengarden)
2004年の作品。優雅に?レース編みをしながら鑑賞。刺繍のシーンも出てきたのでなんとなくいい気分になる。映画館でもものすごく楽しく見たのだが、もう一度見てもやっぱり楽しかった。最初から最後までスカッとする映画。深田恭子は決してうまい女優ではないけれ ...
DVD「下妻物語」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
この手の映画、大好きです♪ 感動映画がチョット苦手な私。。。感動映画って「感動させるよぉ~、感動しろよぉ~」というのが前面に出ていて音楽とかでしつこいくらいに感動させたがる。。。 この映画、感動とまではいきませんがとてもいい映画でした。 話自体 ...
下妻物語 (甘口★映画の森)
東宝 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 桃子とイチゴの、あまくない友情?! 公式サイト 【ストーリー】 茨城県下妻市。田んぼだらけで未だにヤンキー文化が隆盛を誇る田舎町。そんな土地で、全身フリフリのメルヘンチックなファッシ ...
下妻物語 (アニメっと!)
おはようございます~。 まだまだ眠気が付きまといトローンとした感覚なのです。 今日は月曜ゴールデン映画劇場で「下妻物語」がやりますね。 その時間は用事があって見れないのですが「下妻物語」は大好きです! 随分前になりますが、レンタルしてきた時 ...
道草(ネタバレありません)Vol.07 (LACK OF WORDS)
「下妻物語」 監督:中島哲也 日本映画ベストテン 第3位(キネ旬 2004年)
下妻物語 (39☆SMASH)
三月は有名邦画月間と題しまして、マイナーではなくスタンダードな邦画を中心にレビューしていきたいと思っております。 個人的に邦画大好きっ子なので、今月は張り切って観ていきたいです!! 『下妻物語』 あらすじ 『茨城県・下妻に住み、ぶり ...
『下妻物語』・テレビ (しましまシネマライフ!)
今日、21:00~TBSで『下妻物語』がやっていた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 スクリーンで
夜更けの深キョン「下妻物語」 (悠紀 朋 「本来無一物」)
深夜のスカパーで観ました。実は、前からひそかな深キョンファンです。女優らしからぬ太めのスタイル、見開かれた大きな目、何時まで経っても年齢相応に成長しない容姿。人には恥ずかしくて言いにくいんだけど、なんとなくいいんだな。 「下妻物語」は知っては ...
下妻物語 (for pleasure シネマ Blog)
映画「下妻物語」 今日、夕方から渋谷へ見に行ってきたが、、、人が多くて 立ち見になった。しかも観にきている客層は、ほとんど女子高生 もしくは、若いギャルばかり。私はまるで、女子高に編入してきた 男子生徒のようだった。 深田恭子と土屋アンナは、 ...
痛快!乙女チックな夢物語/『下妻物語』深田恭子、土屋アンナ (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●下妻物語● ●監督/脚本;中島哲也 ●原作:嶽本野ばら ●出演:深田 恭子 /土屋 アンナ/宮迫 博之 /阿部 サダヲ /小池 栄子/     荒川 良々/篠原 涼子/岡田 義徳/生瀬 勝久 /樹木 希林 ●公開:2004年5月29日 中島哲也監督の新作『嫌われ松子の ...
痛快!乙女チックな夢物語/『下妻物語』深田恭子、土屋アンナ (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●下妻物語● ●監督/脚本;中島哲也 ●原作:嶽本野ばら ●出演:深田 恭子 /土屋 アンナ/宮迫 博之 /阿部 サダヲ /小池 栄子/     荒川 良々/篠原 涼子/岡田 義徳/生瀬 勝久 /樹木 希林 ●公開:2004年5月29日 中島哲也監督の新作『嫌われ松子の ...
『下妻物語』 (BLUE ROSE GARDEN)
    深田恭子さん主演の作品です。       茨城県下妻市。田んぼだらけで未だにヤンキー文化が隆盛を誇る田舎町。 そんな土地で、全身フリフリのメルヘンチックなファッションに身を包み周囲から浮きまくりの女子高生 ...
『下妻物語』 (BLUE ROSE GARDEN)
    深田恭子さん主演の作品です。       茨城県下妻市。田んぼだらけで未だにヤンキー文化が隆盛を誇る田舎町。 そんな土地で、全身フリフリのメルヘンチックなファッションに身を包み周囲から浮きまくりの女子高生 ...
下妻物語 (銀の森のゴブリン)
2004年監督:中島哲也出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子    樹
「下妻物語」 (雑板屋)
2004年 中島哲也監督 ‘われえ~!いちびっとたら、いてまうどぉ、ごらぁ~!!’ 深田恭子が苦手な私でもこのセリフには妙に親近感を覚え・・‘もっとドス効かさなあかんやろがぁ~’と高笑いした次第である。 噂通り!なんちゅーおもろい邦画なんや。。。 ...
下妻物語 (シネ・ガラリーナ)
2004年/日本 監督/中島哲也 新しい、と感じたのはいつ以来だろうか。 これだけ多くの作品が生み出される映画というメデイアで、「なんだこれは!?」という新鮮な驚きを感じることは、めったにない。だって、突き詰めれば基本的に創作するというのは、ど ...
映画評「下妻物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり