サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆

2011年03月27日 | 座布団シネマ:は行

長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一人の人間の罪と罰や祖国の軌跡を浮き彫りにする。また、本作は第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。主演は、カンパネラ監督作品の常連リカルド・ダリン。衝撃的な秘密が暴かれるラストに言葉も出ない。[もっと詳しく]

「瞳の奥」に隠されたものは、嘘をつくことが出来ない。

スペイン語の映画なら数多く見ているが、アルゼンチンで制作された映画というと、恥ずかしいことに、すぐには浮かんでこない。
アルゼンチン・タンゴやサッカーのイメージが強いが、オリビア・ハッシーがアルゼンチン生まれでイギリスに渡ったんだったよな、という知識ぐらいしかない。
首都であるブエノスアイレスはいろんな映画のロケ先にはなっているが、僕たちが見ているのはたぶんアルゼンチン制作映画ではないはずだ。



『おくりびと』に続いて、第82回アカデミー外国語映画賞でオスカーに輝いた『瞳の奥の秘密』で、主人公ベンハミンを演じたリカルド・ダリンは国民的スターらしいが、僕ははじめてだし、そのベンヤミンが想いを断ち切れないイレーネを演じるソレダ・ビジャミルは本国では人気のタンゴ歌手でもあるらしいが、不勉強で知らない。
監督のファン・ホセ・カンパネラ監督も、映画としては初見だ。
にもかかわらず、この『瞳の奥の秘密』という作品を見る限りでいえば、アルゼンチンは相当な映画水準にある国ではないかという気がしてくる。
突然変異的に、一作だけがずば抜けた高度な表現を達成するなどということは、信じ難いからだ。
表現文化というのはいつもある一定の水準の稜線の上に、表現者たちによって何事かを、付け加えるべきものだからだ。



なによりこの作品で見る限りにおいては役者の質が高い。
リカルド・ダリンは1957年生まれだから僕より少し下だが、男の僕から見ても、ほれぼれするほどの色気がある。
ソレダ・ビジャマルはゾクゾクするほどの深い瞳をしている。
妻を亡くした銀行員であるリカルド役のパブロ・ラゴは、少しガエル・ガルシア・ベルナスを髣髴とさせるナイーブな二枚目だ。
そして主人公の親友で部下のパブロ役を演じたギレルモ・フランセーヤや嫌な上司の検事役を演じた役者さんの、ユーモアあふれる演技が特筆ものだ。
特に、25年という時間の経過を経た演技を、リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャマル、パブロ・ラゴらは要求されたわけだが、単にメーキャップをして若作りあるいは老け役をやりましたということではなく、その時間の経過がさもあらんというほどの微細な内面の変化や継続の深い演技を通じて、僕たちにたしかに25年という時間を感じさせるのである。
映画を観ながら、まるで観客がついついつられて、25年前の自分に会いに行くような錯覚に陥ることなど、滅多にあるものではない。



検事裁判所を定年退職したベンハミンは、孤独でなにかを置き忘れたような人生を送っているが、そんな自分から脱するために小説を書き始める。
25年前の1974年に起こり自分の運命も変えた「若妻レイプ殺人事件」。
この事件は結局迷宮入りにならざるを得ず、その顛末の中で主人公は想いを寄せるイレーネと別れ、親友のパブロを死なせる羽目になる。
このままでは自分の人生に決着がつかない。
ベンハミンはなかなか筆が進まない中で、久しぶりに当時は上司の判事補であり、現在は検事となっているイレーネのオフィスを尋ねることになる。
そして映画は、ミステリー色をふんだんに交えて、25年前の事件の真実に入り込むことになるが・・・。



1974年と言えば、ここアルゼンチンでは、国民に人気のあったイサベル・ペロン大統領が病死した年である。
妻のイサベル・ペロンが後を引き継ぎ、世界初の女性大統領となった。
このあたりはマドンナがイサベル・ペロンに扮した『エビータ』が懐かしい。
しかしこの女性大統領の政権は不安定で、2年後軍事クーデターが起き、多くのアルゼンチン人が虐殺された。
かといって『瞳の奥の秘密』はそんな歴史過程を描くわけではない。
高卒の一介の刑事裁判所のたいしてやる気もなさそうな男が、たまたま担当した事件で妻を殺された男の深い哀しみと執着にほだされて、キャリア出の優秀で美人のイレーネや親友の部下を巻き込みながら、真相にあと一歩と迫ったのに、命を狙われたこともあり、未解決のままブエノスアイレスを離れることになってしまうだけなのだ。
けれど、この物語は、単なる犯人探しではなく、「瞳の奥」が物語る「愛の真実探し」の物語にうまく転化している。
主人公は小説を書くことによって、その「瞳の奥」で物語られているものに、もう一度向き合うことになる。



「瞳の奥」になにがあったのか。
殺された23歳の美しい女性教師のポートレートにある信頼しきった愛のまなざし。
その妻を殺された銀行員である若い男の、苦悩にあえぎながらも真犯人をつきとめ、生きている限り罪を償わせようとする強い意志。
被疑者イシドロが、幼馴染である若妻に寄せる、蛇のようにまとわりつく視線。
アル中の親友であるパブロの、なにかを言いたげだった訴えるような感覚。
そしてなによりも、美しいイレーネが、地位やキャリアや出自が異なることから卑屈になって愛を告白できない主人公に寄せる、すがるようなまなざし。
25年ぶりに事件の行方を目撃した主人公は、今度は堂々とイレーネのオフィスに出向く。
イレーネは一目見るなり、ようやくというように、表情を変える。
それは、この主人公が25年ぶりにつかんだ、人生を回復しようという意志と自分に寄せる想いを、彼の「瞳の奥」にはっきりと見出したためだ。
初老にさしかかった二人にとっては、喪われた25年は、必要な期間であったのかもしれない。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 222日目「白洲正子/神と仏、自然... | トップ | 異端女優/沖山秀子(女優)/65歳 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですねえ。 (sakurai)
2011-03-28 22:05:16
改めて思い返すと、アルゼンチン映画ってないですね。
ドキュメンタリーでは何度か見ましたが、思い浮かびません。
でも、当地で行われたりしてるドキュメンタリーでは、いくつも秀作を見ております。
素晴らしい映画でしたね。
構成力も、役者のスキルも、落とし所も皆見事でした。
殺されてしまった新妻さんも出番はかわいそうな感じでしたが、とてもきれいだったなあ、と。
これは良い映画でした。 (きさ)
2011-03-28 22:13:11
被害者の夫の選択が明らかになるラストのインパクトはすごかったです。
でも主人公の最後の行動が救いですね。
タイプライターのエピソードが憎いです。

この映画、朝日新聞の沢木耕太郎の映画評「銀の街から」で取り上げられていました。
http://doraku.asahi.com/entertainment/movie/review/100818_2.html

この評がいいのでぜひご覧ください。
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-03-29 00:06:35
こんにちは。
美しい女優さんでしたね。
こういう映画を見たあとは、やっぱり映画はすごいなとあらためて思わされます。
きささん (kimion20002000)
2011-03-29 00:08:18
こんにちは。

うまいですね。タイプライターとか珈琲とか扉とか道具の使い方も。
リカルド・ダリン (mezzotint)
2011-03-29 10:43:07
こんにちは。
昨年、ラテンビート映画祭にて、リカルドさん
主演の「カランチョ」という作品を鑑賞しました。今回とはまた違うリカルドさんの魅力満載
でした。もし機会があれば、是非ご覧下さい。
アルゼンチン映画を観る事って本当に少ない
ですよね。これもなかなか面白い作品でした。
mezzotintさん (kimion20002000)
2011-03-29 23:11:01
こんにちは。
そういう映画祭があるんですか。
「カランチョ」DVDでは出ないのかなぁ。
初めまして (kazoo)
2011-10-04 12:37:45
初めまして。
TBありがとうございました。

アルゼンチンの司法のあり方にも
驚きましたが
この映画の余韻の重さに
なによりも驚きました。

愛は
その形を狂気にも変えるがゆえに
今を生きろというようなエピソード
凄かったです。
kazooさん (kimion20002000)
2011-10-04 23:07:05
こんにちは。とても見ごたえのある映画でした。殺された同僚の男の、ユーモアあふれる演技もとてもよかったです。
アルゼンチン映画 (オカピー)
2011-10-11 17:37:53
は、十年に一度くらいは日本でも観られますが、製作本数自体は少ないでしょうね。
それにしては観られる作品は優秀で、30年ほど前に「オフィシャル・ストーリー」が確かアカデミー外国語映画賞を獲っています。

もう少し体調が良い時に観たかったし、良くなったら必ず見直しますぞ!
ブルーレイに保存しておこうっと!

男女優とも良かったですね。
ソレダ・ビジャマルは、日本の誰それに似ているという話がほかのブログで出ていましたが、僕には、ペネロペ・クルスとオドレー・トトゥを足して二で割って老けさせたような印象がありました。
全然違うかな?(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2011-10-12 02:11:36
こんにちは。
いいなあ、録画ブルーレイ持ってるの?(笑)
僕、ああいう感じの女性好きなの。でも老け役が上手だなぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
瞳の奥の秘密 (あーうぃ だにぇっと)
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今...
『瞳の奥の秘密』(2009)/スペイン・アルゼンチン (NiceOne!!)
原題:ELSECRETODESUSOJOS/THESECRETINTHEIREYES監督:ファン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、ギレルモ・フランチェラ、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ鑑賞...
映画レビュー「瞳の奥の秘密」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
瞳の奥の秘密 [DVD]◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは ...
瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル (カノンな日々)
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描 ...
瞳の奥の秘密 (to Heart)
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国・地域 スペイン/アルゼンチン 上映時間 129分 原作 エドゥアルド・サチェリ 脚...
『瞳の奥の秘密』 (千の天使がバスケットボールする)
昨日のテレビ番組「嵐にしやがれ」でアニキゲストととして登場されたのが、”乙女なツインズ”のおすぎさんとピーコさんさんだった。その番組の中で、映画評論家のおすぎさんが櫻井翔君に是非観ていただきたいとお薦めしていた映画が、この『瞳の奥の秘密』である。65歳...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが....
「瞳の奥の記憶」 (はぎおの「ツボ」note)
今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作。   『瞳の奥の秘密』     珍しいアルゼンチン作品ということでとても興味を持っていましたが、先日「おすぎのシネマトーク」で紹介され、もうダメ押し ようやく見ることができました。(ネタバ...
『瞳の奥の秘密』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに
「瞳の奥の秘密」 (或る日の出来事)
何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。
瞳の奥の秘密 (迷宮映画館)
これはすごい!!傑作だ。
映画 「瞳の奥の秘密」 (ようこそMr.G)
映画 「瞳の奥の秘密」
瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、1974年のアルゼンチンで起こったある殺人事件によって、人生を狂わ...
瞳の奥の秘密 (なりゆき散策日記)
 以前、シネマズシャンテで「告白」をみたときの哀愁あふれる予告をみて、みたいと思った作品。本国のアルゼンチンとは公開に一年の時差があります。アカデミー賞の外国語映画賞を...
瞳の奥の秘密 (食はすべての源なり。)
瞳の奥の秘密 ★★★★☆(★4つ) 2009年のアルゼンチン映画。 第82回(2010年度)アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。 今、向き合う 事件の真相と 25年もの秘めた想いに・・・ ブエノスアイレスの連邦刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、忘れられ...
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな....
映画、瞳の奥の秘密 (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 年が押し詰まってくると、クリスマス映画が沢山公開される。クリスチャンで無い私にとってあまりぴんと来るものは少ないが、縁起物と見に行くことが多い。まあ、初詣に明治神宮と浅草寺に行く私だから特に矛盾は無いと思っている。  今年の第一弾は恵比寿ガーデンシネ...
瞳の奥の秘密 (風に吹かれて)
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
瞳の奥の秘密(2009) (銅版画制作の日々)
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国の...
「瞳の奥の秘密」まぁまぁでした (ポコアポコヤ 映画倉庫)
アカデミー外国語賞ノミネートに、世間の方々の評判も高いとなると、いやがおうにも期待してしまうというもの・・。
「瞳の奥の秘密」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「El secreto de sus ojos」…aka「The Secret in Their Eyes」2009 スペイン/アルゼンチン ベンハミン・エスポシトにリカルド・ダリン。 イレーネ・メネンデス・ヘイスティングスにソレダ・ビジャミル。 リカルド・モラレスに「今夜、列車は走る/2004」のパブロ...
瞳の奥の秘密 (シネマ大好き)
 裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、25年前に起きた事件を小説に書こうと、久しぶりに昔の職場を訪れ、かつての上司だったイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会した。当時判事補で婚約者のいた彼女は、今は判事に昇進し、二人の子持...
映画「瞳の奥の秘密」 (今日の素敵さがし)
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。
情熱の行方~『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、25年前に担当したある事件を題材に小説を書こ...
『瞳の奥の秘密』 (ラムの大通り)
(原題:El secreto de sus ojos) 「う~ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ~っ。そうニャンだ。 アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、 いったい、どんなお話ニャの? 「それは、比較的簡単...
瞳の奥の秘密■情熱の様々な顔 (映画と出会う・世界が変わる)
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。...
瞳の奥の秘密■個人を描きながら、国家への... (映画と出会う・世界が変わる)
この映画では25年という時間の流れがある。この25年の間にアルゼンチンという国も、そしてそこに生きる人々の生活も変わっている。この映画は、あくまでも個人の物語をその人の視点...
映画『瞳の奥の秘密』 (健康への長い道)
 昨日まで、11連勤。さすがに、疲れましたぁ~。最後の3日間ぐらいは、注意力散漫になっているのが、自分でもよく分かる。そんな状態で仕事するより、休んだ方が良いのは間違いないのですが、どうしても休めず・・・。やれやれ。  さあ、映画館に行こう!  というこ...
瞳の奥の秘密 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞外国語映画賞を受賞してからずーっと気になっていたアルゼンチンの作品です。 評判も良かったのに、こんなに観るのが遅くなってしまいました(^^ゞ 評判どおり見応えのある、じんわりといろいろな感情が心に残るような物語でした。
「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS (俺の明日はどっちだ)
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。 「目は口ほどに物を言う....
瞳の奥の秘密 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである...
瞳の奥の秘密 (Diarydiary! )
《瞳の奥の秘》 2009年 スペイン/アルゼンチン映画 - 原題 - EL SE
瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の上司であるイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会する。 1974年、...
瞳の奥の秘密☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルゼンチンを舞台に描かれたミステリーベース、でも実は愛の深さを描いた作品と。巷の評判はとってもいい作品です。裁判所を退職し、かつてかかわった事件を小説にしようとしていたベンハミンは、あの頃の女性上司に逢いに行く。事件は25年前の女性暴行殺人事件。一度は...
「瞳の奥の秘密」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ああいうテクニックで罪を自白させるって場合もあるのね。 いままで見たことないテクニックだ。 さすが、情熱の国アルゼンチンの映画というかなんというか…。 いちばんの誇りを踏みにじって真実を吐かせるっていうのは常套手段なんだろうけど、アレがいちばんの誇りだと...
瞳の奥の秘密 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 愛はとまらない 自分の気持ちをはっきりと伝えられずに相手を泣かせてしまうクセに、その思いだけはズルズルと引きずって悶々と過ごしてしまう。ラテンの男ってもっと熱しやすく冷めやすい...
瞳の奥の秘密 (Men @ Work)
2009年のアルゼンチン映画、「瞳の奥の秘密」(監督:フアン・ホセ・カンパネラ)です。新宿武蔵野館で鑑賞しました。 この映画、今年のアカデミー外国語映画賞を受賞してるということは観賞後に知ったのですが、いやそれも当然と思えるくらいの素晴らしい作品でした。 ミ...
瞳の奥の秘密 (小部屋日記)
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする...
瞳の奥の秘密 (こんな映画見ました~)
『瞳の奥の秘密』---EL SECRETO DE SUS OJOS THE SECRET IN THEIR EYES---2009年(スペイン/アルゼンチン)監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 、パブロ・ラゴ 、ハビエル・ゴディーノ 2009年に本国アルゼンチンで公...
瞳の奥の秘密 (LIFE ‘O’ THE PARTY)
秋だね。 昨夜は「初冬?」って位冷え込んで わたくし初カイロ
映画評「瞳の中の秘密」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり