サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10500「花のあと」★★★★★☆☆☆☆☆

2010年11月08日 | 座布団シネマ:は行

『蝉しぐれ』『武士の一分(いちぶん)』など数々の時代劇作品の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を、『青い鳥』の中西健二監督が映画化。江戸時代の東北を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自害したことを知り、その原因となった相手に敵討ちを果たそうとする女性の姿を描く。剣の達人であるヒロインを時代劇初挑戦となる北川景子が熱演し、見事な殺陣を披露。彼女が恋心を抱く剣士にバレエダンサーの宮尾俊太郎がふんするほか、甲本雅裕、市川亀治郎、國村隼ら実力派が脇を固める。[もっと詳しく]

藤沢周平作品の映画化が、相次いでいることなど。

『たそがれ清兵衛』(02年)、『隠し剣 鬼の爪』(04年)、『武士の一分』(06年)という山田洋次監督の藤沢時代劇3部作をはじめ、黒土三男監督の『蝉しぐれ』(05年)、篠原哲雄監督の『山桜』(08年)、中西健二監督の『花のあと』(09年)、現在劇場公開中の平山秀幸監督の『必死剣 鳥刺し』(10年)、クランクインしている再び篠原監督の『小川の辺』(11年予定)とこの十年にも満たない間に、藤沢周平の原作時代劇が8作も映画化されている。
藤沢周平は1997年、69歳で逝去している。
物故した作家の作品が、これほど相次いで映画化されるということは、この時代がどこかで彼の作品世界を必要としているということを指し示している。



藤沢周平の文壇デヴューは40代半ばのことであり、遅い出発であったかもしれない。
72年北斎と広重というふたりの天才絵師の関係を描いた『溟い海』がオール読物新人賞を受賞し、翌年『暗殺の年輪』が直木賞となった。
当時、『溟い海』を読んだ僕は、なんて苦しくて悲しい物語なんだろうと、感じたことを覚えている。
藤沢周平自身もエッセイで、あてどなく投稿を繰り返すその頃の自分は<鬱屈>していたと述べている。
その<鬱屈>には理由があった。
63年に現在エッセイストとして活躍している長女展子を出産直後、最初の妻悦子がまだ28歳の若さで急逝したのだ。
山形県鶴岡市で生まれた藤沢周平は、地元の教員時代に肺結核が見つかり休職を余儀なくされ、上京し東京郊外の病院に入院し、三度の手術を受けている。
退院後、業界紙の記者を転々とし、その傍ら習作を書いてはいたようだ。
59年に地元出身の悦子と結婚し、生活も安定し、子どもも生まれたその直後の不幸だった。



受賞後は、その作品もテーマも多岐にわたっており、ユーモアも垣間見えたりするが、やはり藤沢周平で人々に愛されるのは、架空の海坂藩を舞台にした時代小説である。
藤沢の東京での療養時代、俳句の集いで投稿していた静岡の句誌の名前が「海坂」であった。
舞台背景は彼が育った庄内藩である。
一年の3分の1は雪に閉ざされる小藩のなかで、藤沢周平が愛したのは名もない下級武士やその周辺に生きる人々の<忍従>とそのなかにある<一分の魂>だった。
武家社会のしがらみや、陰湿な身分社会や、家柄による男女の差別やといったことがらが、普通に生きる人々の自由を束縛している。
空は暗い、雪はしんしんと降り積もる、豊かなのは一部の特権階級だけだ。
けれどもその闇の中に少しかすかに明かりがともる。



春になれば、美しい山桜が目を楽しませてくれるし、農作業の合間には青空が広がり、鳥の声が澄み渡る。
藤沢周平は<忍従>を強いられながらも、信じるものに思いを寄せるその心情や友情や正義心やほのかな恋心に、温かい視線を送っている。
彼のほとんどの作品では、武士道の求道精神も、天下国家の大げさな議論も、才能にあふれた傑物も、登場しない。
歴史にその名を刻まないような、実直で人に気配りが出来るやさしい心根の人物の方が、剃刀のように切れる重臣や世渡りのうまい人々よりも、好意的に描かれている。



『花のあと』の以登役の北川景子や、『山桜』の野江役の田中麗奈や、『蝉しぐれ』のふく役の木村佳乃などの所作や立ち振る舞い方が、山田洋次三部作に比べると、なってないなどとする批評も目に付いた。
けれども、僕はそんなところは気にならなかった。
たった1回の剣の立会いで信頼を寄せた相手のために仇討ちに出る以登。
二度の結婚の失敗のなかで最初に縁談話があった男との山桜の思い出を支えに長い回り道をする野江。
子どもの頃の思い出を持ち続けながらも、身分違いのすれ違いをしながら「20年思い続ける」という心を受け止めるふく。
どの「恋」も単独の男女の、閉じられた恋愛の範疇で収まることはできないことは、登場人物たちはよくわかっている。
そういう時代であったし、そういう風土でもあった。
そのなかで「思い続ける」ことを、北の自然だけが見ていてくれたのかもしれない。
そして山田組以外の監督・スタッフたちも、作品の優劣はあるとしても、それぞれ比較されるプレッシャーに耐えながら、そのことだけを丁寧に救い上げているように思える。
もう、多くの言葉は必要ない、といった感性を。
そして、観客もそれを望んでいる。



藤沢周平のどの作品をとってみてもいいが、一般に思われているほど「秘剣」などをことこまかく解説しているわけではない。
だから殺陣は見せ場にはなるが、そのシーンが作品のすべてを決めるわけではない。
大掛かりなドラマもなければ、奇想の風雲児が活躍するわけでもないし、活劇の迫力で押すことも出来ない。
だから、黒沢明監督などは、きっと触手も動かされないだろう小さな小説世界だ。
司馬遼太郎のような国家論や歴史観が背景にさほどあるわけでもなし、山本周五郎のような庶民の私生活を細密に描き出すわけでもない。
池波正太郎のような江戸のグルメの仔細にニヤリとするシーンもなく、山田風太郎のような破天荒な歴史の創作もない。



けれども、やはりこれほど藤沢周平作品が映画化されたりするのは、本当はどこか「ふるさと」の懐かしい風景(それが現実にはとっくに喪失しており、また快適な暮らしから縁遠いことは重々わかっているとしても)を、たとえ幻想の中でも保存しておきたい、という僕たちの心性にその理由が
あるような気がする。
1ヶ月ほど前に山形まで車で出かけた。
まだ紅葉には早かったが、穏やかな里山を通り抜けながら、隠れ家のような温泉にいくつか立ち寄った。
もう少ししたら、また雪深い沈黙の季節となる。
空は晴れ渡り、空気が清浄だった。
『蝉しぐれ』では「かざぐるま」、『山桜』では「栞」、『花のあと』では「花のあと」という題名の主題歌を、いずれも一青窈が抒情的に歌唱している。
それらのメロディーが、ひんやりとした風の合間に、自然と思い返されてきた。

kimion20002000の関連レヴュー

隠し剣 鬼の爪
武士の一分





ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 201日目「古代メキシコ・オル... | トップ | 「座布団シネマ」500本達成! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックをありがとうございました (narkejp)
2010-11-12 04:54:32
こんにちは。「電網郊外散歩道」のnarkejpです。トラックバックをありがとうございました。地元山形の藤沢周平ファンです。おっしゃるとおり、英雄豪傑話でなく、時代小説に生活感を感じるところなど、たいへん新鮮です。
見事に (sakurai)
2010-11-12 07:57:29
藤沢の世界をあらわしてありがとうございます。
小さな世界なんですよね。
でもそれこそが我らがせっせと日常を送っているところ・・・。
映画が作られるたびに、もういいんじゃないかな・・・と思いながらやはり見てしまいます。

ぜひ、今度は真冬の庄内をおたずねください。きっと人生観が変わると思います。

先日実家に行ったとき、藤沢記念館に寄ってきました。結構な人出でしたね。
まだまだ引っ張るようです。
narukejpさん (kimion20002000)
2010-11-12 19:55:53
こんにちは。
地元なんですね。
風土が生み出した作家なんでしょうね。
藤沢周平は。少年の頃吃音だったようですね。
僕も昔はそうだったんでわかるのですが、そのことも藤沢文学のある資質となっているような気がします。.



sakuraiさん (kimion20002000)
2010-11-12 19:58:15
こんにちは。

真冬の庄内ねぇ。
人生観、変わりますか(笑)
そりゃ、行かないとね。

弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-04-21 22:00:16
「山桜」TB返し致します。
この作品を観た日は母はまだ元気でした。そういうことも思い出すと辛くなります。

母は恐らく実際的な姉や兄より僕と話があったと思います。花鳥風月を愛でたり。
最初に病院へ急行する日の朝も「今年は鶯が鳴かないね」と話をしました。
藤沢文学の映画化作品を観ると自然が扱われるケースが多いですし、山田監督の作品は特に鳥の声がよく使われて、僕はニコニコでした。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-04-22 12:46:02
こんにちは。
僕が母を亡くしたのは30代半ばのことでした。
着物姿の似合う人でした。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
楚々とした風情 (オカピー)
2011-06-04 16:54:08
山田洋次が「たそがれ清兵衛」を発表して以降、藤沢周平は物凄い人気で、一時の山本周五郎を彷彿としますね。

そのいずれの映画化も、本来、人それも女性について使う言葉ですが、“楚々とした風情”を感じさせてとても好ましい。

北川景子の剣士姿も大変良かったですね。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-06-04 23:46:04
こんにちは。
北川景子の剣士できりっと睨んでいるスチール(このレヴューにありますが)その画像を一時期モイターの壁紙にしていて、馬鹿にされました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『花のあと』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「花のあと」□監督 中西健二 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□原作 藤沢周平 □キャスト 北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀治郎、柄本 明、國村 隼、伊藤 歩、藤村志保(語り) ■鑑賞日 3月14日(日)■劇場 チネ...
花のあと (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の同名短編小説を映画化。江戸時代の東北にある架空の“海坂藩”を舞台に、武家の家に生まれた女性の姿を描いた時代劇だ。主演は『真夏のオリオン』の北川景子。共演に「踊る大走査線」シリーズの甲本雅裕、バレエダンサーの宮尾俊太郎、市川亀治郎、國村隼らが出...
花のあと (だらだら無気力ブログ)
『蝉しぐれ』『たそがれ清兵衛』など数々の時代劇小説を生んだ藤沢周平の 同名短編時代小説を『青い鳥』の中西健二監督が『ハンサム★スーツ』の 北川景子を主人公に迎えて映画化。 女性でありながら幼き頃より父より剣の道の手ほどきを受けた主人公が ひそかに想いを寄...
花のあと/北川景子、甲本雅裕 (カノンな日々)
手に取って読んだことは一度もありませんが、時代劇映画の原作者といえば先ずはこの方、藤沢周平さんというくらいに映画好きの私には認知度の高い時代劇作家さん。今では藤沢周平作品ならとりあえず観に行かなきゃというくらいに気に入ってしまってますが、本作は北川景子...
花のあと (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
花のあと [DVD]凛々しい女剣士の一途な思いが美しい珠玉の映画だ。江戸時代、東北の小藩・海坂藩。組頭の家の一人娘・以登は、男顔負けの腕を持つ剣術の使い手。藩でも有数の剣士で、一度だけ竹刀を交えた下級武士・江口孫四郎に恋心を抱くが、以登には決められた許婚・平...
花のあと☆独り言 (黒猫のうたた寝)
久しぶりの時代劇です。しかも女剣士が主役。北川景子主演の『花のあと』原作は藤沢周平の『海坂藩大全』の中の短編のひとつ。たった一度竹刀を交えただけだった。そのとき以登が感じた想いは、たぶん恋だったのだろう。でも、彼女にも、彼にも決められた許嫁がいた。それ...
花のあと (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月27日(日) 16:50~ キネカ大森3 料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:売り切れ 『花のあと』公式サイト 例によって藤沢周平原作の時代劇。 いつもの藤沢周平映画のような雰囲気で、雪が積もる地方、気のいい人間や清廉潔白な人間...
藤沢周平原作の映画「花のあと」先行上映を観る (電網郊外散歩道)
前日に久々の週末農業で働いた骨休めの日曜日、妻と映画を観に出かけました。お目当ては、もちろん山形で先行上映の「花のあと」です。藤沢周平原作の『花のあと』についてはすでに記事としており(*1)、映画の完成を楽しみに待っておりました。なんでも、27日の土曜日には...
花のあと (シネマ大好き)
 藩の要職を務める寺井家の一人娘以都(北川景子)は、幼少から父の手ほどきを受け、男顔負けの剣道の達人。花見に出かけた日、藩内随一の剣士といわれる江口孫四郎(宮尾俊太郎)に出会い、父に頼んで彼と試合をする。  自分を女と侮らず、真剣に向き合ってくれた孫四郎...
花のあと (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。藤沢周平原作、中西健二監督、北川景子、宮尾俊太郎、甲本雅裕、市川亀治郎、國村隼、佐藤めぐみ、相築あきこ、伊藤歩、柄本明。舞台は藤沢周平お馴染の庄内・海坂藩。男勝りの女剣士以登(北川景子)は生まれた時、藩内随一の剣豪だった思われる父甚左衛門(國...
花のあと (迷宮映画館)
とっても静謐な映画でした。そして、力強い。
花のあと、ネタバレありません (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一度竹刀を交えただけという宣伝がされているが、それに到るまでにはしっかりと物語がある。藩で一番の腕と言われる男性には負けたが、事実上の一番の剣豪である女性の活躍が描かれている。この映画の見所は、殺陣シーンではなくてそこに到るまでの登場人物の心情だ。
映画 「花のあと」 (ようこそMr.G)
映画 「花のあと」
【花のあと】 (日々のつぶやき)
監督:中西健二 出演:北川景子、甲本雅弘、宮尾俊太郎、市川亀治郎、國村隼、柄本明、伊藤歩   許されぬ恋の始まりでした。 「父の影響で男顔負けの剣術の腕前を持つ以登は、以前から強いと噂に聞いていた江口孫四郎に花見の折に声をかけられた。その時から孫四
花のあと  監督/中西 健二 (西京極 紫の館)
【主演】  北川 景子  甲本 雅裕  市川亀治郎 【ストーリー】 東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に一瞬にして熱い恋心を抱く。しかし以登にも孫四郎にも共に家...
花のあと (シネマDVD・映画情報館)
藤沢周平の同名短編小説を「青い鳥」の中西健二監督が映画化した時代劇。江戸時代の東北地方を舞台に、密かに想いを寄せていた下級武士の仇討ちを果たす女性の姿を描く。出演は「わたし出すわ」の北川景子、「曲がれ!スプーン」の甲本雅裕、本作が映画初出演となるバレ...
「花のあと」:勝どき橋南詰バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
屋形船って、こんなところに停泊してるのね。 桜の季節になったら、この船に乗って隅田川巡りなんて、風流でいいな。 船こそ出てこないけど、桜の花見から始まる映画が、藤沢周平原作の「花のあと」。 {/kaeru_en4...
『花のあと』 (ラムの大通り)
「いまさらあたりまえすぎることだけど、 やはり映画は監督次第だね」 ----えっ。この映画って、そんな有名な監督ニャの? 「い...
花のあと (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『たそがれ清兵衛』『蝉しぐれ』『武士の一分』など、数々の秀作時代劇の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を映画化。『山桜』に続く「海坂藩大全」からの映画化第二弾!物語:東北にある海坂藩。藩の要職を務める寺井家の一人娘として生まれ、幼い頃から父親...
花のあと (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の同名短編小説を北川景子さん主演で映画化した作品です。 女性の主人公が敵討ちをするというストーリーがちょっと気になっていました。 儚い桜の華やかさと共に凛とした強さが真っ直ぐに伝わってくる、爽やかな余韻の残る作品でした。
映画『花のあと』 (健康への長い道)
 藤沢周平さんの短編が原作の『花のあと』をシネ・ピピアにて。 Story 東北の小藩、海坂藩。満開の桜の下、以登(北川景子)は、下級藩士ながら藩随一の剣の遣い手である江口孫四郎(宮尾俊太郎)と出逢う。かつて、江口不在の道場で、並みいる男性剣士を圧倒したほど...
「花のあと」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年:日本/デスティニー=東映監督:中西 健二原作:藤沢 周平脚色:飯田 健三郎/長谷川 康夫 藤沢周平の同名短編時代小説を、「青い鳥」の中西健二監督が映画化。 舞台は藤沢時代劇お馴染みの東北、
【映画評】<!-- はなのあと -->花のあと (未完の映画評)
ただ一度竹刀を交えただけの男のために仇討ちをする女剣士を時代劇初挑戦の北川景子が演じる、藤沢周平原作の時代劇。
空気の花 (Akira's VOICE)
「空気人形」 「花のあと」 
花のあと (愛猫レオンとシネマな毎日)
2008年に公開された「山桜」に続き、藤沢周平さんの短編小説を集めた 「海坂藩大全」からの映画化第2弾になります。 海坂(うなさか)藩とは、藤沢周平の郷里である東北、荘内地方をモデルに作った 架空の藩の名前です。 数多くの作品の舞台となり、それらを一堂に...
花のあと (花ごよみ)
藤沢周平の小説「花のあと」 表題にもなっていいる短編が原作。 WOWOWで録画していたのを見ました。 感想を記してはいませんが「花のあと」は、 以前に読んでいます。 主人公は以登。 祖母(ばば)になった以登が、 孫たちに話しかけるという出だしで始まる。 以登...
映画評「山桜」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・篠原哲雄 ネタバレあり
『花のあと』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
満開の桜の下で、組頭の娘である以登は一人の若い武士と出会う。彼は下級藩士でありながら、海坂藩随一の剣の使い手と云われる江口孫四郎。女ながら剣に覚えのある以登は、父の許しを得て孫四郎と試合をすることになる。 孫四郎は女の剣だと馬鹿にすることなく真っ直ぐに...
喪中映画評「花のあと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中西健二 ネタバレあり
花のあと (RE940の自作DVDラベル)
2010年 東映 108分 監督:中西健二 出演:北川景子  甲本雅裕  宮尾俊太郎 相築あきこ 佐藤めぐみ 谷川清美 綱島郷太郎 市川亀治郎 伊藤歩 柄本明 國村隼 今世紀に入ってから各小説が相次いで映画化され、いま再び脚光を浴びている人気時代劇作家、...