サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07233「とかげの可愛い嘘」★★★★★☆☆☆☆☆

2007年05月20日 | 座布団シネマ:た行

いつもポケットにとかげを入れた黄色いレインコートを着て嘘ばかりついている転校生のアリ。そんなアリを好きになったジョガンだが、ある日アリは忽然と姿を消した。10年後、高校生になった二人は再会するものの、またもアリは行方を... 続き

きっと誰もが、自分たちだけの、「秘密の呪文」を持っていたいのだろう。

タイトルだけで、ファンタジー映画だとわかる。
韓国映画の場合、まあ7割~8割の確率で、この種の映画は、どうしようもなくくだらない映画であるに決まっている。
とはいうものの、主演がカン・ヘジョンとチョ・スンウである。
1000の顔を持った少女といわれるカン・ヘジョン。「トンマッコルへようこそ」のあの妖精のような愛くるしさが見られるかもしれない。
そして、「マラソン」で知的障害者の役をやったチョ・スンウが、あの天真爛漫の笑顔をまたみせてくれるかもしれない。
それだけの期待で、見始めることにした。



二人の子供時代に遡る。
転校生アンは黄色いレインコートにとかげをしのばせている。そして「私に近づくと悪いことが起こるわよ!」と級友たちを脅かす。
「ティルカカ・クルクル・カンタピア・ザウルス」と呪文を唱えて、トカゲを取り出すと、子供たちは気味悪がって逃げ出す。
でも、ジョガンだけは違う。すっかりアンの虜になり、王女様に付き従う騎士のように、いつも、アンから離れない。

でも突然アンはいなくなり、次に再会するのは10年後、ふたりは高校生になっている。
相変わらず、わけのわからない話で、ジョガンをケムに巻くアン。
「私は地球の彼方、エプシロン星のお姫様よ」
「トカゲが地球を支配しているの」
「NASAに誘拐されていたの、そのうち、宇宙船が迎えに来るわ」
でもジョガンは再会できただけで有頂天。アンが何を言ってもニコニコしている。



けれどもまたアンは姿を消す。
次に登場するのは、また8年後、銀行員になったジョガンの前にひょっこり姿を現す。
もう、ジョガンは置いてけぼりになることに耐えられない。ロビーにいるアンを逃げないように、自分の靴紐をはずして縛りつける。
「もうどこにもいかないで」と懇願するジョアンに、「明日からアメリカなの」と平気で言い放つアン。
ジョガンは渋々、空港まで送っていく。

友人の事故で、見舞いに行った病院で、ジョガンはアンに送った木製のトカゲを持った少年を見つける。そして、アンが両親を事故でなくし、アンも手術の際、輸血のミスでHIVの陽性になっており、姿を消していた期間は入院していたのだということ、そしてもう命が消えかけていることを知る・・・・。



アンは写真家になっていた。
アンが興味を持っていたミステリー・サークルを死と戦っているアンのためにジョガンは草原につくる。
そして、病院からアンを奪回し、ライトで飾り付けられたミステリーサークルのなかで、二人で、宇宙船の飛来を待つ。
「愛している」「ごめんね」
「愛している」「ごめんね」
「愛している」「ごめんね」
薄れゆく意識の中で、アンとジョガンは何度も何度も、泣きながら、言葉を掛け合う。
そしてとうとう、二人が待った、宇宙船が下りてくる・・・・。

もちろん、スピルバーグの「未知との遭遇」と同じように、宇宙船(円盤)は疎外を感じている主人公が心的にみた幻覚である。けれど、アンとジョガンにとっては、幻覚であろうがなんであろうが、それはふたりが視た真実なのである。



ファンタジーという形式を借りた、悲しい物語である。
けれども、僕たちは、ミステリーサークルのなかで、たった二人だけの閉じられた空間を仮構し、死の瞬間を円盤という幻覚をつくりあげることで、魂の救跋という物語に変性させていくふたりの純粋さに、心が動かされる。
どんなにか長い間、この嘘つき少女は、孤独な時間を過ごしたんだろう。
そして、ジョガンは気まぐれな少女に振り回されながら、何を信じて、再会を確信していたのだろう。

ティルカカ・クルクル・カンタビア・ザウルス

きっと本当は誰もが、自分たちだけの秘密の呪文を、持っていたいのだ。





 


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 07232「隠され... | トップ | 時代の落とし子(24時間都市... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっしゅ)
2007-05-20 23:31:52
こんばんわ!コメントありがとうございました!

なんとも不思議な映画でしたけど、
最後はとても可愛そうでしたね!

好きな人を思って、嫌われたくないから嘘をついた、、、。なんとも可愛そうな嘘ですけど、その嘘をすべて多い尽くす愛をもった男性に巡り合えた事が一番良かったんだと思います!
あっしゅさん (kimion20002000)
2007-05-21 02:40:01
こんにちは。
こんな包容力のある男性なんていませんよ!といってしまったら、このファンタジーは成立しませんからね(笑)
アンは自分に降りかかった過酷な運命に耐えるために、自分で一生懸命物語を創って、対抗していたんですね。
それが、いじらしいです。
はじめまして (lotusruby)
2007-05-22 00:12:02
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。

この作品、この2人の役者に期待した分、よけいに期待がはずれてしまいましたが、実生活で恋人同士だったこの2人が別れてしまったので、もうこんな不思議な物語にはお目にかかれないと思うと、またちょっと趣が変わる。。。かもしれませんね(笑)
lotusrubyさん (kimion20002000)
2007-05-22 07:48:18
はじめまして。
そういうゴシップも含めて、娯楽ですからね。
実生活では、呪文も、通じなかったということかも、しれませんね(笑)
コメント&TBありがとうございました (satesate)
2007-05-22 21:54:33
コメントありがとうございました。

この映画、なんと言っても、子役の二人が可愛かったです。

大人になってからは、
銀行員になった、チョ・スンウが
靴紐を外して、アリの片足首を
銀行のイスに結びつけるエピソードが好きです。
satesateさん (kimion20002000)
2007-05-22 23:34:12
こんにちは。
あの靴ヒモのシーンは上手なシナリオですね。
思わず、唸りました。
こんばんわ。 (michi)
2007-06-10 18:27:32
TBありがとうございます。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。
話が進むうち、「また死んじゃうの。。。?」と
いつものパターンにちょっとガッカリだったのですが、
UFOの登場は新鮮でした 笑!
アンに近づくと悪いことが起きるのは偶然にしても、
学校の先生が自転車で転んだのは可笑しかったです
michiさん (kimion20002000)
2007-06-11 00:06:08
こんにちは。
とかげとUFO。
なかなか意外な設定でしたね(笑)
TBありがとうございました (ダーク)
2007-09-18 19:19:54
TBありがとうございました、、、
う~ん、最後のUFOの演出は
そういう意味があったのですね。

 あの部分がよくわからなかったのですが、
すっきりしました。話題の二人が共演という
ことで、話題でしたが、韓国では興行的には
うまくいかなかったようです、、。

 でも私は結構楽しめましたよ。
いろいろと書いていますのでまた遊びにきて
くださいね、、、、。
ダークさん (kimion20002000)
2007-09-18 19:32:16
こんにちは。
ラストは・・・僕の勝手な解釈ですけどね。
これからもよろしく。
こんばんは。 (paramu)
2007-09-18 21:30:23
今日はTBをありがとうございました。
UFOの解釈新鮮です。
不思議少女を演じたらNo1のカン・ヘジョンさん、好きな女優さんのひとりです。
私もTBさせて頂きました。
Unknown (kumi)
2007-09-18 22:33:30
TBありがとうございました。
子役が可愛かったです。
チョ・スンウも良いですね!
不思議な雰囲気の作品ですが、なんだか惹かれてしまいます。
ご無沙汰しています (aki)
2007-09-19 00:49:37
TBありがとうございます。
この映画のタイトルにもある「とかげ」と、アンがついてきた「嘘」は、
アンが自分の過酷な運命を受け入れ生きて行くための術と解った時、
なんだか切なくなってしまいました。
ラストも読めてしまうベタな展開かもしれませんが、
主演のお二人の演技で、なんだか心惹かれる作品でした。
コメント多謝 (kimion20002000)
2007-09-19 01:08:26
>paramuさん

UFOが切なくて、たとえ、幻視でも美しかったと思います。

>kumiさん

あの子は、一生懸命、切ない演技をしていたんですね。

>akiさん

二人とも、高校生ぐらいの演技は、ちょっと苦しかったですけどね(笑)
TBありがとうございました (ちゃぎ)
2007-12-20 09:09:55
実は、こういうファンタジー系のラブロマンスは一番弱い分野なんです。
カン・へジョンも「オールドボーイ』の方が素敵だし、チョ・スンウも「ワニとジュナ』とかの方が本当は好きなんですけど・・
上のkimionさんの解説を読ませていただいて、なるほどと思いました。 こちらからもTB貼らせていただきます。
ちゃぎさん (kimion20002000)
2007-12-20 12:10:51
こんにちは。
ラブロマンスは、始まるや否や、やめたくなるものが多いですけどね、たまに、みて、ちょっと心が和んだり、小さな感動を受けたりというものが、ありますね。
TB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2008-03-31 01:25:58
TBだけで、コメントが遅くなりました。
すみません。

配給側ももう少し選んで輸入すれば良いと思う作品が多い韓国ロマンスにあって、上出来とは言いかねるものの、趣味としてはそれほど悪くないと思いましたね。

しかし、ミステリーサークルは些か証文の出し遅れで、犯人が解ってしまっている今では、ちょっと。
あの場面自体ももう少しあっさり処理してくれた方が却って効果的だったでしょう。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-03-31 07:39:18
こんにちは。
まあ、ミステリーサークルの場面以後は、ファンタジーですけどね。そんなに、あざとい感じはしなかったんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
とかげの可愛い嘘/チョ・スンウ、カン・ヘジョン (カノンな日々)
まぁ、要するに韓国映画では定番ともいえる幼馴染みモノ&難病モノのラブストーリーなんですけど、この作品の一番の目玉は何と言っても主演のチョ・スンウとカン・ヘジョンの実力派カップル。しかも、この二人、ホントに恋人同士というんだからまたスゴイでしょ?日本じゃ...
とかげの可愛い嘘 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
   評価:★5点(満点10点) 2006年 117min   監督:カン・ジウン 出演:チョ・スンウ 、カン・ヘジョン 、カン・シニル 、チョン・ソンファ 、イ・ジェヨン[俳優] 、パク・コンテ どうしてそんなに彼女は嘘をついちゃうのか???彼...
とかげの可愛い嘘 20点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
SFレーザーブラスト 公式サイト 常に黄色いレインコートを着込み、ポケットには生きたトカゲを忍ばせ、とても信じられない嘘ばかりついている少女・アリと、そんな彼女に恋をした主人公・ジョガンとの、小学校時代から社会人までの約20年に渡る、すれ違いの恋愛ストー...
『とかげの可愛い嘘』(2006年) ★★★☆☆ (どっぷりレビュー)
実生活でも恋人同士だった主人公たちが最近別れた、と言う予備知識はありました。話題性によって味付けされた作品は、それが意味を持たなくなると作品まで色あせてしまいがちです。今となっては本人たちも冷静に観られないのでは?と、余計なことを考えてしまいます。----...
「とかげの可愛い嘘」 (てんびんthe LIFE)
「とかげの可愛い嘘」一ツ橋ホールで鑑賞 チョ・スンウとカン・へジョン。今、実際にパートナーとして生活している二人を主演させるとは韓国映画界はいったい何を考えているんだ!と別の意味で興味を持ってしまった作品。日本じゃあとても考えられないでしょう。主役と...
とかげの可愛い嘘 (ネタバレ映画館)
タクシーの運転手はリッキー・ホイか?
とかげの可愛い嘘 (韓国映画好き)
少年ジョガンは、黄色いレインコートを着た見知らぬ女の子に一目惚れ。その子はアリという名の転校生で、「自分は宇宙人だから、呪いを防ぐためにレインコートを着ている」と言う風変りな女の子。アリはいつもポケットにペットのとかげを入れている。周りの子供たち...
韓国映画「とかげの可愛い嘘」 (今日のわたくしゴト)
やはり、期待していかないと、いいのか、映画って。 韓国映画で、純愛モノらしい、チョ・スンウとカン・ヘジョンさんの主演 くらいの情報で、見ました。 そう、今、長野市のシネマポイントでは、 韓国映画「夏物語」と「とかげの可愛い嘘」が上映されています。 それな...
とかげの可愛い嘘:私が宇宙に帰るとき見送ってくれる? シネマート六本木 (気ままに映画日記☆)
久しぶりのに泣ける映画はどうだと行って来た。 トンマッコルのカン・ヘジョンとマラソンのチョ・スンウ。期待して見てきました。 タイトル:とかげの可愛い嘘 監督:カン・ジウン 出演:チョ・スンウ/カン・ヘジョン/カン・シニル/チョン・ソンファ/イ・ジェヨン /ビ...
『とかげの可愛い嘘』(VCD) (Addicted To Who Or What?)
原題は『とかげ(도마뱀)』(2006年 監督:カン・ジウン)、どうして邦題になると「可愛い」とか甘ったるい不要な表現がつくのだろうか。面白いことに英題は『Love Phobia』。恋愛恐怖症とでも訳すのか・・・「可愛い」とはかけ離れているのに・・・ ...
【とかげの可愛い嘘】 (ナムグン・ミンくんのおるすばん部屋)
=== とかげの可愛い嘘<2006年> === [[attached(1,center)]] ☆当時、恋人関係にあった二人だけに、演技をしているというよりも自然すぎて、前半部分は流れるように進みます。 ☆転校生アリ(ピョン・ジュヨン)のつく突拍子もない嘘を信じるジョガン(パク...
とかげの可愛い嘘(チョ・スンウ/カン・ヘジョン主演) (華流→韓流・・・次は何処?)
自分は地球人ではないと言い、晴た日にも呪いを避けるためにと黄色い雨合羽を着ているアリと、そんなアリに一目惚れし、ずっと思い続けるジョガンの純愛。
「とかげの可愛い嘘」 (いつか また 韓国へ)
当時交際中だった仲良し二人が主演で 話題になった作品。
映画評「とかげの可愛い嘘」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年韓国映画 監督カン・ジウン ネタバレあり
【とかげの可愛い嘘】WOWOW(HV) (BLOG de thymos)
【とかげの可愛い嘘】(HV・シネスコ) 監督/カン・ジウン(2006 韓) 出演/カン・ヘギョン、チョ・スンウ カン・シニル、チョン・ソンファ ■作品 「私は呪われた女の子」とうそぶく少女に惹かれた男の子。現れたかと思えばいつも忽然と姿を消してしまう不思議な...