サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 07234「手紙」★★★★★★☆☆☆☆

2007年05月30日 | 座布団シネマ:た行
殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の苦悩を描く東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派ドラマ。『電車男』の山田孝之が、兄の罪に翻弄される弟としての重みある演技をみせる。直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、... 続き

「最後の場所」を静かに暖かく、東野圭吾は保存している。

ある女性から打ち明けられたことがある。
実兄が人を殺めてしまった、と。
妹である彼女と両親は、その十字架を背負って生き続けるしかないということを。
一瞬、絶句した。
なんの慰めの言葉を、僕は言えるだろうか。
つまらない同情など、必要としない凛とした素敵な女性であった。
自分が刑に服しているその兄に変われるわけではない。
もちろん、それは家族のひそやかな秘密であり、たまたまこちらにある瞬間心を許してくれたから、吐露してくれただけのことである。
あのときほど、言葉の無力を、僕自身が感じたことはなかった。
もちろん、その後、誰ともその話をしたことはないし、彼女との会話の中でも、互いに二度と持ち出されることはなかった。
もう、20年以上前のことである。けれど、いまでも、だらしなく沈黙するしかなかった自分を、僕は恥じている。



「手紙」という東野圭吾の小説を読んだとき、もちろん、シチュエーションは違うのだが、僕は、殺人犯の弟である武島直貴(山田孝之)の心情に、彼女を重ね合わせることを避けることは出来なかった。

貧しかった武島剛志(玉山鉄二)と直貴の兄弟。
剛志は弟の学費を稼ぐために仕事で無理をして腰を痛めて、解雇される。
追い詰められた剛志は、裕福そうな家に忍び込んで、盗みを働く。家人が戻る。
慌てて、盗んだものを返そうとするが、パニックに陥った家人が騒ぎ、止めようとして、はずみで命を奪ってしまうことになる。
直貴は大学進学を諦め、働きに出るが、勤め先で、「殺人者の弟」という十字架を背負うことになる。
そして、ひっそりと、目立たぬように、誰にも心を開かずに、毎日をやり過ごす。
兄は獄中から弟に手紙を出す。丁寧に返事を書く弟。兄の生き甲斐も、弟だけだ。けれど、弟は、兄につきあっていくことに次第に疲れを覚えるようになる。
弟と漫才コンビを組む寺尾祐輔(尾上寛之)と恋心を抱く白石由美子(沢尻エリカ)は、直貴を気遣いながら、励まし続ける。
しかし、「兄貴元気ですか。これが最後の手紙です」という文面を最後に、直貴は兄と連絡を絶つ・・・。



罪を犯すとは。刑罰とは。更正とは。
重いテーマである。
東野圭吾は、簡単なヒューマン・ドラマを描こうとはしていない。
けれども、切れることのない兄弟の絆と、その絆を自分のことのように護ろうとする、薄幸のしかし強靭な魂を持つ由美子という稀有な資質の少女を通して、かろうじて運命に対抗すべき「最後の場所」を保存している。
「最後の場所」とはなにか?
運命を変えることは出来ないし、起こってしまったことは、引き受けるしかしょうがない。
諦めも、慟哭も、苦悩も、躊躇も、他人に転嫁することは出来ないし、忘却することもできない。
弟のために犯罪を犯してしまった剛志も、本当は兄思いの直貴も。
けれど、そこから生きていく。
それを知っていてくれる人がいる。祐輔や由美子のように。
たったひとりに伝わるだけでいい。ちゃんと、感じていると。
それが「最後の場所」だ。



人目を避けて生きる直貴が、人前に立ってお笑い芸をする漫才師になるという、ミスマッチング。
どうしてこういう不自然とも思える設定にしたのかと、たぶん読者(観客)は誰しも疑問をいだく(原作はお笑いではなくミュージシャンであるが)。
けれど、これは、制作スタッフが周到に用意した布石である。
刑務所の慰問で久しく手紙を断絶していた弟は、受刑者に対し、一生懸命笑いを誘い出す。
相方がふと「おまえの兄貴は」と悪げなく突っ込む。言ってしまって、凍りつく二人。直貴は一瞬言葉に詰まりながら、「兄貴はどうしようもないけど兄貴やから」としのぐ。
受刑者はわからず笑っている。
受刑者の中で剛志だけは、顔の前で手を合わせながら、口に出さず、嗚咽している・・・。
このシーンを思い出すだけで、僕は目頭が熱くなる。



山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ。
人気の若手俳優3人が、きわめて真面目に演技している。とても好感が持てる。
「3年B組金八先生」や「男女7人夏物語」「ビューティフル・ライフ」などを演出したベテランの生野慈朗も流さずに、きわめて真面目に制作に当たっている。

「手紙」は娯楽映画とはいえないし、感傷を誘う映画でもない。
けれども、人生は、テレビのバラエティショーに戯画化されるためにあるわけではない。
不可避の運命というのは、多かれ少なかれ、誰にもふりかかる。
まったく理不尽に、ある意味不平等に!
そのことはよっぽどの鈍感でなければ、誰しもうすうす感づいているのだ。
そこに静かに、東野圭吾は、言葉を届かせようとしている。
その緊張感に、役者も監督も観客も、真面目につきあっている。
つきあっている自分自身を、いつもだったらバランスをとるために突き放すだろうに!
なぜか、「手紙」という映画を前にしては、そういう気にはならないのだ。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真相は墓場の中に/山崎進一(... | トップ | 狙って獲ったグランプリ(個... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-05-30 21:31:17
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 原作では、直貴の進む道はお笑いではなかったんですよ。
 なので、映画のその設定に「ん?」となる方も
 少なからずいるように思います。
 (私もです^^;;)
 それでも、あの涙のラストシーンには
 そういった疑問も吹き飛んでしまいましたけど^^;;

 kimion20002000さんも、主人公の周囲の人と同じ立場に
 立たれたことがあったんですね。
 急な状況に言葉に詰まる状態、すごくわかる気がします。
miyukichiさん (kimion20002000)
2007-05-30 22:11:19
こんにちは。
原作は、ミュージシャンでしたね。
劇中も、違和感ばかりがあったんですけど、まあ、慰問のシーンはうまく創作されていましたね。
存在。 (BC)
2007-05-31 01:16:07
kimionさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうです。(*^-^*

弟(直貴)が慰問の漫才を通じて
兄(剛志)の存在を受け入れた意志を伝えるクライマックスが印象深く、
今でも余韻が残っています。
不器用な兄をもった直貴が直貴自身なんですよね。

山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカは真摯に演じていましたね。
これからの日本映画を支えていく存在になりそうですね。(*^-^*
BCさん (kimion20002000)
2007-05-31 02:12:36
こんにちは.
山田孝之は「電車男」よりずっとよかったです。
玉山鉄二はいい「やつし方」をしていました。
沢尻エリカの関西弁はずいぶん非難されているようだけど、僕は気になりませんでしたね(笑)
お久しぶりです。 (アスカパパ)
2007-06-02 09:44:50
原作も読んで居られるのですね。映画のご感想も拝読しましたが、同感です。TBさせていただきました。

私は映画しか観ておりませんが感銘を受けました。毎年観た映画のランク付けをして楽しんでいますが、昨年観た日本映画の中ではナンバー・ワンです。
アスカパパさん (kimion20002000)
2007-06-02 23:31:10
こんにちは。
ご自分のランクづけで1位ですか。それはすごいですね。
この映画は、やはりテーマの設定だrと思うんですね。
真面目に撮ってありますけど、映画そのものは一流ではありません。
けれども、突き動かされるという意味では、僕も衝撃でした。
おはようございます。 (kirei1995)
2007-07-21 08:01:44
わざわざの訪問ありがとうございます。
東野作品苦手ですが、この映画に関しては泣いてしまいました。
原作も読んでみようかな?
kirei1995さん (kimion20002000)
2007-07-21 08:07:47
こんにちは。
そうですね。これは、原作も十分に、感情移入できる作品だと思いますよ。
TBありがとうございました♪ (香藍夏葡)
2007-07-21 23:03:52
こんにちは。
TB、コメントありがとうございました!
「手紙」の感想から派生した独り言のようなものだったので、驚きました。(笑)

映画は芸人になっている設定がうまいなぁと思いました。
他がわりとシリアスなので、直貴の苦しい状況と対比されてる感じで…。

映画も原作も、クライマックスに涙すると同時に色々考えさせられて、良い作品だと思います。
香藍夏葡さん (kimion20002000)
2007-07-23 10:13:31
こんにちは。
良心的な作品ですね。
映画も、小説も。
コメントありがとうございました (ほんやら堂)
2007-10-17 23:19:59
kimion20002000様,コメントありがとうございました.

原作は読んでいませんが,お笑いを一方の軸に持ってきたことは成功だったのではないかと思っています.

もっとも関西系の人からは,お笑いそのものが寒いという厳しい評価もあるようですが.

いずれにしろ良い映画だったと思います.
ほんやら堂さん (kimion20002000)
2007-10-18 02:06:02
こんにちは。
いくつか脚本的にはきついところもありましたが、役者たちは頑張ったと思いますね。
ん~ (miyu)
2007-10-28 00:43:32
コレは試写会で2回観ましたけど、
kimon20002000さんのような経験はないのですが、
ど~しても強く感情が入りすぎてしまいます。
miyuさん (kimion20002000)
2007-10-28 00:48:48
TBありがとう。
ラストの歌は、「感情」にさらに追い討ちをかけますねぇ(笑)
コメントありがとうございました (YOSHIYU機)
2007-12-17 22:18:02
原作のミュージシャンではなく
お笑いにして正解でしたね。
俳優に下手くそな歌を歌わせたり
歌手に下手くそな演技をさせずに済みましたから(笑)
松竹新喜劇とかでも、笑いと涙は近いものがあるので
笑わせて感動にもっていけたのも良かった。
YOSHIYU機さん (kimion20002000)
2007-12-18 01:18:11
こんにちは。
でも原作ファンが多いですからね、設定の変更には、スタッフも結構、勇気がいったかもしれないですね。
kimion20002000さんに (オカピー)
2008-04-12 02:20:18
僕はいつも感動しているんです。

星は6つであるのに、「感情移入した作品である」と仰られる。これはなかなかできることではありませんから。勿論個人的な経験がなされる部分もあるのでしょうが。
僕の6点も実はそう低くないのと同様に、kimionさんにとっても決して低い点ではないのでしょう。「映画としては一流ではない」が、心を打つものがあるので6点ということなんですね。

>関西弁
その地方に住む方にとって非常に気になるものでしょうが、そんなものはどうでも良いんですよね。
結局彼らが生活している場所が関東ではないということを示すのが重要。
映画のリアリティとは【現実らしさ】であって、現実そのものではない・・・というのが僕の主張です。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-04-12 10:57:05
こんにちは。
★1から★3というのは、なぜ、個人的には駄目だと言いたいのかを、あえて力説します。
★7から★9というのは映画としての力量もそうですが、個人の勝手blogですから、自分のツボということを、偉そうにおしゃべりしたくなる対象作品です。
★4から★6というのが、実はいちばん微妙なんです。オカピーさんと異なり、僕がレヴューする作品は
結果として7、8本に1本です。
このあたりは、自分では実は一番冷静に、作品やテーマを客観視したいなあ、と思っている作品群のような気がします。
★10は、今後の人生の楽しみのために、席を空けています(笑)
こんにちは (つばめ)
2008-04-24 09:39:50
久しぶりに思い出しても、ジーンと胸に甦ってくるものがあります。やはり、原作の素晴らしさから来るものなのでしょうね。
平凡な人間がふと犯してしまった罪が、これほどの波紋を呼ぶとは誰も思ってもいません。深く考えさせられた作品でした。
つばめさん (kimion20002000)
2008-04-24 15:57:51
こんにちは。
重いテーマですけどね。
じっくりと、心にしみる原作です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『手紙』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『手紙』鑑賞レビュー! 人は、ひとりでは生きていけないー。 11月3日全国松竹東急系にてロードショー! 第134回直木賞作家 東野圭吾の涙のロングセラー 待望の映画化! 優しさを失った現代社会の 希望を失ったすべての人々に贈る 魂の人間...
手紙 (Good job M)
公開日 2006/11/3監督:生野滋朗出演:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹 他【あらすじ】川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴、20歳。誰とも打ち解けない、暗い目をしたこの....
映画「手紙」を観て来ました!! (馬球1964)
先日、採り上げました東野圭吾氏原作の話題作、「手紙」を観て来ました!!涙がとまりませんでした!!
手紙 (2006) 121分 (極私的映画論+α)
あなたは加害者の家族を許せますか? 
『手紙』 (京の昼寝~♪)
差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。     ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦直樹、吹...
手紙 30点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
あたしつるぎさき。おてがみいっぱいかくの! 公式サイト 東野圭吾の同名小説を映画化。同氏の作品は、"加害者側の視点"で、人間としての苦悩を描いたものが多いが、本作もその一つ。人を殺して刑務所に服役中の兄を持つ主人公・直貴の、"人殺しの家族"として世間から...
試写会鑑賞 九段会館にて ~ 生野 慈朗 「 手紙 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 小雨の火曜日です。 今日は、昨日 一足先に 九段会館にて行なわれた試写会で観させて頂いた、生野慈朗氏の新作映画について。 『 手紙 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 生野 慈朗 原作 : 東野 圭吾 『 手紙 』( 単行本 ‘03年 (株)...
あの時教室を見渡して、おたくが一番頭が良さそうに見えたからさ ~ 東野 圭吾「 手紙 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 良く晴れた水曜日です。 今日は、先日御紹介させて頂いた、2006年11月より公開予定の生野慈朗氏監督作品の 映画『 手紙 』 ( ‘06年 日本 ) の原作となった東野圭吾氏長篇小説について。 『 手紙 』 東野 圭吾 ( 単行本 ‘03年 (株)毎日新聞社 ) 武...
試写会鑑賞 新宿 東京厚生年金会館 大ホールにて ~  生野 慈朗 「 手紙 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 良く晴れた木曜日です。 今日は、火曜日 一足先に 新宿 東京厚生年金会館 大ホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、東野圭吾氏の同名の長篇小説( 単行本 ‘03年 (株)毎日新聞社 ( 文庫本 (株)文藝春秋より刊行予定 ) )を原作とした、生野...
「手紙」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る 川崎のリサイクル工場で働く青年、武島直貴(山田孝之)。積極的に話しかけてくる食堂の 配膳係・由美子(沢尻エリカ)とも打ち解けることなく、人目を避けて生きる彼には ある秘密があった。兄・剛志(玉山鉄二)は、弟...
『手紙』 (試写会帰りに)
『手紙』 重厚で丁寧な描き方に、つい引き込まれて行きます。「もし自分の家族、たった1人の肉親が犯罪を犯したら、どうするのか?」と自分に問いかけながら見ました。よくTVのニュースで見かける、被害者家族の本当の心の内、その一歩先を垣間見たような、人間の情、業...
手紙/山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ (カノンな日々)
公開初日に梯子で観ようと思ったとき「デスノート」は決まりでもう1つ何を観るか迷ったんですよねぇ。でも「デスノート」とコレの二本立てにしてたらどちらも感動がかなり薄まってしまったことでしょう。ちょっと小腹が空いてたけど何も買わずに臨んで正解でした。コレ、...
「 手紙 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之  / 玉山鉄二  / 沢尻エリカ 原作 : 東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊) 挿入歌 : 小田和正 『言葉にできない』 公式HP : http://www.tegami-movie.jp/   || 今年
「手紙」映画と小説、両方で号泣(T_T) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作を読んで、凄い色々考えさせられたし、映画に行った回りの人達の評判を聞いたら、レンタル開始になるまで待てない気分になって、映画も見て来ちゃいました。 原作を読んでから、映像化されたものを見る時、多くの場合
手紙 (花ごよみ)
  もう、5年位前になるのでしょうか、 新聞の日曜版の連載で読みました。  すぐに読んだ内容を、 忘れてしまう自分にとっては珍しく、 長期間の連載だったせいもあるが、 かなり年月が経っているにもかかわらず、 結構、記憶に残っている物語でした。  直貴にもう...
手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  直木賞作家 東野圭吾の 涙のロングセラー、待望 の映画化!   公式サイトはこちら。     評価:★8点(満点10点) 2006年 121min 監督:生野滋朗 主演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵  【あらすじ】...
手紙 (Akira's VOICE)
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
試写「手紙」 (That's the Way Life Goes)
[:映画:]「手 紙」 小田さんの 「言葉にできない」 が挿入歌になったと聞いたときから、これは一応チェックしようと試写会に応募しまくり、2通も当たっちゃったんですよ。 それなのに、どちらも仕事で行けず…。 で慌てて確実な方法を、と思ったのがまたしてもG...
『手紙』 (いつか どこかで)
映画『手紙』を見てきました。
現実を受け入れて生きていくという事。『手紙』 (水曜日のシネマ日記)
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けた服役中の兄と、その弟の物語です。
手紙 (UkiUkiれいんぼーデイ)
時間が無いと言いつつも、試写会となれば話は別! 誘っていただいたこの新作を鑑賞してきました~♪ 思ったとおり泣けました。 通信網がこれだけ発達している世の中でも、携帯やネットで連絡が取れない場所がある・・・。 そこは・・・刑務所の中。 主人公...
「手紙」 (てんびんthe LIFE)
「手紙」明治安田生命ホールで鑑賞 泣かされると思って行ったら本当に泣けました。不思議。突っ込みどころ満載の話なのに。理由は単純。玉鉄をみていたらそれだけで泣けました。哀愁漂っていると言うか、悲しい人生。作品そのものは山田孝之くん演じる直樹に対する差別...
『手紙』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「気まずいねぇ~!」 ----ニャんなの。それ? 「映画『手紙』で主人公が組んでいる漫才コンビのネタ。 原作では音楽なんだけど、お笑い...
手紙 (映画君の毎日)
手紙 スタンダード版/山田孝之 ¥3,120 Amazon.co.jp 手紙 ~あなたに会えてよかった~ ¥1,953 Amazon.co.jp 始まってすぐ、この...
(今日の映画)手紙 (Kozmic Blues by TM)
手紙 (2006/日) The Letter
手紙 (そーれりぽーと)
殺人犯の家族が負う差別を描いた『手紙』を観てきました。 ★★★ 差別に次ぐ差別で救われない日々。 綺麗事を並べるのではなく、現実の厳しさを描いている。 自分の周りはどうか。いや、自分自身はこんな家族が近所に居たらどんな対応をするだろうか。 家族に贖罪の義...
手紙 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「手紙」         (生野慈朗:監督)  手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る  1年近く前に原作を読んだんですが、  とにかく涙がボロボロジュクジュクあふれては止まらなくて、  とくに後半はほとんど、泣きながら読んでいました...
手紙 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 日本 監督:生野滋朗 出演:山田孝之/玉山鉄ニ/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/吹越満 ストーリー:武島直貴(山田孝之)、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志(玉山鉄ニ)が、直貴を大学にやる学費欲し...
「手紙」悪夢の連鎖を断ち切る想いを綴った最後の手紙 (オールマイティにコメンテート)
「手紙」は殺人事件を犯して無期懲役で服役している兄と世間からの差別に苦しむその弟との手紙を通じたやりとりが描かれている。今は殆どメールでのやりとりが多くなったけれど、手紙から思いが伝わる事もあるし、それで苦しむ事もある事を確りと描かれており、苦悩する側...
「手紙」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
注:ネタバレあります。 「手紙」を観てきました。 繊細で静謐な演出。 人間の持つ業、あるいは原罪といったものを描きながら、それでいてとても清々しく心温まる作品でした。 確かに主人公の直貴は兄が犯した殺人によって苦しめられますが、彼の傍にはいつも彼を支えて...
東京国際映画祭『手紙』舞台挨拶@オーチャードホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
観たい映画に必ずと言っていいほど出ている沢尻エリカ第3弾(ぇLIVEまで時間が空いたんで、東京国際映画祭から「虹の女神」と天秤にかけ『手紙』を選択。沢尻エリカは、おとといも見たばかり(笑) 『シュガー&スパイス』(ココ)、『天使の卵』(ココ)の過去2作の舞...
手紙 (ネタバレ映画館)
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
『手紙』 ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:日本映画、東野圭吾原作、山田孝之・玉山鉄二・沢尻エリカ共演作。
オレ、兄貴を捨てる・・ (CINECHANの映画感想)
257「手紙」(日本)  武島直貴、20歳。誰とも打ち解けず、暗い目をした青年。彼が人目を避ける理由、それは兄、剛志が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で、誤って人を殺してしまったことだった。剛志への判決は無期懲役。  殺人犯の弟して疎...
手紙 (skywave blog シネマな独り言)
評判通りの良い作品でした。 まず、ストーリーの良さが印象に残ります。犯罪者の弟というレッテルを貼られた主人公直貴(山田孝之)。しかし、挫折のたびに救いの手(田中要次、
手紙…原作よりも必要以上に泣かせる作品? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}からうちの長男が宿泊研修とのこと。 多分キツイ登山とかさせられるんだよね。多分{/face_nika/} 今日も映画の記事です。 「手紙」 (監督:生野慈朗、出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、2006年邦画) TSUTAYAさんで「ナチョ・リブレ 覆面の...
手紙 (5125年映画の旅)
工場で働く真面目な青年、直樹。性格は真面目でお笑い芸人になるという夢も持っている直樹だったが、他人と深く関わろうとはしない。彼には一つの負い目があった。それは、唯一の肉親である兄が強盗殺人で服役中であるという事実だった。 この映画、当初は観に行く予...
手紙☆独り言 (黒猫のうたた寝)
やっぱり食指が動かないのって・・・理由があるんだわ^^;山田孝之くんの、暗い暗いキャラクターに最近、どーも全部同じに見えてきてるエリカさま・・・とはいえ、タダゆえ観にいきました。。。東野圭吾の原作に、オフコースの歌がかぶる『手紙』たった一人の兄が自分の...
『手紙』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  その「美しさ」が、リアリティの邪魔をした。 『手紙』 参考:手紙@映画生活 手紙-シネマトゥデイ 2006年・日本・121分 監督:
手紙(映画館) (ひるめし。)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。
『手紙』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
?川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志が、直貴を大学にやる学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわた
『手紙』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『手紙』(本館) 【監督】生野慈朗 【脚本】安倍照雄 【原作】東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊) 【主題...
「手紙」試写会レビュー  涙が、溢れてしまう。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クライマックスには、まさに、涙が溢れるという表現がぴったりの映画だ。
【映画】手紙(試写会) (まったり読書日記)
試写会に当たったから一緒に行かん?という幸運なお誘いが舞い込み 今日は、試写会に行ってきました~♪ 11月3日からの公開に先駆けて、映画「手紙」を鑑賞してきました。 ≪内容≫ 川崎のリサイクル工場への送迎バス。 最後部座席に野球帽を目深に被った青年...
手紙・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
殺人犯として服役する兄と、犯罪者の家族として、世間の冷たい風の中に生きる弟を軸に、人間と人間のつながりを描いた東野圭吾のベストセラー小説の映画化。 テレビドラマのベテラン演出家、生野慈朗が映画監督として16年ぶり
手紙 (to Heart)
―言葉に できない。― 製作年度 2006年 原作 東野圭吾 脚本 安倍照雄/清水友佳子 監督 生野慈朗 音楽 佐藤直紀 出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山...
手紙 (とんとん亭)
「手紙」 2006年 日 ★★★★★ 号泣でした。 私の住む街のシネコンが、いつも暇なのに「デスノート」のお陰で混みあって いるのは先週お伝えいたしましたが、そのおこぼれに預かったのか、(同時間 に上映で既に満席で来た客は、帰るか違うのを観るか...
手紙 (アスカ・スタジオ)
 現在(2006年11月)公開中の映画です。以下の内容はネタバレしていますので、お読み頂く場合はその旨ご了承ください。  題名と内容がこれほどマッチした映画は珍しい。兄(玉山鉄二)が弟(山田孝之)に送る手紙。弟、直貴が兄、剛志に送る手紙。直貴の代わりに由美子(江尻...
人殺しの・・・ 「手紙」 (平気の平左)
評価:75点
手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:生野慈朗 出演:山田孝之,玉山鉄二,沢尻エリカ 鑑賞日:2006年10月28日(GyaOオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 工場で働く20歳の武島直...
【劇場鑑賞124】手紙 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 兄貴、ごめん。俺、兄貴を捨てる・・・ 兄が人を殺した 夢も恋人も 全部なくした 兄のせいで
手紙 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      手紙(2006年、ギャガ・コミニケーションズ) http://www.tegami-movie.jp/ 監督:生野慈朗  原作:東野圭吾 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、他          直貴の兄は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を...
映画「手紙」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
エンディングに流れる小田和正の曲、「言葉にできない」は客を泣かせるスイッチ? 私はあの曲が流れて来ると涙が止り思い出し笑いが…(ノ∀`) アチャー
『 手紙 』 (My Style)
『 手紙 』  生野慈朗:監督  東野圭吾:原作 「 差別のない国を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ- 」 兄・剛志(玉山鉄二)は、直貴(山田孝之)を大学にやるための学費欲しさに 盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまい、千葉の刑務所に服役中。 ...
号泣「手紙」 (さっぽろシネマパラダイス)
   人気ミステリー作家・東野圭吾の同名小説を映画化した社会派ドラマ。 兄が強盗殺人を犯したことでいわれなき差別に苦しむ主人公の姿を通して、加害者の家族をとりまく社会のあり様を真摯なまなざしで見つめる。 主演は「電車男」の山田孝之、共演に玉山鉄二、...
手紙 (●○からん コロン○●)
東野圭吾さんの「手紙」を斜め読みしてました。 先々週くらいに映画化されたのを見て
手紙 (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/生野慈朗 「手紙の力」 私は「毎日新聞の日曜版」で原作を読んでいた。東野圭吾だからてっきりミステリーだと思ったのにそうではないこと、週に一度の掲載であるため物語のスピードが遅々としていることから、あまりノレない作品であったという...
「手紙」 (KASHIWA一市民)
やっとレンタルできました。 泣ける映画との噂だったので。 東野圭吾の原作も読んだことだし。 弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、 誤って女性を殺してしまった剛志。 千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。 しかし、兄が受刑者と...
映画「手紙」 東野圭吾原作 (NoStory,NoLife)
 手紙制作年度:2006制作国:日本出演:山田孝之[主演]監督:生野慈朗脚本:安部照男/清水友佳子音楽:佐藤直紀原作:東野圭吾人はひとりでは生きていけない・・・優しさを失った現代社会の、希望を失ったすべての人々に贈る魂の人間賛歌!直木賞受賞作家・東野圭吾×...
『手紙』(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
予告どおり「手紙」をワーナーマイカルシネマズで見て来ました。イオン浦和美園の中にある映画館で初めて行ったんですがテーマパークのように大きくそびえているのですぐわかりました「ゆれる」(過去日記)が事件と裁判を当事者中心に兄弟を描いたものだとすると「手紙」は...
『檸檬のころ』 (たーくん'sシネマカフェ)
さて今日は母の手術後、定期検査日。朝、空いている時間に病院に行きその後、また映画三昧を決行!検査結果は先生から完璧!というお墨付きまでもらったくらいいいみたいです♪そのため、初めて青春18きっぷを購入。今回は20周年ということで5回分が8千円。(いつも...
DVD『手紙』 (みかんのReading Diary♪)
手紙 スタンダード版(2006/日本) 直貴の兄は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔とお笑いでプロになることだったが、毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。そ...
独断的映画感想文:手紙 (なんか飲みたい)
日記:2007年10月某日 映画「手紙」を見る. 2006年.監督:生野慈朗. 山田孝之,玉山鉄二,沢尻エリカ,吹石一恵,尾上寛之,吹越満,杉浦直樹. 咲きほこる桜の下で手紙を読む青年.やがてバスが来
手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃい...
手紙 (ネタバレ映画館)
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
『手紙』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で、誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが・・・。感想人気作家の東野圭吾が直木賞候補にな...
映画評「手紙」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・生野慈朗 ネタバレあり
手紙/The Letter(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:...