サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06126「ダニー・ザ・ドッグ」★★★★★★☆☆☆☆

2006年01月17日 | 座布団シネマ:た行

ジェット・リー主演、リュック・ベッソン製作・脚本のアクション・エンターテインメント。共演はアカデミー俳優の一員となったモーガン・フリーマン。撮影は『トランスポーター』のピエール・モレル。ジエット・リーが孤独な主人公を表現するために、スタジオに一人で泊まり込みをして役作りに挑んだ意欲作。[もっと詳しく]

ジェット・リーはじめてのキスシーンと一筋の涙。

 「トランスポーター」であっといわせるカーアクションと小気味のいい演出で喝采をあびたルイ・レテリエ監督。
彼も、当然、ヨーロッパのアクション映画の頂点である、
リュック・ベッソン一家だ。
ベッソンは1959年生まれ。小さい頃からイルカと親しみ、海洋生物学者になるのが夢だった。
16歳で史上最年少のプロダイバーとなる。病気でダイバーの道から転進をはかり、脚本の世界に入る。
海の世界へのレクイエムのように「グレートブルー」(後に完成版で「
グランブルー」)で、その名を知らしめたが、僕には、偶然映画館で前知識もなくみた「サブウェイ」のポップなアクションが記憶に強い。
泣き虫の女殺し屋を描いた「
ニキータ」、そして少女を一途に愛する殺し屋を描いた「レオン」からもう10年たったわけだが、今作では、2001年「キス・オブ・ザ・ドラゴン」に続いて、ハリウッドで、ジェット・リーと組むことになった。



5歳のときから悪漢バート(ボブ・ホプキンス)に引き取られ、「闘犬」として、訓練され、地下室に首輪をして飼われるダニー(ジェット・リー)。
家族も愛も知らず、バートの命じるまま、相手を「殲滅」する肉体兵器。
かすかな記憶はピアノが奏でるモーツァルトの旋律。

ダニーは、偶然、盲目のピアニストであるサム(モーガン・フリーマン)と出会い、調律を見よう見まねで手伝う。
サムの養女であるヴィクトリア(ケリー・コンドン)とも、気持ちが通じ、はじめての愛情に包まれた時間をすごす。
しかし、居所を探し当てたバートは黙っていない。
サムの家にまで押しかけたバート軍団に、ダニーは単身、向かっていく・・・・。



ジェット・リーは1963年生まれ。11歳で早くも中国全国武術大会で優勝。
以降、5年連続チャンピオン。彼のカンフーは筋金入りなのだ。
1998年、ハリウッド進出、「
リーサル・ウェポン4」で、デヴュー。
最近では、忙しいハリウッドから逆に本国に招かれ、チャン・イーモウの大作「
HERO」で、主役のストイックな暗殺者を演じた。
ただ、もともとが武道家のジェット・リーにとって、本格的なヒューマンドラマは本作が初めてのように思われる。
香港特有の明るさと大げさな演技、そして、徹底して美しい武術の型をもった見事なアクションシーン。
もともと、大きな体躯をもつわけではないし、童顔である。
この映画では、言葉もおぼつかず、心も開いたことのない、怯えながらも無垢な青年を、懸命に演じている。

ヴィクトリアに優しくキスされるシーンがある。
なんと、ジェット・リーの初めてのキス・シーンであり、スタッフは自然な感情が出るまで時間をかけたという。
そして、自分の「家族」を取り戻したあとの、一筋の涙。
こんな、脆く、傷つきやすい、ジェット・リーに、お目にかかったことはない。
数々の決闘シーンは飽きさせない。演技指導は、アジアのアクション監督の栄誉を欲しい侭にするユエン・ウーピン。
「殺人犬」として飼われたダニーに必要なのは、武術の知識ではない。
首輪を外されご主人様に「殺せ!」と命令されるや否や、「効率的」に「突発的」に獲物に飛びかかり、連打の致命傷を負わせ、確実に「仕留める」。
そういう意味で、この作品の戦闘シーンは、記憶に残る。



モーガン・フリーマンの存在感はこの映画でも出色であった。
モーガンから監督に撮影1週間前(ということは本番直前にということ)に提案があり、サムというピアニストを盲目にしたいと。
そのほうが、ダニーがもっている資質を、色眼鏡をかけることなく、察知するというサムのキャラクターが活きるだろう、と。
スタジオは大慌て。当日、盲目の状態で役になりきってスタジオ入りしたモーガンは、カメラにぶつかりながらも、迫真の演技をやってみせた。

悪漢バート役のボブ・ホプキンス。
アメリカン・コミックの悪漢のように、不死鳥のように生き返り、ダニーにいやらしく迫るのだが、この役者は大好き。
映画「
モナリザ」で恋した高級娼婦を守るため身を挺する中年アウトロー役。
音楽にあの「モナリザ」ということで僕は泣いてしまったが、この映画では、本当に憎たらしいチンピラの親分を演じている。
自身、暗黒街の住民たちとも付き合いがあったホプキンスは、なんとセリフの9割をアドリブで演じたと言う。



あくまでも、娯楽作品に仕上げた寓話である。
事故で親友夫妻を亡くし自分も失明したサムと7歳でひきとられた親友夫妻の娘ヴィクトリア。
神に祈り、清楚に生きる。こんな親子は寓話だ。
5歳で引き取られ、「闘犬」として飼われるが、人を疑うということも知らない。
もちろん、ダニーが現実にはいるわけがなく、寓話だ。
だけど、傷ついた者達同士に、まっとうな「家族」がごく自然に立ち上がる。
そんな「家族」をさがしだすことは、奇跡に近いというのに。
寓話だからこそ、僕たちは、安心して、疑義を持つこともなく、「娯楽」に感動することができるのかもしれない。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (61)   トラックバック (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初閻魔 | トップ | 阪神淡路大震災記念日 »
最近の画像もっと見る

61 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-01-17 19:25:21
いつもありがとうございます!

初めてのキスシーン??うっそぉ〜?!

でも、演技していましたね。うまかったです。

ジェット・リー、かわいい!
キスシーン (kimion20002000)
2006-01-17 19:55:50
うそみたいだけど、考えてみれば、少林寺のシリーズにも、なかったなあ。涙も、あんまり、覚えがないよ。40歳にして、初キッスなんて、可愛いじゃないですか。
TB、ありがとうございました♪ (cherry@Cinemermaid)
2006-01-17 21:09:46
ボブ・ホプキンスの9割のアドリブ、びっくりしました

凄いですね〜w( ̄△ ̄;)w

でもそのせいで迫真の演技になったのかもしれませんね

演技派俳優に囲まれていたのでジェット・リーも安心だったかも、です(* ̄m ̄)
Unknown (akemi)
2006-01-17 21:52:16
こんにちは。

こちらからもTBさせていただきました〜。

昔「リーサル・ウェポン4」を観て、

かっこいいな〜と思ってました。

アクションものはあまり観ないので、

他の作品はわからないのですが、

今回のような「家族愛」がテーマの作品の

ジェット・リーが観られて、よかった〜v
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-17 23:23:51
>cherryさん



いやあ、ホプキンスは、悪役賞ですね。ほんとに、憎らしかった(笑)



>akemiさん



リーサルでは、悪役でしたけどね。なんか、好きになってしまう役者さんです。



TBありがとうございます。 (erin)
2006-01-17 23:38:49
血の繋がりのない父娘と犬として生きてきた彼。肌の色も違う三人が家族として相手を思いやる姿に、私は素直に感動できました。ホントはジェット・リーのアクションが観たかっただけだったんですけど。

私もTBさせて下さいね。
erinさん (kimion20002000)
2006-01-18 00:39:09
そうですね。最初に期待していたものと違ったところで、面白いと、嬉しいものですね。
意外にも真面目に! (タエコ)
2006-01-18 10:57:28
そして、きちんと映画について語ってるんですね。労作です。

この映画は未見ですが、モーガン・フリーマンがそんな役作りをしていたとは。アメリカの役者には知的な人が多いですね。

モーガン・フリーマンを見るたびに、私は、志村喬を思い出す。あんな渋いおやじは、見なくなりました。今の中高年はちゃらちゃらしてる。うちらもしかり!

ときどき、モーガン・フリーマンの名前が出てこなくて、フリー・マントルとか言ってしまいます。
タエコさん (kimion20002000)
2006-01-18 14:17:05
こんちは。タエコさんというのは、年末を共にしたイーストさんですか?

だとしたら、blog開設、おめでとう、といってもいいのかな?

コメントする場合、上記のURLの蘭に、自分のblogのURLをコピペします。そうすると、(タエコ)のところから、リンクが貼れます。

わかんないことあれば、メールしてくださいな。
おおっ「サブウェイ」!! (romper-stomper-rc)
2006-01-19 00:44:54
こんばんは〜。TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただきますね。



私も偶然見た「サブウェイ」でリュック・ベッソン知って、クリストファー・ランバート大好きになっちゃったんですよ〜カッコイイ〜って(最近パッとしてないですよね〜彼・・)



ジェット・リーは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」の彼が好きなんですけど、「ダニー・ザ・ドッグ」では40過ぎなのに、この画面いっぱいの愛らしさはどうよ!?って、本当に驚きというか鍛錬の賜物というか・・・素敵な彼でございました。
romperさん (kimion20002000)
2006-01-19 01:25:55
コメントどうも。

サブウエイなんて、ベッソンの初期の何作目かという感じでさ。アメリカ映画にはない、ポップさがあったな。音楽が画面から聞こえてくるみたいで。とんでもない才能がでてきたなあ、と思ったんだけどな。
モーガン・フリーマン (giants-55)
2006-01-19 02:24:52
初めまして。書き込み及びトラックバック有難うございました。



モーガン・フリーマンの裏話、初めて知りました。凄い役者魂ですね。彼の演技力は以前より評価していたのですが、この作品でもその魅力を充分発揮してくれています。



それと、ピアノマン事件に酷似した映画は「ラヴェンダーの咲く庭で」というのですね。情報有難うございました。早速検索して調べてみましたが、なるほど似通った内容です。機会が在れば見てみたいと思います。



これからも宜しく御願い致します。
giantsさん (kimion20002000)
2006-01-19 02:30:58
こんにちは。

モーガン、どの映画見ても、助演賞候補だな。出だしから、存在感、ありすぎ。

トラックバックありがとうございました (クロ)
2006-01-20 00:31:51
こちら側にもトラックバックでリンクさせていただきました。

僕のブログにお越しいただいてありがとうございました。



僕のブログは他のみなさんと違って、

俳優さんとか監督さんに関係なく、

純粋に感想を述べているだけですが、

今後ともチラリとでよろしいので、

お越しください。



お待ちしております。
クロさん (kimion20002000)
2006-01-20 02:43:26
歓迎します。

こちらも、いつでも、のぞいてください。
TBありがとうございました。 (こでまり)
2006-01-20 09:28:50
ホプキンスはアドリブですか・・・

凄すぎる・・・!びっくりしました!
こでまりさん (kimion20002000)
2006-01-20 11:11:20
どういう関わりかまで知らないけど、「暗黒街」で、育ったことがあって、その世界のリアリティをものにしているんでしょうね。
トラックバック (よつば)
2006-01-20 15:10:24
訪問が遅くなってゴメンなさいトラックバックありがとうございました。



ジェット・リーにとっては初キスシーンだったんですね ウフフッ。

モーガン・フリーマンも最高です☆



ジェット・リーは武侠物が1番かな。

少林寺や阿羅漢もいいけどウォン・フェイウォン(ワン・アポ)が好きです
よつばさん (kimion20002000)
2006-01-20 20:11:15
こんにちは。

まあ、42歳で、初キッス演技が話題になるというのも、なんか、可笑しい話だけどね。
TBありがとうございます (サネ)
2006-01-20 22:11:53
こんばんは。

映画、監督、人物について詳細に書かれていまして、知らないこともあり、とても参考になりました。

こちらからもTBさせていただきました。



さねさん (kimion20002000)
2006-01-21 01:28:45
こんにちは。今後とも、よろしく。
Unknown (先生)
2006-01-22 13:30:56
楽しく拝見させていただきました。
TBありがとうございます! (さい)
2006-01-22 20:05:39
遅くなりましたがTBありがとうございました!

ホプキンスの演技9割がアドリブだったんですか?

びっくり〜

悪者なんですが、どこか憎めない悪者だなぁと思ったのは私だけでしょうか。

顔が丸くて、優しげだからでしょうか?





遅れましたが。 (モーガンフリーマンjp)
2006-01-22 21:48:37
コメント&トラックバックありがとうございました!

確かに「寓話」ですよね。

でも「娯楽」を楽しむのにそもそもリアリティは必要なんでしょうか。

僕は「共感できる」ことが大事なんじゃないか、と思います。それがあればリアリティなぞ大した問題じゃない…と個人的には思います。

またお邪魔します。失礼しました〜。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-23 00:19:29
>先生



これからもよろしく



>サイさん



とても、個性的な役者さんです。



>モーガンフリーマンjrさん



ああ、共感だと思います。ただ、リアリティが共感にいたるような種類の映画もあるのだということだと思います。
コメントありがとう (kaoritaly)
2006-01-25 08:24:38
TBしていただいて、お返しが遅くなってすいません。



凄く丁寧にレビューをかいてますね。色々と参考になりました。



またどうぞヨロシクお願いします。
kaoritalyさん (kimion20002000)
2006-01-25 09:40:36
コメントありがとう。

こちらこそ、よろしくお願いします。
TB有難う御座います♪ (Aki.)
2006-01-28 04:28:20
アクションだけじゃないジェット・リーってのもたまには良いですね。

思っていた以上に作品も面白かったし。

撮影秘話(?)も楽しく読ませて頂きました。



ではでは、これからもよろしくお願いします。
Akiさん (kimion20002000)
2006-01-28 12:35:52
さて、次の映画はどうなんでしょうね。英語をあまり使わなくてもすむ非アクションの設定は?

楽しみです。
返TB&コメント、ありがとうございました! (honu)
2006-02-01 07:18:31
こんにちは〜

ジェット・リーの40歳過ぎとは思えない初々しさに、驚きました

一筋の涙――忘れられません。



ところで、引退するという噂は本当なんでしょうかねぇ?     
honuさん (kimion20002000)
2006-02-01 07:49:52
こんにちは。

引退は噂されてますが、本当のところは分かりませんねぇ。
TBありがとうございます♪ (ユカ)
2006-02-05 03:02:35
遅れてしまいましたが、TBありがとうございました〜(^0^)

リュックベッソンって、海洋学者になるのが夢たっだんですね〜!?

知らなかった!

というか、私、最近映画は見るけど、

それに関する情報にうといです…(^^;)

また来ますね〜♪

ユカさん (kimion20002000)
2006-02-05 03:11:17
イルカが好きで、海に潜ってばかりいたようですよ。なにせ、「グランブルー」の脚本・監督ですからね。

でも、このころは、「都会」のちょっと、ノワールも入ったドラマばかりだ。
Unknown (へっきー)
2006-02-15 04:32:12
どうも初めまして

TBありがとうございます

いろいろあら捜しするとたくさんありますが

そんなのお構いなしに 見て楽しめますよね^^

ジェット・リー 好きです



ザ・ワンでも、みようかなぁと思いました(笑)



またヨロシクお願い致します
へっきーさん (kimion20002000)
2006-02-15 17:56:32
今度、ジャット・リーのデヴューから、ちょうと、「ワン」ぐらいまでを押さえた魅力紹介DVDが出ましたね。期待しましょう。
コメントどうもでした〜 (さくさく)
2006-02-23 22:25:41
そういえばジェット・リーのキスシーンっておぼえがないです

そーゆー意味でも、とても新鮮な映画でした

では〜
さくさくさん (kimion20002000)
2006-02-23 22:37:32
コメントありがとう。キスシーンね。何度か、女優さんとからんだけれど、なかったんですね。フムって、感じです。
TB感謝です。 (Athena)
2006-03-04 00:53:14
こんばんは。TBありがとうございます。

モーガン・フリーマンの演じたサムが盲目だったのは

こういう経緯があったのですね。

うまく言えないんですが、

この映画は、彼の存在感のある演技があってこそ

だと思いました。

とても詳しくて、丁寧なレビュー、すごく参考に

なります。また遊びに来させて頂きますね。



Athenaさん (kimion20002000)
2006-03-04 04:10:42
コメントありがとう。

フリーマンがいなければ、だいぶん違ったトーンになってしまったような気がしますね。

いつでもどうぞ。
TBありがとうございました (リッチフィッシュ)
2006-03-10 15:28:05
TBありがとうございました。

何時も内容が深くてすごいなと思います。

初キスシーンですか?

ジャッキーとかのアクション系の人たちは、あまりラブシーン多くないと思いますが、初めてというのは、驚きました。

逆TBさせていただこうと思ったのですが、私の方は、ブログ書き始めて最初の頃の内容だったので、恥ずかしくて控えました。(^^;

また、よろしくお願いします。
リッチフィッシュさん (kimion20002000)
2006-03-10 16:05:20
コメントありがとう。

アノ年でね、初キスってのは、信じられないけどね。

まあ、少林寺の子供の時から映画出てたけど、さすがに、修行の中でキスシーンはないか(笑)
TBありがとうございました♪ (メル)
2006-03-10 16:37:08
そうか・・・初キスだったんですね(^^ゞ

そういわれれば、彼のキスシーンなんて見たこと無かった(^ー^* )フフ♪

ほんとにこの映画ではジェット・リーが可愛かったです♪

「モナリザ」未見なんですよ〜!ボブ・ホプキンズ好きなのに・・・。見たいと思いつつ見て無かったので、思い出させて頂けたので、今度是非見てみます♪

ここで今こうやってkimionさんの記事を読ませて頂いて、そうか〜!そうだったのか〜!と思うところがたくさんあって、なんだかもう一回見たくなりました♪^^いろいろ教えていただいて感謝♪^^
メルさん (kimion20002000)
2006-03-10 22:03:39
コメントありがとう。

「モナリザ」はもう、20年前のイギリス映画。泣けます。ナットキング・コールの往年の大ヒット曲が主題歌で素敵です。ぜひ、探してください。
TBありがとうございます。 (tommy)
2006-03-11 05:27:53
ジェット・リーマジかっこいいッス

個人的に『ロミオ・マスト・ダイ』の最後のバトルシーン最高ッス(映画館で1回観たきりなんですけどね。衝撃が強かったのかな?)

『SPIRIT』は絶対映画館で観たいッス!!
tommyさん (kimion20002000)
2006-03-11 10:48:11
コメントありがとうッス。

僕もSPIRITは、映画館で観たいッス!!
TBありがとうございました^^ (イチジ)
2006-03-12 14:24:34
遅くなってすみません(^_^;)ここのブログは内容が濃くてすごいですね。私なんか単なる感想ぐらいしか書けないので羨ましいです♪

ジェット・リーは名前は知ってましたがこんなに胸を打つ演技ができる人だとは知らなかったのでこの映画では衝撃でした。可愛かったし(笑)。今度はキス・オブ・ザ・ドラゴンも見てみようと思ってます♪



トラックバック初めてなのでおかしくなってたらごめんなさい(>_
イチジさん (kimion20002000)
2006-03-12 20:53:49
ジェット・リーが、昔の名前で、香港の少林寺映画に多く出ています。これはこれで、ファンが多いですよ。
びっくりです。 (takbout)
2006-05-12 16:30:52
突然のコメントを許してください。

ジェットの初のキスシーン。

リン・チェイ時代(香港映画)では、女の子にキスしてましたが・・・。軽い感じで。それってキスシーンとは言わないんでしょうか?う〜ん。(・・?



突然のTBでびっくりしましてお邪魔しました。

一言コメント頂けると嬉しいのですが。

大変失礼いたしました。
takboutさん (kimion20002000)
2006-05-12 16:59:32
コメントありがとう。

どうでしょうね。僕は、覚えていませんが、あるかもしれませんね。まあ、ジェット・リーと名乗って以来、ということにしておきましょうか(笑)
ありがとうございます! (赦亜)
2006-05-12 22:29:10
TBどうもありがとうございます!

とても丁寧でわかりやすい解説を読み

ますますこの作品が好きになりました♪



ジェット・リーはリーサルウエポン4で初めて見て、

初めてのハリウッドなのにすごい存在感でしたよね!

それ以来ずっと気になる俳優さんで

たまたまレンタルしてきた父ちゃんに感謝です(笑)

赦亜さん (kimion20002000)
2006-05-13 03:24:20
こんにちは。

なんか、「父ちゃん」と僕は、同じような世代の気がするけどさ(笑)、なかなか、父ちゃんに感謝ですよ!
Unknown (maple tree)
2006-05-13 20:34:49
TBありがとうございました。

コメントまでいただいて。ありがとうございます。

コメントを残さず、失礼しました。



ジェットリーが本当にハマり役だと思います。

彼が40歳だと言うことを忘れてしまいます。

彼の新たな一面が見れて、ますます好きになりました。

mapletreeさん (kimion20002000)
2006-05-14 00:05:01
コメントありがとう。

少林寺で活躍していた少年時代から、ジェット・リの芸歴もずいぶん、長いですね。

いちばん、あたらしい「SPIRIT」は、その総集成のような気がします。中国の作品ですし。噂されるように、引退するかもしれませんね。
まさしく「犬爆弾」でした。 (yamiko99)
2006-05-14 15:01:05
TBありがとうございました。

不馴れなんですが、こちらからもさせていただきました。

(・・・と思うんですが・・・^^;)



>「効率的」に「突発的」に獲物に飛びかかり、連打の致命傷を負わせ、確実に「仕留める」。そういう意味で、この作品の戦闘シーンは、記憶に残る。



これが「少林寺」で見た彼だと知った時は本当に息を呑みました。

また、彼がこの年齢でありながら今作を撮ったという事もかなりの衝撃でした。



以来ジェット作品をほとんどコンプリートするのに4ヶ月、これまで興味すらもったこともない香港作品まで漁る羽目に(笑)私にとってはまさしく犬爆弾でした。

いきなり「SPIRIT」とかワンチャイだったらここまではまらなかったと思います。

レテリエ&ベッソン両氏にはただただ感謝です。



他の記事もまた改めて拝読させていただきます。

ありがとうございましたm(__)m
yamikoさん (kimion20002000)
2006-05-14 20:40:57
こんにちは。

なるほど、この映画で、ジェットリーに開眼したというか、はまったわけですね。格闘技からはいってしまうと、あとは、刺激だけを求めるようになりますからね。この映画で、あらたな、かれの魅力を発見し、過去に遡っていくというのは、おもしろい体験になったと思いますね。
はじめまして (emptydays)
2007-01-21 14:41:49
TB ありがとうございます。
私のようなしょうもない映画の評論にTBなんぞつけていただいてアリガト!(´▽`)ございます。
また、ほかの映画の話も見せていただきましたが面白いですねぇ、参考にさせていただきます。
emptydaysさん (kimion20002000)
2007-01-21 20:54:02
こんにちは。
いつでも足跡、残していってくださいね。
9割が (miyu)
2007-11-03 23:42:44
アドリブってスゴイですねぇ〜Σ(´д`ノ)ノ
確かに不死鳥の如く不死身で不気味でしたね(´▽`*)アハハ
miyuさん (kimion20002000)
2007-11-04 00:31:28
こんにちは。
ホプキンスねぇ。
とてもお茶目で、憎めません(笑)
TB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2008-04-28 20:22:49
アクションが長すぎなければ、結構面白い映画になったと思うんですが、ジェット・リーの作品はどうにもアクションが始まると延々と続くんですよね。
気長のようで気が短い僕はすぐに飽きてしまう、というわけ。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-04-28 21:03:01
こんにちは。
なんなんでしょうね。
一撃必殺じゃないからかな(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

83 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダニー・ザ・ドッグ (色即是空日記+α)
幼い頃から殺し屋として育てられた男が盲目のピアノ調律師と出会い、自分を取り戻すため最後の戦いを決意する。 新しいジェット・リーを見たなぁ〜。  と云っても、そんなに彼のことを知ってるわけではないんだけどw最初はほんとに 「犬」  首輪を付けられてて、地下.
B4:ダニー・ザ・ドッグ (勝手に映画評価)
ジェット・リー×リュック・ベッソンのコラボであるこの作品は、犬同様の扱いを受けて育ったダニーが家族というものに触れて少しずつ心を開いていくというストーリーである。この映画のすごいところは「動」と「静」がしっかりと描かれているところだと思います、壮絶なアク
ダニー・ザ・ドッグ (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェット・リーとモーガン・フリーマン あっと驚くような共演 はたして物語はと思い観ました ジェツトリーのアクション映画にしては 見ごたえがあります ストーリーの良さでしょうか? モーガン・フリーマンの重厚のある演技のせいでしょうか リュックベンソンとユエン
ジェット・リーが・・・かわいい!? 「ダニー・ザ・ドッグ」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_osusume/} ダニー・ザ・ドッグ なかなか面白ですよ、この映画。 私は「好きな映画は?」と聞かれたときには必ず「レオン」を挙げるベタベタな人なんですが、「レオン」好きは必見でしょうね。 「レオン」同様、殺し屋が人の暖かみに触れて人間らしさ
ダニー・ザ・ドッグ (ネタバレ映画館)
 『バットマン ビギンズ』では健康体、『ミリオンダラー・ベイビー』で片目を失明し、今作品では両目とも失明・・・  荒唐無稽な漫画のような設定だ。5歳の時、バート(ボブ・ホスキンス)に拾われて、それ以来闘犬のように育てられてきたダニー。首輪を付けられている時
ダニー・ザ・ドッグ (レンタルだけど映画好き )
アクション/サスペンス 2005年 フランス/アメリカ 監督 ルイ・レテリエ 出演 ジェット・リー/モーガン・フリーマン/ボブ・ホスキンス/ケリー・コンドン/ディラン・ブラウン/シルヴィオ・シマック/マイケル・ジェン/ヴィンセント・リーガン/フィリーダ・ロウ  守
ダニー・ザ・ドッグ (Imagination From The Other Side)
殺人マシーンとして育てられた主人公が、盲目の調律師との出会いによって徐々に人間らしさを取り戻していく様子を激しいアクションと共に描いたドラマ。 主演は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」「HERO 英雄」のジェット・リー。 共演に「ミリオンダラー・ベイビー」「バッ...
『ダニー・ザ・ドッグ』 (京の昼寝〜♪)
■監督 ルイ・レテリエ■脚本 リュック・ベッソン ■キャスト ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス、ケリー・コンドン 5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明
ダニー・ザ・ドッグ (夜ざくら)
DVD鑑賞/★★★ 2005年/アメリカ 監督/ルイ・レテリエ 出演/ジェット・
ダニー・ザ・ドッグ (まったりでいこう〜)
前宣伝からして切なさが滲み出てて、公開をとても楽しみにしてた作品です。 首輪をされ主人の命令に従って相手を痛めつけるダニー。ともすれば相手を殺してしまうだろう彼のファイトぶりは観ていてゾクゾクしました。銃をぶっ放せば一発ですむところなのに、あえて拳や蹴りで
ダニー・ザ・ドッグ (ё俺のブログё)
ジェットリーのアクションモノである。 アクションモノに、物語を期待してはいけないが、これに関しては、若干物語的な要素もあり、結構楽しく見れた。 モーガンフリーマンが出てる事により、この映画に若干プレミアム??が付いたか?? しかし、モーガンフリーマン、よく出
ダニー・ザ・ドッグ 06年11本目 (猫姫じゃ)
ダニー・ザ・ドッグ これは、見たかったんですyo。うちは、姉君共々、ジェット・リー ファン。 リュック・ベッソン がかんでいるから、おフランス、アメリカ合作なのね。フランス語でも良かったんじゃないかな?そういう雰囲気感じたし、、、 期待通り、良かったです
「ダニー・ザ・ドッグ」 (もじもじ猫日記)
犬と呼ばれ、首輪をつけられ、闘うことだけを求められていた、ダニー。 ジェット・リーとリュック・ベンソンの組み合わせは「キス・オブ・ドラゴン」で、「おや〜」だったので考え中でしたが、モーガン・フリーマンに後押しされて見に行く。 痛〜い場面の連続で、見てるこっ
ダニー・ザ・ドッグ(映画館) (ひるめし。)
守りたい CAST:ジェット・リー/モーガン・フリーマン 他 ■フランス/アメリカ産 103分 初日の初回で観たのは生まれて初めての事だ。ということで人の入りは8割りくらい。年齢層がバラバラ!3人組のおばさんから若い2人組のお兄ちゃんまで。ひとりで観にきた男性が多かっ
ダニー・ザ・ドッグ (Lovely Cinema)
想っていた以上に良かったです。アクションをしていないときのこんなにもいままで見たことのないジェット・リーの表情と、出てきた瞬間からとっても温かい表情のモーガン・フリーマン。寒い冬に見たい作品です。 あ、もちろんアクションシーンもばっちり見ごたえあり!
ダニー・ザ・ドッグ (Cinemermaid)
ジェット・リーのことは未だに【少林寺】の李連杰(リー・リン・チェイ)にしか見えない私だが、こうやって忘れた頃にいつも彼を映画で観れるという幸せはホントありがたい ハリウッドで活躍してくれて感謝〜だ(*^▽^*) 1年前のスマトラ沖地震ではモルディブでバカンス中、
『ダニー・ザ・ドッグ』 犬っぽいジェット・リー。 (キマグレなヒトリゴト)
悪くはないけどどうしても中途半端な感が拭えない。 アクションなのか、それとも感動モノなのか。 何だか勿体無い気がしました。 ジェット・リーはホントに犬のようでした(笑) ある意味凄い演技です。 この人って40くらいなんでしょ? 何となく20代って言われても納得しま
『ダニー・ザ・ドッグ』 (映画大陸)
 『ダニー・ザ・ドッグ』・・・う〜んなんとなく英語タイトルをそのままカタカナにしたものよりも『狂犬ダニー』とかそういったVシネチックなタイトルにして欲しかったジェット・リー最新作!  そんなジェットさんを脇で支えているのがなんとモーガン・フリーマン!  
ダニー・ザ・ドッグ (CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>)
思えば、ジェット・リーを劇場で観るのは、「HERO 英雄」以来だ。信頼できる俳優、モーガン・フリーマンも出てる。予告はちょっとくさい気もしたが、まあいい。ちょっと期待して観るとしよう。
「ダニー・ザ・ドッグ」 (おたすけシュー)
今日、「ダニー・ザ・ドッグ」の初日と 「スター・ウォーズEP3」の先々行ということで、 2本観てまいりました。[:ソフトクリーム:] 最初に観たのは「ダニー・ザ・ドッグ」。 あのジェット・リーがシリアスものを! これは絶対観に行かなくちゃと、楽しみにしていまし
「ダニー・ザ・ドッグ」 (the borderland)
この日は「スターウォーズ エピソード3」の先々行上映の日。ナビオとブルクはただでさえ土日の混雑は半端じゃないのに、ごった返してるだろうと思い。本当は「バットマン・ビギンズ」に行きたかったんだけど、この2館は避けたスケジュールで2本鑑賞。 ジェット・リー
『ダニー・ザ・ドッグ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月7日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 【ひとこと感想】 幼い頃から「闘犬」として育てられて来たダニー(ジェット・リー)。首輪をしている時には、ただの大人しい犬だが、一度首輪を外されると、相手を殺すまで戦い続ける。きちんとした教育を受けるどころか、「人間」.
「ダニー・ザ・ドッグ」 (てんびんthe LIFE)
「ダニー・ザ・ドッグ」 一ツ橋ホールで鑑賞 期待しないで見に行った作品でした。地下鉄の駅に看板がかかっていて、ちょっと気にしていたのは、モーガン・フリーマンが又出てる。昨日も「バットマン・ビギンズ」に出てたし、「ミリオン・ダラー・ベイビー」ではオスカー
ダニー・ザ・ドッグ (Black Pepper\'s Blog)
面白いアクション映画が観たいよね って気分になって 評判の良い「ダニー・ザ・ドッ
■ダニー・ザ・ドッグ (ルーピーQの活動日記)
5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出会う。
ダニー・ザ・ドッグ (papier cinema)
2005 フランス/アメリカ ジェット・リー/モーガン・フリーマン 誘拐された少年が、取立てや用心棒役の為に闘犬として育てられる。 成長した彼は偶然出会った盲目のピアニストによっ
「ダニー・ザ・ドッグ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
フィリピンの元日本兵生存騒動も何時の間にか報道されなくなってしまった。そして、記憶喪失のピアノマンの話も同様に・・・。 このピアノマンなる男のニュースが盛んに報じられていた頃、「近々公開される映画の内容と似ている。宣伝の為のパフォーマンスではないか?」と
ダニー・ザ・ドッグ (日々徒然ゆ~だけ)
 ジェット・リー主演の映画を欠かさず観ているコトに今更(!)ながら気づく。世界寂しん坊目線キングがトニー・レオンなら,彼はさしずめ飛び道具的なビショップだ。  大作ばかりで疲れたよぅ,って時に観ると意外に楽しめる佳作。そぉ,食後のデザート・バニラアイスのよ
release情報 【ジェット・リー主演『ダニー・ザ・ドッグ』DVD発売中】 (Broken Shoulder)
リュック・ベッソン脚本/ジェット・リー主演映画『Danny the Dog (ダニー・ザ・ドッグ)』(音楽はMassive Attack!)のDVDが1月13日に発売されました。 『ミリオンダラー・ベイビー』の名演が記憶に新しいモーガン・フリーマンとジェット・リーの共演が話題となったこの映
『ダニー・ザ・ドッグ』(監督ルイ・レテリエ) (多字騒論)
フランス=アメリカ映画 2004年 ★★★★☆  主演はジェット・リー!大好きなんです、彼のカンフーアクション。脚本はリュック・ベンソン。この2人が一緒に仕事をするのは『キス・オブ・ザ・ドラゴン』以来ということで、この映画はメチャメチャ楽しみにしてました
『ダニー・ザ・ドッグ(DANNY THE DOG)』 (chaos(カオス))
『ダニー・ザ・ドッグ』 幼くして親と別れ、冷酷な殺人犬として育てられたダニー。ダニーは高利貸しバートのもとで飼われ、記憶も感情もない。 ある日、アンティークのピアノを調律するサムに出会う。その日からダニーの人生は変わり始める。失われた感情と記憶を取り...
開 〜「ダニー・ザ・ドッグ」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
ルイ・レテリエ監督作品、ジェット・リー主演の、 映画 「ダニー・ザ・ドッグ」を観た。 誘拐され、犬のような扱いを受けて育てられたダニー(ジェット・リー)。 飼い主のバート(ボブ・ホスキンス)の為に戦い、金を稼いでいたのだが・・。 感想。 .瀬法爾瓠喋
ダニー・ザ・ドッグ (any\'s cinediary)
5歳の時に誘拐され最強のファイターとして育てられたダニーは闘う犬となった盲目の
ダニー・ザ・ドッグ リュック・ベッソンの脚本 (まぁーたんの部屋)
リュック・ベッソンの作品は好きなのだが、 リュック・ベッソンの脚本の「ダニー・ザ・ドッグ」。 ちょっと不安だったのだが、 私としては、まあまあかな? 娯楽としてはいいと思います。 ―――――――――――――――――――――――――――――― Amazo
ダニー・ザ・ドッグ (lip)
ジェット・リーのアクションと、リュック・ベッソンのヒューマンドラマが合体したような作品。 実はフランス産(?)だったりするみたいなんだけれど、よくわかりましぇん。というのも、監督その他フランス人系が多いのと、Unleashed は米国でのタイトル。それ以外の国は Da
ダニー・ザ・ドッグ (まつさんの映画伝道師)
第137回 ★★★(劇場)  拳法は、相手を攻撃する以上に「防御」することに大きな意味を持つ。  その上で相手の「隙」を見極め、そこを「打つ」、「蹴る」。実はこの一見「攻撃」に見える行動も「防御」という考え方の基にある「攻撃」でしかない。 「攻撃.
【ダニー・ザ・ドッグ】 (ただの映画好き日記)
幼い頃母と引き離され、記憶を失ったダニー(ジェット・リー)。その後を悪漢パートに育てられたダニーは、バートに首輪を外され「殺れ」と言われれば相手を叩きのめす、無感情の殺人マシーンとなっていた。 そんなダニーが盲目のピアノ調教師サム(モーガン・フリーマン)
ダニー・ザ・ドッグ (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「ダニー・ザ・ドッグ」の感想です
【ダニー・ザ・ドッグ】 (ROMPER’S ROOM)
天気予報では{/hiyoko_cloud/}のち{/kaeru_fine/}だそう・・当たるかなぁ? 今では「ジェット・リー」がすっかり定着してしまった“リー・リンチェイ”主演作品を、毎度の駆け込みで見てまいりました。(苦笑) ストーリーは以下(ネタバレ) *************
ダニー・ザ・ドッグ (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
心拍数が上がりまくりデスッ!これほど圧倒的なカンフー・シーンを惜しげもなく立て続けに見せ付けるこの作品。いったい何なんだあ〜ッ!ジェット・リー・ファンならもちろん必見!ファンならずとも『彼』という俳優を知るにはもってこいの作品だと言えるでしょう!札幌の一
ダニー・ザ・ドッグ (たにぐちまさひろWEBLOG)
ダニーは、5歳のときから高利貸しのボスであるバートに借金取り立て用の闘犬として育てられたていた。ある日、取り立てに行った骨董品屋で、盲目のピアノ調律師サムと出会う。やがてダニーは、ピアノを通して人間らしい心を取り戻し始めたものの、・・・。 首輪をつけら
プライドと偏見 (八ちゃんの日常空間)
本年度劇場鑑賞10本目。 兄弟は仲がいいのでにぎやか。だからコミカルで随所に笑いが生まれる。 意地っ張りだから話を切り出せない二人は見ている方までやきもきさせる。 時代背景の暗さとか言うものはなく、恋愛を描いているが悲しさもないため、和やかに観ることができ.
“ダニー・ザ・ドッグ”という映画 (愛 の 唄 を う た お う)
首輪をはめ、物を手で食い、どう猛な獣のように、 ただ主人の言うことにのみ従い戦う。 それはまるで、犬のように… 『戦うための犬』として育てられた男のお話。 犬には色覚がなく、世界のすべてがモノクロームに見えていると言われます。 だから、犬として育てられた
『ダニー・ザ・ドッグ』UNLEASHED/DUNNY THE DOG (ザ・シネマ)
ジェット・リー、モーガン・フリーマン共演の感動系アクション 製作年:2004年 製作国 : フランス/アメリカ 出演:ジェット・リー(『少林寺』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明』『キス・オブ・ザ・ドラゴン』『HERO -英雄- ヒーロー』)
ダニー・ザ・ドッグ (cinema capsule)
リュック・ベッソン− 「ニキータ」や「レオン」などで日本でもたくさんのファンを持つフランスの映画監督。最近はプロデューサーとしての活動が主になってる彼の最新作がジェット・リー主演のダニー・ザ・ドッグ。 3月に来日して記者会見、披露試写会での舞台挨拶を行っ
「ダニー・ザ・ドッグ」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「あえて言おう、カスであると!」 byギレン・ザビ どうも! 前から観たかったので昨日レンタルで借りてみました。 「ダニー・ザ・ドッグ」 「UNLEASHED DUNNY THE DOG」(原題) 守りたい (s
「ダニー・ザ・ドッグ」 (映画とワンピースのこでまり日記)
5歳の時に誘拐され、闘犬として育てられたダニー(ジェット・リー)は、高利貸しのバートに連れられ、取り立てと闘いに明け暮れていた。首輪を付けられ、感情さえも忘れていたダニーは、ある日、事故で視力を失ったピアノ調律師、サム(モーガン・フリーマン)と出会う。数
ダニー・ザ・ドッグ (My Color)
これは、脚本がリュック・ベッソンということで見てみた。 「宇宙戦争」を見た同じ日に見たのですが、僕はこっちの作品の方が好きかな。 殺人犬として育てられたジェット・リーのアクションシーンは本当に少林寺をやっていただけに、やはり迫力がある。 ジェット・リーの作
ダニー・ザ・ドッグ (toe@cinematiclife)
リュック・ベッソン脚本の『ダニー・ザ・ドッグ』を見てきた。『レオン』以降のベッソンはまるで信じていないのに、それでもなんだか気になって。 ま、とりあえず、ストーリーを説明すると・・・。 ダニー(ジェット・リー)は、バート(ボブ・ホスキンス)の元で、幼い頃からオ
ダニー・ザ・ドッグ (ちょっとだけ気ぃ抜くわ。)
映画の日に観たもう一本の作品は、ジェット・リー主演、リュック・ベッソンプロデュースの「ダニー・ザ・ドッグ」です。このコンビは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」に続いて2作目です。 ジェット・リー好きなんですよね〜。なんというか「憂い」があるといいますか、どことな
ダニー・ザ・ドッグDVD鑑賞 (Let\'s Enjoy my Life!!)
買ってしまいました。ダニーザドックDTS初回限定版エディション。試写会で見て大好きな映画だったんですが、正直DVD買うの迷ってたんですよね〜でもへそくりがあったのを思い出してそれなら!っと思い直し、買ってしまいました〜あ〜〜やっぱりこの雰囲気大好きです。アク
映画「ダニー・ザ・ドック」   (ちょっとひとことええでっかぁ〜♪)
2004年フランス・アメリカ映画 監督 ルイ・レテリエ 脚本 リック・ベッソン 主演 ジェット・リー、モーガン・テリーマン、ボブ・ホウキンス 亭主は月初の平日映画の日は
ダニー・ザ・ドッグ (気ままに〜ひとりごと日記)
題名のとおり正に犬の様に育てられた ダニーがの話なのですが、 もう突っ込み所は満載で、ストーリーは ありがちな展開で、話もトントン拍子に 進んでいく、アクション映画ではあるの だけれど・・・ モーガンフリーマンが登場すると 映画の雰囲気がガラっと変わるのがすご
ダニー・ザ・ドッグ (まきまきにっき)
今日は「ファーストデー」であることに、昼休みに気づいた。 見たいのにまだ見に行っていない映画がいくつもあるのだが、時間的にもアクセス的にもちょうどよかったし、巷の評判もよいので一番気になっていた「ダニー・ザ・ドッグ」を見に行った。 今年38本目の映画。 ...
ダニー・ザ・ドッグ (は〜るよ恋、は〜やく恋♪)
脚本 リュック・ベッソン 出演 ジェット・リー モーガン・フリーマン他 公式サイト http://www.dannythedog.jp/ ストーリー ※goo映画「ダニー・ザ・ドッグ」より 5歳の時に誘拐され、
ダニー・ザ・ドッグ★★★J・リーのキレのいいアクションは見ご... (kaoritalyたる所以)
ここんとこ、モーガン・フリーマン尽くしだ。最近見た映画、「ミリオンダラー・ベイビー」の元ボクサー兼ジムの作業員、「バットマン ビギンズ」ではウェイン社の部長でバットモービルの設計者、そしてこの「ダニー・ザ・ドッグ」での盲目のピアノマン・・。少し前に行わ...
ダニー・ザ・ドッグ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 所詮はジェット・リーだし、リー・リンチェイの頃の輝きもすっかり 失われつつあるよーな気がするのでそれほど期待しないで観たのですが・・・ やってくれましたよ! ジェット・リーの最高傑作かもしれません。
『ダニー・ザ・ドッグ』 (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
『ダニー・ザ・ドッグ』 公式HP  http://www.dannythedog.jp/  原題:Danny the dog 製作:2004年フランス・米 監督:ルイ・レテリエ 出演:ジェット・リー、モーガン・フリーマン、ボブ・ホスキンス 《公開時コピー》 守りたい 5歳の時に母親から引き離さ
ダニー・ザ・ドッグ (琴線〜心のメロディ)
【2005年6月25日劇場公開】 【ジャンル:アクション・ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★★ 最後はホロっときてしまいました。(ノ_-、)グスン 内容的には、
強く優しい男+ジェット・リー+ (mikayer\'s)
TSUTAYAで”ダニー・ザ・ドッグ”のレンタルが始まっていて、全てレンタル 中だった。私ももう一度見たい。 ジェット・リーも最初はオットが好きだった。私はオットが好きなものを知って オット以上にそれを好きになってしまうケースが多い。 (”相棒”もその一つ
ダニー・ザ・ドッグ (WILD ROAD)
『ダニー・ザ・ドッグ』 2005年アメリカ(103分) 監督:ルイ・レテリエ 脚本:リュック・ベッソン    ロバート・マーク・ケイメン 出演:ジェット・リー    モーガン・フリーマン    ボブ・ホスキンス    ケリー・コンドン    ディラン.
ダニー・ザ・ドッグ 6/25公開 (試写会) (映画と本。)
3.8点 犬時のジェット・リー最高。俺あらすじ: ダニーは殺人だけを教えられ暗い檻の中で生きていた。外に出るのは首輪が外された時、人を殺す時のみ。だがある事故により一人になっ
「ダニー・ザ・ドッグ」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
昨日ファーボーレ東宝で『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』を見る前に、時間があったので『ダニー・ザ・ドッグ』を観ました。 主演は『HERO』の「ジェット・リー」、共演に『ミリオンダラー・ベイビー』『バットマン・ビギンズ』の「モーガン・フリーマン」。監
ダニー・ザ・ドッグ(2005年) (hekky\'s goo blog)
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) 「キス・オブ・ザ・ドラゴン」でコンビを組んだ製作・脚本のリュック・ベッソンと 主演のジェット・リーが再び手を組み撮り上げたヒューマン・アクション・ストーリー。 冷酷な男によって殺人マシーンとして
ダニー・ザ・ドッグ・・・・・・・・ (サクっと)
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) わたしの好きな俳優さんの一人ジェット・リーさん その主演作 「ダニー・ザ・ドッグ」 やっぱりジェット・リーといえばアクションなのかなぁ・・・
ダニー・ザ・ドッグ (レンタルビデオ一刀両断)
評価:☆☆☆ 翳りのある顔付きと子犬のような純な表情。超人的な身体能力。まさにジェットりーのために用意された役柄。モーガン・フリーマンも良いが、ボブ・ホスキンスの悪役ぶりも見事。唯一の難点はカンフーアクションが無闇に長いこと。長過ぎて、その凄さも薄まって
NANA・・・・・・・・・・ (サクっと)
NANA -ナナ- スペシャル・エディション 劇場公開時、観にいこういこうと思っていていけなかった (とゆーか行かなかった?) 「NANA」 もぅレンタルされているんですねぇ ってことで早速借りてきちゃいました
ダニー・ザ・ドッグ (Swing Life)
私の好きな映画ジャンルに【記憶モノ】というのがあるのだけど、これもかなり記憶系が盛り込まれていましたヾ(  ̄▽)ゞ。ダニーの幼い頃の母の記憶。自分の母親が誰なのか、どうしてピアノが好きなのか。。ラストに向けてだんだんと明かされていくので、徐々にストーリーを楽
「ダニー・ザ・ドック」@一ツ橋ホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
最近さっぱり試写会に当たっていなかったので行ってなかったんですが、久しぶりに試写会に行ってきました。といっても、勝又さんに誘ってもらっての試写会なので自分で当たったわけじゃないんですが・・・で、見てきた映画は「ダニー・ザ・ドック」です。 {/kaeru_cry/}物語
「スタンドアップ」@一ツ橋ホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今日は今年初めてこまったちゃんと試写会に行ってきました。実はこの映画、色んな日程の試写状を手元に持っていたのに、どんどん色んな予定で試写日が変更していき、遂に自力当選の試写状は全てさようなら〜☆彡となり、こまったちゃんに連れて行っていただきました。ありが
ダニー・ザ・ドッグ (しーの映画たわごと)
「ダニー・ザ・ドッグ」私も鑑賞したので、レビュー記事をTBさせてください。
「ダニー・ザ・ドッグ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 5歳の時に誘拐され、悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホスキンス) によって番犬、そして闘犬になるべく育てられた男ダニー(ジェット・リー)。 常に首輪をはめられ、脅迫兼戦
DANNY THE DOG (tommyRot)
やっとみたよぉ “ダニー・ザ・ドッグ” ジェット・リーかっくいぃなぁ マジ映画館でみればよかったぁ ちくしょー!! 地下のバトルシーンの敵役が しょーもない映画の悪役みたいでなんかやだったけどぉ でも、よかった!! この映画アクション結構すごいけど (でも
『ダニー・ザ・ドッグ』感想 (十二時五十九分)
えーと今日はツタヤでジェット・リー主演の『ダニー・ザ・ドッグ』という映画を借りて
ダニー・ザ・ドッグ (I have type B blood)
ダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) ジェットリー主演の映画。 私は映画の予告を見て、「これは見なきゃ」と思ってたのに、 見逃してしまったのです・・・。 そして今頃ようやくレンタルしてきました。 ジェットリー主演と ...
ダニー・ザ・ドッグ (落とし穴には気をつけろ!)
「ダニー・ザ・ドッグ」を借りてみました。 ジェット・リーがいつものアクションだけではなく、音楽と人の心に触れて次第に人間らしくなっていくという設定に興味を惹かれて、ずっと見たいと思っていたのですが、期待通り面白かったです{/face_yaho/} 主人公のダ ...
ダニー・ザ・ドッグ (さがしねま)
ダニー・ザ・ドッグ監督:レイ・レテリエ出演:ジェット・リー(ダニー) , モーガン・フリーマン(サム) , ボブ・ホスキンス(バート) , ケリー・コンドン(ヴィクトリア)、デュラン・ブラウン(バートの子分/レフティ)、Tamer Hassan(バ ...
映画vol.86 『ダニー・ザ・ドック』*TV (Cold in Summer)
 『ダニー・ザ・ドック』*TV 脚本:リュック・ベッソン 出演:ジェット・リー モーガン・フリーマン  HP う〜ん、「リュック・ベッソン」監督もとい脚本作品で「ジェット・リー」主演。何で見逃してたんだろう・・。 しか ...
『ダニー・ザ・ドッグ』 (かんべえの別館・DVD映画レビュー)
アクションスターのジェット・リーを主演に迎えたリュック・ベッソン脚本による映画。
『ダニー・ザ・ドッグ』 (La.La.La)
 制作年:2004年  制作国:フランス  上映メディア:劇場公開  上映時間:92分  原作:  配給:アスミック  監督:レイ・テリエ  主演:ジェット・リー      モーガン・フリーマン 幼い頃から殺し屋として育てられた男が盲目のピアノ調 ...
ダニー・ザ・ドッグ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ダニー・ザ・ドッグ」は、リュック・ベッソン製作&脚本によるヒューマン・アクションで、「ニキータ」や「レオン」といった殺し屋のペーソスを描いたリュック・ベッソンお得意、と言うか好きなのかな?  監督は、やはりリュック・ベッソン製作&脚本の「...
『ダニー・ザ・ドッグ』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
ダニー・ザ・ドッグ(DVD)◆20%OFF!ジェット・リー、モーガン・フリーマン共演のアクションドラマ。ジェット・リーの映画では珍しく、キャラクター・ストーリーともに新鮮な映画です。子供の頃に誘拐されて、戦闘要員として調教された男が、とある場所で盲目のピアノ調律....
映画評「ダニー・ザ・ドッグ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2004年フランス=アメリカ映画 監督ルイ・レテリエ ネタバレあり