サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11515「インセプション」★★★★★★★★★☆

2011年01月08日 | 座布団シネマ:あ行

『ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有のスタイリッシュな映像世界に引き込まれる。[もっと詳しく]

誰にでもある「夢」体験を上手に連想させて、お話にリアリティを与えている。

クリストファー・ノーラン監督は1970年生まれだから、まだ40歳ぐらいである。
しかし、映画監督としてはここ10年ぐらいの間に、とてもいいポジションを獲得しているように思える。
僕が最初にこの監督に出会ったのは『メメント』(00年)だ。前向性健忘症の男が記憶を保持するためにポラロイドにメモを残したり体にタトゥーを刻み付けているさまに、とても興味を持った。
そして『インソムニア』(02年)では早くもアル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・クワンクという大物役者を使いこなし、ここでも「不眠症の刑事」という設定がユニークであった。
そしてマジックによって運命を狂わせる幻想的ミステリーである『プレステージ』(06年)や、作家志望の男が好奇心から尾行や覗きがやめられずいつしか事件に巻き込まれていくといった心理サスペンス『フォロウィング』(08年)まで、一筋縄では捉えられない心身のずれのようなものを彼はいつもテーマにしてきたように思える。
登場人物たちは、どこかで自分の妄想に自分で幻惑されるような按配で、起承転結も曖昧になっていくような映画空間を作り上げている。
そんなノーマンは本来はインディペンダントな映像作家であるのだが、超大作の『バッドマンビギンズ』(05年)や『バットマン/ダークナイト』(08年)にも起用され、アメコミが持つダークファンタジーの性格を、ヒーローや敵役の異常な心理特性を強調することによって、大人の鑑賞に耐えるようなヒーローあるいはアンチ・ヒーロー作品まで紡ぎだしてきたのだ。



『インセプション』はノーマンにとって十年ほど温めてきた構想であった。
そして『バットマンシリーズ』を成功させたノーマンは、この作品に対しても160億円近い制作費を準備することが出来、興行成績も800億以上をたたき出している。
ワーナーブラザーズは巨額の宣伝広告費もつぎ込んだ。
ちなみに『メメント』の制作費は10億未満、興行収入は25億超であった。
たしかに記憶の階層を巡るこの『インセプション』という大作は、階層ごとにアーキテクトされた世界に入り込んだプロフェッショナルたちが、その仮想現実の迷路でアクション活劇をしながら、その階層から帰還する=対象階層が崩壊するさまを、セット実写や特殊撮影や精緻なCGを組み合わせるといった気の遠くなるような作業の連続であり莫大な制作費が必要とされた。
ともあれ、ノーマンの脚本の組み立て段階では、おそらく『メメント』の場合と同じように突出した着想がなによりも大切にされたはずだ。
『メメント』でいえば10分間しか記憶が保てない主人公の特異な世界を提示するために、時系列をさかさまに映し出していくことにこだわり、『インセプション』でいえば記憶の階層を映像化し、その階層相互の干渉や歪みや関係付けを、トポロジー的に映像化するという着想にこだわった。



対象の潜在意識に入り込んでアイデアを盗むことを生業としているドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、大実業家であるサイトー(渡辺謙)からライバル会社の後継者を操作して会社が解体するように仕向けて欲しいという依頼を受ける。
成功すれば、コブの犯罪歴は抹消され、愛する子どもたちに再会することが可能となる。
コブは、いつもの相棒のアーサーの他に、階層世界をアーキテクトする設計士のアリアドーネ、アイデアを植え付けるための偽装師のイームズ、深い催眠状態を保持するための薬の調合師であるユスフらを引き連れ、サイトーとともに後継者ロバートを拉致し、記憶の階層の世界に下っていくことになるのだが・・・。
ここでは誰もが持つ「夢」の世界の不可思議な体験を上手に使いながら、一見すると滑稽なSF譚になりそうなお話に、奇妙なリアリティを与えることに成功している。
最新脳科学ではどのように説明がつくのかどうかは別としても、そのリアリティの在り処を自分の経験に即してみれば、おおよそ次のような「体験」を僕は呼び起こしたりしていた。



第一に、「夢」には階層があり、より深い階層に下ることによって、その上位の階層に影響をもたらすことができるということ。
このことは僕の中では、「夢」から覚醒したと思ったらまだそれは夢の続きであり、どこかで無限ループしていることの恐怖に似た体験との相似に行き着く。
あるいは「夢」の続きを見ることが得意な僕は、繰り返しその直前のシーンにジャンプすることによってパラレルワールドを疑似体験しているような感覚に陥ることがあるが、そういう感覚に近いものかもしれない。



第二に、アリアドーネという有名な女神の名前を冠された設計士の存在。
数学が不得意で位相幾何学などまったくトンチンカンな僕であるが、夢の中では脳がどういう働きを無意識にしているのかわからないが、なにやらとても精密な高等数学を操りながら、その世界の隅々までアーキテクトしていることがある。
あらゆるものを鳥瞰し、その隅々まで意識がくまなくいきわたっている状態とでもいおうか。
もうひとつ、これは多くの人間にある前思春期の能力のひとつなのだが、一瞬見ただけで目にしたものを記憶してしまうことができ、それを網膜に再現することができるという体験だ。
ある時期の僕は、たとえば歴史の教科書の一族の血統図やすべての引用図版・写真の小さな活字のキャプションまで、そのまま数十頁もそらで書き写すことができたことがある。



第三に、夢の時間の経過の説明。
『インセプション』では夢の時間は、現実世界の時間経過のおよそ20倍で進行していると説明される。
そしてさらに下の階層に入り込むごとにその時間は20倍となるのだ、と。
この作品では結局、4階層まで下っていくことになるのだが、それだと20の3乗となり、つまりは現実世界の1時間に相当する時間の経過が、8000倍だから1年近い時間の経過ということになる。
映画の中で、コブが妻と第4階層(虚無)の世界で50年引きこもったことになっているが、それも現実世界ではたったの2日程度に過ぎないことになる。
これなども目覚まし時計が鳴り始めてから意地汚くいくつもの長編の夢を楽しむ癖を持っている僕にとっては、目覚ましの繰り返しが3分間隔だとしても、その間で第1階層だとすれば1時間の物語世界に漂っていることになり、とても実感に近いものだ。
第四に、夢からの意識的な覚醒に対して、「キック」という方法を使うことである。
「金縛り」歴10年の僕にとって、お馴染みのアクションではある。
「金縛り」から脱出するために僕が学んだのは、大きく息を吸い込んでから全身に力を入れて、ウワッと叫ぶようにして、反動的に一気に体を起こそうとする動作だった。



第五に、「落下」しながら階層を行き来すること。
これも、とんでもないスピードでの果てがないような墜落夢を繰り返し見ることが多かった僕にとっては、親しい感覚である。
高速落下の感覚や無重力のような感覚は、『インセプション』という作品でいうと、第2階層のホテル空間で繰り広げられる無重力状態とエレベーターの落下に近い感覚である。
最後にもうひとつ。
この映画では「無意識」を防御する訓練を施された後継者が、階層世界では敵兵士であったり道路を驀進する機関車であったりという造形で、襲ってくること、あるいは主人公の妻モルの記憶が、障害要因として立ち現れることである。
この暗喩は、ほとんどウィルス細胞などの「異質」の侵入に際して、さまざまな守護的な細胞機能が連携して、阻止し防御するという身体モデルに近いものがある。
僕の場合は、夢の中で墜落現象が始まったりすると、暗闇の中に光を見つけながら永遠とも思える(本当は一瞬なのだろうが)墜落していく自分の身体を脱出させる出口を見つけようとするのだが、その時決まって障害物が現れ、行く手を阻むように邪魔をする体験などが思い浮かぶことになる。



逆に『インセプション』という作品の中で、なかなか想像しにくい現象ということでいえば、他人の夢に入り込む、あるいは複数の人間がひとつの夢の中で行動を共にするということだ。
ここではユングのいう集合夢ということとも少しは連関しているのかもしれないし、集団催眠みたいな状態を想定すれば、お互いの潜在意識が入れ子状態に重層するということも想定することはできるのだが。



ノーランはルイス・ボルヘスの『伝奇集』や、「ロジャー・ベンヤーズの階段」と呼ばれるお馴染みの無限ループや、それを図像化したマウリッツ・エッシャーの「騙し絵」などにヒントを得ながら、まことに不思議なリアリティのある映像空間を成立させている。
「夢」から覚醒する時の「キック」の合図が、「音楽」であるということもなかなか興味深い。
この作品ではエディット・ピアフの「水に流して(Non、Je ne regrette rien)」という有名な曲をトリガーとしており、その題名もなにやら意味深に思えてもくるというものだ。
また記憶の世界と現実世界の判別に使うトーテムも、独楽が永久運動をするか現実物理の法則にしたがって動きをいずれ停止するかというところに置いていたりするのも、なかなかクールだ。



主人公であるコブは、虚無の世界から死にダイブすることによって、「現実」世界に遡行することになる。
そしてようやくのように、子どもたちを強く抱きしめることが出来る。
しかしながら、それもまたコブが見ている夢ではないと、誰が言い切ることが出来るだろうか。
どこまでが夢で、どこまでが現実なのか。
「胡蝶の夢」のあわいの世界は、いつまでもついてまわることになる。
机の上で回る独楽は、その動きをほんとうに止めたのかどうか・・・ノーマンはその解釈を観客の側に委ねている。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 11514「アウトレ... | トップ | 鼠族(蟻族の行き着く果て度80点) »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おけましておめでとうございます (sakurai)
2011-01-10 09:21:58
今年もいろいろとご教授願います!
kimionさんに気に入ってもらえたようで、わが意を得たり!といった感じです。
実は、いま亭主が隣でこのDVDを見てます。

自分と重なるような思いは見ているときは感じなかったのですが、言われてみると、浮遊感や、底知れない落下の思いなど、いつも体験しているように思えます。
底知れない恐怖と期待みたいなもんでしょうかね。

なぜかはまりにはまって映画館で4度見てしまいました。これはやはりスクリーンだったと思います。
Unknown (リバー)
2011-01-10 12:07:17
TB ありがとうございます

この設定の面白さ
映像的にも 凄くて ストーリーも複雑ながらも引きつける

去年 見た映画の中でも 上位の作品でした
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-01-10 13:53:19
あけましておめでとうございます。

ご亭主はどんな感想をもたれるでしょうか(笑)

そうですね、この作品はやっぱり劇場で見るべきですね。
でも4度も見るって、幸せなことですよ。ずっと記憶に残る作品とめぐり合えたということですからね。
リバーさん (kimion20002000)
2011-01-10 13:57:29
こんにちは。

ディカプリオもすごい役者になってきました。
「シャッターアイランド」とちょっと似ているところもありましたね。

今年も宜しくお願い申し上げます。 (小米花)
2011-01-10 15:36:48
遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
いつもTBを送りっぱなしで失礼しておりますが、
今年も宜しくお願い致します。

いつもながらしっかりと深い記事ですね。
いろいろ参考にさせて頂いてます。

「メメント」がダメだった私は、ノーマン監督作品、ちょっと理解が難しいのです。
でも、この映画はとても感激しました。

「フォロウィング」未見なので、今度見てみようかと思いました。
小米花さん (kimion20002000)
2011-01-11 02:08:42
新年おめでとう。
今年もよろしく。

メメントはなんか神経が病んでくるような映画でしたね(笑)

でもこの監督はまだ40歳ですよ。
本人は「007シリーズ」の大ファンらしくて、だからエンタテイメントもしっかり押さえることができるんですかね。
ふたたび (sakurai)
2011-01-11 10:09:34
亭主は、気に入ったようです。
かなりのボリュームで見ていたようで、苦情が繰るんじゃないかとはらはらでしたが。

ああだ、こうだと考えるのもいいですが、引きずり込まれていきそうな感覚にさせられたのもまた味わいでした。

sakuraiさん (kimion20002000)
2011-01-11 23:32:35
「ご亭主」も気に入られてよかったですね。
結構、いっしょにも映画館に行かれるのかしら?
こちらはいつもテレビの前に寝転んでいるので、相方には邪魔者扱いされてますけど(笑)
Unknown (de-nory)
2011-01-12 12:36:21
こんにちは。
いつもありがとうございます。
そして、今年もよろしくお願いします。

楽しめた映画でした。
パラレルワールドやタイムパラドクス系かな。
近い感覚がありますね。
こういった話好きなので、お気に入りです。
de-noryさん (kimion20002000)
2011-01-12 13:02:03
本年もよろしく。
パラレルワールドは現代の最新宇宙物理学のモデルからもなんとなくわかるような気がするんですけどね、こちらは記憶の世界。
意識と物質の話になりますからね、唯幻論の世界に近いのかもしれませんね。
こんばんわ♪ (maru♪)
2011-01-16 01:18:03
TBありがとうございました。
私のURLにgooの禁則文字が含まれているらしく、こちらからのTBが反映しません。
コメント欄もリンクが貼れませんので、コメントのみで失礼します。

とにかく映像が素晴らしかったです!
パリを折りたたむなんてスゴイ発想です! この映像が見たくて行ったので、大満足でした(笑)

ジョゼフ・ゴードン・レヴィットのアーサーが素敵でした★
maru♪さん (kimion20002000)
2011-01-16 03:03:14
こんにちは。
禁則文字ですかねぇ。僕も何人かのところにはそれではじかれて、先方もわかんないみたいです。
アーサーはなかなかクールでしたね。
ホテルとエレベーターの階層で、忙しく立ちふるまっていたけど。
空間が折り曲げられる、そこまでいくとCGの醍醐味も良しですね。
Unknown (ryoko)
2011-01-17 19:30:02
TBありがとうございました。
ノーラン監督は「ダークナイト」で衝撃を受けました。
本作も複雑な構造で、朝起きたら嫌な夢を見たことは覚えているけれど言葉で説明できないというパターンの多い私には階層の違う夢を観た記憶がありませんが、非常に面白かったです。
写真記憶は一時期ってどのくらいのきかんでしょう?興味ありです。トポロジーは抽象的過ぎて私もついていけませんでした。
記事を読ませていただいて、DVDを借りてもう一度見てみようかなと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。
ryokoさん (kimion20002000)
2011-01-17 23:20:52
こんにちは。
映像記憶は、小学校5年生あたりから中学3年生あたりかな。
その能力はすっかりなくなって寂しいものです(笑)
でも夢の中では、結構その能力が保持されているんですよ。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-06 20:12:09
TB有難うございました。
監督の想像力、発想力には感嘆しました。
自分の好きな撮りたい映画が、観客も見たい
映画であるとの持論も納得の出来でした。
現実と夢の多重階層の仕掛けなど、後半は
魅了される映像、ストーリーでした。
ラストシーンのオチは、秀逸で鳥肌が
立ちました。
シムウナさん (kimion20002000)
2011-02-07 01:37:43
こんにちは。
夢や潜在意識は、いやになるほど映画の主題になっていますすが、今作はとても斬新だと思いました。
同じくディカプリオ主演の「シャッター・アイランド」のラストも観客に判断を任せるものでしたが、いろいろ考え込んじゃいました。
それはすごく楽しいことです。
TB致しました。 (オカピー)
2011-06-28 20:36:02
kimionさんの傾向から判断して、本作は★9が出るだろうなあと予想しておりました(笑)。

多重層の夢の場面をカットバックさせながら進行させながら、決して観客を混乱させないように設計されている脚本は相当優秀と思いましたが、僕には夢絡みの作品は評価が多少辛くなる傾向があるんです(笑)。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-06-29 00:39:40
こんにちは。

>kimionさんの傾向から判断して

はい、いつもながらお恥ずかしいです。
なんか自分の思考の整理のために、映画を鑑賞するという、邪道な態度なんですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

83 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インセプション (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、キリアン・マーフィ ...
『インセプション』 (こねたみっくす)
産業スパイ、相棒、設計士、依頼主、偽造師、調合師が潜入する標的の夢の中。 落下するバン、高級なホテル、要塞化した雪山、コブの自宅という4つの世界が同時進行で密接に連動 ...
インセプション (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
これは今までに見たことがない夢の世界を映像化するという、革命的な着眼点を持った作品になった。夢の世界は人間が空想できることならなんでもありなので、こういう具体性のある映像を体験できると思うとワクワクする。「アバター」を見たとき以来の、驚愕の経験だ。これ...
インセプション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 予備知識なしで観に行ったので、前半は結構辛かった。
『インセプション』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INCEPTION監督:クリストファー・ノーラン出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、エレン・ペイジ、マリアン・コティアール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、トム・ハーディ...
インセプション (だらだら無気力ブログ)
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろした オリジナル脚本を、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化したSF サスペンスアクション映画。 相手の夢の中に入り込み、頭の中にあるアイデアを盗み出す産業スパイの 男が、家族と一緒に暮らすため...
インセプション (悠雅的生活)
構築と共有。パラドックス。多重構造の意識の迷宮。
インセプション (映画鑑賞★日記・・・)
【INCEPTION】 2010/07/23公開 アメリカ 148分監督:クリストファー・ノーラン出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン ...
インセプション (LOVE Cinemas 調布)
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本も手がけた最新作。人の夢の中に入り込み、潜在意識の底に潜むアイディアを盗み出す男が究極のミッションに挑む姿を描いたSFアクションだ。主演は『シャッターアイランド』のレオナルド・ディカプリオ。...
『インセプション』 (ラムの大通り)
(原題:Inception) ----クリストファー・ノーラン って 『ダークナイト』でブレイクした監督だよね。 レオナルド・ディカプリオ
インセプション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『お前の頭へ侵入する─』  コチラの「インセプション」は、クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の7/23公開のSFミステリーなのですが、7/17〜19は先行上 ...
映画、インセプション (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 インセプションの試写会の招待券をもらって、有楽町にあるフォーラムに出かけた。  入り口で荷物検査とボディチェックとはいったい何事か。メリルストリープが試写会に現れた時だってこんな大げさな騒ぎは無かった。きっとデカプリオが来るのだろう。期待は高...
映画「インセプション」@東京国際フォーラ... (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。映画上映前にサプライズゲストとして渡辺謙の舞台挨拶が行われた。  インセプションブルーレイ&DVDセット【Blu-rayDiscVideo】【初回生産限定】価格:2,944円(税...
インセプション IMAX版/レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 (カノンな日々)
劇場予告編は何度観てもどんな話なのかはよくわからないんだけど、僅かなシーンを繋ぎ合わせただけの映像と音響だけでもこの映画は何か凄そうだと予感させて否が応でも期待の高ま ...
2010-22『インセプション』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-22『インセプション』(更新:2010/07/25) 評価:★★★★☆(★★★★★) 夢に入ってアイデアを具現化して盗む。 ・・・・なんだこの発想は? 凄過ぎる。 参りました。 面白いです。 ...
インセプション / INCEPTION (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
インセプション (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月17日(土) 21:25〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『インセプション』公式サイト 言わば、レオナルド・ディカプリオが、フレディ・クルーガーである、クリストファー・ノーラン版「エルム街の悪夢」。 人の...
◆『インセプション』◆ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、 渡辺謙、エレン・ペイジ、マリアン・コティアール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、 トム・ハーディ出演。 ≪先行上映にて観賞≫
映画 「インセプション」 の感想です。 (MOVIE レビュー)
ディカプリの新作映画「インセプション」を先行上映で観てきました。8割くらいのお客さんの入りで、スクリーン前の席以外は満席状態で...
インセプション (映画的・絵画的・音楽的)
 色々喧しく議論されているようなので、それではと『インセプション』を渋谷ヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)なかなか理解が難しい映画だと聞いていたものですから、冒頭か...
劇場鑑賞「インセプション」 (日々“是”精進!)
「インセプション」を鑑賞してきました空前の大ヒット作「ダークナイト」でセンセーションを巻き起こしたクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろしたオリジナル脚本を、レオナ...
「インセプション」 ノーランのイマジネーションが溢れ出ている (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランのイマジネーションが溢れ出してきている作品です。 他の誰
インセプション (あーうぃ だにぇっと)
7月15日(木)@東京国際フォーラム ホールA 前から9列目の右サイドで鑑賞。 謙さんは良く見えたが、映画を観るのには辛い席だった。 東京国際フォーラムは試写会には向いてないと思う。 後ろのほうは遠すぎるし、前方サイドは角度がつき過ぎる。 3階席の後方...
INCEPTION (人生楽ありゃ苦もあるさ)
すばらしい。。 人によって意見が分かれるかもしれないが、まさしく夢ってこうなん...
インセプション / INCEPTION (勝手に映画評)
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン最新作。ディカプリオと渡辺謙が共演したことでも話題の作品。 話題はそこだけではありません。映画の冒頭のシーンは、新幹線...
インセプション (voy's room)
 ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が無防備になる状態―夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。コブが備えもつ類稀な才能はこの業...
『インセプション』・・・驚愕の脳内アトラクション! (SOARのパストラーレ♪)
複雑な概念の下、潜在意識の中で進行する壮大なアクション。仮想現実物をさらにひとひねりしたような画期的なアイデアに脱帽である。集中力さえ途切れなければその見応え度合いは相当なレベルだ。いやいや、これはおもしろい!スゴイもの観ちゃったな!!
映画『インセプション』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-41.インセプション■原題:Inception■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:7月25日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■予告編□監督・脚...
inception: (fantasia*diapsida)
『インセプション』"Inception" (2010年, 米, クリストファー・ノーラン:監督)  を観に行きました。あの...
映画「インセプション」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/8/1、109シネマズ木場。 映画の日の日曜とあって昼間は満席。 夕方の回もかなりの入りだった。 レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、キリアン・マーフィー、エレン・ペイジ、 ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤー...
これは夢なのか現実なのか・・・。『インセプション』 (水曜日のシネマ日記)
共有した夢の世界に入り込む仕事をする 男たちの姿を描いた作品です。
夢のまた夢―「インセプション」 (新・豆酢館)
“現実と向き合え”
インセプション (Akira's VOICE)
なんという事でしょう。  面白すぎます!  
インセプション/Inception (いい加減社長の日記)
予告編では、どうも意味がわからず、逆に期待感が膨らんだものの。 はずれの可能性も感じながら、「インセプション 」を鑑賞。
映画 「インセプション」 (ようこそMr.G)
映画 「インセプション」
インセプション(2010)◆INCEPTION (銅版画制作の日々)
 犯罪現場は、お前の頭の中。 東宝シネマズ二条にて公開初日に鑑賞しました。先行上...
「インセプション」:大久保駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
遠くにぼんやりと高層ビルが見えるような気がするんだけど、夢かしら。 夢じゃない。あれは、新宿の高層ビル。現実だ。 よかった、「インセプション」に出てきたマリオン・コティヤールのように、夢と現実の違いがわか...
夢の世界を何重にも (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「インセプション」を鑑賞しました。 レッドカーペットイベントにも行った今作 評判も良いだけに期待も膨らんだのですが 期待を裏切らな...
インセプション (Inception) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 148分 SF 採点★★★★ 先日、吉瀬美智子さんと食事をするっていう、なんとも素晴らしい夢を見まして。ただ悲しいかな、食事を終えて店を出ようかという時に目を覚ましてしま...
映画「インセプション(字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『インセプション(字幕版)を、本日、TOHOシネマズ八千代緑が丘にて先行上映で鑑賞。8割方は埋まっていただろうか。予想以上の入りにビックリ。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。 ざっくりストーリー 主人公コブは、人の脳の中の潜在...
インセプション (こんな映画見ました〜)
『インセプション』---INCEPTION---2010年(アメリカ)監督:クリストファー・ノーラン出演: レオナルド・ディカプリオ、渡辺...
「インセプション」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督最新作は、レオナルド・ディカプリオ×渡辺謙との強力タッグ。 そういえば小生、ここ数年ディカプリオの主演作で、まともに面白...
★インセプション(2010)★ (CinemaCollection)
INCEPTION犯罪現場は、お前の頭の中。映時間148分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2010/07/23ジャンルSF/サスペンス/アクション【ストーリー】他人の夢の中に潜入し...
『インセプション』 ('10初鑑賞100・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1回目 7月18日(日) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 13:00の回を鑑賞。 2回目 7月23日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:50の回を鑑賞。
インセプション (こんな私でごめんあそばせ)
監督 クリストファー・ノーラン 出演 レオナルド・ディカプリオ 渡辺 謙 マリオン・コディヤール エレン・ペイジ ストーリー 人が一番無防備になる睡眠中の潜在意識の中に入り込みアイディアを盗むスゴ腕産業スパイ・コブ そしてアイディアを盗む”エクストラ
インセプション (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:インセプション 制作:2010年・アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マー...
『インセプション』 (R.LiFE)
夢のなかに入ってくる人間を想定して潜在意識下で意識をガードする‥‥ なんじゃそりゃ(笑) ってツッコミを入れちゃったり、ひとの意識化で主人公であるコブの嫁さんが、コブの邪魔をするってなんじゃそりゃ(?)って思ったり、まぁ、冒頭は混乱する要素は多々あるものの、...
クリストファー・ノーラン監督 「インセプション」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
ヒース・レジャーの遺作となった映画「ダークナイト」を撮ったクリストファー・ノーラン監督の新作 公開まで、殆ど内容は予告だけでしか伺えない… 良いじゃん!そういうのって 楽しみにして観てきました(^−^)v 【映画『インセプション』 予告version2】 ...
夢の途中〜『インセプション』 (真紅のthinkingdays)
 INCEPTION  他人の夢に侵入し、アイデアを盗む産業スパイ・ゴブ(レオナルド・ディカプリオ)。 彼の元に、サイトーと名乗る男(渡辺謙)が依頼を持ち込む。相棒のアーサー(ジョ セフ・ゴー...
インセプション (to Heart)
犯罪現場は、 お前の頭の中。 原題 INCEPTION 製作年度 2010年 上映時間 148分 脚本 クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー ...
「インセプション」 (みんなシネマいいのに!)
 映画会社の諸事情で新作公開の目処が立たない007シリーズ。 せっかく、ダニエル
「インセプション」 (みんなシネマいいのに!)
 映画会社の諸事情で新作公開の目処が立たない007シリーズ。 せっかく、ダニエル
インセプション (Yuhiの読書日記+α)
人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。監督はクリストファー・ノーラン、キャストはレオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール...
インセプション (ルナのシネマ缶)
既に先行上映されていますが、 試写会で観てきました。 (また、記事をUPするのが 遅れまして・・・) 夢の4段活用は、かなり複雑で ちょっと微妙ですが 映像は素晴らしかったです。 コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、 その潜在意...
『インセプション』 Non, je ne regrette rien (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に著しく触れています。なお、映画の特性上パンフや批評はまったく読まないで、このブログを書いています。何かを見たり読むことによって『インセプション』の捉え方をインセプションされることになりますか
「インセプション」 夢と現実の境目 (ノルウェー暮らし・イン・London)
成田から直行のサプライズゲストは、ほぼ主役級で大活躍の渡辺謙。 歳を負うごとにどんどんダンディーになっていく、渡辺謙さん、生で見ると、本当にカッコイイ!! 映画も今年はこれ以上の作品は出ないかも?と思うくらいのスケールで・・・・・
★「インセプション」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに川崎チネチッタで2本。 ここは一本見ると駐車場が3時間無料になるのがポイント。 しかも、売店にはリアルゴールドが他のドリンクと同価格で売ってるので、 ちょっとお得感を感じるのね。
インセプション よくもまあこんな凄いの考えるなあ! (労組書記長社労士のブログ)
【=36 -11-】 ジェルを冷蔵庫で凍らせて首に巻くのん、寝る時に使おうと思って購入したけど、昨夜は使わなかったので、今朝、通勤の時に使ってみた。 駅までの徒歩15分の間だけと思っていたけど、あまりにも快適だったので外すことが出来ず、そのまま満員電...
【インセプション】 (日々のつぶやき)
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、マリアン・コティアール、エレン・ペイジ、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット    お前の頭に侵入する。 「夢の中の奥深く潜在意識に入りアイディアを盗む産業スパイのコブは、ある容疑
インセプション   アゲイン (迷宮映画館)
見れば見るほど、面白い。
[映画『インセプション』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆こりゃ、まあまあ面白かったね。  それ程に入り組んだ話とも思わなかったけど、正直、この監督は、おそらく、そもそも、物語を整頓できない性格なので、難しい話を更に難しくと言うか、分かり難く見せている。  デビュー作の『メメント』の時点で、...
インセプション (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
この世で最も価値のあるもの、それはアイデア(想像)。優れたアイデアがあれば、富も名誉も世界もすべて思いのままになる。では、もしそれを盗むことができたとしたら。他人の頭 ...
「インセプション」 やりたい放題 (ももたろうサブライ)
監督 クリストファー・ノーラン少しあらすじコブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗む優秀な企業スパ...
インセプション・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ダークナイト」の大ヒットで、名実共にハリウッドのトップディレクターとなった、鬼才クリストファー・ノーランの最新作。 デビュー以来、人間の心の持つ様々な側面をモチーフとしてきたノーランが、今回選...
インセプション (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 探しものは何ですか? この作品における仮想世界である「夢の中」の解釈は、パソコン内のファイルと考えると解りやすい。 主人公グループは自分達とターゲットをLANケーブルで繋ぎ、その中...
インセプション (墨映画(BOKUEIGA))
「夢中のコマは廻り続ける。このコマは…。」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。 この危険な技術で世界最高...
インセプション (そーれりぽーと)
今年の大本命『インセプション』の先行上映を、IMAXで観てきました。 ★★★★★ イマジネーションを超越した物語の構成と、夢の...
インセプション (5125年映画の旅)
人の夢の中に入り込み、潜在意識からアイデアを盗み出すコブ。彼はターゲットであるサイトーからのアイデアの奪取に失敗するが、サイトーに腕を見込まれ新たな依頼を持ちかけられ ...
インセプション (Diarydiary! )
《インセプション》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − INCEPTION
『インセプション』探しものはなんですか? (映画をもっと楽しく![シネマポスト])
映画の評価(5点満点) ★★★☆☆ 夢を自由自在にコントールできたら面白いよね。こんな発想をハリウッドが映像化したら、『インセプション』が出来ました。そんな感じの作品だ。ハリウッドの娯楽作は豊かな発想の世界を楽しむのであって、細かいことを気しないのが最高...
夢と現実3 「インセプション」  (追記) (取手物語〜取手より愛をこめて)
劇場で見逃した「インセプション」。
インセプション (Men @ Work)
現在公開中のアメリカ映画、インセプション(監督:クリストファー・ノーラン)です。TOHOシネマズ六本木スクリーン2で観賞しました。 いやぁ、あっという間の2時間30分でした。「あっという間」に感じたのは、「ダークナイト」と同じく、映像の凄さと気分を高揚させ...
インセプション (心のままに映画の風景)
人の夢に入り込み、アイデアを盗むことができるコブ(レオナルド・ディカプリオ)は、サイトー(渡辺謙)と名乗る男からある依頼を受ける。 それは盗み出すのではなく、ターゲットの潜在意識にアイデアを植...
映画:インセプション Inception この多重「迷路世界」ノーランならでは、の味。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
1999年 秋に過去のものとは全く違う方向性のサイキックSFの傑作が登場した。 それは若手2人組、ウォシャウスキー兄弟による、マトリックスTHE MATRIX。 現実にはない、仮想現実の中での闘いを描いた。 翌年、今度は 巨匠 クローネンバーグによる、イグジステンズ eXiste...
インセプション (小部屋日記)
Inception(2010/アメリカ)【先行上映】 監督・脚本:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ/渡辺謙/マリオン・コティヤール/エレン・ペイジ/ジョゼフ・ゴードン・レヴィット/マイケル・ケイン/トム・ハーディ/キリアン・マーフィ /トム・....
インセプション INCEPTION (映画の話でコーヒーブレイク)
久しぶり〜に映画館へ行ってきました レオナルド・デカプリオと渡辺謙主演の本作はやっぱり見逃せません。 いやぁ〜、デカプリオは渋味が出てきてホントに良い男になったねぇ〜 いつまでも少年の面影を残していたレオ君が・・・10年後が楽しみですわ。 怒ってる顔がい....
インセプション 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
No.222 インセプション (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51756444.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
「インセプション」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                           「インセプション」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・脚本・クリストファー・ノーラン 久しぶりに映画館へ行って参りました。 平日だったのでお客さんはまばら・・。しかし左のほうに携帯を光らせている年配...
『インセプション』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インセプション 』 (2010)監  督 :クリストファー・ノーランキャスト :レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、 ジョゼフ・ゴードン・レヴィット、マリオン・コティヤール 『ダークナ...
【映画】インセプション…ノーランにもハズレ無しオススメ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は映画「インセプション」の記事ということで最近私が観た夢の話でも書こうと思ったのですが…夢の話ってのは退屈だからねぇ…止めておきます では、早速。以下は映画観賞記録です。 「インセプション」 (監督:クリストファー・ノーラン、出演:レオナルド・...
映画評「インセプション」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督クリストファー・ノーラン ネタバレあり
インセプション (我が頭に巣くう映画達)
57点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「メメント」、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン、 主演は「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオです。 人の潜在意識である夢の中に入り込み...