サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆

2010年07月30日 | 座布団シネマ:は行

『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。ペネロペは男の恋人で、すべてを求める美しい女優を演じる。人生の苦しみや痛み、そして愛と幸福の詰まった濃厚なドラマが涙を誘う。[もっと詳しく]

映像に撮られた時間は、決して死なない。

アルモドバル監督は、『オール・アバウト・マイ・マザー』(99年)、『トーク・トゥ・ハー』(02年)、『ボルベール<帰郷>』(06年)の女性讃歌三部作で、日本でも多くのファンを持っている。
どれも、素晴らしい作品だ。
しかし、アルモドバル監督の半生を半自伝的物語として10年余り温めて送り出した『バッド・エデュケーション』(04年)という作品の系列に、本作の『抱擁のかけら』は位置するのではないか、と思ってしまう。
『バッド・エデュケーション』は監督自身の体験も重ねられているが、神学校寄宿舎時代でのふたりの少年のホモセクシュアルな親和性と神父による少年虐待(少年愛)という16年前の過去が、ミステリアスなタッチで、映画制作の過程を通じて、浮かび上がるというお話である。



『抱擁のかけら』は、実業家エルネストの息子であるエルネストJrが父への愛憎からかホモセクシュアルに走るという展開はあるが、同性愛そのものを主軸に取り上げられた作品ではない。
ただし、この実業家親子に、有名な偉大な父ヘミングウェイとその息子で親父を愛憎し、最後は性転換後に死んだ息子のグレゴリー・ヘミングウェイという存在をモデルにしているらしいところは興味が惹かれる。
むしろ、アルモドバル監督とは4作目のタッグであり、それ以前のミューズであったカルメン・マラウのお株を奪ったかたちのペネロペ・クルスの鮮烈な愛のかたちを描いており、これを女性讃歌の映画の系譜と見做すことも出来なくはない。
けれども、ひとつの映画の中に、映画(あるいは映像)というフィクションが二重、三重に入り込みながら、全体として「映画」とはなにかというアルモドバル監督の問いかけになっているという、映画の構造上の同質性で、『バッド・エデュケーション』という作品が想起されるのである。



2008年マドリッド。失明している脚本家のハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ライXと名乗る青年から「父の記憶に復讐する息子の物語」を映画化したいということで、脚本を依頼される。
ハリーは断るが、その依頼主が14年前の事件の当事者の一人であることを了解する。
1994年マドリッド。当時、ハリーは、マテオ・ブランコという本名で人気の映画監督だった。
『謎の鞄と女たち』というコメディを制作することになったが、女優志望のレナ(ペネロペ・クルス)が現われた。
大実業家であるエルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)の秘書を勤めていたレナは、父の病気もきっかけとなり、エルネストの愛人となっていた。
映画に出演したいというレナの夢に対して、レナを独占したいエルネストは不承不承、息子のエルネストJrを監視役につけるかたちで、認めることになる。
マテオとレオは互いに一目惚れをし、レオは主役に抜擢され、『謎の鞄と女たち』という映画は制作されるようになるのだが・・・。



この作品は、映画のオマージュに満ちている。
監督で脚本家であるという設定は、アルモドビバル監督の投影でもある。
ハリー・ケインという名前自体が、不遇の天才表現者オーソン・ウェルズの『第三の男』の主人公ハリーと『市民ケーン』からとられている。
逃避行をするマテオとレナが、部屋で見る映画がロベルト・ロッセリーニの『イタリア旅行』であり、ヒロインであるイングリッド・バーグマンが抱き合ったまま溶岩で固まった男女の死体に感情移入する場面に、レナも永遠の愛を感じて涙する。
『謎の鞄と女たち』という作品は、アルモドバル監督自身が1988年にカルメン・マウラ、アントニオ・バンデラスで撮った『神経衰弱ぎりぎりの女たち』という作品を下敷きにしている。
その映画の中の、レナ演じるピナという主人公の女性は、どこかオードリー・ヘップバーンを思い起こすようなコケティッシュな愛らしさに満ちている。
また金髪のカツラでは、マリリン・モンローのようではないか。



その映画制作の過程を、「監視」するように撮影するのが、エルネストJrのビデオカメラであり、そのビデオカメラの映像を逐一持ってこさせ、唇の動きを読み取らせ、不穏な行動をチェックするのが、嫉妬深いエルネストである。
マテオとレナの逃避行に復讐を誓ったプロデューサーでもあったエルネストは、NGのフィルムばかりを継ぎ合わせてプレミアム上映会を開き、愚作であると新聞に貶めた記事を書かせる。
制作担当者でもあったマテオの知人ジュディット(ブランカ・ホルディージョ)が隠し持っていたフィルムを、ふたりの息子であるディエゴ(タアル・ノバス)と共に再編集し、マテオ=ハリーはようやく14年ぶりに、レイの女優としての姿を作品に定着させ、封印していた記憶を解き放つ中で、再生を図るのである。
「映画というものは完成させてはじめて映画となる」といったセリフを、アルモドバルは主人公に言わせている。
エルネストJrが並行して撮っている「メイキング映像」が、この作品の重要なファクターともなっている。
つまり、『抱擁のかけら』という映画時間の中に、14年前の出来事が重層され、そこに未完の映画の断片とレナを巡る三角関係(あるいはジュディットを含めての四角関係)が回想され、その謎解きに「メイキング映像」が挿入され、そしてもう一度未完の映画が時を経て、再編集され映し出されるという複雑な構成をとっている。
このあたりの劇中劇のような構成が、『バッド・エデュケーション』を思い起こさせるところだ。



マテオとレナが逃避行をするのが、カナリア諸島のランサロテ島。
奇妙なモビール風の現代オブジェが面白く、海岸線がまことに美しい。
かなり上方から海岸線で抱き合う二人を撮ったシーンがあるが、それはずいぶん前にこの地を訪れたアルモドバル監督が、たまたま撮影したショットの中に後から一組の男女が映っていることに気づき、そこからどんなカップルだろうかとイメージを膨らませたことが、今回のこの島での撮影に繋がったらしい。
撮影監督は『ブロークバック・マウンテン』や『バベル』で僕たちを驚愕させた、あのロドリゴ・ブリエトだ。
また、アルモドバドル監督のお得意の原色(特に赤)も効果的に使われている。
机の中の、びりびりに引きちぎられた、マテオとレナの愛の写真。
その写真を丁寧に、(息子である)ディエゴはつなぎあわそうとする。
そして、ひとりは死に、ひとりは失明し、そして周囲にも痛みを残した悲劇も、撮られた写真やフィルムやヴィデオ映像やなにより脳裏の記憶映像の中に、もう一度再現されることになる。
映像は、そしてそこに撮られた時間は、決して死なない・・・それがアルモドビバル監督の主題なのかもしれない。

kimion20002000の関連レヴュー

ボルベール<帰郷>














ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実のほうが(秋葉原事件の加藤... | トップ | mini review 10476「ノーボー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さまざまな映画に対する (sakurai)
2010-08-01 16:46:10
オマージュ!というのは感じとれましたね。
改めて、kimionさんの文章を読むと、あーー、そうだった!と思い返しました。
なのですが、どうにもこの男になんか釈然とせず、ペネロペちゃんのくっきりした存在がひかってたように思えました。
珍しく、粋な邦題でしたね。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-08-02 01:32:54
こんにちは。
いろんな抱擁のかたちがあるわけですが、もう僕自身は「抱擁」という世界から遠く離れている感じで、寂しい限りです。
赤の・・ (latifa)
2010-08-15 11:02:06
こちらにも☆
>撮影監督は『ブロークバック・マウンテン』や『バベル』で僕たちを驚愕させた、あのロドリゴ・ブリエトだ。
 そうなんですか。才能のある監督さんですねー。どれもとても印象に残る映像です。

アルモドバドルといえば、色使いがインパクトありますよねー
latifaさん (kimion20002000)
2010-08-16 02:11:34
こんにちは。
そうですね、スペインの監督らしい原色の使い方がうまいし、またその色使いにペペロネがよく映えていますねぇ。
明けましておめでとうございます。 (オカピー)
2011-01-01 01:34:55
今年も宜しくお願い申し上げます。
僕が幾つか読ませて戴いているブログの中でもkimionさんの記事は断然面白く、楽しませて貰っています。
いずれにしても、余り無理をなされずに長く続けて戴きたくお願い致します(昨年は休止・撤退された方が多くてがっかりしたものです)。

映画の記事とは関係なく、いつか日本人起源に関する本格的な文章を読みたいなどと勝手に思っているんですが、無理ですか(笑)。

この作品に関しては、僕はヒッチコックを想起せざるをえませんでしたね。実業家のペネロペにかける執念は「めまい」のジェームズ・スチュワートのようですし、階段の使い方とか、“ああやっているな”という感じでした。

主人公の名前は最初“ハリケーン”の洒落かと思ったのですけど、お話の構成から言って「市民ケーン」「第三の男」であることは間違いなく、一部で挙げられているミステリー作家のジェームズ・M・ケインは関係なかろうと思います。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-01-01 14:22:39
新年あけましておめでとうございます。
双葉さん後継のオカピーさんに、励ましていただけますと元気が湧いてきます(笑)。

日本人起源論ねぇ。最近、フリーメーソン論や幕末論・天皇論で独特のエンターテイメントカルトをやっている加治将一さんの『失われたミカドの秘紋エルサレムからヤマトへ』を読みましたが、漢字の起源論でもあります。
ちょっとこのトンデモはなかなかに遊ぶことができましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
抱擁のかけら (あーうぃ だにぇっと)
1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール ゲストは山本モナ。 真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。 映画の見所を語る。 KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。 最後に「すなおさ」についての持論を展開。 すなおになりすぎるのも考え物というよ...
抱擁のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LOS ABRAZOS ROTOSのスペイン映画。英題:BROKEN EMBRACES。ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、キラ・ミロ。主演はペネロ...
[映画『抱擁のかけら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの...
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪14年...
抱擁のかけら (むんみーの落書き)
ペネロペが綺麗でした。{/m_0150/} 濃い作品ですね。 エルネストの異常なまでの執着。 女優になりたい愛人レナを監視するためにプロデューサーとして金を出し、 息子にその撮影現場を一部始終撮影させ、音の無い映像から会話を引き出す。 怖いですね~{/m_0162/} そんな...
抱擁のかけら (シネマ大好き)
視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読ん...
『抱擁のかけら』(2009)/スペイン (NiceOne!!)
原題:LOSABRAZOSROTOS/BROKENEMBRACES監督・脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベーン・オチャンデ...
『抱擁のかけら』 ('10初鑑賞21・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 2月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:25の回を鑑賞。
抱擁のかけら/ペネロペ・クルス、ルイス・オマール (カノンな日々)
ペネロペ・クリスが『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督と再び組んでのディープな愛の物語(らしい)です。チラシやポスターのペネロペはどこかヘップバーンを彷彿させるんですよね。 出演はその他に、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ル...
抱擁のかけら (しぇんて的風来坊ブログ)
べド口・アルモドバル監督(「オール・アバウト・マイ・マザー」)の新作観てきました。いきなり盲目の男が字を読んでくれた女と戯れるということで、はあやはり一癖も二癖もあるのかなあと思いつつ見ていると、ミステリアスな展開から、男がかつて目が見えていて映画監督...
【抱擁のかけら】 (日々のつぶやき)
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ...
抱擁のかけら (映画道)
盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。今から14年前、失明する前のハリーは、新進監督...
抱擁のかけら (LOVE Cinemas 調布)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマ...
抱擁のかけら (キノ2)
 鮮やかな花柄のカーテン、ミントグリーンの壁、オレンジ色のソファ、真っ赤なドレス。とりどりの色。リズミカルな色。ヴィヴィッドな色。豊穣の色彩。モノトーンとか同系色とか、われわれは日ごろ、なんと色についてストイックなんだろう。色はこうやって組み合わせても...
美しすぎる女~『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
抱擁のかけら (to Heart)
愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出...
「抱擁のかけら」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Los abrazos rotos」...aka「Broken Embraces」「Broken Hugs」 2009 スペイン レナに「ノエル/2004」「ボルベール/帰郷/2006」「恋愛上手になるために/2007」「エレジー/2008」「それでも恋するバルセロナ/2008」のペネロペ・クルス。 ハリー・ケイン(マテ...
映画レビュー「抱擁のかけら」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
抱擁のかけら [DVD]◆プチレビュー◆視力を失くした男がたどる愛の誕生、崩壊、再生の道。アルモドバルの物語はいつも原色で濃厚だ。 【70点】 盲目の脚本家ハリー・ケインは、実業家エルネストが死亡したことを知る。直後にエルネストの息子がハリーを訪れ、ある脚本...
★「抱擁のかけら」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。
抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS (銅版画制作の日々)
 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性...
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
抱擁のかけら (迷宮映画館)
絶妙な邦題。。。。
抱擁のかけら [監督:ペドロ・アルモドバル] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
きれいすぎる起承転結の構成と、複雑な人間関係で血の通ったキャラクターを作り出した見事な脚本。そしてペネロペ・クルス。華やかで激しくて美しい。見応えたっぷりの女優の映画にして緻密なドラマ。やっぱりアルモドバルは外さない。観てよかったぁぁぁ!!!っと心の底か...
「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情...
抱擁のかけら (試写会) (風に吹かれて)
ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ~もちろん視覚的にも~。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...
「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES) (シネマ・ワンダーランド)
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG-12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲...
抱擁のかけら (とりあえず、コメントです)
ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。 視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、 愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。
『抱擁のかけら』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...
「抱擁のかけら」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペネロペの魅力が満載の映画。
恋する抱擁 (Akira's VOICE)
「恋するベーカリー」 「抱擁のかけら」 
映画評「抱擁のかけら」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり