サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10457「ジェイン・オースティン 秘められた恋」★★★★★★☆☆☆☆

2010年06月03日 | 座布団シネマ:さ行

「高慢と偏見」などで知られるイギリスの女流作家ジェイン・オースティンに迫る伝記ラブストーリー。監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。ジェインを『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、その一世一代の恋の相手となる青年トムを『つぐない』のジェームズ・マカヴォイが演じている。自著の主人公たちをハッピーエンドへ導いてきた、ジェインの知られざる恋の物語が堪能できる。[もっと詳しく]

「200年前」のオースティン文学は、なぜまだ女性たちを魅了するのだろう。

ある意味で二百年余り前のジェイン・オースティンの恋愛小説など、いくら近代心理小説の原型を築いたものであり近代文学の最高峰だと言われても、現在では英文学を専攻する娘さんたちの玩具に過ぎないと言ってみたい気もするが、どっこいいざジェイン・オースティンを翻訳だとしても読み始めると、これが面白くて止まらないのだ。
たしかに18世紀末のイギリスの時代背景がある。
その頃は、女性に自由な恋愛感情が仮に芽生えたとしても、家族という与件を無視して世帯を持つなどということは、ある種の階層にとっては非常識なものであった。
言って見れば「家」を離れての個人間の自由恋愛というものが成立しがたい、最後の時代であったといってもいい。



近代というものは良かれ悪しかれ、大衆社会を招き寄せ、階級社会というものを解体させることになる。
そのことに、ハンプシャーで牧師館を営みながら8人の子供を育てるオースティン一家が、自覚的であったかどうかはわからない。
けれども、「貧しさ」にプライドを危うくされながらも娘の「納得」を一番に考えようとする父親も、口うるさくも家族というものの受け皿としての幅をどこかで信じている母親も、結局独身で生涯を終えたオースティンや姉のカサンドラを不承不承も受容していくだけの度量を持っている様に見える。
その無意識は、近代という時代がもたらした無意識のように思える。
ジェイン・オースティンは別にラディカルな女性意識を持っているわけでもなく、現実の世界をその作品にアクチュアルに組み込んでいくような社会性を持っているわけではない。
ある意味では、保守であり、臆病であり、閉ざされた関係意識から積極的に抜け出ようとはしない。
自意識としては結局周辺の世界を「馬鹿にしている」ようなところがあるといわれても仕方がないところもあるのかもしれない。



しかしこの時代に「ペン」によって(たとえそれが匿名による発表を余儀なくされたとしても)自立していくということは、とんでもなく勇気と才能が必要であったということは僕などにもわかる。
彼女の長編はたったの六編しかない。
この映画の時間の流れから言えば、1795年、お互いに二十歳のジェイン・オースティンとアイルランド生まれのトム・ルプロイが出会い、翌年にはトムの厳格な法律家の叔父を彼女は訪れている。
そしてたぶん生涯に一度の彼女の恋愛が実らずに終わってから、二十代半ばで「高慢と偏見」「分別と多感」「ノーサンガー僧院」の代表作三作が相次いで発表されている。
そしてその後十年にわたる沈黙を経て、「エマ」「マンスフィールド・パーク」「説得」が執筆されることになる。



結局、興味深いのは、それ以降現代まで、多くの女流作家が輩出しているにもかかわらず、「古典」とされるジェイン・オースティンが相変わらず幅広い読者層を有し、次々と若い文学少女をも虜にするのは何故か?ということなのだ。
それを「ハーレークィーンロマンス」に通じるような、通俗性であると言ってしまえば簡単なのだが、そうと言うには抵抗がある。
「ハーレークインロマンス」は類型的で消耗品といってもいいお手軽物語としての安心感、止められないお菓子のような軽い麻薬性みたいなものがあるのだが、オースティン文学はひとつひとつの作品世界に深くどっぷりと浸ることが出来る。
皮肉な観察眼と現代的な機知とにもかかわらず底流に流れるロマン主義への憧憬と、そのあたりの調和が見事なのだ。



つまりは文学というものになにほどかの慰藉を感じる鋭敏な女性たちにとって、結局のところこの200年余りの目まぐるしい価値意識の変遷などより、もっと根強い「恋愛」物語の構造が強固に存在していて、そのことをよく現わしているのがオースティン文学であるような気がする。
それはどれほど現代的な情報化社会のなかで複雑な未来社会が描かれつつあったとしても、相変わらず子供たちが夢中になる物語が「指輪物語」の説話構造をそれほど逸脱することはないということと似ているのかもしれない。
このあたりをアメリカ特有の「読書会」ということで、ジェイン・オースティンの作品が取り上げられ、その作品のひとつひとつとサークルのメンバーの嗜好性・性癖が二重写しになる『ジェイン・オースティンの読書会』という作品もなかなか現代にも通じるオースティン作品の不思議な魅力をコメディ仕上げにしていて興味深かった。



2003年に発表されたジョン・スペンスのオースティンの伝記がそれまでのオースティン像を塗り替えることになった。この映画のエピソードの多くは、その伝記に触発されている。
あのオースティンに本当に人生を代えるような大恋愛事件があったのだ。
監督は『キンキーブーツ』(05年)のジュリアン・ジャロルド監督。才能ある監督だ。
オースティン役に、高校時代からオースティンファンであり、大学の論文も「オースティン文学」であり、今回の演技のために作品の再読はもとより多くのオースティンの評伝を片っ端から読んで役造りに生かしたというアン・ハサウェイ。
『ブロークバック・マウンテン』(05年)『プラダを着た悪魔』(06年)と来て、07年にこの作品、翌年には『パッセンジャーズ』『レイチェルの結婚』に主演しているが、油が乗っている感じがする。
相手役のトムにはジャームズ・マカヴォイ。オースティン同様女流作家として安定した人気を持つイアン・マキューアンの原作を基にした『つぐない』(07年)の演技が印象に残る。

kimion20002000の関連レヴュー

プライドと偏見
ジェイン・オースティンの読書会
つぐない
ブロークバック・マウンテン
パッセンジャーズ
レイチェルの結婚


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魂の舞踏/大野一雄(舞踏家)... | トップ | mini review 10458「クリー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彼女の作品の (sakurai)
2010-06-08 12:38:42
魅力は、やはりカタルシスではないかと思います。
凡百の恋愛物語と通じるところがあるにもかかわらず、恋愛成就の達成感は、どこか陶酔の域まで感じるものがありますわ。
その根源が彼女の悲恋にあったのかと思わせるこの作品は、秀逸でした。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-06-08 14:44:18
こんにちは。
もう少し後の時代の作家さんはタイプライターを使いますよね。
彼女の時代はまだペン書きだったわけですね。
そのあたりもなんか面白かったなぁ。
矛盾する印象 (オカピー)
2010-09-04 20:46:00
オースティンの小説が実体験を元に書かれたことが解るという意味では面白く、書かれた小説と同じような場面が続くという意味では面白さに限界があるような印象を覚えました。
対照的な幕切れは小説とは違いますけどね。

十代の時に「高慢と偏見」を読みましたが、子供故に面白さが解らなかったなあ。
今なら楽しめそうな気がします。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-09-05 21:43:11
こんにちは。
恋愛にかんして、現代的であることと古典的であることと、その差はいったいどういうものなのだろう、という興味が湧き起こってくるんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、彼女を作家へと駆り立てた 生涯ただ一度の、激しくも切ない恋だった。』  コチラの「ジェイン・オースティン 秘められた恋」は、伝記作家ジョン・スペンスの「ビカミング・ジェイン・オースティン」をベースに、「キンキーブーツ」のジュリアン・ジャロル...
ジェイン・オースティン 秘められた恋/アン・ハサウェイ (カノンな日々)
ジェイン・オースティンの小説は一度も読んだことがないのですが、映画化されたものをいくつか観ていることもあってすっかりお馴染みの人って感覚です。こうなったら一冊くらい何か読んでみようかなという気持ちになってるんですが、この作品はジェイン・オースティンの伝...
【ジェイン・オースティン 秘められた恋】 (日々のつぶやき)
監督:ジュリアン・ジャロルド 出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ それは、彼女を作家へと駆り立てた  生涯ただ一度の、激しくも切ない恋だった。 「1795年イギリス、ハンプシャーに住む貧乏な一家オースティン家 その娘ジェインは家族の貧乏
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ジェイン・オースティン作品の映画化されたものは何本か観ています。去年観た「ジェイン・オースティンの読書会」も面白かった…。でも、ジェイン・オースティン自身については、生涯独身だったこと、6本の長編小説を残して比較的早くに...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (風に吹かれて)
こんな恋もあったかも公式サイト http://jane-austen-movie.jp2003年に伝記作家のジョン・スペンスが発表した「Becoming Jane Austen」の中で、ジェイン・オー
ジェインオースティン~秘められた恋 (シネマ日記)
ジェインオースティンに最初に触れたのはいつだっただろう。ワタクシが英語で小説を読み始めて初期のころだったと思う。英文学といえば有名な小説家はたくさんいるが、やはりジェインオースティンは外せない。と、偉そうなことを言ってはみたけど、読んだのは6作中、「分...
ジェイン・オースティン/秘められた恋 (映画鑑賞★日記・・・)
【BECOMING JANE】 2009/10/31公開 イギリス/アメリカ 120分監督:ジュリアン・ジャロルド出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、マギー・スミス、ローレンス・フォックス、アンナ・マックスウェル・マ...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (迷宮映画館)
これは伝記としてみるべきなのか、物語としてみるべきなのか・・。
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (to Heart)
原題 BECOMING JANE 製作年度 2007年 上映時間 120分 製作国・地域 イギリス/アメリカ 脚本 サラ・ウィリアムズ/ケヴィン・フッド 監督 ジュリアン・ジャロルド 出演 アン・ハサウェイ/ジェームズ・マカヴォイ/ジュリー・ウォルターズ/ジェーム...
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
アン・ハサウェイが良かったあ。凛として綺麗だった。この映画の中で、誰よりも1番カッコ良かったのは、アン・ハサウェイ演じるジェイン・オースティンでした。主役なんだから当然かもしれないけれど、確固たる意志を持って生きる人の清々しさは、美しいです。!!!
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】1795年、イギリス。オースティン家の次女ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄のいい相手との結婚を望む両親に迫られ、地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス)の甥との結婚をしぶしぶ検討。しかしそんな中、ジェ...
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』 (千の天使がバスケットボールする)
生意気で高慢。女たらしで法律の勉強にも身が入らないくらいに放蕩を繰り返す遊び人。しかも失礼にも、小説を執筆しているうら若き未婚の乙女、ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)に向かって、”経験”がないから作品の内容に深みがないと、自分は数多くの経験者...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (Blossom)
ジェイン・オースティン 秘められた恋 BECOMING JANE 監督 ジュリアン・ジャロルド 出演 アン・ハサウェイ ジェームズ・マカヴォイ   ...
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(BECOMING JANE) (シネマ・ワンダーランド)
「きみの心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くても、その実は甘い」(ジェイン・オースティン)-。「高慢と偏見」などの作品で知られ、夏目漱石も絶賛したという英国の女流作家、J.オースティン(1775-1817年)の若き日を綴(つづ)ったラブ・ロマンス「ジェイ...
Becoming Jane / ジェイン・オースティン 秘められた恋 (Akasaka high&low )
ジェーン・オースティン作品の映画化は食傷気味なので本人の人生にスポットを当てた映画がBecoming Jane「ジェイン・オースティン 秘められた恋」。 昔の英国を舞台にしたロマンスの王道である庶民的な生活のデティールや美しい田園風景と曇った空のショットが満載。 踊...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (LOVE Cinemas 調布)
作品としては2007年のモノで、主演のアン・ハサウェイは翌年の『レイチェルの結婚』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。共演は『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。共演に「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのマギー・スミスや、ジェームズ...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]「高慢と偏見」や「エマ」など、著作の映画化も多い英国の女流作家ジェイン・オースティン。今なお人気の作家だが、封建的な環境で結婚をハッピーエンドととらえる彼女の物語は、時に古臭く思えたものだ。だが本作では、そんな...
ジェイン・オ―スティン 秘められた恋(2007) (銅版画制作の日々)
 原題:Becoming Jane原題を直訳すると、ジェイン・オースティンになるという意味です。つまり若き日のジェインの秘めた恋にだけ焦点を当てているだけでなく、聡明な女性ジェインが後にイギリス文学史上最高の小説家と評価されるまでの間のジェインについて描かれている...
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Becoming Jane」2007 UK     ジェイン?オースティンに「プラダを着た悪魔/2006」「レイチェルの結婚/2008」「パッセンジャーズ/2008」「ゲットスマート/2008」のアン?ハサウェイ。 トム?レフロイに「つぐない/2007」「ウォンテッド/2008」のジェームズ?マ...
09-326「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(イギリス) (CINECHANの映画感想)
別れて暮らすことに意味は無い  1795年、イギリス。貧しい家に生まれた女性ジェイン・オースティンは20歳の結婚適齢期。両親は娘を裕福な家に嫁がせようと懸命だった。  ところが、独立心旺盛で当時の女性としては格段に進歩的な考えを持っていたジェインにとっては、...
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」:道灌山下バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この銅像、木陰で思索するなんてジェイン・オースティンみたいね。 {/kaeru_en4/}「ジェイン・オースティン 秘められた恋」を観ると、たしかに彼女は始終緑豊かな森の中を散歩している。 {/hiyo_en2/}18世紀のイギリスのハンプシャーを舞台に、そこで出会...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (Diarydiary! )
《ジェイン・オースティン 秘められた恋》 2007年 イギリス/アメリカ映画 -
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 彼女の著作に触れていた方が楽しめる (はらやんの映画徒然草)
最近、演技の幅も広がり多彩な役を演じているアン・ハサウェイがイギリスの女流作家ジ
『ジェイン・オースティン秘められた恋』(200... (NiceOne!!)
原題:BECOMINGJANE監督:ジュリアン・ジャロルド出演:アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、マギー・スミス観賞劇場 : ...
ジェイン・オースティン秘められた恋 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
アン・ハサウェイ×ジェームズ・マカヴォイ生真面目が定説の女流作家が胸に秘めた恋とは?若き日の情熱と分別を描く文学的なラブ・ストーリー。 物語:1795年、当時のイギリスでは階級が最も尊重され、結婚も愛のためではなく、地位や財産のためにするものだった。 ...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (心のままに映画の風景)
1795年、イギリス。 オースティン家の次女ジェイン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄の良い地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス...
ジェイン・オースティン/秘められた恋★★... (kaoritalyたる所以)
11/27のレイトショーで観た映画の感想です。イギリス女性を、アン・ハサウェイが演じることに少し違和感を感じていたのですが、映画を観ていたら、そんな心配は無用で、ジェー...
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (とりあえず、コメントです)
伝記作家ジョン・スペンスの原作を元にジェイン・オースティンの恋を描いたラブロマンスです。 原題は“BECOMING JANE”。生涯独身を通したジェインがどのようにして作家になったかのを 熱い恋心と共に描いていました。
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (2007・イギリス/アメリカ) (白ブタさん)
2007年製作のこの作品。 ようやく日本公開デス☆ まちかねてました、ホントに{%がっかりwebry%}
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (悠雅的生活)
マカヴォイに恋をする・・・
映画評「ジェイン・オースティン 秘められた恋」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年イギリス映画 監督ジュリアン・ジャロルド ネタバレあり