サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06171「力道山」★★★★★★☆☆☆☆

2006年09月23日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

日本の国民的英雄だった伝説的なプロレスラー、力道山の一代記を描いたヒューマンドラマ。主演は『シルミド/SILMIDO』のソル・ギョング。妻役を演じたのは中谷美紀。脇を固める俳優も藤竜也や萩原聖人といった豪華な顔ぶれ。監督は、俳優のような華麗なマスクを持つ『パイラン』のソン・へソン。力道山を演じるため、わずか5か月で30kgもの増量に成功したソル・ギョングは、日本語も猛特訓し、本編では流ちょうな日本語を披露した。日本各地で撮影されたという1950年代から60年代の風景を見事に再現した美しい映像にも要注目。[もっと詳しく]

日本人でも朝鮮人でもなく、力道山は「世界人」でありたかった。

 僕が生まれたのは、1953年である。その年、アメリカ帰りの力道山を中心として、日本プロレス協会が立ち上がった。
翌54年、有名な「力道山・木村VS
シャープ兄弟」の一戦が、テレビ中継された。新橋などの街頭テレビに群がる人々。記録映像で何度も見ているが、実際、僕が、テレビ観戦で力道山を見たのは、たぶん5歳か、6歳の頃である。
ルー・テーズ、パット・オコナー、ジェス・オルテガ、サン・マルチーノ、ミスター・アトミック、フレッド・ブラッシー・・・最後の対戦記憶は、1963年「四の字固め」で一世を風靡した白マスクのデストロイヤーであっただろうか。
僕は10歳。その頃、本屋の店頭で夢中になって「ゴング」誌を立ち読みしていた。中学校の3年間は、毎月「ゴング」誌を購読し、隅から隅まで、飽きず読んでいたものだ。

 

赤坂の「ニュー・ラテン・クォーター」で、力道山が刺され、現在では外科医のミスというのが定説になっているが、病院でしばらくして、腹膜炎で死んだというニュースを見聞きし、たぶん僕の中で、「ヒーローというものはあっけなく消えるんだ」といった、儚さのような感覚をはじめて持った、といってもよいかもしれない。

1924年朝鮮半島生まれ。本名金信洛(キム・シンラク)。
長崎県大村市の農家の養子になり、戸籍名は百田光浩。
1940年に初土俵、朝鮮人であることで差別されながらも、関脇にまで上り詰める。しかし、日本人でないことが理由で大関には推挙されず、「俺の運命は俺が決める!」と自ら啖呵を切って、髷をきる。
その後、「西洋相撲」ともいえるプロレスの存在を知り、単身、アメリカに武者修行、大活躍の後日本に凱旋した。
戦後の復興もある程度は進み、また、テレビ放映というマス型社会が出始めた時流にも乗り、空手チョップでバッタバッタと西洋の大男を薙ぎ倒す力道山は、熱狂的に、国民の抑圧されていたナショナリズムに呼応するかたちで、戦後最大のヒーローへと神格化されたのである。

 

力道山には、ヒーローにふさわしく、虚実とりまぜた数多くの伝説がある。
実際に、当時の「マジソンスクエアガーデン」ともいえる総合娯楽施設「リキ・スポーツパレス」を渋谷に造り上げ、赤坂には「リキ・マンション」をもつ大実業家でもあった。
また、映画にも何本か出演し、浮名も流し、生涯4人の女性と婚姻関係を持ち、子供も5人いるとも6人ともされた。

映画「
力道山」では、下っ端力士時代、シルラク(ソル・ギョング)が空襲下で出会った芸子綾(中谷美紀)、その綾の身元引受人でありまた二所の関部屋の横綱東浪関の後見人であり、自分にも後見人として「力道山」の四股名をつけてくれ、プロレス協会の興行のフィクサーともなる菅野武雄(藤竜也)、その菅野の指名で最後まで力道山のマネージャーを続けた吉町(萩原聖人)らが、「力道山」をはらはらしながら、寄り添う物語ともいえる。

 

「俺は日本人でも、朝鮮人でもない、世界人だ」という力道山。
結局のところ、力道山は、「自分で自分の欲望に歯止めがかけられない男」であるというように、この映画では描かれている。
何度か、彼が、落ち着いて生きることができる「分岐点」はあったのだ。
芸子の綾とこじんまりとした世帯を持ったとき、力士時代に関脇までは上り詰めたとき、東浪関もプロレス転向をし、花を持たせるよう菅野に頼まれたとき・・・でも、いつも、こうした「分岐点」をこの男は、世間を敵に回すような方向を選択してしまうのである。

 

出自からくる抑圧や劣等感や反発心が、その選択を不可避としているのだろう。
巨額を稼ぎ、時代の寵児となり、持て囃されるその分だけ、逆に、孤独と猜疑心と不安感が自分を蝕むことになる。
いつも、なにかに、追いたてられている。
胸のうちを、いくつかは綾をはじめとする女たちに、いくつかは最後は袂を分かつことになるのだが甘えられた親分の菅野に、あるいは最後までついてきてくれたマネージャーの吉町に、また、朝鮮半島出身のレスラー大木金太郎に、あるいはこの映画では登場しないがプロ野球からスカウトし可愛がったジャイアント馬場に、もしかしたらリンチめいたしごきにあわせたが、結局最後の看病をしてくれたアントニオ猪木に、吐露することはできたのかもしれない。
しかし、多くは、自分で自分の理不尽な感情を、引き受けるしかなかったどうしようもない孤独さが、この男には生涯ついてまわったような気がする。

 

時代は、プロレス中継がゴールデン放映から、はずされていく頃であった。
ヒーローは、柏鵬や王・長島の時代に移っていく。戦後を引きずった暴力団組長が興行を仕切ることにも、批判が出はじめていた。
だから、1963年のあの出来事は、映画では、酔っ払い暴力をふるう力道山に、ファンであったチンピラ(
山本太郎)が逃げようとして思わずナイフを腹部に突き刺してしまう、という「事故」のように描かれている。
何が起こったか、力道山にもわからない。
本当の死因は謎だとしても、運命的に見れば、時代が力道山に引導を渡したのかもしれない、とも思う。「もう、いいじゃないか」と・・・。

 

日韓合作映画だが、
ソン・ヘソン監督は3年をかけて、よくこの映画を粘り強く完成に導いた。
オープンセットは10個以上、力士・芸者を100人集めたシーンもあった。試合会場には1万人のエキストラを調達した。また、現役格闘家の船木誠勝、武藤敬司、故橋本真也らも参加させている。

僕は、この監督の「
ラブ・レター/パイラン」という映画が大好きだった。
浅田次郎の原作を韓国を舞台に書き換え、三流ヤクザ(
チュ・ミンシク)が偽装結婚のようなかたちで籍を入れたが、薄幸の女(セシリア・チャン)は写真でしか見たことがない男を、待ち続けながら死んでしまう。男は、生まれて初めて、慟哭する。
タルコフスキーを信奉するソン・ヘソンだが、実作品はリアリズムとリリシズムを融合させようとしているようにもみえる。だから「通俗」にも入り込む。
「力道山」を日本語も闊達に使いながら演じたのは、韓国映画界の「若きカリスマ」ソル・ギョンク。
この映画では、5ヶ月で28㎏も体重を増やし、レスラーの体格を造り上げた。
実際の格闘シーンも迫力満点だ。さすがは、韓国映画界のロバート・デ・ニーロと言われるんだな、と納得してしまう。
ユリョン」「燃ゆる月」「オアシス」「シルミド」どの役作りも、深く、記憶に残っている。

 

日本人のある一群は、朝鮮半島の高句麗の方から、海を渡ってきている。
力道山=キム・シンラクの祖先も、きっとその一族であり、強靭な王であったかもしれない。
その悠久な歴史時間では、「日本人」でも「朝鮮人」でもなく、むしろ力道山が夢を見ていた「世界人」と呼んだほうが、適切であったのかもしれない。
しかし、力道山が生きた時代は、「日本人」と「朝鮮人」の間の、海溝のような深い深い断層を、埋めることなど出来ない時代であった。
長い歴史の彼方から、DNAに刻まれた記憶が、力道山を呼んでいたのかもしれない。
もっと遠くへ。
もっと自由に。
こんなところで、立ち止まっていては、ダメだよ、
もっと遠くへ。もっと自由に、と・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (61)   トラックバック (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« mini review 06170「デュエ... | トップ | mini review 06172「弓」★★... »
最近の画像もっと見る

61 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB送らせていただきました (真紅)
2006-09-23 07:35:29
kimionさま、こんにちは。韓国映画特集ですね(笑)

ソル・ギョング、私も大好きな俳優です。『ペパーミント・キャンディ』はご覧になりましたか?

未見でしたら是非。オススメします。

ではでは。
真紅さん (kimion20002000)
2006-09-23 12:53:50
こんにちは。

ははは、そうですね。

「ペパーミント・キャンディ」は、見ています。

10年ぐらい前かな。ソル・ギョングの長編デヴュー作。

あの作品の頃から、韓国映画を、注目するようになってきました。
TBとコメントありがとうございます^^ (latifa)
2006-09-23 19:00:47
こんにちは~kimion20002000さん。

私はこの映画、結構面白く見ました。



>この監督の「ラブ・レター/パイラン」という映画

私も好きです。原作⇒中井貴一さん主演の日本版⇒パイランという順番で見たのですが、日本版より韓国版の方が、チェ・ミンシクさんが合っていてより面白かったです。



ソル・ギョングさんは、ペパーミントキャンディ、オアシスがとても印象に残っています。

「私にも妻がいたらいいのに」も、結構好きです♪
Unknown (ケント)
2006-09-23 19:48:26
こんにちはkimionさん

TBありがとう。こちらからもTBさせて頂きました。

kimionさんのブログを読んでいると、僕と同年代のように感じました。

シャープ兄弟見たのですね。

懐かしさと、あの時代に対する愛情を感じました。

10月に「地下鉄(メトロ)に乗って」が上映されます。僕は必ず観ますが、kimionさんも是非ご覧になってください。

人気ブログランキングに応援ポチッしておきますね。



こんばんは。 (あむろ)
2006-09-23 20:31:03
kimionさん、こんばんは。

TBありがとうございます。



主演のソル・ギョングさんの男っぷりと日本語のうまさ、それから何よりも肉体に脱帽です。

たくさんの格闘家とのプロレスシーンは感動しました。



リキパレスやリキマンションは力道山の死後、どのようになったのでしょうか。

kimionさん、おわかりになりますか?
世界人の生涯を脳内補完できた (メビウス)
2006-09-23 20:45:05
kimionさんこんばんわ♪TB有難うございました♪



結構脚色がされているとは言え、力道山と言う名前と空手チョップのみしかしらない自分にとっては、力道山の激動の生涯を良く知る事が出来た貴重な作品だったと思います。個人的にこういった実話系の映画は好きなジャンルでもありましたので☆



ソル・ギョングの迫真の演技や日本語の上手さもあって、かなり引き込まれましたね。
父のタバコの匂い (ダディ・ヤンキー)
2006-09-23 21:23:19
こんばんは。

kimionさん、 トラックバックありがとうございました。



力道山について、おぼろげにしか覚えていませんが、

詳しく知ることができて、楽しく拝見させていただきました。



あの時代は、父の自転車に乗った時、背中から漂う、父のタバコの匂いがします。懐かしいです。
魅力のある映画でした (たろ)
2006-09-23 22:20:55
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



詳細な記事を興味深く拝見させて頂きました。

僕は力道山さんにリアルタイムで触れていない世代ではありますが、この時代を再現した映画世界と出演者の皆さんの個性的な存在感が大きな見所であったと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



TBありがとうございました。 (sabunori)
2006-09-24 00:10:20
kimionさん、こんばんは。

一発逆転を狙って大芝居に出るシーンですっかり力道山が

大好きになってしまいました。

川で軍歌を一生懸命唄うシーンにホロリ、なんてしていたら

計算の上の行動だったとは・・・。

劇場で観た時、なんとこの私が一番若者なくらい年齢層が高かったのを憶えています。

みなさんリアル力道山をご存知の世代の方たちですね。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-24 03:21:50
>latifaさん



原作の短編は好きでね。日本版はもうひとつ。この映画の、セシリアは、本当に、儚げで、いつものだみ声もありませんでしたね(笑)



>ケントさん



シャープ兄弟は、うろ覚えですね。まあ、ミル・マスカラスぐらいまでは、来日レスラーの情報は、全部といっていいぐらい持っていましたね。大半は、いかがわしいレスラーだけど、そこもまた捨てがたい。



>あむろさん



僕は、大学出るまで、東京じゃなかったので、わかりませんね。検索で調べられるんじゃないかな?その当時のリキパレス行ってみたかったなあ!



>メビウスさん



あのプロレスの演技は、半端じゃないですね。知人が、格闘技関係者ですが、素人にみえないと言っていましたよ。



>ダディ・ヤンキーさん



そうですね。僕も小学校に上がる前は、いつも父の自転車の後部にチョコンと乗っていました。途中で、父が知らぬ間に振り落とされたこともしばしば、あったようです。



>たろさん



たぶん、こんなに本格的なスタッフの日韓合同体制で映画が撮られるのは、はじめてかもしれませんね。



>sabunoriさん



力道山は、よく覚えていますね。でも、映画の試合は、もっとあとの時代に開発された技も混ぜていたように思います。自信がありませんが。やっぱり、空手チョップ!クラスでも、いつも、プロレスごっこをしていたからなあ。



TBありがとうございました (syoutou2)
2006-09-24 04:08:40
力道山の事、詳しく解説してくれってありがとうございました。

 記憶の奥にあった力道山が、映画以上に、うかびあがったきがします。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-09-24 04:20:54
いつもありがとうございます!

映画としては、韓国っぽくないと思いました。邦画だと思ってみていた、、、

この映画を見た時は、良くできた伝記物で、かなり良い印象だったのですが、

あとでいろいろ知ると、、、反日映画のように思えてきてしまいました。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-24 11:43:07
>syoutou2さん



記憶の底の僕もあります。この役者さんは、体型も似させて、撮影にのぞんでいますね。



>猫姫さん



監督・主演は、韓国だけど、出演者・スタッフの多くは日本人という珍しい形式で、僕は、意味があると思っています。



ネットでは、反日であるとか、珍しく日本批判がないとか、韓国・日本双方から、いろんな議論があるようですね。



あってもいいと思いますけど、僕は、日本・韓国問題は、大化の改新以前に、遡りたいほうなんですよ。
こんばんは (ノラネコ)
2006-09-24 19:04:55
TBどうもでした。

以前ドキュメンタリーで、力道山を刺殺した元ヤクザの犯人の告白を見たことがあります。

みんなの前でボコボコにされて、本当に殺されると思った、ヤクザとしてのプライドもあって、必死で刺してしまった、と言っていました。

映画とはちょっと違いますが、この告白を元にシーンを作っているのかなと思いました。
色々な思い (aki)
2006-09-24 22:06:32
TBありがとうございました。

『日本で一番笑う人』になりたいと思って、頑張ったはずなのに、頑張れば頑張るほど『笑えない』方に自分を追い込んで行った気がします。



この映画を通し、力道山が生きていた時代の事や、もし彼が今の時代の人だったら・・・など、色々考えてしまいました。

コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-24 23:05:10
>ノラネコさん



僕は昔は、やはり、プロレスの興行がらみの、やくざとのトラブルだと思っていたんですけどね。なんか、力道山の、自分で招いた破滅のようですね。



>akiさん



本当に笑うことはなかったんですね。映画では、綾との記念写真で不器用な笑顔を撮っていますけどね。
TBありがとうございました。 (トミー)
2006-09-24 23:30:35
こんばんは。

TBありがとうございました。



栄光をつかめばつかむほど、自分を追い込んでいく

力道山の生き方が観ていて辛い映画でした。

力道山という男の業の深さを見事に体現した

ソル・ギョングの演技にも圧倒されました。



私は力道山の時代を知らない世代ですが、

その当時の熱気は伝わってきたように思えました。
トミーさん (kimion20002000)
2006-09-25 00:09:29
こんにちは。

おっしゃるように、力道山の業(カルマ)の深さなんでしょうね。

限界がない、これでよし、というものがない、ということは、みていて、つらいですね。
TBありがとうございました。 (ちゃぎ)
2006-09-25 08:18:50
いつもkimionさんの記事は読み応えがありますねえ。 素晴らしいの一言!

時代、周り、そして自分で自分が時々コントロールできない・・で、この時代に夢を与えてくれてキラキラ光っていた力道山、その光と私生活の影・・・・  その辺りの憎めない可愛い男をソルギョングがうまく演じていたと思います。



彼は素晴らしい役者さんなので、これからも期待しているんですよ。 上の作品の他に「公共の敵」もお勧めです。
TBありがとうございました (sakurai)
2006-09-25 08:40:29
時代が必要としたヒーロー、そんな感じがしました。

ちょっとあとに生まれたので、力道山を生では見てませんが、あのTVの前で興奮状態でプロレスを見ていた日本人、あの熱気はなんだったんだろうと、思います。

しかし、ソル・ギョングという役者の力の入りようはいつもびびらされます。凄い役者さんです。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-25 10:42:07
>ちゃぎさん



「公共の敵」は最近でしたね。まだ、観ていないんですよ。DVD出ているのかしら。それにしても、存在感のある役者さんですね。



>sakuraiさん



やはり、敗戦、占領政策のなかで、鬱屈していた日本人が平均だったんでしょうね。欧米の大男をやっつける力道山、あの万歳!万歳!で沸き返る日本人の姿は、わかるような気がします。
TBありがとうございます (やっぱり邦画好き…)
2006-09-26 09:34:26
この度はアメブロ版やっぱり邦画好き…にTBをいただき、ありがとうございます。

そして返信が遅くなりましたことお詫び申し上げます。

勝手ながら都合によりメインのJUGEM版やっぱり邦画好き…でTBの返信をさせていただきます。

これからもよろしくお願い致します。
TB有難う御座います (よし坊)
2006-09-26 09:45:17
TB有難う御座います。返TBさせていただきました。



懐かしい名前が並びましたね。ボボ・ブラジルとか、キラー・コワルスキーなんてのも居りましたね。



映画ですが、ソル・ギョングの日本語、上手いですね、感心しました。



これからもチョクチョクお邪魔します。
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-09-26 10:12:10
>やっぱり邦画好きさん



この映画を邦画だと思っていた方も、たくさんおられたと思いますね。こういうかたちでの、日韓合作がもっとでてくるかもわかりません。日本の監督さんと主役が出て、他は韓国のスタッフ&キャスト。そうすると、草薙君あたりか(笑)



>よし坊さん



どこからどこまでが、力道山で、そのあと、吉村、豊登などを経て、馬場・猪木時代などか、記憶では、ごちゃ混ぜになってしまうところも、ありますけどね。
Unknown (maximum)
2006-09-28 00:38:17
TBありがとうございました^^



読ませていただき、力道山についての知識を得ることが出来ました。

成功すればするほど、孤独になっていく男。

満たされることのない心のみぞ。

力道山まさに孤独なファイターですね。
maximumさん (kimion20002000)
2006-09-28 01:03:54
こんにちは。

力道山って、漫画も伝記もとてもたくさん出ています。いろんな伝説があって、真偽を検証したわけではないけれど、戦後で言えば、同じ朝鮮出身の大山館長と双璧でしょうね。とてつもない、伝説は。
(○ ̄ ~  ̄○)ウーン。。。 (こっちゃん)
2006-09-28 09:53:13
素晴らしいレビューですね、今回も。

なんかブログで公開しちゃうのが勿体ないほどのレベルですね。

すごいなあ、kimionさん。



ソル・ギョングは韓国でも貴重な存在の俳優さんですね。

こっちゃんもあちこちの映画でこの方に出会いましたが、

いまや「出てくるだけで安心できる俳優さん」のひとりです。



日本語、良く頑張りました。◎ッ!
こっちゃんさん (kimion20002000)
2006-09-28 11:14:40
TBありがとう。

韓国の男優さんは、みんな鍛えられた肉体をしていますが。

普通、そんな急速に体重増やしたら、もっとぶよぶよになっちゃいそうですが。

筋肉増強剤かしら。副作用が心配です(笑)
TBありがとうございます (ルイス)
2006-09-28 18:01:24
充実したブログ驚嘆してます。これからも参考にさせてください。
ルイスさん (kimion20002000)
2006-09-28 19:30:13
とんでもないです。

気軽に遊びに寄ってください。
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-28 20:59:29
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

こちらからはgooへTBが着けられないので、TBのお礼だけのコメントです。

jamsession123goさん (kimion20002000)
2006-09-29 02:20:39
こんにちは。

ご丁寧にどうも。

僕もblog1年と数ヶ月になりますが、運営会社によって、いろいろルールが違ったり、相性があったりするらしいですね。

いまでも、よくわかりませんが(笑)
TBありがとうございます。 (もじもじ猫)
2006-09-30 13:18:15
この映画、ソル・ギョングがいなかったら成功しなかったでしょうね。「ペパーミント・キャンディ」以来注目してます。

韓流といわれる流れからはずれる、正統派の魅力にオバ様たちも気がついて欲しいものです。

そして、藤竜也の存在感もすごかった。



>ネットでは、反日であるとか、珍しく日本批判がないとか、韓国・日本双方から、いろんな議論があるようですね。

うーん、そんなの必要ないと思うんだけど。ハリウッド映画にそんなこという人いないでしょう。なんだろ~。







もじもじ猫さん (kimion20002000)
2006-09-30 16:03:17
こんにちは。

そうですね。日本人の役者さんも含め、いろんな役者の顔を思い浮かべるんだけど、いませんね。やっぱ、すごいですね。彼は!
Unknown (ケント)
2006-10-01 11:20:57
kimion20002000さんコメントありがとう

村松氏の「私プロレスの味方です」が出版されたときは、嬉しかったなぁ・・・

あの頃がプロレス人気の絶頂期でしたね。

今は、新日本プロレスもうらぶれて、寂しい限りです。

ケントさん (kimion20002000)
2006-10-01 12:03:12
こんにちは。

僕も、村松さんの一連のエッセイ・小説は、楽しく読みました。

梶原一騎も、功罪あったけど、ずいぶん、プロレスファン層を拡げましたね。ミーハーだけど、ミル・マスカラスあたりまで、夢中だったかな。
ソル・ギョング (かのん)
2006-10-02 23:29:01
あのカリスマ的俳優が、舞台挨拶では主役にも関わらず歓迎ぶりにビックリしたのか控えめだったのが印象的でした。他の俳優さんたちが正装だったのに一人ジーンズ姿だったせいもあるのかな?でも上映終了後のスタンディングオベーションには感激してくれたみたいです。
かのんさん (kimion20002000)
2006-10-03 00:03:52
こんにちは。

舞台挨拶、ご覧になられたんですか。

なんか、お人柄が謙虚そうで、いい感じですね。

日本でも、ファンが増えると思いますね。
力道山 (giants-55)
2006-10-05 02:30:07
書き込み有難うございました。



力道山氏が朝鮮半島の生まれというのは、当時の日本人の殆どが知らなかった事の様ですね。自分の場合は、かなり以前に書籍でその事実を知ったのですが、仰る様に政治の闇の部分に関わっていた”可能性”は、件の本を読む迄全く知りませんでした。或る意味、時代に翻弄された人物という感じがして、気の毒さを覚えます。



この映画は未見なのですが、レンタルビデオ店で近い内に借りて見ようと思っています。



今後とも何卒宜しく御願い致します。
giants-55さん (kimion20002000)
2006-10-05 13:58:21
こんにちは。

政治・経済の裏面史というものは、なかなか、研究の対象にはされず、個人のジャーナリストなどのがんばりのなかで、ある程度が出されるだけです。

新聞・テレビの伝えているものは、安全無害な、表層の一部だけというのは、多くのヒトがわかっているんですけどね。

今後は、インターネットによるジャーナリズムが主流になってきて、どこかで、風穴が開いていくのだと、思いたいのですが。
知らなかった (kino)
2006-10-07 10:08:38
お伺いするのが遅くなってすみません。

TBありがとうございました。

力道山ことは”街頭テレビ”のヒーローだったことくらいしか知らず、

日本人じゃなかったことも相撲取りだったことも知りませんでした。

頭のいい、エネルギー溢れる人だったんですね。

この映画の全てがホントのことではないでしょうが

少しでも知ることができて、興味深かったです。

中谷美紀さんのしっとりした美しさもよかったなぁ。
kinoさん (kimion20002000)
2006-10-09 02:18:17
こんにちは。

よっぽど、プロレスマニアじゃない限り、力道山の実像は、そのころの世代でさえも、知らないんじゃないでしょうか。そういう意味でも、こういう映画で、ひとつの解釈がでてきたのはいいことだと思います。
Unknown (my life)
2006-10-11 00:07:46
こんばんは。kimionさん。

何時もブログにコメント残して頂いてありがとうございます。

たまには私からもお邪魔させてもらいますね(^^)



私は「力道山」の事をよく知らない人間だったのですが、この作品を観て強烈に印象に残りました。

それだけでも観る価値はあったのかと思っております。

それと、ソル・・ギョンクは相変わらず圧巻の役作りと演技力でしたよね。
my lifeさん (kimion20002000)
2006-10-11 02:12:32
こんにちは。

役者もよかったんですけど、「力道山」って強烈な印象を残しますよね。現代のヒーローは、たくさんいますけど、ちょっと、「強烈さ」の種類が違う。やっぱ、とても深い「渇き」のようなものがあり、それが現在は希薄になってきているのかもわかりませんね。
Unknown (あっしゅ)
2006-11-27 21:51:49
こんばんわ。TB&コメントありがとうございます!

これ本当に良かったです。映画館で観ようと思ってたんですけど、、、失敗したぁ~。やっぱり映画館で観ればと後悔してます。
それにしても、ソル・ギョングの体当たりの演技には脱帽です。中谷美紀の綾も良かったですね。
あっしゅさん (kimion20002000)
2006-11-28 09:45:44
こんにちは。
熱演でしたね。
日本人で、いま、力道山を演じられる役者さんって、誰なんでしょうね。ちょっと思いつきません。
はじめまして。 (よっちゃん)
2006-12-18 18:58:57
はじめまして。トラックバックありがとうございました。

ブログをみて力道山についての、驚くほどの研鑽に感服いたしました。
自分のブログ内容が薄っぺらなんで恥ずかしい思いです。
よっちゃんさん (kimion20002000)
2006-12-19 02:03:47
こんにちは。
この映画を見て、忘れていた、幼い頃の「茶の間」を思い出しました。もちろん、力道山の活躍を、家族がどんな動作で応援していたか、まで、一瞬で思い出されました。
映画って、おそろしいですね(笑)
kimiorさんへ (よっちゃん)
2006-12-20 21:56:20
残念ながら、わたしは少し後の年代なんで、力道山やシャープ兄弟などなどは、リアルタイムでは、知らないんですよ。

馬場、猪木の旧日本プロレス時代からです。
TB有難うございました (オカピー)
2007-02-28 15:31:26
コメントも有難うございました。TBは昨日お返し致しました。

皆さんがお褒めになるソル・ギョングの日本語は、短い期間であそこまでよく話せるようになったと言ってもいいとは思いますが、日本人の誰も疑わなかった力道山の日本語と考えると絶賛したものか、と天邪鬼の私は思ってしまいますね(笑)。映画というのはスクリーンに現れたものが全てですから。

>あってもいいと思いますけど、僕は、日本・韓国問題は、大化の改新以前に、遡りたいほうなんですよ。

私もそう考えるほうです。ご不都合がないようであれば、もう少し詳細をお伺いしたいのですが。
オカピーさん (kimion20002000)
2007-02-28 15:49:57
こんにちは。

>日本人の誰も疑わなかった力道山の日本語と考えると

たしかにそうだけどね。でも、もう、力道山の肉声を聞いたことがある人のほうが、少なくなってきているし(笑)

大化の改新以前というのは、僕は専門家ではないけど、当然、蘇我・物部と天皇家を巻き込んで、権力闘争がありますね。歴史(史書)は改竄されているでしょうが、その経緯はやはり、日本に伝来したいくつかの民族の系譜による、代理戦争的な歴史観があると思うんですね。古くは、出雲や邪馬台国に遡りますけど。
狭義に見ても、現日本人、朝鮮半島のいくつかの民族の流入、東アジア圏からの流入が混在しており、もう少し広義にみれば、ポリネシアあたりの海洋民族からの流入と、ペルシャ(いまのイランあたり)からのシルクロードを経由しての流入が混在しているはずです。
天皇家の発言にもありますが、万世一家なんてありえないわけですからね。これは、古墳を暴いてみれば、すぐにわかることだと思います。
力道山の祖先は、昔の高句麗あたりかと思いますけど、ちょっと、ロマンチックにとれば、はるか昔、日本にも渡った王族の末裔であると捉えたい気がしますね(笑)
力道山の思い出 (アスカパパ)
2007-02-28 17:20:43
コメントありがとうございました。
大相撲の関脇時代から力道山は知っています。
その気っぷのいい取り口は気持ちよかったです。
張り手にも似た猛突っ張りが最大の武器だったと思います。
当時の横綱、大関も最低一度は力道山に苦杯を喫しています。
プロレスに転向した時、その技が空手チョップとして活きたのではないかと、自分で思っています。
アスカパパさん (kimion20002000)
2007-02-28 19:54:37
こんにちは。
そうですか。鮮明だったでしょうね。
でも、多くは、ラジオですか?本場所も観にいかれたりしてたんだと思いますけど。
豊登や芳の里なんかも相撲出身でしたよね。
現役(関取)時代は、どうだったんでしょう。
さっそくのコメント返しありがとうございます。 (アスカパパ)
2007-03-01 14:10:20
仰る通り、豊登や芳の里は相撲出身でした。残念ながら相撲の方の成績はパッとしなかったと記憶しています。最高地位も確か幕尻り停まりだったと、記憶しています。(うら覚えですけど)

ご推察の通り、力道山の時代は、大相撲はラジオの放送しかありませんでした。本場所は大阪春場所を一度だけ見に行きました。高くてとても何度も見に行けませんでした。

余談ですが、映画『力道山』に出てくる東浪(当時の横綱東富士)は、怒濤の寄り身で有名でした。プロレス転向後は、(ご存じの通りだと思いますが)パッとしませんでしたね。
アスカパパさん (kimion20002000)
2007-03-01 19:29:40
こんにちは。
懐かしいですね。
大先輩ではあられますけれど(笑)、若い青少年たちには、無理してもおっつけませんから、日向ぼっこでもして、おしゃべりしていたいですねぇ(笑)
TBとコメントありがとうございました! (wv040262)
2007-08-01 01:52:41
力道山やプロレスについて、ほとんど分からないのですが、ソル・ギョングの熱演には感動しました。
wv040262さん (kimion20002000)
2007-08-01 08:26:00
こんにちは。
そうですね、とても体を張ったいい演技でしたね。
そっかぁ~ (miyu)
2007-12-16 09:30:30
やっぱりプロの方?から見ても
ソル・ギョングのプロレスラー体型って本物に
近いと感じられたのですね。
ただ太るだけでも大変なのに凄いですよね。
しかも日本語まで覚えて、
それでいて演技も素晴らしくってそれだけでも
見応えありました。
力道山ご本人さんについてはもちろんあまり
知らなかったのですが、
この映画をきっかけに少しまた勉強させてもらいました。
miyuさん (kimion20002000)
2007-12-16 16:49:01
こんにちは。
ソル・ギョングのあの身体の作り方は、正しく正統派のプロレスラーの体型ですね。力道山とも似ています。
あまり、ボディビルのようなムキムキマンより、衝撃を受け止められるような柔らかさが必要なんですね。
本人も俳優も凄い (fizz♪)
2008-05-14 00:29:53
kimionさん、こんにちは~
今作のお陰で初めて知ったことも多かったです。
負けん気の強さや機を見る才能にも恵まれた人だったんですね。
ソル・ギョングはやっぱり凄いですね。
『オアシス』でも目を見張りました。
TBさせて頂きました。
fizzさん (kimion20002000)
2008-05-14 03:21:34
こんにちは。
日本人監督だと、全く異なる質感になっていたと思います。事実かどうかより、どんな力道山像を描き出せるか、ですね。この監督は、よく頑張ったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

79 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
何は無くてもソル・ギョング~『力道山』 (真紅のthinkingdays)
「これは本当に韓国映画なのか」。『力道山』を観て衝撃を受けた。 セリフの90%以上は日本語、キャストも日本人がズラリ(というか主演の ソル・ギョング以外のメインキャストは全て日本人俳優)。そして何より、 日本を描い
不器用な男の話 「力道山」 (平気の平左)
評価:70点 力道山 監督:ソン・へソン 出演 ソル・ギョング 中谷美紀 萩原聖人 藤 竜也 いよいよ東京国際映画祭も最終日。 クロージング作品の「力道山」を観てまいりました。 劇場公開は来年の3月4日だそうです。 舞台挨拶も行われ、中谷美紀の ...
力道山/ソル・ギョング、中谷美紀、藤竜也、萩原聖人、橋本慎也 (カノンな日々)
いよいよ一般公開ということで、追記してあげておきます。 映画の好みは人それぞれだとは思いますが、私が体感したあのスタンディングオベーションの感動に偽りはなかったと思います。それだけはハッキリと断言できます。これはプロレス映画でもヒーロー映画でも ...
力道山 (たにぐちまさひろWEBLOG)
“笑うために成功しよう。日本で一番笑うためにがんばろう。” ソル・ギョング主演の“力道山”を観て来ました。 朝鮮半島から日本に渡ってきたシルラクは、相撲取りとなり最強の横綱になるのが夢だった。力道山と命名され関脇まで登りつめるも、大関昇進を ...
力道山 (きょうのできごと…。)
韓国で、日本人キャストの発表があったときから 公開をずっと楽しみにしておりました! なんたって、主要キャストに私の好きな 中谷美紀さんの名前がありましたからねー!(〃▽〃) 幸運にも試写会が当たったので、劇場へ! 「力道山」2006年公開、日 ...
空手とプロレス (Akira's VOICE)
「風のファイター」 「力道山」
映画「力道山」感想と、ハングル部分 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
日韓合同映画「力道山」が、ずっとのびのびになっていましたが、 いよいよ3月4日より日本全国で上映開始ですね。 待ちきれなくて、日本語字幕無しの韓国版(と言っても、この映画、 9割以上が日本語(^^;)を先日見て
力道山 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
宇都宮でいまごろ上映してたんで。 「大丈夫、きっとうまくいきますよ」とエルメスたん(w)に言って欲しいところあたり、アレですね。 大きな子供みたいなやつだったんだなぁ...。 ★★★☆☆ オフィシャルHP 戦後日
「力道山」 (試写会帰りに)
「力道山」試写。韓国・日本合作映画。149分ですが、全く長さを感じませんでした。 “力道山”といえば、PlayStation 2のプロレスゲーム「オールスタープロレスリング」で、蝶野正洋、武藤敬司と共によく使い戦いました。リング上から君臨するシーンは神々しく迫力 ...
譲れなかった彼の生き方。『力道山』 (水曜日のシネマ日記)
日本の国民的英雄だった伝説のプロレスラー、力道山の生涯を描いた作品です。
力道山 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  G・馬場やA・猪木の名前を知っていても、『力道山』の名前を知っている若者は少ないだろうな。そりゃあそうだ、昭和38年にチンピラに刺されて、死亡しているのだし、最近はプロレスも下火だしね。 逆に中年以降の人で、この男の名前を知らない日本 ...
力道山 (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
なぜ今、力道山?という気もするが、韓国が日本をどう描いてるのか、とても興味がある。公開初日、レイトで観てきた。
『力道山』 (なんでもreview)
ランニングネックブリーカーは馬場の技だってばぁ。
力道山(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ソン・ヘソン 【出演】ソル・ギョング/中谷美紀/萩原聖人/藤竜也 【公開日】2006/3.4 【製作】韓国・日本 【ストーリー】 1945年。貧困と戦争から逃れる為相撲取りになる事を夢見て、朝鮮から単身日本
力道山の時代とダイエット (ウォーターダイエット&ヘルスケア)
先日、「ALWAYS 三丁目の夕日」の映画をDVDで見ました。 ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 昭和33年の東京下町が舞台。 まだまだ生まれていませんが、子供ながらに似たような風景を覚えています。 映画にも登場する3種の神器のテレビ・洗濯機・冷蔵庫、 ...
試写会鑑賞 新宿明治安田生命ホールにて ~ ソン・ヘソン 「 力道山 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 良く晴れた土曜日です。 今日は、昨日 一足先に新宿明治安田生命ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いたソン・ヘソン氏の新作映画について。 『 力道山 ( RIKIDOZAN ) 』 (‘05年 韓国/日本) 《 STAFF 》 監督・脚本 :  ...
「力道山」 (てんびんthe LIFE)
「力道山」よみうりホールで鑑賞 14日の同試写会、大ドヂを踏んでしまい、入場できませんでした。今日は連れと合流したとたん連れ(友人)のご主人様に「間違ってなかった!!」といわれました。きついお言葉。そのご主人様っですが、まさに力道山時代に育った ...
映画「力道山物語 怒涛の男」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
戦後のスーパーヒーロー力道山、戦前に角界入り歯を食いしばって生き抜き、苦渋に満ちた心優しき力持ちの男の半生が生々しく本人主演で綴られる。 百田光浩は九州大村市から上京、力道山として角界入り、母の死に目にも帰郷せず必死に頑張り西の関脇に ...
力道山 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
力道山の真実を描いた映画...と、予告編の印象から想像していたのですが...。 私自身は、力道山をリアルタイムで知っているわけではありません。昭和を振り返るドキュメンタリーなどで、力道山の闘う映像を観たことは、何度もありますが...。その時の ...
力道山 (龍眼日記 Longan Diary)
名前はもちろん知っている。 でもプロレスラーで日本人ではなかった・・・ということくらいしか知らない。 そんな程度の認識のまま観た「力道山」。 なんとも濃い39年の人生。 常々思うのだがこの世から差別という意識は決してなくならないだろう。 ...
力道山(時代のヒーローに破天荒な人生はつきもの) (オールマイティにコメンテート)
「力道山」は昭和初期のテレビ放送が始まった頃のヒーロー力道山の生涯を描いた映画である。若干事実と異なる部分はあるものの、当時の時代背景、日本と朝鮮との関係が描かれており、韓国から観た力道山像とも言える作品である。
「力道山」 RIKIDOUZAN (俺の明日はどっちだ)
小学生の頃、当時の日本中の男の子がそうであったように毎週金曜日のプロレスの中継を楽しみにしていた。 ただ力道山が本当に強かったことを同時代的に実感できる世代ではなかったので、彼の死は記憶にあるけれど、どちらかというとネガティヴな印象しか残っていな ...
『力道山』(ソル・ギョング 、中谷美紀 、藤竜也 、萩原聖人) (雲のゆくえ)
試写会で見てきました。 スゴイ映画です。 まず、日本の戦後のヒーローを韓国人の監督が監督人俳優を使って撮ったことがスゴイ。
力道山 06年160本目 (猫姫じゃ)
力道山 2004年 韓国・日本   ソン・へソン 監督ソル・ギョング , 中谷美紀 , 萩原聖人 , 藤竜也故 橋本真也 , 船木誠勝 あと、秋山準 もでていたらしいです。 日本映画じゃなかったんだ、、、 それにしてもソル・ギョング 、元々日本語、少しは出 ...
力道山 (韓国映画好き)
力道山については、昭和の映像特集などで見る“空手チョップ”、“街頭テレビに黒山の人だかり”くらいしか知りません。昔も今も家でスポーツ中継を見ることはほとんど無く、プロレスにも興味がないのでつい最近まで日本人だと思ってました。敗戦で傷ついた日 ...
『力道山』 (ラムの大通り)
----力道山って戦後最大のプロレスラーだよね。 これって彼の伝記が映画になったということ? 「そう。実はすでに昨年にはでき上がっていて、 力道山の命日の12月15日に韓国で公開されたらしい」 ----えっ、韓国で? 「うん。この映画は日韓合作。 97%が日本語と ...
韓たま映画チェック『タイフーン』『連理の枝』『デュエリスト』『力道山』 (韓ドラのたまり場)
私が4月に注目している3本の映画なんですけど...『タイフーン』『連理の枝』『デュエリスト』がなんと毎週公開となるんですっ!...って全部早々には観れそうもないですけど、一応目標ということでブログアップ!どれにしようかなぁ~とか迷いながらも、遅れても ...
力道山 (まったりでいこう~)
名前は知っているけれど力道山の活躍はまったく知りません。なんせ私が生まれる前のことなもので、知りようがありませんでした。なので今回こういった映画を観、力道山の人となりを知ることができたのは嬉しいです。 泣いて、怒って、喚いて、暴れて…これまであま ...
力道山 国際映画祭 (メルブロ)
力道山 上映時間 2時間29分  監督 ソン・ヘソン 出演 ソル・ギョング 中谷美紀 藤達也 萩原聖人 橋本真也 評価 6点(10点満点)  映画祭のクロージングなので、セレモニーに相応しい服装で来いとのことだが、気にしない気にしない。席が12列 ...
力道山 (Cinemermaid)
私が生まれる1年前、この世を去った2人の英雄 アメリカではJ・F・ケネディ、日本では力道山・・・ 2人に共通するものは"その時代のヒーローとして確かに存在してた"ことと"今この時代に求められる存在"だということ ・・・こんなキャッチコ ...
力道山 (UkiUkiれいんぼーデイ)
リアルタイムで拝見したことはありませんが、お名前くらいは誰でもご存知ではないでしょうか。 力道山 昨日の記事も在日朝鮮人に触れていましたが、この方も在日であるということは以前から聞いて知ってはいました。 「勝利した者だけが、笑うことが ...
力道山・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
韓流の影響か、若い女性の姿も結構目立ったが、全体にロビーで待つ観客の年齢層が高いのだ。 「そりゃ力道山だからシニアですよ。力さんだもの、力さん。」 そんな年配の方の声も聞こえる。 私は力道山の時代には未だ生まれ
力道山:ヒーローの抱く孤独と苦悩 (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:ソン・ヘソン(2004年 韓国・日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 ダルデンヌ兄弟作品2本に引...
「力道山」ソン・ヘソン (藍空)
何と言っても圧倒されるのは韓国映画でここまで当時の日本を再現できたということなんだろう。 「その当時」と言うのを自分が生で体験したわけではないがまったく違和感を感じず観る事ができたということが凄い。 しかもソル・ギョングは30キロ以上の増量をし ...
力道山(ソル・ギョング/中谷美紀) (華流→韓流・・・次は何処?)
「日本で一番たくさん笑う人間になろう」そのために成功を目指した彼。本当に、どれだけ笑えたのだろうか?
力道山 (TeTの映画メモ帳)
日韓合作映画。日本のプロレスの創設者たる力道山の自伝的映画。プロレス好きなら常識だが意外に知られていない力道山が韓国人ってことを訴える内容。まあ、人種差別に戦いを挑んだ男の生き様の内容ともいえるのかな?主演の韓国人俳優が良く日本語を練習していて ...
英雄の孤独 「力道山」 (トミーのエンタメ日記)
昭和を代表するプロレスラー、力道山の人生を描いた韓国映画「力道山」を見ました。 力道山 デラックス・コレクターズ・エディション 販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日:2006/08/04Amazon.co.jpで詳細を確認す
映画「力道山」 監督がつくりあげた勝って切ないオリジナル力道山物語 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:力道山/韓国 ジャンル:/2004年/149分 映画館:テアトル梅田(60席) 鑑賞日時:2006年3月11日(土),18:55~ 40人 私の満足度:75%  オススメ度:75% ◆序 「日本人が一番力道山のことを知らない」というキャッチコピー。 なんだか「日本人に朝鮮人の ...
「もう一人の力道山」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
老若男女を問わず、「力道山」という名前を知らない人は少ないのではないだろうか。戦後の混乱期から高度経済成長期に到る世相を取り上げる時、その映像や文献には必ずと言って良い程、プロレスラーとしての力道山氏が登場するからだ。相撲の世界を飛び出し、それ ...
映画『力道山』 (ルールーのお気に入り)
強い光の後には、同じだけの強さの濃い影ができる。 輝かしいヒーローの裏にもまた、人知れない暗い闇の部分があった… そのあまりにも孤独な生き様が、胸を苦しく切なくする。。
4/20(木) 「力道山」は邦画?洋画? (「高橋祐太・脚本家ページ(仮)」のつぶや記)
先日、某映画館のロビーにいたら、 隣の男性2人の会話が耳に入ってきました。 映画オタクというよりは、業界人っぽい。 以下、大意。 「ソクーロフの『太陽』見ましたよ」 「どこで?」 「輸入DVDで」 「字幕なしでも分かる?」 「ほとんど日本語ですから」 ...
「力道山」 (いつか また 韓国へ)
子供の時に 一家でテレビを囲んで見たプロレス中継の力道山を思い出しました。 この映画、単に英雄として描いているのではなくて、 光と影、その人物の良いところと悪いところも全部 見せてくれました。   「オアシス」でびっくりする演技を見せてくれたソ ...
力道山 (迷宮映画館)
先週のウィルス性胃腸炎以来、なかなかの具合の悪さと忙しさで、しばらくぶりの更新です。 昭和のヒーロー『力道山』の登場。1961年生まれの私は、生の力道山の活躍は残念ながら知らない。私が物心ついたときのヒーローはジャイアント馬場に、若きアントニオ ...
力道山 RIKIDOZAN (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ソル・ギョング、中谷美紀、藤 竜也主演 日韓合作映画 プロレスのヒーロー 力道山の物語 1950年代 まだ第二次世界大戦の影響が収まらない時期 朝鮮民主主義人民共和国出身の力道山は二所ノ関部屋で横綱を目指す 出身地の事で先輩から差別されたり 昇進が遅 ...
力道山 DVD (噂の情報屋)
戦後日本最大のヒーローだった伝説的なプロレスラー・力道山の生涯を 映画化した日韓合同作品。 差別や偏見に苦しみながらもそれをバネにのし上がっていった男の壮絶な生き様と 彼を支え続けた芸者・綾の織り成す物語を鮮やかに映し出しています。 力道山を演じる ...
【力道山】 (ただの映画好き日記)
1945年。貧困の祖国を離れ、いい暮らしを夢見て相撲取りになるため、単身日本に渡ってきたシルラク。だがそこは先輩力士からの厳しい指導を耐え忍ぶ辛い日々が待っていた。
力道山(04・韓・日) (no movie no life)
「負けてください、あなた、一度だけ負けてください。」 プロレスには全く興味がない。彼が活躍していた時代は生まれてないし、「日本人が一番、力道山を知らない」という予告編を見ても見る気はなかった。しかし、「負けてください」に予告編が変わったと ...
力道山 (じゆさの冒険記)
日本人は、ほんとうの力道山を知らない。 僕は、プロレスというか格闘技をほとんど見ることがなく、力道山という名前はよく聞いていたが、その実態は全く知りませんでした。 力道山の相撲時代からプロレス時代を経て死ぬまで、一人の男の生涯が描かれています。 ...
力道山。 (タクティカルマスター)
気が滅入った時に、最近よく観るDVDが 血と骨でして、もうすでに20回は観ました。 崔洋一監督の映画が好きっていうのもありますし、ビートたけし自体も好きですし、そういう理由もあるのですが、この映画に躍動感を感じると言うか・・・。 大戦中に在日朝鮮人 ...
力道山(04・韓・日) (no movie no life)
「負けてください、あなた、一度だけ負けてください。」 プロレスには全く興味がない。彼が活躍していた時代は生まれてないし、「日本人が一番、力道山を知らない」という予告編を見ても見る気はなかった。しかし、「負けてください」に予告編が変わったと ...
力道山(舞台挨拶付き) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  栄光と孤独を背負って疾走した男
力道山を知ってますか? (よし坊のあっちこっち)
戦後のヒーローって誰かと聞かれれば迷わず「力道山」。”戦後”という言葉が最早風化、若者に”戦後”と言ってもピンと来ないのは道理だが、戦争に負け、いじけていた日本人にその後の活力を注入してくれたのは、紛れも無く力道山。角界という伝統に凝り固まった ...
『 力道山 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 力道山  』  2004年:韓国/日本   【3月4日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:ソン・ヘソン 脚 本:ソン・ヘソン [ キャスト ] ソル・ギョング 中谷美紀 藤竜也 萩原聖人 鈴木砂羽 ...
『力道山』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『力道山』、観ました。 日本のプロレスの礎を作り、街頭テレビで人々を熱狂させた力道
第124回 「力道山」 ★★ (映画生活(独断と偏見))
第2次世界大戦の敗戦のショックで沈みこんでいた日本に、プロレスをとおして自信と勇気を与えたプロレスラー、力道山の物語。 ストーリー:舞台は第2次世界大戦下の東京。二所の関部屋の若手力士、金は、朝鮮半島出身という理由で兄弟子たちからいじめにあって ...
映画「力道山」 (おやつは300円までよ。)
監督:ソン・ヘソン 出演:ソル・ギョング、中谷美紀、藤竜也、etc... Official Site 3/4、公開 日韓最高のスタッフ、キャストが集結! 監督・脚本は「パイラン」のソン・ヘソン。力道山役には韓国の実力ナンバーワン俳優ソル・ギョング。日本語 ...
「力道山」(ソル・ギョングさん、中谷美紀さん、萩原聖人さん出演)DVD発売決定 (韓国映画&韓流スターサランヘ)
映画「力道山」のDVD発売が決定しました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
「力道山」 (電影迷宮・2006!!)
漸くレンタルに成功。 力道山=昔の有名プロレスラー、ということしか知らない、という呆れた状態で鑑賞。 (ネタバレ) 朝鮮人だったのですか。 しかもそれを伏せていた・・・・。 だけど、相撲部屋では随分苛められてたのに、いったいどうやって??? 人種差 ...
「力道山」 (もじもじ猫日記)
力道山は、 強くて悲しいヒーローだったのだね。 相撲部屋でのシゴキは、差別からその酷さを増した。 力で先輩を圧倒し 策を弄して後ろ盾を得て関取にはなったけれど、 差別はついて回った。 荒れる力道山の目の前に現れた道”プロレス” 人種差別が無いという本 ...
力道山 (気ままに~ひとりごと日記)
空手チョップと力道山という名前は 知っていましたが自分が生まれる前に 既に亡くなっていたので詳しい事は 知りませんでしたが、あらゆる意味で すごい人物だったのが分かりました。 ALWAYS三丁目の夕日でも力道山の プロレスを皆で見ているシーンがあって あの ...
「力道山」 梶原(しげるにあらず!)史観 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「日本人がいちばん力道山を知らない」(この映画のコピー) そら知らんわ!プランチャ・スイシーダ(場外の選手にフライング・ボディアタックをする技)をする力道山なんて!! トペ・スイシーダを藤波辰巳に先がけて本邦初公開したのは、力道山の次男百田光雄( ...
力道山 (PICO*THEATRE)
日本人がいちばん力道山を知らない お薦め度:.★★★★. 今の相撲界も日本人でないかたが多くなりましたね。そのような方が上位に就くことをこころよく思わないと感じる方も多いようです。だったら最初からスカウトしな
力道山 (とにかく、映画好きなもので。)
『力道山』を観てきた。  僕は、この人のことをリアルタイムで知らないし、名前と日本プロレスを創設したという知識しか知らなかった。  母に、力道山ってどういう人だったの?と聞いてみると・・・  あの人はヒーローだったわね~! ...
孤独なヒーロー 「力道山」 (目の中のリンゴ)
どんな人かはよく知らなくても、プロレスラー力道山の名前くらいは きっと聞いたことがあるはず。 ”日本人がいちばん力道山を知らない。”のコピーどおり、 私も”街頭テレビのヒーロー”としか知らなかった彼の物語、 演じるソル・ギョングの熱演にも興味があっ ...
力道山 (my life of my life)
力道山監督:ソン・へソン出演:ソル・ギョング , 中谷美紀 , 萩原聖人 , 藤竜也Story『オアシス』のソル・ギョングが20kgもの体重増加に挑み、伝説のプロレスラー・力道山を熱演した伝記ドラマ。第二次大戦下の東京。朝鮮人という ...
力道山 (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
★本日の金言豆★ 池上本門寺:日蓮聖人が入滅(臨終)した霊跡。紀州徳川家、加藤清正家、力道山の銅像付墓所などがある。 2006年3月4日公開  戦後日本のスーパーヒーロー、力道山。私のようなおじさんでも、その名
力道山、~藤竜也礼賛というのもなんですが・・ (シネマでキッチュ)
日韓合作映画「力道山」 公式サイト 力道山のことが知りたくて観にいって、藤竜也さんにめろ~んとやられて帰ってきたわ。 もちろん、映画は上出来、力道山役のソル・ギョングも素晴らしい。 でも藤さん、この映画の藤竜也観てみなさいよ。 枯れてからあれだけの ...
力道山、~藤竜也礼賛というのもなんですが・・ (シネマでキッチュ)
日韓合作映画「力道山」 公式サイト 力道山のことが知りたくて観にいって、藤竜也さんにめろ~んとやられて帰ってきたわ。 もちろん、映画は上出来、力道山役のソル・ギョングも素晴らしい。 でも藤さん、この映画の藤竜也観てみなさいよ。 枯れてからあれだけの ...
力道山 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
評価:★8点(満点10点) 2004年 149min   監督:ソン・ヘソン 主演:ソル・ギョング 中谷美紀 萩原聖人 鈴木砂羽 【あらすじ】1945年、貧困生活を脱出しようと祖国を離れ、力士になるため単身日本へやってきた力道山だったが、日 ...
力道山 (グレート・タカの徒然なるままに…)
力道山先生の生涯を描いた日韓合同による韓国映画。 日本のプロレス、いやプロレスリングの原点をしっかりと見つめる為にDVDを借りてきた。 とにかくこの力道山を演じたソル・ギョングの熱演が素晴らしい。 はっきり言って日本語はあまりにもたどたどし ...
映画評「力道山」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2004年韓国=日本映画 監督ソン・ヘソン ネタバレあり
映画『力道山』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ソン=ヘソン。2004年韓国・日本。伝記映画。出演、ソル=ギョング(力道山
力道山 (アスカ・スタジオ)
 私のブログ初書き込みの内容は大相撲の話私のおすもうさんだった。その一部を再掲したい。  ------------------------------------  私のおすもうさん2005-01-29 10:13:05 / スポーツ観戦記 第二次世界大戦のさなかに育った私の小学生時代は、ヨコ文字のスポーツはな...
名古屋浅田 / 名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ・タワーズプラザ12F (名古屋グルメ食べ歩き 10000)
名古屋浅田名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ・タワーズプラザ12F052-569-5151・営業時間:11:00??15:00、17:30??23:00・定休日:なし(1/1のみ20:00閉店)名古屋浅田は、赤坂の老舗料亭の名古屋店です。セントラルタワーズの中にありながら、静...
セシリア・チャン (あかりの部屋)
1980年5月24日 - )は、香港の女優、歌手。幼いときに両親が離婚。叔母
力道山 (映画大好き)
2004年 韓国、日本 出演 ソル・ギョング、中谷美紀、萩原聖人、鈴木砂羽、山本太郎、船木誠勝、藤竜也、武藤敬司、橋本真也、パク・チョルミン、ノ・ジュノ、岡本麗 ★ソン・ヘソン監督が日本の伝説的ヒーロー・力道山を描く日韓合作映画。 1944年。第二次世界大...
力道山 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『日本人がいちばん、力道山を知らない。』  いや~ある程度の予想はしていたものの予想を上回る年齢層の高い客層でしたヾ(゜ω゜)ノ゛ 周りは多分リアルタイムで力道山を応援していたであろうおじ様方が多かったです。って殆どそんな方ばっかりでした。  「シル...
力道山 (Have a movie-break !)
日本人が一番、力道山を知らない」…このキャッチコピーは事実だろう。私が育った年代は彼をヒーローと呼んだ時代が過ぎ去った後だけれど数年前にテレビ番組で力道山の個人的姿に迫る番組を観たことがありそれによると当時はやはり彼の素性はほとんど公にされていなか...
アクションもの韓国映画2本 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
『風のファイター』2004年作品監督:ヤン・ユノ出演:ヤン・ドングン   平山あや   加藤雅也   チョン・テウ   パク・ソンミン以前、NHKハングル講座の映画紹介コーナーで取り上げていた作品で、チョナンカン2にも出演していた、ヤン・ドングンがイイとい...