老いゆくひと日

変動や災害の多かった2016年でしたが、2017年は全ての人々にとり、
愛に満ちた穏やかな年となりますように。

9月11日(月) 晴

2017-09-11 19:01:18 | 日記

  昨夜住宅仲間から仙台のお土産に笹かまぼこをもらった。
  五枚入りだったので、うち二枚をお墓の近くの知人にお裾分けしたら、柿を数個
  頂いた。
  スーパーで買う笹かまぼことは触感が違い美味しかった。
  柿は、キュウリと一緒に酢の物に使ったが、こちらも美味しかった。

  
  ボケてしまったが、こぼれ種から咲いたトレニア。




  
  こちらもぼんやりのツユクサ。




  
  彼岸花の白系は咲くのが早いが、同じ種類だがわが家はまだ咲かない。


  小田急の電車の稀有な火事には驚く。
  間の悪いことが重なったようだが、けが人が無くて良かった。
  線路を歩く姿に、昔、ストの時に線路を歩いた事をなつかしく思い出した。

  今朝気が付いたが、ポストの底に名詞があった。
  建設会社の名詞で、裏に住宅工事のごあいさつに伺いました。
  何卒よろしくお願いいたします。と書かれていた。
  はて?今住んで居る住宅の補修工事でもあるのかしら?と思ったが市からは
  特に知らせもないしと、単なるセールスはこんなコメントは残さないだろうと
  思いつつ、鹿児島の会社に電話を掛けた。

  先日まで解体していた場所に住宅を建てることになっているということだった。
  既に更地になっていて、測量したりしていたのは知っていたが、売却のための
  準備だろうと勝手に納得していた。
  まさかすぐ建築が始まるとは。
  先月近くの新築工事が終ったばかりだったが、解体の騒音に続き、また暫くは
  賑やかな音が続きそうだ。
  過疎の地に住民が増えることは良い事である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加