kimikunの撮影日記

愛機Penで、近所の風景を切り取っています。

広藤園の藤棚

2017年05月03日 | 花色々
このところ、地元の山で山藤を見て回っていますが、自然の藤では房の長さが限られます。
そこで、人の手の入った藤棚を見てみようと、何年か振りに、碧南市の広藤園を訪れてみました。

今朝の様子です。
やはり、”スゴイ!”の一言



房がきれいに伸びています。


早朝7時と言うこともあり、人も少なく、ゆっくり楽しめました。





200年近い歴史のある藤棚で、幹の太さはこの通り!



薄紫色の空間は、心落ち着きます。
この花の下なら、いつまでも居られます





『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« つつじが満開の老舗ホテル | トップ | 柿畑の新緑 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おきらく日記)
2017-05-04 07:08:37
おはようございます!広藤園今年は良いみたいですね、私は前を通るだけで中々行けませんね、今は亡くなった老父母を連れて藤見物に行った事思い出します!
おきらく日記さんへ (kimikun)
2017-05-04 22:09:11
5年ぶりの広籐園でした。
やはり”圧巻”ですね!
以前の写真と比べてみると、房の長さが短くなっています。

コメントを投稿

花色々」カテゴリの最新記事