失業・リストラ・ハローワーク・競売・任意売却

失業・リストラなどで住宅ローンの返済等でお困りの方へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

任意売却後が大切

2013年12月18日 | 任意売却
昨日、以下のような相談がありました。

「1年前に他の不動産業者で任意売却をしたのですが

その時の残債務の取立ての通知が裁判所から届きました。

どうすればいいでしょうか?」


通常は任意売却をすると残る債務は消えてなくなるわけではありませんから、

債権者はこの方のように裁判所を通じて取立てをしてきます。

一般の方は忘れていたころに裁判所からの

「出頭命令」

などの通知が届いたらびっくりされるのも無理ありません。


しかし、この裁判所からの通知は債権者にとって見れば

債権を確保し、債務者の財産から回収をはかるための当然の行為なのです。

きちんとした対応の仕方さえわかっていれば

おどろくこともあわてるこ事もありません。

任意売却推進センターでは

任意売却後の債務の解決までお付き合いいたします。


毎回ご注意申し上げているのですが、

任意売却することは目的ではありません。

任意売却後の住宅ローンの残債務の解決が目的なのです。


不動産業者へ任意売却の相談をするときは

任意売却後の残債務の処理まで考えてくれるところに依頼しましょう。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 任意売却すると賃貸住宅は借... | トップ | 東京都渋谷区の任意売却 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL