失業・リストラ・ハローワーク・競売・任意売却

失業・リストラなどで住宅ローンの返済等でお困りの方へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の任意売却

2013年12月23日 | 任意売却
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は

今まで任意売却を認めていませんでした。

昔でいうところの「公団」の住宅ローン破綻してしまったら

身内から残債務額全額を借りて支払うか、

競売での処理しか方法がありませんでした。


任意売却推進センターでも先日、

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の

住宅ローン破綻してしまった方が相談におみえになりました。

その方曰く、

「他の任意売却専門業者へ相談したところ

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は

競売しか認めないので任意売却は無理」

と自己破産を勧められたそうです。


しかしながら、

相談を受けた弊社の社員がダメもとで

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)へ

交渉したところ任意売却を認めてくれることになりました。


わたしも独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は

任意売却を認めず競売での処理だという認識でしたので

方針が変わったのかと驚きました。


今後も任意売却推進センターでは

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)に対して

任意売却を認めてもらえるよう交渉いたします。

過去にも独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の案件で

任意売却での処理で残債務を減らすことが出来た方もいます。

ということは100%競売ではないとうことです。

諦める前に一度相談してみてください。




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産の掘り出し物 | トップ | 海外在住の方の任意売却 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL