ベルママのリハビリ日記  第二章   ただいまリハビリまっただ中!!!

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

高齢者の助け船。理学療法士のマッサージ。 希望者が多すぎて若い先生でも肩が痛いと悲鳴を上げている。

2017-03-07 18:10:42 | リハビリ

   リハビリ室に入るとすぐにマッサージの予定表を見る。

マッサージの希望者が多く毎日と言うわけには行かない。

医学的にマッサージが必要な人が優先のようだ。

誰でもベッドで気持よさそうにマッサージを受けているのを見てしまうと私もやって欲しいなと思ってしまうようです。

 

利用者が増えてくるにしたがってどなたでもマッサージを受けることが時間的に出来なくなってきた。

腰が痛い、肩が痛い足が痛いと本人にとっては楽になりたいと思うでしょう。

あなたはマッサージを受けられませんと断られたら気分を悪くするでしょう。

男性介護士たちがマッサージの研修を受けた模様。

病状の状態によって理学療法士と介護士が手分けしてやりくりしているようです。

 

最近新しい施設もどんどん増えてきているので理学療法士の取り合いになっているとか。

入院していた病院でも来月に3人もやめるのとOTさんが言っていた。

どこでもOTさんの確保では苦労しているようです。

 

マッサージをしている間にも肩が痛くてと言いながらがんばってくれる。

隣で介護士さんがボルタレンの湿布薬持っていますから良かったら使ってください。

  残りが無くなっているので帰りに買っておこう。

先生達もボルタレン湿布薬使っているようです。

通りかかった利用者が先生の肩を揉んでいる。

 

4月には新人の入ってくる予定はあるの。

  予定では二人入ってくるはずなんだけれど。

補充の目安が付いているようです。 

(66-8844)

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると励みになります。

応援ありがとうございます。

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ本格的なリハビリ始... | トップ | 身体を甘やかするのは禁物。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL