ベルママのリハビリ日記  第二章   

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

ホッコリとなるようなシーン。どこも掴まないで立てるようになったの、知ってる。(NO.2)

2016-12-24 17:35:11 | リハビリ

 昨日の出来事からの追加で小さいことでも嬉しかったことが次々でした。

リハビリを続けている私のとってヤッターと叫びたい気持になったのは?

自主運動を一人で平行棒をはさんで数種類をAKUUで教えられたことを繰り返しています。始めには歩行がしっかり出来るための予備運動としての体重移動。 始めは不安定だったので椅子に腰掛けての体重移動を10回。

最近暫くは杖を持たないで立っていられる様になったので、立ったままでの体重移動も追加している。身体をゆらゆらとゆっくり左右に振る。  腰だけを振ること。特に頭は身体の動きに合わせるように振らないこと。 頭を動かさないようにしていると人形のような形になる。見ている人は何をしているんだろうと不思議な気持になるかもしれない。

次には椅子からの立ち上がり。 これも最近両足を揃えて立ち上がるのは大分進歩してきたので一段ステップアップ。麻痺のある右足を少し引いて立ち上がる。 これは麻痺のある右足に重心が掛かるのでまだすっと立ち上がるのは難しい。スクワット姿勢で腰を少し屈めてから力を一心に集めてよいしょと立ち上がる。 これも10回何とか出来た。

次には障害物を置いて乗り越えを繰り返す。

終わって少し休憩しようと席に戻ったら「神さんすごい。何も持たずに立てられるようになったのね。 今皆で見ていて驚いたわ。拍手したのよ。」  周りを見ていなかったので見られているなんて気がつきませんでした。 ここまで出来るようになった姿を見ていただき拍手まで・・・・ホッコリです。 

「私は腰が痛くて何かにつかまらないとたてないわ。」

私も周りのリハビリの様子を観察してよさそうな方法は取り入れていますが皆さんも見ているのですね。暖かい!!

休憩のときに出た話はみんなが気にしていたこと。 6月の誕生日を迎えて100歳になった方がその後にお休みのようで姿を見なくなっていた。 「先日買い物の途中でお家に寄ってみました。大きな声で呼んでみたら起きてきてくれた。 家に入ってとお誘いを受けたが買い物の途中だからと遠慮してきた。 皆が楽しみにしているから出てきてください。 待っています。」 とてもお元気そうだったと話してくれた。  又出てきてくれたら嬉しいな。

家族がケアーマネージャーの施設に麻雀相手のボランティアに行ったら綺麗に咲いていたクジャクサボテン一節を頂いてきた。早速植木鉢に植えましたが無事に育ちますか大事にしよう。

本当にホッコリの一日でした。  書ききれないくらいのホッコリと嬉しい日でした。 

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしてください。励みになります。

      応援ありがとうございます。

                

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホッコリとなるようなシーン... | トップ | 生まれて初めて食べたパプリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL