ベルママのリハビリ日記  第二章   

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

泥があるから、花は咲く  尼僧 青山俊薫さんの言葉に目を覚まされた。

2017-01-03 17:33:04 | リハビリ

  女性初の「大教師」 尼僧の青山俊薫さんの言葉を記します。

言葉に癒されたり叱咤激励を受けたり見えなかったものに目を向けることが出来たりと多くの幸いのプレゼントを頂く気持ちになれます。

思うように身体が動かないことを悩むことは無いと背中を押された気分を味わった。  

       これからの目標にしましょう。 少しでも後悔しないために!

         泥があるから、花は咲く

    よく生きるとは、「今は良くない」と気づくこと。

        病気や失敗を肥料として

           「変わってみせるぞ」と

        自分にいい聞かせてごらんなさい。

 

幾つかの言葉で諦めない、まだ明日があると思え、明日には虹が出るこんな言葉が浮かんできた。  

        <変えてゆくことができる>

   ●  地獄、極楽は自分の心一つに開いてゆく世界

   ●  過去を生かすも、未来を開くのも、今の行き方で決まる

   ●  闇から光へ、人生を転ずる

   ●  愛語が世界を変える

   ●  天地いっぱいに生かされている生命の尊さに気づく

 

自分の病の身を嘆くまい。 希望の明日が来る。 頑張れ、リハビリを挫折しないように。リハビリはうそをつかないを信じて。  

(3-24)

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしてください。励みになります。

     応援ありがとうございます。

                

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えーん、えーんと泣きたい気... | トップ | リハビリの初日です。 今年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL