ベルママのリハビリ日記  第二章   ただいまリハビリまっただ中!!!

写真付きでリハビリの様子、リハビリ生活の喜怒哀楽、思い出と懐かしい品々。

リハビリの休憩中に読んだ新聞、まあ珍しい、日馬富士の記事が大きく写真入で載っている。

2016-12-28 18:24:59 | リハビリ

  年末近くなるとさすがお休みの人が多くなる。 静かでがらんとしたリハビリ風景。

マッサージも今日でお仕舞い、「休みの間の怪我をしないようにして下さい。」 挨拶を交わす。

朝は皆が集まるまでコーヒーをいただきながら日刊紙を2誌読みます。 自宅で読まない新聞を選びます。

朝日新聞、東京新聞の2誌です。  朝の体操が始まるまで読むのが毎回の楽しみ。

 

「最近階段昇降の練習をする時間が取れなくてごめんなさいね。今日は頑張ってしましょう。」 介護士さんから声が掛かりました。 最近何かあわただしさがあってお願いするのを控えていました。 年内は練習できないかと諦め半分でした。

10日間していなかったので忘れていないかな。 一段慎重に降りだした。 大丈夫、忘れてはいなかった。上に上がるときにも先生から言われたように大きく振り回すようには足を出してはいない。 気分的にすーと足を真っ直ぐに上げているような感覚。

一往復をしてさあ2回目で降りましょうと、そこで介護士さんが「ム、ム、ム。」 どうしたの。

「ここでは杖を持つはずではなかったっけ。」 暫くお願いしていなかった間に進化したの。 2-3歩杖を持たないで下りの手すりに行くことが出来るようになっていましたよ。 知らなかったでしょう。

年内に〆の練習が出来て区切りが付きそうです。

 

ここで一休み。 コーヒーを椅子に乗せて朝読めなかったスポーツ誌を2誌一緒に載せて運ぶ。 椅子に乗せて運んでいると介護士さんが走ってきて席まで運びますと持っていってくれた。

席について新聞を広げると大きな写真の日馬富士.

報知年間最優秀力士賞受賞の記事でした。

隠れフアンで今まで誰にも話すことは無かった。

俊敏な身体の動き、幾多の怪我にあっても諦めることは無かった。 プライベートでは社会人受験で大学で経済方面を学んでいるらしい。

今回の受賞でも白鵬、稀勢の里を寄りきりで受賞したと新聞に載っていた。

新聞に色紙の写真が載っていたが似顔絵が書いてあるのを見ていたら似顔絵がロシア人の横顔に近い。

鼻の高い横顔、頭には髷をつけている。 ほのぼのとした横顔。

彼が小さい頃はまだロシアになっていた頃だったのか思いを馳せた。

若くして亡くなった父に似ていることも興味を持った一つ。

本当はあのにきびも父に似ている。  心で懐かしさがあるのかな。

 

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックしてください。励みになります。

      応援ありがとうございます。

                   

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すってんころりん、ドターン... | トップ | リハビリと認知症、長い介護が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL