出歩記

気の向くままに歩き回り、歩いた軌跡を写真と共に記録に

夏越の祓

2017-06-30 | 京都日記

夏越の祓(なごしのはらえ)
東北にいたころは「夏越の祓」と言う行事は知らなかったが、昨年TVで知り上賀茂神社にお参りしたが、今年は近所の天道神社の神事に参加することにした。この神事は大晦日の「年越の祓」と対をなすもので、半年分のケガレを落とし、この後半年の健康と厄除けを祈願する行事。20人近くの氏子さんたちと共に、茅の輪(ちのわ)くぐりをした後、体を清め、人形(ひとがた)に息を吹きかけてケガレを移し神社に納める、といった一連の行事に参加できた。
   

菅大臣天満宮
天道神社の帰りに菅大臣天満宮を覗いたらここにも茅の輪があったので、同様にお参り。
 

みなづき
夏越の祓の日には「みなづき」を食べるという風習があると聞いたので、近くの和菓子屋に行ったら売り切れていたので、デパートまで足を延ばしたところ、大勢の行列ができていた。皆、「みなづき」を買っている。こんなにも皆が気に掛ける風習だとは思わなかった。
  

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 両足院の半夏生 | トップ | 伊勢・志摩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。