出歩記

気の向くままに歩き回り、歩いた軌跡を写真と共に記録に

吉野の桜(2)

2017-04-19 | 京都日記

奥千本
前回(4月10日)吉野に来たときは近鉄吉野駅から臨時バスに乗り中千本で下車。そこから花矢倉展望台まで約30分を歩いて中千本と下千本の桜を遠望したが、今回、それらの桜は散り始めているので中千本からバスを乗り継ぎ奥千本まで行くことにした。奥千本行きのバスに乗るためにたくさんの人たちが並んでおり、待ち時間1時間ということであったが、歩いて登れる距離ではないので、仕方なく待つことにした。バスは杉林の中を走り標高756mにある金峰神社前に着いた。近鉄吉野駅が標高207mであるから標高差550mを登ってきたことになる。事前情報で奥千本の桜は3分咲きということであったが金峰神社の桜は満開に近い状態である。金峰神社にお参りし、近くの義経隠れ塔を見た後歩いて20分の西行庵に行くことにした。
  
  

20分の山道を行くと四畳半くらいの大きさの西行庵があり、その周辺にはたくさんの白山桜(シロヤマザクラ)が花を咲かせており、花見台も作られていた。このあたりの桜を奥千本の桜と言うようだ。
  
 

吉野水分神社(よしのみまくりじんじゃ)
金峰神社から30分程山道を下ると吉野水分神社に到着。世界遺産であるこの神社に普段はあまり参詣はないようで、保存状態は良くない。
  

上千本
吉野水分神社から5分も歩くと前回来た花矢倉展望台に到着する。9日前は蕾であった眼下の桜も満開に咲いている。
 

中千本
吉水神社の前庭から見える中千本の桜はすっかり葉桜になっており、遠くに見える奥千本や上千本の桜がピンク色に染まっている。
 

『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 京の桜(9) 大原 | トップ | 京の桜(10) 二条城・仁和寺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。