出歩記

気の向くままに歩き回り、歩いた軌跡を写真と共に記録に

比叡山延暦寺

2016-10-10 | 京都日記

 京都バスで百万遍から比叡山ドライブウェイを通って延暦寺バスセンターへ。途中バスの窓から琵琶湖や大津市の街並みが見えてきた。
  

延暦寺バスセンターは東塔地域の国宝殿近くにある。大講堂でお参りをし、鐘楼の鐘を突き根本中堂(こんぽんちゅうどう)へ
  

国宝根本中堂は大講堂よりは一段と低いところにある。間口150mという大きさに圧倒される。
  

根本中堂の向かいに文珠楼があるが、ここに行く階段が急傾斜のためやっとの思いで登って辿り着いたが、二階の文珠様が祭られているところに上がる階段はさらに急階段であった。
  

東塔と阿弥陀堂
  

東塔地域から西塔地域へはシャトルバスで行く方法もあるが、1km位の距離だというので歩いて行くことにした。最初は平らな砂利道であったが、途中から長い石段を下っていくことになった。この石段は段差が高く幅も広い。下っていく分にはそれ程ではないが、上ってくる人たちは大変な行程だろう。石段を下りきったところに浄土院。
  

浄土院からしばらく行くと常行堂と法華堂。この二つの建物はほとんど同じ形をしており、間を廊下で結んでいる形から、「にない堂」と呼ばれている。
  

にない堂からさらに石段を下っていくと釈迦堂にたどり着く。参拝の後は下りてきた石段を途中まで登ってバス停に行き、バスで横川(よかわ)地域へ。
  

横川バス停からしばらく歩くと山の中腹に舞台造りの横川中堂が見えてくる。
  

横川中堂と元三太子堂
  width= 

横川地域の参拝を終えた後はバスで比叡山山頂へ。ここで琵琶湖を遠望し歩いて叡山ロープウェイのりばへ。叡山ケーブルを乗り継いでケーブル八瀬駅へ。
  

ここから叡山電車で出町柳駅へ
  

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 知恩院 | トップ | 清水寺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。