出歩記

気の向くままに歩き回り、歩いた軌跡を写真と共に記録に

鷹峯

2017-04-25 | 京都日記

源光庵
江戸時代初期に本阿弥光悦が一族郎党を引き連れて移り住み、集落を作ったのを起源とする鷹峯(たかがみね)地区にある寺院巡りをすることにした。
  

  

本堂には悟りの境地を表す丸窓と迷いの窓という各窓がある。
  

常照寺
本阿弥光悦によって開創され、名妓吉野太夫が朱塗りの山門を寄進した寺で、吉野太夫自身もここに葬られている。
  

  

  

光悦寺
本阿弥光悦翁を中心とする工芸集落に作られた本阿弥家のお霊屋が寺となっている。
 

庭内には茶席が数軒建てられている。
  

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 京の桜(10) 二条城・仁和寺 | トップ | 長谷寺・室生寺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。