ジジババ旅行記&自然観賞記

野鳥と花が大好きな老夫婦の旅行の記録と、自然を観賞する中で、ふと目に付いた事を写真やスケッチでごらん頂きます。

大王わさび農園

2016-10-16 14:30:33 | 自然
今日は日曜日。でもジジとババは仕事です。
突貫工事なので、仕方がありません。


で、今回もまた、ジジの目を盗んで書いています。
あ~あ。



松本市の北西、安曇野市に大王わさび農園はあります。
テレビでよく見ますよね。
実際に見ると、その広さにビックリします。






これは橋の上から撮ったもの。
これと同じようなのが、反対側にも広がっています。
それだけではありません。
橋を渡ると、また橋があり、同じような光景が広がり、
またその先にも。一体どれだけの広さがあるのやら・・・。






ここには、遊歩道もたくさんあって、
石仏が並んでいるところも。
他に、洞窟もありました。






道端には、いろいろなお花が咲いていたり、
けっこうゆっくり楽しめるところでした。






収穫後の畦には、野鳥のすがたもチラホラみえます。
これは、ハクセキレイ。


 「セキレイはん、間違えてわさび食べたらあかんで。」
 「ツーンとなるで~。」
 「ツーンときたら、どんな顔なるんかなあ。」
 「顔は変わりようないから、飛び上がるんちゃうか?」


そんな、バカな噂をされているとは、知りもせず、
ハクセキレイはせっせと餌を探していました。




ジジは私に背中を見せて、仕事をしています。
でも、なぜか私が仕事をさぼると、すぐわかるようです。
また、にらまれたので、今日はこれでおしまい。



あっ、最後に国宝の松本城の写真を、1枚見てください。
なかなか、質素ながら落ち着いた雰囲気の、いいお城でした。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美ヶ原高原 | トップ | 有明神社 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (saeko)
2016-10-16 23:12:31
松本城、素晴らしいですね。
きみこさんの撮り方、アングルが素晴らしいのでしょうね。
青いお花は忘れな草かしら?
北海道と信州は似ていると思っていたのですが
今も忘れな草が咲いてるなんて驚きました。
「わさび」は有名ですものね。
水がとてもきれい・・・ 流石ですね。
大雨が降ると、さそかし大変だろうと勝手に想像してしまいました^^;

お仕事、頑張って下さいね!^^
おはようございます。 (肥前屋)
2016-10-17 08:59:30
天気が、良さそうで良かったですね!素直な色、コントラスト、ひょっとして、お使いのカメラ、ニコンですか?
流石に、涼しくなったので、仕事がやり易くなったのでは?家では3日前の夜からストーブに火を入れてます。
おはようございます (山親父)
2016-10-17 10:06:03
アングルのとり方が上手いので
お城の雄大さが、伝わってくる
素晴らしい写真ですね
Saeko さま (きみこ)
2016-10-17 10:09:40
Ssaekoさんにアングルを褒められるなんて、うれしい!
風景を撮り始めたのは最近で、全然自信がなくて、
いつもSaekoさんの写真を参考にしています。
ちょっとは上達したかな?

信州は、思ったより寒くなくて、心地いい気候でしたよ。
大雨のことは、私も考えちゃいました。
肥前屋 さま (きみこ)
2016-10-17 10:13:14
ありがとうございます。
鳥や花はニコン、風景はオリンパスを使っています。
2台使うのは、レンズをいちいち換えるのが面倒だから。
面倒くさがっては、いい写真はとれないんでしょうが・・・。
大阪は、冷暖房なしで、丁度いい気候です。
こんなときは、遊びに行きたいんだけどなあ。
山親父 さま (きみこ)
2016-10-17 10:15:13
わあ!うれしい!
いつも、あこがれてる方から褒められるのは、ちょっと
自信がもてたようで、本当にうれしいです。
ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。