ジジババ旅行記&自然観賞記

野鳥と花が大好きな老夫婦の旅行の記録と、自然を観賞する中で、ふと目に付いた事を写真やスケッチでごらん頂きます。

ちょこっと紅葉を

2017-11-20 16:18:04 | 自然
仕事の合間に、ちょこっと紅葉を見に、万博公園に出かけてきました。
大阪では、結構知られた、紅葉の名所。
それに、遠足の名所でもあるので、園内は平日にもかかわらず、大賑わい。
紅葉の写真を撮りたくでも、人が入っちゃって、なかなか思うように写せません。






今年は、急に冷え込んだせいか、なかなかきれいな紅葉です。
もう、写真なんかどうでもいいやって感じで、
ジジとババ、ぶらりぶらりと真っ赤に染まる木々の下を歩いてまいりました


野鳥たちには、ほとんど会えませんでしたが、





ポカポカと日向ぼっこをしながら、昼間っから酒盛りをしていたら、
すぐそばの藪に、ジョウビタキが・・・・。
結構大きく撮れました。






あんまりのんびりとはできないので、2時間ほどで引き上げましたが、
帰りにちょっとの間だけ、誰もいない場所があり、パチリ。
本当は、もっとすごい紅葉なんだけど、いまいちきれいに写ってなかったので、
今日はこれだけ。


さあ、帰ってまた仕事です。
「やれやれ、貧乏暇無しとは、このこっちゃ。」







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カマキリ

2017-11-12 16:34:58 | 自然
少し前の話でごめんなさい。

10月の半ば頃になると、散歩してると道路に
よくカマキリの姿を見かけます。


本当に多いんです。1度の散歩で、多いときは4,5匹見かけます。
生きているのもいれば、車に引かれて、ぺちゃんこになったのも。


不思議で仕方ありませんでした。
なんで、危ないのに、道路の真ん中に出てくるのか。


そこで、箕面市昆虫館に出かけて聞いてみました。
教えてもらった事は、次の通り。


夏の間に、カマキリのお腹には、センチュウという細い針金のような
虫が、寄生します。
秋になると、そのセンチュウが水の中で卵を産むために、
水を求めるのだそうな。
カマキリは、センチュウにマインドコントロールされて、
水を求めて道路を横切るのだそうな。
そして、水場に着くと、カマキリはお尻を水の中につける。
そうすると、センチュウは、お尻から水の中にスルリと出てくるのだとか。


「げーっ、なんか気色悪いな。」

でも、それが現実なんだって。

知ってました?

それから、カマキリの色は、緑や茶色や色々違うけど、
これは、個体差で、全く色の違いに意味はないそうです。


最後に、とってもきれいなカマキリを見つけました。




色がちょっと変わってて、いろんな色が混じってる感じで。
きれいだと思いませんか?
虫の苦手なババでも、思わず見とれてしまいました。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

又、しばらくお休みします。

2017-11-05 17:15:57 | 自然
旅の最後の日を書かないまま、日がたってしまいました。
またまた、仕事が忙しくなってきたのです。
忙しくなると、1日の間ですることは、
仕事と、食事、1時間だけウォーキング、
これだけになっちゃうんですよね。


他のことに時間を割けなくなります。
情けないけど・・・・。



長崎旅行の最後の日は、どうなったかというと、
台風が近づいて、風がひどいのなんの。
半日平戸の町にいましたが、
行ったのは、松浦家の資料館と、ザビエル記念教会だけ。


後は、のんびり市民会館の一角をお借りして、
オランダ商館のスケッチをしていました。







又、明日から仕事です。
次にお目にかかれるのは、次の日曜日かな?
それまでに、ネタを仕入れられたら、の話ですが・・・。


本当は、もう仕事したくないんだけど、生活のため仕方ありません。
ジジが、晴れて年金生活になれるまでは、頑張らなくちゃね。


では、又。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

平戸

2017-10-29 16:35:34 | 自然
3日目は、佐世保から平戸へと移動します。
途中、平戸八景の一つ、御橋観音に寄って行く事にしました。






頭の上に、巨石が橋を造っています。
 「わあー、こりゃすごいな!でかー!」
 「何か、怖いくらいの迫力やねえ。」
松浦の殿様のお気に入りは、どれも自然の作り出した
計り知れないパワーを感じさせるものでした。


できれば、八景全部見たかったけど、後はちょっと遠く、
今回はあきらめて、平戸に向かいます。
今日は、教会めぐりです。






まずは、田平天主堂。
青空に、レンガ色がよく映えます。
ここのステンドグラスは、本当に美しかった。
撮影したかった。






少し寄り道をして、川内峠に登りました。
この峠のてっぺんに登ると、360度空が見渡せるのです。
 「あー!気もちんよか~!」






平戸島をずーっと南下して、
カトリック宝亀教会。






カトリック紐差教会。
どこも、負けず劣らず、りっぱな教会でした。が、
 「何か、みーんな一緒に見えてきたわ。」
 「同感。ちょっと教会見るのも、疲れてきたな。」
 「早めに宿行って、温泉つかろか。」


何とも罰当たりなことを言うジジとババ。
温泉につかって、おいしい夕食を頂いたあと、
宿の方が、ナイトツアーに連れてってくれました。
平戸の町の、ライトアップした名所を、
上手な説明で、楽しく案内。






平戸で一番有名なザビエル記念教会です。
暗闇に浮かび上がる姿は、荘厳な雰囲気でした。


残りあと1日。
台風が近づいています。
影響がなきゃいいんだけど・・・。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保・九十九島 二日目

2017-10-26 16:00:37 | 自然
二日目、朝起きて天気予報を見たら、何とだんだん晴れてくるらしい。
 「ヤッター!見たか、晴れ女の力を!!」
 「勝手なことゆうとけ!」

まずは、平戸八景の一つ、福石観音の五百羅漢を見に行きました。





岩の中に埋まってしまったような、本堂を対岸に見ながら、山を登っていくと、





ありました、五百羅漢。
オーバーハングの岩が覆いかぶさって
ものすごい圧迫感。
その中に、色々な形をした羅漢さまが、沢山。
さすが、松浦の殿様がお気に入りの場所、なかなかの迫力でした。


その後、佐世保の町に戻って、
町の真ん中の三浦町カトリック教会へ。





ビルにはさまれて、つい見逃してしまいそう。
中は撮影禁止でした。
ステンドグラスがきれいなのに、残念。

今日は、精力的にまわります。
次は、佐世保の町が一目で見渡せる弓張岳展望台へ。





お天気はイマイチですが、なかなかの眺めです。


 「次はどこや?今日は忙しいのう・・・。」

次は、車を置いて、フェリーに乗って、黒島という島に渡ります。
九十九島の中で、人が住んでる3島のうちの一つです。
なぜこんなところにわざわざ来たのかというと、
国の重要文化財の教会があるからです。

港から、坂を上り続けて30分。
汗だくになって、やっとたどり着きました。





黒島カトリック教会です。
布教に来た外国人の神父と、島の人たちが力を合わせて明治(何年か忘れました)に
造り上げた教会だそうで、中もすばらしかったです。

そして、教会の前で、たくさんのジョウビタキに会いました。





大阪では、まだ姿を見ませんので、今秋初お目見えです。
 「こんだけたくさんおるってことは、まだ渡りの途中かなあ。」
 「そやね。もしかしたら、大阪にむかってたりして・・・。」

またフェリーに乗って、佐世保に帰り着いたジジとババ。
今回の旅の主目的である九十九島の夕日の撮影に挑みます。

展望台に着いたら、地元のカメラマンがすでに数名来ておられました。
曰く、「今日は、天気がイマイチやからなあ・・・。」

ジジとババにとっては、最後のチャンスなので、イマイチでも何とか焼けてくれたら、
との思いで撮った写真がこれ、





色が、あまり真っ赤になってくれませんでしたが、
 「撮れただけでよしとしよう!」

そして、帰りがけに最後に写したのがこれ、





 「最初からこの色になったら良かったけど、しゃーないね。」

何とも、忙しい一日でした。










コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加