日々徒然なるままに

日々感じたことを書いていきます、よろしくお願いします

これ効きます

2017-04-20 15:03:01 | ケアの方法
こんにちは。
いつもお天気のことから入りますが、今日も相変わらずそこからです^^;。
で、今日はこの辺りは曇っております。
雨が降るほどではありませんが、昨日に比べるとなんとなく肌寒いような。
どうにも安定した気候になりませんね。 


                      

さて、そんなぼんやりとしたお天気の日。
皆さんは、肩凝りとか首の凝りとかありませんか?
かく言う自分は、昔からものすごい肩凝りやら首の凝りがあり、おまけに遠視のせいか、こうしてPCを長時間使っていたりすると
もうそれだけで、眼精疲労もかなりきてます;(最近は遠視ではなく、歳相応の老眼ですけどね;)
それと、これも若い頃から猫背もあります、もうどんだけオバサンならぬオバ「ア」サンに近づいてきておるやら;;。

そんなある日、ある方のブログを拝見していて偶然目にしたもの。
それは、「さとう式リンパケア」というもの。
元々は、そのブログ主の「さとうみつろうさん」が書いておられる「笑えるすぴりちゅある」というブログを見てからです。
(ここの部分、ご本人に書くよ~とか承諾して頂いてないけど、ええんかしら;?)
ブログ主さんは、ご自身の頭髪のことであれこれ書かれておりましたが、自分は、そもそも、その「さとう式」とはなんぞや?と
思い、ググってみました。

すると、佐藤青児さんとおっしゃる歯科医の方が考案された、目からうろこ的なリンパケアというものでした。

ここで、自分があれこれご説明するよりも、既に基本のケアはネットであげられておられますので、そこを見ながらご自身で
体感してみられるのが一番かと思います。

自分自身、つい一昨日くらいにこれを知り、この基本ケアを試しにしてみたところ、本当にうその様に肩凝りが軽減され
辛かった首の張りが和らぎました。
これはええわ~、と一人ニヤつきながら、暇さえあれば、せっせと手や身体を動かしておるところ。
殊に猫背が楽になり、胸を張ることが出来るのは、正直嬉しいですね。
胸が張れるということは、当然姿勢がよくなるわけで、そうするとただ立っているだけでも、すごく楽なんですよね。

祝詞を奏上するときは、これまではそれでも不思議と背筋が延びていたのですが、このケアをして後は、自然と姿勢が
良くなっているので、声を出すのも無理をせずに楽に発声出来ているように感じます。

こうして姿勢もよくなると、物事も前向きに考えられるようになりますし、第一気持ちいい^^。
骨折した箇所はまだまだ痛みはありますが、随分と楽になってきておりますよ。

いや~、これええわ、ほんま^^。
そう感じ、少しでも皆さんも楽になっていただければと、こんな拙いブログの中で僭越ながらもご紹介させて頂きました。
(一応、この主催されておられる方のところへ書かせて頂いて宜しいですか、の旨を伺いましたが返信頂けておりません;
 それダメじゃん、なことかもしれないのですけれど)


胸というのは、此処にアナーハタ・チャクラとかハート・チャクラがあるといわれている部分ですね。
ですので、よくこのハートチャクラを開いて、とかいわれておりますが、正直、自分のような猫背の者には、その姿勢からして
開きにくかったんかいな;?とか今にして感じておるようなわけです。
やはり何事においても、その姿勢は大事というのを改めて認識した次第です。


顔のしわやたるみも、自分では多少はのびてるぞ^^とか思いつつ、オバサンながらも、いやいやオバサンだからこそ、こんな
久々の心地よさと出会いつつ気持ちよく過ごしておる今日なのでした。

                    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとずれてる? | トップ | 不ぞろいでいいんじゃない? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
姿勢悪し (hirosuke)
2017-04-21 07:26:34
おはようございます!

根本的姿勢が悪いうえに視力が悪いから
いつも肩がこっています。
寝るときの姿勢も悪いのでしょうね。苦笑
自分もそうです; (あおぞら)
2017-04-21 14:31:45
上にも書いているように、かなりの猫背でして^^;

でも、この「ケア」を見よう見真似でしてみると、本当に胸が張れて気持よくなったんですよ。

是非、ググッてなさってみられてください^^。

(上記のような紹介の許諾は頂けました)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL