日々徒然なるままに

日々感じたことを書いていきます、よろしくお願いします

もう一つのエピソード

2017-05-16 22:11:07 | ものの見方 考え方
こんばんは。
なかなか早い時間に更新出来ないので、すみません。
お蔭様で、仕事終えて帰ると19時過ぎ。
さすがに少し疲れております(でもお勤めの方なら、このくらいの時間ならごく普通ですよね;、ごめんなさいです)

                           

さて、昨日の続き。
いよいよ出雲大社へ、といいたいところですが、その前にもう一つ、エピソードがありました^^;。
またかい、と思われるでしょうけれど、ま、聞いてやって下さいませ。

コンビニを出て車を走らせていると、道路の真ん中辺りに何やら少し大きめの石が転がっております。
なんだ?と近づくにつれ、それは石ではなく、なんと「カメ」であることに気づきました。
まさか、と思われるでしょうけれど、走っている道路は元々広域農道として作られていた道であり、それが今は県道に
昇格しております。
そのような訳で、この辺りは未だに道路の両脇は田んぼが広がっている地帯でもあります。
そういう場所ですので、カメさんが生息するには必要十分?な水も豊富なわけですよね。
斯様なところで、そのカメさんが、何をどう思ったのか、その道路をこちらの端から向こうの端まで渡ろうと考えたのかどうか、
それは定かではありませんが、ともかくこの道路の真ん中辺りまでは、エッチラオッチラ歩いて来ていたのでしょうね。
とはいえ、こちらは車に乗り、それなりの速度で走っているので、そのカメさんを見たのもほんの一瞬。
すぐにその傍らを通り過ぎてしまいました。
ですが、そのカメさん、そのど真ん中辺りで首をすくめる様にして、さてここをどうしようか、と本当に危険に身を晒しながらも
それ以上は動けずにいるようでした。
この時は、まだ交通量もそれほど多くなく、自分の後続車は少し遠く、対向車もあまり見かけなかったように記憶しています。
咄嗟に、車停めてこのカメさん、反対側の田んぼに逃がしてやろうか、と考えたのですが、ついひるんでしまいそのまま自分自身
走り去ってしまいました。
でも・・・、もういっぺん引き返そうかどうしょうか、と考えるうちにかなり走ってしまい、結局は何も出来ない、しないまま
そこから離れてしまいました。
心の中では、カメさん、どうか無事にそこを渡り終えててね、向こう側へ辿り着いててよね、と祈る気持ちでいた自分でした。

                             

たかがカメ一匹、と思われるかもしれません。
でも、生きている生命(いのち)です、みすみすそのまま通り過ぎてしまった自分をずっと悔やんでいました。
折りしも、出掛けに自分は脱輪したところをたまたま通りかかった方々に親切に助けて頂いた経緯もあります。
その時には、そんなことも全く思いもしませんでしたが(つい二時間半前くらいのことなのに;;)この事を
思い直していると、ああそうだったと改めて感じたのでした。(感謝していたというのは、うそだったのかしらね;;)
帰路もその同じ道路を通って戻るわけですので、その時にそのカメさんを見かけなかったらば、無事渡れたのだろうと
思うようにしよう、と自分に都合良く考えていました、その時点では。

                            

結果からいいますと、そのカメさん、帰りにもう一度見かけました、来た時と同じ道路の真ん中で。
甲羅がひっくり返り、見た目にもかなり干からびたような姿に見受けました。
おそらく通行する車に撥ねられたのか、ひっくり返ったまま動けなくなり、そのままその場で身動きが取れなくなって
しまったのでしょうね。
轢かれてしまい、無残な姿になっていなかったから、わかったのかもしれませんが。
とは言え、もしあの時、自分がほんのわずかの時間を惜しむことをせず、その場に立ち止まり、そのカメさんをほんの数メートル
移動させてやれていれば、今頃は田んぼの中でのんびり過ごせていたかもしれません。
或いは、そんなことをしていても、早晩なんらかの形で命を落としていたかもしれません。
ですけれど、その時、自分自身がそのカメの生命そのものを見捨ててしまったような思いがしたのは否めません。
何故、見殺しにしてしまったのか。
小さくても命は命、そのことに変わりはないはず。
神様云々という前に、目の前のその出来事に真摯になれ、そんな思いがよぎったのでした。
たかがカメ、といわれるでしょうけれど、されどカメさん、そう感じた自分です。

せめて、次に生まれてくる時には、過ごしやすい池の中で、さながら大社の池の亀のようにゆったりした時間を持てる、そんな
生き方をして欲しい、そう心の中で今一度願い祈ったのでした。


エピソードというには、あまりにお粗末な顛末かもしれませんが、自分にして頂いたことと同じようなことを、おまえは人に
対して、或いは生き物に対しても出来ておるのか、そう言われ試されたような気がしております。
全くもって何にも学習出来ていない自分だな、そう思ったりもしております。
例大祭前後でのこの出来事、何かしらの自分の教訓にしたいと思います。

最後は自分で自分を戒める、そんな反省文になってしまいましたね、すみません。
なんとか明日には大社まで辿り着きたい、そう思います;。
今日もお付き合い頂きまして、有難うございました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出掛けの出来事 | トップ | 例大祭について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL