日々徒然なるままに

日々感じたことを書いていきます、よろしくお願いします

もう一人の自分

2017-06-15 20:16:53 | ものの見方 考え方
こんばんは。
カラッカラっな毎日です、この辺りは。
いい加減、本当に降って欲しいですね。
広島はまだしも、四国の辺りですと、またもや水瓶といわれております早明浦ダムがそろそろ底をつくのではと、とつい危惧してしまいます。
帳尻合わせのように、また土砂降りならぬドッサ降りにならねばよいけれど、と心配にもなるこの頃です。
そんな日の朝のお日様がこちら。
相変わらず威勢よく昇って来ておるようですね。

                                 

昨日、此処で「今」を感じることが大事と申しましたが、それとはまた別の視点から少し話させていただければと思います。
同じ「今」でも、それこそ今此処に居る自分と、よく似た別の自分がやはり同じように居るのではないのかな、と感じたります。
俗に言う、パラレルワールドとか世界線といわれているものですね。
科学にそれほど強いわけではありませんので、あくまで自分自身が感じたことでしか語れませんので、そこのところは何卒ご容赦の程を。

それこそ自分だけかもしれませんけれど、今の自分でなければ、この自分はどんな自分が居るのだろうと考えたことは無いでしょうか。
日常を過ごしながらも、ふと今こうしている自分ではない、他の生き方をしている自分がいるのではないのかな、と。
それは、何も大袈裟なことばかりではなく、スーパーへ行って、こちらのお魚ではなく、向こうにあったお魚を選んだ位の違いとか。
いつも乗る電車を一本遅く、或いは早く乗ってみた違いであったりだとか。
そんな些細な違いでも、そこから先は同じような道筋を辿るのか、或いは左右に大きく分かれる程の違いとなってくるのか、そんな風に
考えたりすることがあります。

そうして、別の自分、もしかするとこれもよく言われる別の次元の自分が他にも存在するのではないのかな、と感じたりします。
向こうに居るそんな自分は、こちら側の自分をどのように思っているのだろうか、とふと考えてみたりもします。
こうして此処へ居る自分とどのくらいかけ離れているのか、あるいは殆どというくらい違いの無い自分であるのか。
違うのならば、生活そのものも違うのでしょうし、そうなると顔つきも変わってきているのでしょうね。
裕福であるならばそのような物腰が身についておるでしょうし、生活に追われているならば顔にそのようなやつれた風が見て取れるかも
しれません。

その両極端ともいえるような自分が存在するならば、そのどちらが本当の自分であるのか、もしかすると今こうしている自分は、偽者?の
自分なのではないのか、そんな風に考えたりもします。

                                 

作家の浅田次郎氏の小説が好きでよく読んでおりましたが、上に述べたような話を書いておられます。
もしかして今日のこの話は、そこからとってきたのか、と訝しがられるかもしれません。
確かに自分と似たような感覚を持っておられる方がいるのだなと感じたのは事実です。
ですけれど、その小説を拝読したからではなく、いつの頃からか、別の場所、というよりも別の次元へ存在するもう一人或いはより多くの
自分が居るのではないのか、そんな風に感じ出しておりました。

頭では今のこの自分が自分のことを考えているのですが、別の自分がやはりどこかでその別の自分を同じように考えているのではないのかな
と、これもまた、ふとした拍子に思ったりします。

                                

やはりどこかぶっ飛んでいるんでしょうね;。
でも、そんな別の自分を自分で思うとき、そのもう一人の自分も何故か愛おしく思えております。
決して交わることはない、そんなもう一人の自分なのでしょうけれど、そのもう一人だかその他大勢の自分だかが一つに重なることがあれば
これはこれでまた面白いのではないのかな、とそんな風にも空想する自分です。

                                

とりとめのない話を書き綴りましたが、そんなもう一人の自分、考えてみても面白いかもとも思います。
そしてそれは、これもまたいつぞや話しました、いつか自分がなりたかった自分であるならば、別の次元には既にそんな自分が存在している
のかもしれません。

                                 



煙にまいたような話でしたけれど、そんな本日もお付き合い頂きまして有難うございました。
                                        


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「今」を笑おう | トップ | 仕事内容について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL