“きみのや”のマンプク日記

ここは赤ちょうちん“きみのや”。
あなたの心にポッと温かい火が灯りますように。
そんな私の、日々のあれこれ綴ります。

もひとつお知らせ☆

2012-04-29 11:06:00 | 台所しごと

六兵衛豆乳のぷりんです。

桜の季節が終わったので、

これからはきなこをかけてお出しします。

豆乳、小豆、黒ごま、きなこ、こりゃもう最強の組み合わせ♪


この記事をはてなブックマークに追加

新メニュウ。

2012-04-29 10:58:14 | 台所しごと

宮崎産日向夏のプチタルト。

ヨーグルトシャーベットと一緒にどうぞん♪

初夏の味ね~。


この記事をはてなブックマークに追加

ミライのランチ3から4。

2012-04-18 16:59:40 | 雑記

3月でほっと一息の予定が、

やっぱり4月もあわただしく過ぎております…。

さ、遅くなりましたが前回のミライのランチのご報告!

えーー、

えーーーー、

うわっ、思いだせん!!

んーーーと、

そうそう、今回は商売人の始まりから、

貨幣というものや、百貨店やスーパーの歴史について、

またまた時系列にお話しさせていただきました。

前回の和食文化の歴史と今回の流通の歴史。

これでざっくりですが、今の食を取巻く多くの問題が、

どういう流れで起きてきたのかを感じてもらえたかなと思います。

次回はそんな時代の変化の中で、

食によってこちらも変化してきた、

わたしたち人間の“からだ”に注目してみようかな。

次回第4回ミライのランチ会は、

5月9日(水)11:30~です。

参加費1,500円(有機米ランチとお茶代込み)

テーマ:食とあたま。食とかお。食とからだ。

(内容は変更する場合があります。)

おおっ。次回もまた楽しくなりそうです。

みなさまのご参加お待ちしています☆☆☆

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

豆乳ぷりん。

2012-04-10 15:50:08 | 台所しごと

春の新メニュー、豆乳プリンのご紹介です。

いつも美味しいこだわり豆腐をいただいている、

六兵衛さんの濃厚な豆乳を、寒天と本葛粉のみで仕立てたぷりん。

お豆腐の、大豆の風味がそのまま残ってえも言われぬ美味しさです♪

ほんと、びっくりするくらい豆の味がします!!

てんさいシロップと有機黒ごまあんをからめてお召し上がりください。

ほんのり桜の香りも楽しめて、

からだが喜ぶ春の味です☆

「六兵衛豆乳のヘルシープリン 黒ごまあんと桜の香り」

単品→380円 ドリンクセット→780円。


この記事をはてなブックマークに追加

愛しのぺんぎんず。

2012-04-08 21:00:21 | 雑記

2日後の水曜日に「第三回ミライのランチ」を控えて、

テーマは決まったものの、資料作れてないけど、

きっと前日に天からイベントの神様がしゅるしゅるしゅると降りてきて、

力を貸してくれるやろ、と、なぜか余裕のよっちゃん(古~(^^;))なわたしです。

 

さて、久々のブログですが、最近コムズカシイ記事が続いてたから、

今日は癒し系いってみよーーー☆☆☆

写真は夕暮れのまちをゆく、通称ぺんぎんず。

ご存知の方も多いかと思いますが、うちの母と叔母であります。

忙しい時に店の応援を頼むと、いつもふたり一緒に気持ちよくやってきてくれます。

私たちの昼ごはんのお弁当作って、晩ご飯のおかずと酒のアテまで作って、

なんじゃらかんじゃら(←母の口ぐせ)、大きい袋にずっしりと担いで堺からやってきてくれます。

もう歳も歳だし、血圧高かったり腰や膝が痛かったり(太りすぎ~(@@;))、あちこち弱ってきてるけど、

一昨年に47年続けた商売をやめてからは、すっかり気力がなくなっていたので、

遠く堺から電車乗り継いで手伝いに来てもらうのは悪いなぁと思いながらも、

気分転換と運動不足解消に一役買ってるかも!と都合よく考えて甘えています。

そんな母は仕事一筋で男みたいな気性で生きてきた人なので、なんせ気前が良すぎます。

宵越のカネはもたねぇ!!と、会社勤めの若い頃は給料前借りして夜な夜な男友達と豪遊。

帰りのタクシー代で毎月すっからかんになるの繰り返し。

自分で商売始めると早速家を買って、7人兄妹で長女でもないのに九州から両親呼び寄せ同居。

前の〇〇〇との〇〇の際は、当時としては大金のウン百万円をポーンと渡したらしく、

「女が慰謝料はろたんは(払ったのは)、日本でママが一番最初や。」と、

堂々と自慢げに語ってしまうくらい、豪気な人なのです。

ま、そのあと一緒になった、つまり私の亡くなった父も、お腹に切腹未遂の痕があるような人やったから、

(父も父で、途中で部下に止められたんやと自慢げに語っていた。)

おあいこやねぇ~。

ほんで母は今になって毎日節約の日々なんやから、、ほんまにおばかさんやねぇ~~。

ああ、素晴らしい人間ドキュメントで、話がおかしな盛り上がり方してしまった。

で、そんな男のような母と私は、昔からいろいろ確執があって、大人になってからも、よう喧嘩してたけど、

自分も歳とって結婚して商売始めてみると、

もう母親のやってきたこと全てに、ただただ尊敬と感謝の気持ちがあるのみで、

過去の怨みつらみが、白いベールかけたように薄まっていくから不思議。

それでも相変わらず人の傷口にブスッとベチョッと辛子すり込むようなとこあって、

そんなときは思わず

「そのマツコデラックスばりにたぷたぷしたあごか首かの肉に指突っ込んだろかーーー!!」

って大声出しそうになるけど…。

あ、ちなみにぺんぎんずってのは、私が愛と尊敬を込めてつけた愛称です。

叔母も母とずーっと一緒に商売をして私を育ててくれて、育ての母のような存在です。

ふたりともいつも小さなかばんを斜めがけしてますが、

母は左から、叔母は右からと決まっています。

ぺんぎんず、心配と迷惑かけてばかりなのに、ほんまにいつもありがとう(;д;)。

 


この記事をはてなブックマークに追加

トップ写真

イメージ写真