kimekime25

敬称は省略させていただきます。
引用が不可能になり、ブログの時間もとれない。時間があるときUPします。

始まりま~す!激動の続編になる一年にしましょう!

2010-01-04 00:15:29 | しっかりしろよ新政権

アクセスに

お礼申し上げます。

さて

箱根駅伝は

東洋が逃げ切りました。

8区の魔の区間に

今年は魔物が出ませんでした。

良かった良かった!

昨年は城西大がたたられましたが・・・。

今年はとりつかれた方が7区に出られて

快走なさったようです。

 

では

本日は民主を嫌いな時事通信から二つ!で始めましょう。

*****************
風当たり強まる平野長官=調整力に疑問符、正念場の通常国会

 鳩山由紀夫首相から「他に得難い人材」と評され、女房役となった平野博文官房長官。だが、調整力に疑問符が付けられるなど、政府・与党内での風当たりは厳しい。18日に召集の方向の通常国会では、首相の偽装献金事件や、迷走が続く米軍普天間飛行場移設問題で野党が攻勢を掛けてくるのは必至。平野長官の真価が問われそうだ。
 「不慣れなところもあり、十分な政府のスポークスマンになれたかどうか分からない」。平野長官は先月28日の記者会見で、政権発足100日あまりを振り返って、こう語った。
 2010年度予算編成の過程では、新規国債発行額の上限をめぐり、平野長官は同10日の会見で、44兆円以下に抑えるとした政府方針は見直さざるを得ないと踏み込んだが、その翌日には首相の指示を受け、すぐさま撤回。首相との意思疎通が不十分であることを露呈した。
 民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げたガソリン税の暫定税率撤廃などの扱いをめぐっても、調整役としての平野長官の影は薄く、事実上の税率維持へと流れをつくったのは10年度予算の重点要望をまとめた小沢一郎幹事長だった。
 政権発足当初は、政策調整は菅直人副総理兼国家戦略担当相が担い、平野長官は内閣のスポークスマンと国会対応に専念し、役割分担するはずだった。だが、国家戦略室は権限が不明確でスタッフも不十分。菅氏は政策調整では前面に出ず、平野長官にその役割が回ってきたのに、必ずしも期待に応えられていないのが現状だ。
 与党との連携不足もある。先の臨時国会では、会期延長は不可避と唱えた山岡賢次国対委員長に対し、平野長官は慎重姿勢を示し、すれ違いが目についた。国会を早めに閉じ、献金問題で首相が野党の追及にさらされるのを防ぐ狙いもあったが、「平野氏は全く国対を分かっていない」(民主党幹部)との批判も浴びた。
 「あらゆる案件が官房長官のところで渋滞している」(民主中堅)と、厳しい視線が注がれる平野氏。鳩山内閣の支持率が低落する中で、平野長官がその役割をこなせるかどうかも、政権の先行きを左右する要素となりそうだ
。(2010/01/03-16:27)
**************** 

こいつが茶坊主で

民主政権の第一の癌なのは

誰もが知っているココだけの話!

今更の記事であるが

世間に広く知られるのは

この通信社のおかげか?

というより

「遅いよ!」という記事でした。

お粗末。

 

もう一つ!

自民の舛添が時事は好物のようだ。

******************
自民、再生の道筋見えず=谷垣氏の指導力に批判

 自民党が再生の糸口を見いだせないでいる。鳩山政権が発足当初の勢いを失っているにもかかわらず、党の支持率は低迷。にわか仕立ての再建策も新たな旗を立てたとは言い難く、昨年末には参院議員の離党表明が相次いだ。夏の参院選に負ければ「党存亡」の事態も現実味を帯びかねないが、執行部の危機感は薄い。
 「野党は国会で議論し、問題点を追及していくのが第一だが、必ずしもその機会を十分に得られていない。(追及の)弾を仕込み、しこも踏んで土俵に上がる」。谷垣禎一総裁は先月24日の記者会見で、自民党支持率低迷の理由を聞かれると、あっさりと閉会中の国会のせいにした。
 しかし、昨秋の臨時国会では、鳩山由紀夫首相の偽装献金や米軍普天間飛行場移設問題など追及材料に事欠かなかったにもかかわらず、自民党は中途半端な審議拒否戦術で政権を攻めあぐね、「与党ぼけ」の姿をさらけ出した。1993~94年の野党時代は、衆院第1党という「数の力」を背景に当時の細川政権を追い詰めたが、民主党が300議席超を占める中、18日召集で調整中の通常国会で自民党が主導権を握るのは容易でない。
 新しい自民党の姿を打ち出そうと、谷垣氏の肝いりで発足した政権構想会議も、党内を失望させた。先月取りまとめた2次勧告が、論争に決着が付いていない「小泉構造改革の是非」に踏み込まず、「不必要なことをせぬ政府」とのあいまいな政治理念を掲げるにとどまったからだ。
 求心力に欠ける執行部に見切りを付けるように、昨年末には参院議員の田村耕太郎氏が「変わろうとしないやり方に従うことができない」と執行部を批判して離党。長谷川大紋、吉村剛太郎両氏らも離党届を提出した。党内には「まだ数人の離党予備軍がいる」との見方もある。
 政権奪還への展望を見いだせない中、不満の矛先は谷垣氏本人に向かっている。「ポスト谷垣」の有力候補と目される舛添要一前厚生労働相は先月22日の講演で「今、自民党に一番必要なのは、小沢一郎民主党幹事長よりもっと独裁的な指導者だ」と発言、谷垣氏の指導力不足を痛烈に批判した。
 若手議員からは、一部で取りざたされる参院選後の政界再編をにらんで「新グループをつくりたい」との声も漏れており、結束には程遠い状況だ
。(2010/01/03-20:28)
***********

でもね

離党ブームといっても

公認漏れの離党とか

自分の選挙目的だけで

国のことがないのが事実でしょう。

そこら辺に問題があるのではないか?

滅べ!自民!

 

おい!

お前!

お前だよ!

http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view8803196.jpg

日航に1000億追加融資をして

計2000億も国税つぎ込むくらいなら

もう一度きちんとした再建をさせるために

更正法扱いにして

特例処理で飛行機飛ばした方が良いんでないのか?

この会社OBの体質を変えないと!

現役達はもう理解しているから

必死になっているよ!

問題はOBでしょう!

 

 

地元新聞から!

選挙の基本は「どぶ板」!

それを熟知しているから

小沢は「風」のみの民主を変えた。

新人を街頭に立たせているのも

知名度が一番で

風が必ず優位に吹くとは

限らないという

基本中の基本の履修。

 

風を勘違いしていた,

「どぶ板」が奥義であるのに

都市型の風選挙に方向転換して

惨敗した党がある。

ここが

どぶ板を開始すると

屁理屈ばかりで中身空っぽの

民主の鼻くそ議員達は

厳しくなるぞ!

********「神奈川新聞」**************:
自民・落選組はいま…再起誓い歩く、ベテラン小此木さん、新人中山さん/神奈川

2010年1月3日
 8月の衆院選で歴史的な惨敗を喫し、野党に下野した自民党。県内は擁立した17選挙区で3勝と厳しい審判を受けた。落選した前職や新人は、雪辱を果たすべく地元での活動を再開している。態勢も整わないまま9区に初挑戦した新人・中山展宏さん(41)と、当選5回を数えながらも、3区で破れたベテラン小此木八郎さん(44)の対照的な2人のいまを追った。

■初陣は大敗
 「頼んだぞ」と自民党本部総裁室で麻生太郎首相当時から公認証書を受け取ったのは、まさに衆院選公示日(8月18日)の前日だった。

 中山さんは、9区の現職離党に伴って急きょ行われた公募で、候補者に選ばれた。準備期間も知名度も「何もないまま」(中山さん)の戦い。さらに逆風をまともに受け、民主党候補に約7万8千票の大差をつけられた。

 あれから約4カ月。2009年末は一軒一軒、支持者宅のあいさつ回りを続けたが、気をもんでいることがある。次期衆院選公認候補の前提となる選挙区支部長の選任だ。党は「惜敗率60%以上、公認時65歳以下」の基準を示した。中山さんは惜敗率38・73%のため、厳しい立場。地域事情や擁立の経緯を勘案しての「特例」を待ちつつ、支持者回りや街頭でマイクを握る日々だ。

 12月のある日、訪れた理容店。店主からは「早く支部長の『お墨付き』をもらって、また頑張ろう」と励まされた。中山さんはうなずきながら捲土(けんど)重来を誓った。「時間はたくさんある。国民の批判を受け止め、政策をよくして新たな自民党をつくっていきたい」

■6度目で涙
 「自分自身の運動量が足りなかった。逆風でも勝った人はいる」。6度目の選挙で、初めて落選を味わった3区の小此木さんは、こう夏を振り返る。「ただ、落選後2~3週間は人に会いたくなかった」と悔しさもにじませた。

 小此木さんはすでに支部長に決定。しかし、浪人の身。経費節約のため、地元と東京に計10人いた秘書と事務所員は半減した。事務所は狭くても格安の場所に移った。

 物理的な環境は変われど、「別に気にしていない」という小此木さん。再起を目指し、地域を歩いている。これまで秘書が受け取りに行っていた党員の党費を自ら集めることも。「40年間払ってくれている人もいる。4千円の重み、そして支えてくれる人のありがたみをこれまで以上に感じている」。落選中だからこその「収穫」もあるようだ。

 「地元を回ると『自民党がしっかりしないと』という声は多い。この期待に応えたい」。返り咲きを目指す戦いは始まったばかりだ

******************
 
政治家の言動こそ
いい加減の極致だった自民の時代。
嘘つきは政治家の始まりという
不誠実そのものの自公時代!
そこを変えたいからこそ
政権交代を望んだが
どうも自由な発言というのを
勘違いされているようだ!
いい加減なことを言うのを自由だと思うか?
常に国政を左右するわけであるのだから
きちんと議事録は残しておくべきでしょう。
******「東京新聞」***********

 鳩山内閣が政治主導の舞台としている閣議や閣僚懇談会、閣僚委員会、政務三役会議の議事録を基本的に残さない方針を続けている。「議事録作成が前提となれば政治家同士の自由な意見交換が妨げられる」との理由だが、関係者からは「政策決定のプロセスを歴史的に検証できない」と懸念する声も出ている。

 鳩山内閣では各府省ごとに閣僚、副大臣、政務官の「政務三役」が政策を立案し決定。複数の府省にまたがる重要課題は担当閣僚で「閣僚委員会」をつくり調整するなど、官僚に関与させない仕組みだ。

 閣議や閣僚懇談会については旧政権下でも議事録を残していなかったが、これには事務次官会議で事前に発言内容を調整していたという背景もある。鳩山内閣では事務次官会議を廃止したため、閣議での発言はこれまで以上に政策決定の上で重要な意味を持つのは間違いない。

 平野博文官房長官は議事録作成に否定的な意向を示し「自由闊達な意見を述べてもらい方向性を出していく場だ」と強調。「記者会見や背景説明により、透明性を確保できる」との立場を崩していない。(共同)
******************:

常に責任を持って

生きてもらいたいと希望するのは

間違いと言う事か?

平野?

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

強すぎると話題になるようで

47トピックスが面白い!

【箱根駅伝】山上り偏重に疑問の声も 区間割りの再検討が必要?

どう文句を言っても

札束で引っこ抜いてくる

人身売買制度が根本にあるのではないか?

そんなに文句言うなら

辞めればいい!

ちがいますか? 

 

 

以上

これから始まる

激動の時代の始まりの日に!

 

最後までおつきあいいただき

ありがとうございました。

さあ!

はじまりはじまり~!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の箱根駅伝のエンディン... | トップ | 行間を読まないと記事の真実... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジョン・メージャー元英首相がBBCのインタビューで、イラク侵攻を決断したブレア元英首相を批判。 + 鳩山首相年頭会見 (晴 天 と ら 日 和)
  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ■テレビ東京「カンブリア宮殿」 2010年1月4日放送 「村上龍 × 小沢一郎  ~ニュースが伝えない小沢一郎~」 ゲスト 民主党幹事長 小沢一郎氏 政...
【鳩山首相】宦官ジミンやナンミョー煎餅は率先して予算の早期成立に協力すべきだ【年頭会見】 (ステイメンの雑記帖 )
 正月三が日が終わった1月4日、官公庁や多くの企業が始動するこの日は、日本が「一億総中流社会」だった昔とは比べものにならないが、新年ならではの様々な行事が行われる。  その1つが首相による神宮参拝であるわけだが、今年は実に 細川護煕元首相以来16年ぶりに...
2010年度(平成22年度)厚生労働行政モニターの募集 (厚生労働省) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  福祉、医療、年金、働く環境の整備及び職業の安定など、国民生活に密着している厚生労働行政について、直接厚生労働省に意見を述べられ...
年頭記者会見を見ての雑感 (痛みに耐えるのはこれからだ)
 閣僚はコロコロ変えないというのは正解。 ただ、平野のクビはとっとと切ってほしいかな。官房長官ってのは嫌われ役というか総理大臣の楯になる役割があるのは確かだが、政府のスポ...
自民党の舛添氏が新党結成に意欲! (IT業界で働く男が斬るWEB発信ニュース)
ついにこの人が立ち上がった・・まじめに恋愛と結婚を考える alterna(オルタナ)自民党の舛添要一前厚生労働相は5日午前、自らの政治行動について、党本部で記者団に「最終的には政界再編という大きな目的を遂げないといけない。新しい感覚で政治をやる人たちを糾合す...
帰国・弔問 (とむ丸の夢)
 2009年末某日、帰国。  帰りは、なんとビジネス・クラスに当たって、ゆったりと空の旅を楽しめました。  前の席には中学生くらいの子ど...