kimekime25

敬称は省略させていただきます。
引用が不可能になり、ブログの時間もとれない。時間があるときUPします。

暴け霞ヶ関秘密文書と埋蔵金は無限大存在の可能性有り!

2009-09-07 01:22:00 | しっかりしろよ新政権

アクセスに

深く感謝申し上げます。

 

さて!

民主が前から

高速道路無料化試算データを

国交省に要求していたが

「ない」の一言!

それがなんだこの記事は!

隠していただけではないのか!

*********「朝日新聞」***********
高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める
2009年9月6日5時5分

 高速道路を無料化した場合の経済効果について国土交通省が2年前に試算を行っていたことが明らかになった。一般道の渋滞が解消されることなどから、直接の経済効果を2.7兆円と見込んでいる。これまで政府は「試算は存在しない」として隠してきた。民主党の公約に有利な結果だったため、公表しなかった可能性がある。

 試算は07年度に国交省の国土技術政策総合研究所が実施した。政府が08年度以降に検討していた高速料金値下げの影響を調べるためだった。だが、政府は国会答弁や質問主意書への答弁書などで高速道路無料化の経済効果に関する試算について「国交省が取りまとめたものは存在しない」などと存在を否定してきた。

 朝日新聞の取材に対し、同省道路局は試算の存在をこれまで認めてこなかった理由について、「『検討段階』だったため」と説明している。

 朝日新聞が入手した資料によると、「3割引き」「5割引き」「10割引き(無料)」の3パターンについて経済効果や渋滞予想区間を詳細に調べている。無料の試算は、首都高速、阪神高速を除く高速道を無料化した場合のもので、民主党公約と一致する。

 経済効果は、(1)走行時間の短縮(2)燃費など走行経費の減少(3)交通事故の減少、の三つの効果を、国交省の基準に基づき金額に換算した。

 高速道自体の経済効果は、渋滞増加などで年間マイナス2.1兆円となるが、車が流れやすくなる一般道が4.8兆円のプラスとなり、差し引きで「2.7兆円の効果が生じる」とした。利用者の料金負担の軽減分などを加味した別の計算方法では、経済効果は7.8兆円に達した。

 高速道と並行する国道の通行量が減ることで二酸化炭素(CO2)排出がどれだけ減るかも試算したところ、割引前の1.8%減にあたる310万トンの削減となった。ただ、高速道の通行量が増えたり、鉄道やバス利用からマイカーに切り替えたりすることによるCO2の増加量は試算しておらず、差し引きのCO2の増減効果は不明だ。

 無料化した後の高速道の混雑度についても予測。通行量が道路の許容量をオーバーし、慢性的に激しい渋滞が起きやすい「混雑度1」を超える区間は高速道全体の21%にあたる1580キロとなった。広域で渋滞が起きると予測されているのは東京外環道、東名高速、名神高速、東名阪道など。東北や北陸、四国などは混雑度は低いものの、地方の中核都市周辺や2車線の道路は混雑が予想されている。

 民主党はマニフェスト(政権公約)の目玉に高速無料化を掲げ、10年度から段階的に実施する方針を打ち出している。これに対し国交省は総選挙前まで高速道無料化について一貫して反対してきた。選挙後は「新しい大臣の指示をいただいて検討する」(谷口博昭事務次官)としている。(津阪直樹)
*******************

もしかして

政府も知らなかったりして?

役人の適当な説明で今まで誤魔化されてきたのか?

こんなことがあると

八ツ場ダム建設を中止した場合の試算も

もしかしたら存在しているのではないか?

そうすると

隠されている物は

文書だけではなく

隠し金山を持っているのではないか?

天下りようの「装置」を切り捨てれば

どれだけの金が浮いてくるのか?

民主政権目前、「駆け込み」天下り 農水・厚労OB2人

 事故米の不正転売事件をめぐって昨年9月に引責辞任した農林水産省の白須敏朗・前事務次官(58)は、同省が所管する社団法人・大日本水産会(東京)の会長に就任する。水産会が1日に開いた臨時総会と理事会で決まった。任期は2年で報酬は年1860万円

******************************

この金は補助金という「税金」じゃあないのか?

こんなの納得できますか?

 

自公政権ならやり放題でも

こんなのを許していたら

いくら税金があっても足りなくなるのは当たり前だろうが。

支度金と称す税金の持参金があるのだから。

かつて次官級天下りには一人2億円持参金といわれていた。

年間で5兆程度天下りのための金が

外郭団体に流れている。

みんなで考えるべき問題である。

 

 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

問題がある!

自民の族議員が滅亡への道を歩みつつあるのに

民主の族議員が幅を利かせ始めたら

元の木阿弥ではないのか!

名前をさらせ!

*******「朝日新聞」**************
「利権交代」は許されぬ
2009年9月6日17時55分

 「政権を取った後、霞が関全体を敵に回さない方がいいですよ」

 8月、経済産業省の幹部OBが民主党幹部に、こんなアドバイスをした。国土交通省や農林水産省に狙いを絞り「ムダ削減」の成果を出す一方、財務省や経産省は味方に付けた方が得策というのだ。

 経産省は、93年の政権交代時、一部の幹部が自民党に近い幹部の追い落としに加担したため、翌年、自民党の与党返り咲き後にしっぺ返しを受けた苦い経験がある。OB人脈を生かしながらの自省の売り込み工作は、過去の轍(てつ)を踏まないための用心でもあった。

 民主党は主要政策の引き継ぎを始めたが、公共事業予算を握る国交省や農水省との接触はあえて手控えている。政権発足後の「大掃除」を予感させる選別だ。

 官僚が族議員と組んで特定団体の利益に沿う公共事業や補助金を決めていく。「政官業のトライアングル」と呼ばれた構造は、自民党長期政権下で肥大化し、ムダ遣いや天下りを増殖させた。そしてバブル経済崩壊とともにきしみ始めた。さらに少子高齢化とグローバル化が日本経済の足元を掘り崩した。分け合うパイが縮む中、この構造はムダの温床として厳しい視線にさらされた。

 そこに攻め込んだのが民主党だった。農家への戸別所得補償や子ども手当、高速道路無料化など、直接、家計におカネを配分する政策を提起した。個々の政策が高い支持を集めたわけではないが、同時に打ち出した「税金は官僚と一部政治家のものではない」との主張が有権者を動かした。

 政権交代で、ゆがんだ配分の構造は本当に変わるのだろうか。

 7月、税金の投入額に見合う効果が見込めないため凍結されていた全国18の国道工事のうち、17路線の工事再開が決まった。総選挙目当ての駆け込み解除だ。背後で動いたのは自民党議員だけではない。国交省幹部は「民主党議員にもつるし上げられた」と明かす。

 選挙後は、早くも官僚を呼び付けて特定政策の実現を求める民主党の「族議員」が登場している。

 支持者の要求実現に向けて、政治家が活動することは当然だろう。しかし、民主党の看板は、首相官邸を中心に政策を一元的に決めるという政治主導の原則だ。それを曲げてしまえば、元の木阿弥(もくあみ)、自民党と同じになってしまう。

 日本経済は逆風の中にある。先進国でも最悪の財政状態の中で未曽有の雇用危機が迫る。有権者が「一票」にこめた願いは、政治が責任をもって政策の優先順位をつけ、この国の将来の姿を指し示すことだったのではないか。

 やっと実現した「政権交代」。それが、政官業のトライアングルを担う配役が入れ替わるだけの「利権交代」に終わってしまってはならない。(経済エディター 高橋純一)

*****************
これでは
利権が自公から民主に変わっただけで
旧態依然の体質と
霞ヶ関改革は進まない!
 

族議員を追い出せ!

 

そしてこれ!

*******「毎日新聞」***************
無年金問題:「記録あり」無年金、70歳以上で3万人 社保庁公表せず

 記録漏れなどで生じた無年金者が推計約3万人いると社会保険庁が7月に公表した際、それとは別に記録上問題がないのに本人の申請忘れなど何らかの事情で無年金の人が多数いるのに公表しなかったことが分かった。別の無年金者は70歳以上では推計3万人前後。両者は同じ調査で判明したが、一方を公表しなかったことについて社保庁は「(記録漏れで)受給資格に足りない人だけを公表対象にした」と説明するが、専門家は「情報隠しと言われても仕方がない」と指摘している。

 社保庁は7月1日、記録漏れやミスにより、実際には年金受給資格を満たしているのにそれを知らない無年金者が約3万人と推計されるとのサンプル調査の結果を、記者会見で公表。この際、調査の対象は、今後保険料を納めても納付期間が受給資格の25年に満たない60歳以上(07年4月時点)の無年金者73万人から1628人を抽出して実施。685人から回答を得て、回答者の4・6%にあたる32人が、記録漏れなどによる無年金者だと説明していた。

 ところが実際には、社保庁は、国民年金と厚生年金のコンピューター記録上で年金を受け取っていない60歳以上(同)の149万人から4044人を無作為抽出。記録を職員が目で追い、納付25年未満の1628人を拾っていた。この差の2416人は、全員が納付25年以上で「受給資格が明らかなのに年金を受け取っていない人」だが、会見で公表せず配布資料にも記さなかった。後日、民主党議員に説明を求められ、初めて事実関係を明らかにした。

 社保庁は「2416人には受給申請中の人や、年金額を増やすため受給開始年齢を繰り下げる(=先送りする)人も含まれる」と説明。しかし、繰り下げ請求の対象とならない70歳以上が84人(3・5%)いた。

 この人たちは、記録上も完全に受給資格を満たしながら年金を受け取っていない無年金者で、記録漏れなどによる約3万人とは別に、3万人前後いる推計になる。

 社保庁年金保険課は「(記録漏れなどによる)無年金者のサンプル調査ということで、国の記録上の『25年未満』を対象にした。情報隠しの意図はない」と説明する。 

◇制度の根幹の問題

 だがこうした無年金者は、国の周知不足で年金を受け取っていない可能性もある。金沢大の井上英夫教授(社会保障法)は「制度への国民の信頼の根幹にかかわる大変な問題で、実態を早急に明らかにすべきだ。記録上も資格の明らかな無年金者について、社保庁が『申請主義だから受給手続きしない側の問題』と言うなら論外だ」と指摘した。【野倉恵】
*********************

こういう問題は

これから先無限大に出てくるのではないだろうか?

自公時代に霞ヶ関に眠らされていた文書を

外交密約まで含めて

白日にさらせ!

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

<閑話休題>

曲行きましょうか!

ウッド・ウィングズがいいですね!

こういう曲風はkimeraの好みです。

この菅原紗由理!間違いなく来ますよ!

菅原紗由理 「あの日の約束」 PV

少し前にUPされました。

もしかしたら削除されているかもしれません。

もし

削除されていたらココにもあります!

菅原紗由理 「あの日の約束

 彼女の曲はkimera25でも紹介しました

キミに贈る歌

あの時はそれほどではありませんでしたが

これは来ます!

 

これも話題の曲らしいのですが・・・

発売が2009年10月14日。先行予約が凄いらしい。

碓井豊「ねぇ、ママ」PV

 


これも話題曲です。

単純にヒップ・ホップというジャンルから飛び出す

音の作りです。

彼の音作りは新しい可能性へ繋がっているのではないでしょうか。

ヒップ・ホップ自体はkimeraはそろそろ限界と思います。

いろいろな融合の中で

歌とのコラボとかされていますが

問題は広がりだと思う。

一つの方向性をこの曲は漠然と示していると思う。

もっともっと音韻と社会的メッセージが入れば

広がりは新しい方向へと向いていくと思う。

あまりに「愛」とか「恋」が多すぎて

歌詞の面での広がりを

この分野には望む!

AK-69 - And I Love You So

もし削除されていたら

AK-69 And I Love You So

こんなこと

55の爺が言うことではないけど・・・。

余計なお世話だよね

このブログ最年少読者の「マリエ」chan?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

豪華なのは曲だけになってしまいましたね。

官僚のしたたかさに

どのように切り込んでいくか?

かつて連立の時

菅が今の厚労省で

薬害エイズ問題で官僚と対峙したが

菅一人で出来たことを

今度は政府全体で取り組めばいい。

その時邪魔になるのが族議員!

こいつらを徹底的に排除しろ!

 

ということで

最後までおつきあいいただき

ありがとうございました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直ぐ変われ! | トップ | 風に揺れる・・・風に迷うか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
増山麗奈と行く!!「非戦と反貧困のロスジェネ・ツアー」 (カナダde日本語)
『市民社会フォーラムブログ』から増山麗奈と行く!!「非戦と反貧困のロスジェネ・ツアー」のお知らせです。日頃から核廃絶、格差社会、貧...