kimekime25

敬称は省略させていただきます。
引用が不可能になり、ブログの時間もとれない。時間があるときUPします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

這ってでもいこう投票所!投票の後にお出かけしよう!

2009-08-30 00:32:11 | 自end

選挙活動は

拡声器を使ったものは

20時まで

活動は

23時59分59秒まで!

 

今 あなたのポストに怪文書が・・・。

ってここでめっけた小ずるいヤツらの

姑息な手段

*******「フライデー」**********

【告発!】自民有力候補の地元・東京8区で杉並区議たちが「政務調査費」を遣って呆れた支援活動
「石原伸晃《元国交省》のパーティ券が税金で買われている」


直近の世論調査では「首相に一番ふさわしい政治家」の6位にランクインした。
逆風吹き荒れる自民党の選挙戦。その渦中でも「安泰」に見える“石原ファミリー”の長男は、本当に「責任力。」のある男なのか──。

取材・文/三宅勝久(ジャーナリスト

 

*******************************

すみませんが買って読んでください!

こいつは秘書が新銀東京のブローカーになったりしてますから

周りには利権亡者しかいません。

 

最終決戦の記事

********************




この記事の動画を見る

首相、鳩山氏が最後の直接対決  政権懸けアピール合戦

 衆院選は29日、選挙戦最終日を迎え、各党党首が街頭で懸命に支持を訴えた。政権の座を争う麻生太郎首相(自民党総裁)と民主党の鳩山由紀夫代表は、東京のJR池袋駅前で「直接対決」に臨み、真夏の12日間の戦いを終えた。

 池袋駅東口に立った麻生首相は「経済成長率は15カ月ぶりにプラスに転じた。われわれの政策は間違っていなかった」と実績をアピール。同時に「経済対策を仕上げる力を与えてほしい。完全にやり遂げてみせる」と政権維持に意欲を示した。

 ほぼ同時に西口でマイクを握った鳩山氏。米国でのオバマ政権誕生を引き合いに「歴史を塗り替えるには勇気が必要だ。米国にできたことが日本にできないはずがない」と呼び掛け「マニフェストは国民との契約。必ず守る」と語気を強めた

******************

【関連動画】

自民、民主“直接対決”

 

 

こんなのも参考に!

 

******************************

 

さあ!

あしたは行こう!

 

若者よ

デートは昼から!

その前に投票を!

パパやママは朝投票の後に

家族でお出かけください!

 

お年寄りの方は

近所に頼んで

車に載せてもらってください!

みんなで行こう!

 

さあて

自公の願いはこんな物になってしまうか!

陽炎 / 鬼束ちひろ

なおこれは埋め込み禁止ですので

画像上で左ダブルクリックで

直接YouTubeに入ってください!

 

さようならQ間chan

*******「時事通信」**************
福田氏、目潤ませ訴え=久間氏「ようやく並べた」-長崎2区

 長崎2区では、民主新人で元薬害肝炎訴訟原告の福田衣里子氏が諫早市の選挙事務所前で最後の支援を訴えた。目を潤ませて「みんなで世の中を変えていきましょう」と呼び掛けると、約300人の支持者から「えりこ、えりこ」と繰り返し声が沸き起こった。
 白いポロシャツ姿で「必ずあす、日本が変わる。歴史が動く瞬間を目撃できる」と強調した。
 対するは自民の元防衛相久間章生氏。日焼けした顔の上には、「必勝」と赤い文字で書かれた鉢巻き。同市内の演説会では、批判を招いた原爆投下「しょうがない」発言に触れ、「初めはいろんな発言で逆風が吹いていたが、ようやく並ぶことができた」と自信を示し、「投票締め切りまではまだ1日ある。1人でも多くの知人に『投票に行ったか』と声を掛けて」と呼び掛けた。
 (2009/08/29-22:34)

*****************
 
さようなら絆創膏!
*****「時事通信」**************
赤城氏、ばんそうこうして演説=連敗の福島氏「3度目の正直」-茨城1区

 事務所費問題で農水相を辞任した茨城1区の自民赤城徳彦氏は、水戸市の繁華街で最後の街頭演説。白いシャツにピンクのネクタイ姿で、左手の甲には、選挙戦中張り続けていたという支援者からもらった「願掛け」のばんそうこう。集まった支持者らを前に「皆さんの1票が日本の進路、生活を変える」などと訴えたが、事務所費問題などには触れずじまい。大半を景気対策に費やした。
 一方、自民の牙城切り崩しを狙う民主の福島伸享氏は午後4時すぎ、有権者と握手をしながら水戸市内を練り歩いた後、水戸駅北口で演説。2回連続で赤城氏に敗れているため「3度目の正直。今度こそ水戸から日本を変える動きを起こそうではありませんか」と、真っ黒に日焼けした顔で訴えた。午後7時すぎには自宅近くで最後の訴え。「若い力で政治を変えていく」とかすれた声を振り絞った。
 (2009/08/29-23:36)
********************

消えろアル中!

*********************
「おわび」で締めくくり=もうろう会見中川氏-北海道

 「振り返ると、大変つらいスタートの選挙だった」。国際会議後の「もうろう会見」で批判を浴びた北海道11区の中川昭一氏(自民)は帯広市のデパート前で街頭演説し、おわびに終始した選挙活動を締めくくった。「皆さんにつらい思いをさせたことを改めておわびする」。
 集まった聴衆は約1000人。中川氏は切迫感を漂わせ、「皆さんに力をいただいて、きつい戦いを勝たせてもらいたい」と声を張り上げた。
 民主の石川知裕氏は、同市の繁華街で聴衆に「石川」「政権交代」のコールで迎えられた。「閉塞(へいそく)状況を変えるには政権交代しかない。大きな流れを変えるために力を与えてもらいたい」と強調。「政権交代」と繰り返し訴えた
。 (2009/08/29-21:20)
******************

暑苦しいから消えて野田!

*******「時事通信」***************
野田氏涙「最後まで信じて」=「今のままでは駄目」柴橋氏-岐阜1区

 「まだまだ時間がほしい。今一度お助けいただきたい」。岐阜1区、自民の野田聖子消費者行政担当相は、岐阜市中心部で、マイクを固く握り締め、かれ果てた声を絞り出すようにして訴えた。
 逆風に見舞われた選挙戦を振り返り「本当に厳しい12日間だった」。あふれ出る涙をぬぐい「岐阜の皆さんの家庭を守る思いで戦っている。最後まで信じてほしい」と懸命にアピールした。
 「今のままでいいのか、今のままでは駄目なのか。このたった一つの争点を一人ひとりが決める選挙だ」。民主新人の柴橋正直氏は同市の商業施設前で、自らを奮い立たせるように訴えた。聴衆は買い物客らだけで少なかったが、「今のままでは駄目だというみなさんの力を貸してもらいたい」と呼び掛けた
。 (2009/08/29-22:24)

********************
 
では最後はこんな記事で
 
********「朝日新聞」**************
各党首が最後の訴え 衆院選、31日未明までに大勢判明

2009年8月29日21時16分

 第45回総選挙は30日投開票される。自公連立政権の継続か、民主党中心の野党による政権交代か、「政権選択」をめぐる真夏の攻防が決着する。選挙戦最終日の29日、麻生首相(自民党総裁)や民主党の鳩山代表ら各党党首は各地で「最後の訴え」を行った。31日未明までに大勢が判明する。

 麻生首相は29日夜、12日間の選挙戦を締めくくる街頭演説を東京・池袋駅東口で行い、「日本を守るのは自由民主党。皆さん方の暮らしを守るのも自由民主党。そして、日本の未来をさらに成長させて、より発展させていくのは自公連立政権だ」と訴えた。

 同じ時間帯に池袋駅西口で演説した民主党の鳩山代表は「どうせ一票投じたところで政治は変わらないと思っている方が多いかもしれない。今回だけは違う。皆さんの一票で政治の流れを変えることができる」と、政権交代への意気込みを語った。

 公明党の太田代表は東京都内で「定額給付金や高速道路料金の引き下げを実現し、景気がどん底の時にぶれないで手を打ってきた」と実績を強調。共産党の志位委員長は千葉県船橋市で「建設的野党である共産党が伸びてこそ、日本の政治をもっと前に動かす一番確かな力になる」、社民党の福島党首はさいたま市で「民主党の一人勝ちでは危ない。社民党が新しい政権の品質保証役になる」と訴えた。

 国民新党の綿貫代表は富山県南砺市で「日本が良くなればふるさとは良くなり、ふるさとが良くなれば日本が良くなる政治でなくてはダメだ」と主張。みんなの党の渡辺代表は横浜市で「この国の歴史の大改革をやらなければいけない。いかなる妨害にも負けずにこの国の歴史の転換をさせてください」、新党日本の田中代表は兵庫県尼崎市で「10年間の自公連立政権は福祉を切り捨て、教育を混迷させた。地域の経済が豊かな成熟を遂げるよう変えていくべきだ」と語った。

     ◇

 投票は原則として午前7時から午後8時まで。ただし、開始・終了時刻を繰り上げ・繰り下げしている投票所もある。投票所は、離島などで期日を繰り上げた87カ所を除く全国5万891カ所。17日時点の有権者は1億434万4170人。

******************

 
この朝日の表を明日の参考にして下さい!
 
あっ!
 
0時をまわってしまいました。
もう選挙運動は出来ません。
もう逃げ出しているヤツが
某政党運動員にはいるのではありませんか?
 
 
*************「毎日新聞」************
衆院選:照準は自民大物 小沢氏が福岡、石川入り

 民主党の小沢一郎代表代行は選挙戦最終日の29日、同党の新人が自民党の大物前職と接戦を展開している福岡、石川両県の選挙区に入り、2カ所で計3000人以上を前に街頭演説をした。「国民を無視した今までの政治を続けるか、本当に国民の生活、暮らしをしっかりと守る政権を作るか。大事な選択だ」と訴え、大物追い落としで自民党に打撃を加えることを狙った戦略に全力を注いだ。

 小沢氏が最後の応援先に選んだのは、民主党の野田国義・前八女市長が古賀誠選対本部長代理と競う福岡7区と、同党の田中美絵子氏が森喜朗元首相と対決する石川2区。福岡7区で小沢氏は、約1100人が集まった柳川市の公園で約15分聴衆と握手して回った後、「民主主義は多数決ですべて決まる。本当に政策を実現するにはこの選挙で勝たなくてはならない」と強調した
******************** 

 字数がつきました。
 
最後までおつきあいいただき
 
感謝申し上げます。
 

与党の絶滅を願いながら

野党の気の引き締めと

ココからの誹謗中傷に我慢するしかない

浮き足だった候補に

カツ!を入れたい方は

下のバナーをクリックして下さい。

人気ブログランキングへ

期間限定で8月31日まで

ランキングに参加しております。

なお

クリックが押せない場合は

サイドバーのランキング・バナーをクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民審査 その2 | トップ | なんと静かな夜明けなのだろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【決戦総選挙】国民一人一人が自らの主体的意志を持って日本の歩む道を定めよう!【投票に行こうぜ】 (ステイメンの雑記帖 )
 日付が替わり、遂に運命の日となる2009年8月30日が訪れた!  これまでの選挙情勢は民主党が圧倒的優勢と伝えられてきたが、「勝負は水物」。最終的には投票が終了し開票作業が終わらない限りどういう結果がもたらされるかはそれこそ 「神のみぞ知る」 といった...