奇面のPの気分日記

16進数表記ならば、まだ20代と言えなくもない、奇面のPの不定期日記です。。。

先生って、教えられればいいのでは?

2017-02-11 23:53:28 | 日記
こんな記事があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000033-mai-life
<京都府>中学英語教員、TOEIC「合格」わずか 疑問も

そこまで叩かなくてもいい気がする。

教員に対する風当たりが強いと、教員になりたがる人が少なくなるから、当然、有能な人も少なくなる。世間の風潮で教員を叩いてもいいことないと思う…というのが私の感想です。

教員職よりも気の毒なのはいろいろありそうだけど、たとえば保育士とか看護師とかですかね。

人間が相手だからミスは咎められるし要求も高い、けど労働が過酷。

「なりたい」と思う人が少なかったら、どの世界でも解決しない問題に見える。

究極としては、少子化が問題ですね。

働き手が少ないから、日本全体として労働者に負担がかかる。

少子化である以上、日本の将来を考えると悲観的になるから考えないようにしているけど、こういう記事を見るとついつい考えちゃいますね。
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなに天気が違うとは | トップ | 初めて「ありがたい」と思っ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のろうぃ)
2017-02-12 01:14:20
難しい問題ですね。

とりあえず、「風当たりが強くなると有能な人が来なくなる」ということ、「教えられれば(ある程度は)いいのでは」は、その通りだと思います。
Unknown (奇面のP)
2017-02-12 22:23:59
ついでにいうと、日本国民はもっと公務員を大事にしてあげないといけないと思います。

公務員に有能な人が集まらなきゃ、結局いいことがない気がします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。