きまぐれ鳥見んぐ

野鳥たちとの出合いを求めてのきまぐれ鳥見日記

*掲載している画像の無断複写・転用は固くお断り致します*

トラフズク’17.5月

2017年06月09日 | 村山地方
鳥友人より「トラフズクのヒナが巣立った。」との情報をいただいていたが、いかんせん公私ともに忙しく、なかなか動けない状態だった。しかし、早く行かねばどっかに行っちゃうかも・・・と、不安になり、何とか都合をつけて、5月某日行ってみた。しばらくずっと上を見て探し回った結果、1羽見つけた。お父さんだかお母さんだか初め分からなかったが、後で、雄だと分かった。じっとしていて動かないので、同じカットばかり撮ってしまい飽きてしまった。ヒナを探したが、なかなか見つからず諦めかけた頃にやっと発見!「1,2,3,3羽かぁ。」と思ったら、下の横枝に隠れてもう一羽。情報では、3羽は確認という事だったので、今日は4羽を確認・・・と思いながら撮影していると、左側の枝葉に何か隠れている雰囲気。画像で確認すると、オレンジ色の目が・・・。何と、5羽のヒナを確認することができた。まだ産毛が残り、何とも愛くるしいトラフちゃんたちだった。たっぷり撮影したところで、帰り支度をしようかと動き始めた時、ヒナの下の方の枝に親を発見。さっきの親と比べると、白っぽい感じの親鳥だ。状況から判断すると、こちらは母親で、離れたところにいるさっきのが父親だろう。それにしては、この母親、あまりにも目の前過ぎる近距離だ。やはりちょっと警戒している雰囲気なので、ちょっとだけ撮らせてもらって退散した。結局、親子7羽全員確認することができた。これから一鳥前のトラフになるまで、大変な試練があるだろうが、5羽とも何とか生き延びていってほしいと願うばかりである。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟鳥見行’17.5/4 | トップ | チゴハヤブサ’17.6/5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む