受け継ぐ着物~京都の老舗・喜むら呉服店blog

創業81年。2013年に家業を継ぐと決め異業種から転身しました。お得な商品の紹介と三代目として学ぶ日々を綴ります。

07/15のツイートまとめ

2012-07-16 03:41:06 | ちょっといい話し
kimuragohukuten

祇園祭にお出掛けする学生さんの着付けをさせてもらいました。キラキララメの入った浴衣。とてもお似合いでした!
07-15 17:34



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

07/14のツイートまとめ

2012-07-15 03:41:06 | ちょっといい話し
kimuragohukuten

主人と祇園祭にきました。毎年ですが暑いです。 http://t.co/OKqKP6FA
07-14 20:43

母の背中を借りて帯結びの練習。先日習ったお太鼓の変形型。これなら母ぐらいの年齢でも似合うと思います。byムスメ http://t.co/Xryyx237
07-14 08:50



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和を楽しむ~京都のギャラリーをはしご!2件目

2012-07-09 22:13:34 | お出かけ
さてさてほっこりしてる間に時間もせまってきたので2件目。

新町を下り「染工房高橋徳」さんの「ギャラリーYDS」へ。(外観の撮影忘れてました。気になる方は高橋徳さんのホームページをご覧ください)

Kさんが予約してくれていた「美味しいお抹茶の点て方講習会」に参加してきました。

講師は株式会社孫右エ門代表の太田博文さん。

京都で茶葉を栽培されている方が、ほんず製法で作られた最高級の抹茶を使って、とってもクリーミーなお抹茶の点て方を教えて下さるんだとか。
一体どんなお抹茶をいただけるんでしょ?

20120708_152550.jpg

目の前に出されたのはまだお湯の入っていないお抹茶とお菓子。

このお菓子は日菓さんのお菓子で、器から発想して創作されたんだとか。
器はじまりというのがオモシロイ。

しかも1度の講習会には6名で参加なので、6種類の器とお菓子をみることができました。
こんな発想ができるなんてよほどお菓子をつくるのが好きな人じゃないと無理ですよねー。
どんな方かは知りませんが作り手のあたたかみが伝わってきます。

さていよいよお抹茶。

こんなワタシでもクリーミーなお抹茶が点てられるのでしょうか?

20120708_153449.jpg

ぬおっ!!

点った!点てましたよー!!!

小さな泡がぷつぷつ。
これがおいしー抹茶の色なのか!と衝撃!!

ひとくちいただくと・・・

ん~ まさにクリ~ミィ~~!!

ムースをいただいてるかのようなやさしい口当たり。
何度もお抹茶を飲んだことあるけど初めての体験でした!!
(点て方にご興味ある方は直に伝授いたします ムフフン♪)

ちなみに・・・

このお抹茶、市場には出回らないほど超高級で希少価値の高いものなんだとか。
お値段にするとなんと4gで1,050円!!

100グラム1,000円のお肉でも買うかどうか迷うほどなのに。
ワタシにとってはそのような物を口にできる機会に出会えたことがとても価値あることでした。

誘ってくれたKさん、そしてこの企画を主催してくださった高橋さんに感謝です。


それにしても作り手の思いは本当に熱いです!!

この熱い思いをうまく常温にしてお客さんに伝えられないか。

そんなことをいち呉服店が考えるなんておこがましいんでしょうけど、着物がかわいーからとかキッチリしたいからとかだけではない、何かもうひとつプラスして選んでほしい。

着物だって帯だって、大量生産の時代だから生地やなんかにこだわらなければ、いくらだって安くてかわいー自分好みのものがみつかる。

でもそこに作り手の熱い思いやあたたかみがある事を知ってほしい。

その存在に気づくともっと日々が楽しくなるんじゃないかと…

今回いつもとは違う休日の過ごし方をしてそんな風に思いました。


byムスメ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和を楽しむ~京都のギャラリーをはしご!1件目

2012-07-09 21:20:35 | お出かけ
今日はこのブログを作るにあたって相談にのってくれたKさんのお誘いで、「和」にちなんだ展示をはしごしてきました♪

まずは1件目。

20120708_142830.jpg

御所の西側にある弘道館
そこで7/1~7/8までおこなわれていたのが

20120708_142842.jpg

河原尚子さんの「I am your YUZEN 展」

友禅染めでは色を塗る前にハギレに試し塗りするそうなのですが、そのさまざまな色の試し塗りをドット柄ととらえ、アート作品として展示されていました。

20120708_141308.jpg

赤いカーディガンを羽織ってらっしゃる方が河原尚子さん
ワタシとはちがって大きなくりっとした目がとても印象的な方。
小柄な体から発せられるパワーを言葉ひとつひとつに丁寧に込めながら話されるのですごく魅力的でした。
おなじ女性としてあこがれますね

20120708_141436.jpg

まるいフォルムとドットがいいですよねー

20120708_141422.jpg

どこにつけて行く?と言われるとちょっと困るけど、でも見てると顔がほころびます。
この名前もないだろうなんとも言えない曖昧な色あいがステキ。
岩を原料として色を作ってきた西洋にはない色ですよねー。

ひととおり見終わったあと、弘道館の茶室でお抹茶をいただきました。

さっきまで見ていた展示の器でいただくお茶はまた格別
いつもは分かったふりで飲み終わった後に器を見るのですが、今回はおとなりの方の器まで気になるほどマジマジと見てしまいました。

そしてその茶室から眺めるお庭がまたステキ

20120708_142132.jpg

見えますか?
中央に器が展示してあります。

陶器だとなじんでしまうだろうけど、磁器だからでてくる違和感がいいんだと尚子さん。

なるほどー。
たしかに派手な色遣いでもなく派手な形をしてるワケではないけど存在感ありますねー。
アートは奥が深い!

しかし今回こういう形で友禅染に触れられてとても興味深かったです。

ワタシたち売り手が作り手と触れ合うことはなかなかありません。
特に京都は完全分業制。
かつて着物が売れていたときはそのほうが効率がよかったのかもしれませんが、今はそんな時代ではありません。

作り手・売り手がもっと寄り添って着物の良さを伝えていければいいな~。


byムスメ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

07/07のツイートまとめ

2012-07-08 03:42:26 | お知らせ
kimuragohukuten

ブログはじめました。http://t.co/G5MwnuPy
07-07 18:16



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オモシロ家紋

2012-07-07 17:13:01 | 家紋
小さい頃、お店番の手伝いをしてるときにヒマつぶしでよく見ていたのが「家紋図鑑」
四角いモノクロの限りある枠の中にいろんな物をモチーフに描かれた図柄は、子供が見てても飽きないものでした。

中でも好きだったのが動物系の家紋。

もし自分が好きな家紋を選んでいいと言われたら絶対コレにすると決めていたのが

20120707_135820.jpg

結雁金(むすびかりがね)

目の横の模様がシワのようでなんともかわいー。
驚いたような目もステキです。

ちなみに

同じ鳥でも雀の場合は

20120707_135450.jpg

なぜかすごく怒ってます。
目の下の模様がまたふくれっ面に見えてものすごくスネてるように見えます。

さらに

20120707_135555.jpg

やっぱり怒ってます。
上下向雀なんかはかなりメンチ切ってます。
すれ違いザマに
「ワレどかんかい!」
「そっちがどかんかい!」
なんていざこざが。
その下の三羽雀なんか完全にらみ合い。
話し合いではまとまらなかったんでしょうね。

そしてさらに

20120707_135617.jpg

こちらは劇画スタイルの雀。
怒りも本気モードです。
もう冗談ではすまなさそーな感じです。

一方同じ雀でもこちらは

20120707_135605.jpg

ふくら雀
帯結びでも同名がありますが、おめでたいものの象徴だけあってなんとも平和そうな顔をしてます。

鳥以外にもありますよ

20120707_135352.jpg

鹿
やたらリアル

かと思いきや

20120707_135338.jpg

ざっくりすぎる獅子

今の時代でさえ斬新さを感じるデザインは大人になった今でも見てて楽しいです。

byムスメ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大人かわいい浴衣

2012-07-07 16:17:53 | ゆかた
今日は父が昼間に同窓会でいないというので、久しぶりにお店番をお手伝い。
もう来週には祇園祭やし今はやっぱり浴衣やなー…なんて思いながら店内を物色。
ウィンドウショッピング気分で母とあれやこれや良いながら勝手にコーディネートしてみました

まず女子

20120707_111247_1.jpg

大人かわいい感じで、淡い紫の絞りの浴衣に、甘くなりすぎないよう黒の帯を合わせてみました。
絞りは湯のしして伸ばすと白の部分がたくさんでるので、仕立て上がるともう少し白っぽく柔らかいイメージになるかも。
仕立て上がってから帯を選ぶほうがいいかもね。

20120707_111318.jpg

浴衣は有松鳴海絞り。
有松鳴海絞りは約400年前に尾張藩の特産品として保護されたのがはじまりだとか。
詳しくは有松鳴海絞りのホームページをご覧下さい。


20120707_111339.jpg

帯は正絹の博多織。
博多織は770年の歴史を持つ伝統工芸品。
詳しくは博多織工業組合のホームページをご覧下さい。



次は男子。

20120707_134039_1.jpg


淡いグリーンにベージュの角帯とモスグリーンぽい鼻緒の下駄を合わせてみました。
男性だと茶色や紺の帯を選びがちだけど、ココは女性目線で柔らかめの印象のベージュの帯にしてみました。

20120707_134109.jpg


男性の帯も筑前博多織。

でも母に言わせるとこの帯では浴衣の価値と釣り合わないらしー。

確かに浴衣は仕立て済みのものだし、浴衣より帯のほうが値段が高いけど
でも洋服だとユニクロ着てロレックスの時計してる人もいるし、帯は高いから浴衣は安めにして予算の帳尻を合わせる…なんてことは着物ではタブーなのかしら?

でも今店内にあるものでコレがベストコーディネートだから仕方ない!


とまぁワタシ好みのコーディネイトをしてみましたが、浴衣は帯ひとつで色々変わります。

紫には白だって黄色だって合うし、グリーンにはこげ茶や深い赤なんてのもアリだと思います。

店内にはまだまだ他にありますので、自分好みの色の組み合わせを楽しんでください。

20120707_105043_1.jpg

byムスメ




【女性物浴衣】
・浴衣生地(有松鳴海絞り) ¥18,000
・色止め・湯のし・仕立て代 ¥10,500
・半幅帯(博多織) ¥11,000
・かごバッグ ¥1,800

【男性物浴衣】
・浴衣(仕立て済) ¥9,800
・角帯(博多織) ¥15,000
・下駄 ¥1,600




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加