受け継ぐ着物~京都の老舗・喜むら呉服店blog

創業80年。2013年に家業を継ぐ決意をし異業種から転身しました。三代目として修行する日々を気ままに綴ります。

夏の着物!正絹駒上布夏柿渋染ベージュ格子柄

2017-07-29 14:30:22 | 着物
気が早いもので
祇園祭が終わると
次はもう五山の送り火

大きな花火大会のない京都では
すでに夏の終わりの事を考えてしまいます

着物は先取りが肝心!
コーディネートも真夏の白々しいものから
ちょっとずつ色を入れていきたいところです

てことで
ベージュの格子柄の着物に
黒のトンボ柄の袋帯を合わせてみました

帯締は抹茶色
でもまだやっぱり暑いので
帯揚は涼しげな水色にしました

お太鼓柄はこんな感じ


シンプルな格子柄は普段使いに重宝しそうです


和服ではポピュラーなトンボ柄

このブログでもよくご紹介していますが
トンボは後ろに引かず前にしか進まないことから
「勝ち虫」として古くから着物の柄に使われています

着物きてどこへ行こう?とお考えの方
たまには着物姿で博物館とかもいいですよー

【正絹紬着物地・駒上布夏柿渋染ベージュ格子柄】

巾:約36.7cm(9寸7分)
※身長約166cmの方までお仕立可能です
価格:55,300円
※手縫いお仕立て代・正絹絽衿裏代、正絹背伏代込み
※バチ衿でのお仕立の場合は上記価格より2,400円引きとなります
※お仕立には1ヶ月ほどかかります

【正絹夏すくい織袋帯・黒地にトンボ柄(お太鼓柄・中国製)】
価格:20,000円
※お仕立て代、日本製帯芯代込
※お仕立には2週間ほどかかります

【正絹丹後ちりめん絽帯揚・水色地に丸柄】
価格:5,800円

【正絹手組夏帯締(丸組・中国製)】
価格:3,500円

※価格はすべて税込みです。
(なお価格は変動する場合がございますので、その都度ご確認ください)

【お問い合わせ】
喜むら呉服店
〒603-8161
京都市北区小山北大野町59
フリーダイヤル 0120-293-055
南店直通 075-491-2862
Mail kim529@jeans.ocn.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後祭りの祇園祭 | トップ | お盆期間中の営業について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL