(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【マツダ】ロードスターにRF(リトラクタブルH/Tモデル)を2016年12月発売!

2016年10月08日 07時02分40秒 | NEWS・業界情報

 

マツダは新型ロードスターRF (リトラクタブルファストバック)ハードトップモデルを2016年12月に発売する。欧州市場向けモデルは2017年初めより順次販売を開始予定だ。2016年10月4日から本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)でリトラクタブルハードトップモデルの「MX-5 RF(日本名:ロードスター RF)」の生産を開始したと発表した。RFは 独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドーによる新しいオープンエア感覚を実現。電動ルーフは、10km/h以下での走行中開閉を可能とするフル電動式へと進化。また、限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立しています。そして2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016で新型ロードスターRFを公開。2016年7月21日、8月5日~7日に幕張メッセ2・3ホールで開催されるヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル 2016」にてマツダ 新型ロードスター(MX-5) RFを出展すると発表した。旧モデルのロードスターにもRHT(パワーリトラクタブルハードトップ)モデルがある。ハードトップモデルは2006年にマツダ・ロードスターに追加された電動格納式ハードトップ搭載モデルのグレード。それまで手動式ソフトトップと着脱式ハードトップしか持たなかったロードスターだが、RHTの追加でオープンの爽快さとクーペの快適性を手軽に両立することを実現。軽量・コンパクトなルーフはスイッチ操作で約12秒で開閉でき、しかもルーフを車両重心に近いシートバックスペースに収納することでトランクスペースを一切犠牲にせず、50:50の前後重量配分や従来モデルと同等のボディ剛性をも実現した。重量などは当然増えることとなり、日本で発売されているSKYACTIV-G 1.5L 直噴ガソリンエンジンだけでなく既に、海外で発売されている新型MX-5 SKYACTIV-G 2.0Lの最高出力値は155psを搭載する。

 
 
【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:4470PV 訪問者数:903
IP / 順位:442
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ  ブログ王 車ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工場視察!只今「ランチャデ... | トップ | 本日は朝から直行!豪雨の中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL